著書

公開件数: 4 件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 1910年代の文学 明治から大正へ
玉井 敬之、北川 秋雄、小川 直美

翰林書房
1997/02


 明治から大正へという時代の転換期ともあいまって多くの問題作が生まれた1910年代の日本近代小説から19篇を選び、翻刻を行った上で作家・作品解題を試みた。  このうち村田は雁・銀の匙・艶書・城の崎にて・枯野抄・藤十郎の恋を担当、あわせて文学年表の作成を行った。
2 漱石『三四郎』書誌


翰林書房
1994/02


 既成文献目録の補遺ならびに雑誌初出論文の単行本収録状況の把握に重点を置きをがら、編年形式により『三四郎』関係書誌(1908年9月~1993年10月)の作成を試みた。『三四郎』85年の受容史解明への一助とした。
3 漱石作品論集成別巻 漱石関係記事及び文献
堀部 功夫(池坊短期大学)

桜楓社
1991/12


 第1部には同時代評、第2部には大正6年から昭和10年までの漱石関係記事及び文献を収録し、第1部の編集、解説を堀部、第2部を村田が各々行った。第2部では小宮 豊隆「明暗」講演録など類書未収録の基本文献10編を翻刻、解説において大正6年から昭和10年に至るまでの漱石研究の史的展開とパラダイムの解明を試みた。
4 漱石作品論集成第五巻「三四郎」
玉井 敬之(同志社大)、浅田 隆(奈良大)

桜楓社
1991/01


漱石研究体系化への一助として1930年代から現在に至るまでの「三四郎」論(約500編)のなかから先見性の認められる論考、発表時に議論を巻き起こしたものを中心に玉井 敬之氏との合議により21編を精選し編集を行った。あわせて鼎談方式(司会浅田 隆氏)により「三四郎」研究50年の史的展開を同時代の研究状況とのかかわりのなかで解明を試みたものである。なお拙稿「三四郎」の世界-「森の女」美禰子を巡って-(日本文芸研究、1985年7月)を収録。