大阪産業大学
工学部
交通機械工学科

教授

山田 修

ヤマダ オサム
YAMADA Osamu

経歴

  1. 大阪産業大学 教養部 助手 1980/05-1983/03
  2. 大阪産業大学 教養部 講師 1983/04-1987/03
  3. 大阪産業大学 教養部 助教授 1987/04-1994/03
  4. 大阪産業大学 教養部 教授 1994/04-2004/04
  5. 大阪産業大学 教養部 主任 1994/04-1996/03
  6. 大阪産業大学 教養部 教養部長 1996/04-1998/03
  7. 大阪産業大学 教務部長 1998/04-2002/03
  8. 株式会社オーエスユー 代表取締役 2000/12-現在
  9. 大阪産業大学 大学院工学研究科アントレプレナー専攻 担当教員 2004/04-2013/03
  10. 大阪産業大学 工学部 教授 2004/05-現在
  11. 一般社団法人・E1開発機構 理事長 2011/04-現在
  12. 大阪産業大学 大学院工学研究科交通機械工学専攻 担当教員 2012/04-現在
  13. 大阪産業大学 副学長 2006/10-2010/09

学歴

  1. 静岡大学 工学部 機械工学 1978 卒業
  2. 金沢大学 工学研究科 機械工学 博士前期 1980 修了

学位

  1. 工学修士 金沢大学 1980/03
  2. 工学博士 大阪大学 1987/02

研究分野

  1. 無機材料科学
  2. 燃焼合成
  3. 非酸化物セラミックス
  4. 金属間化合物
  5. バイオマスエネルギー
  6. 航空宇宙工学
  7. 環境技術・環境負荷低減
  8. 生物分子化学

研究テーマ

  1. セラミックスの燃焼合成 セラミックス,燃焼合成 化学反応熱を有効に利用した非酸化物セラミックスの瞬間合成方法 1981/04-現在
  2. 金属間化合物の燃焼合成 金属間化合物,燃焼合成 化学反応熱を有効に利用した金属間化合物の瞬間合成方法 1982/04-現在
  3. 燃焼合成によるセラミック多孔質体の応用 セラミックス,多孔質体,導電性,スケルトン構造,耐熱耐食性 導電性や耐熱耐食性を利用した高温過熱水蒸気発生用ヒータや触媒分野に適用 1999/04-現在
  4. 1000℃高温過熱水蒸気発生装置の開発 過熱水蒸気 腐食の問題から通常の耐熱合金やカーボンなどでは不可能な1000℃以上の高温過熱水蒸気を発生できる装置の開発 2002/04-現在
  5. 高温過熱水蒸気によるバイオマスの完全ガス化 高温過熱水蒸気,バイオマス,ガス化,水素 1000℃の高温過熱水蒸気中に草木累のバイオマスチップを投入することにより,水素を50%以上含む可燃性ガス化に成功。 2004/04-現在
  6. 高温過熱水蒸気によるダイオキシン類など有害有機物の分解・完全無害化 ダイオキシン類,分解,無害化 高温過熱水蒸気中にダイオキシン類を投入することにより分解と完全無害化を行う。薬品類を使用せず,水を使用するため環境負荷が極めて小さい優れた無害化技術である。 2005/04-現在
  7. 高温過熱水蒸気による有害排気ガス分解 2005/04-現在
  8. セラミックスを用いた医薬品,化粧品,飲食品の開発 2014/04-現在

共同・受託研究希望テーマ

  1. 非酸化物セラミックスの開発研究 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究
  2. 金属間化合物の研究開発 産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 受託研究
  3. 生命の誕生と導電性非酸化物セラミックスとの関係 大学等の研究機関との共同研究を希望

著書

  1. Chemistry of Combustion Synthesis 1992
  2. 「燃焼合成の化学」(燃焼合成研究会編) (株)T.I.C. 1992/05

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) Application of porous TiC ceramic powder as a substrate for the surface-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry to detection of environmental pollutants International Journal of Mass Spectrometry Elsevier 428, 49-54 2018/03/15 URL
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 The in vivo Inhibition of Oral Biofilm Accumulation and Streptococcus mutans by Ceramic Water Caries Research 51/ 1, 58-67 2017/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Application of the powder of porous titanium carbide ceramics to a reusable adsorbent for environmental pollutants Journal of Hazardous Materials 185, 725-731 2011/01
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 多孔質セラミック電極を用いた排水中医薬品の電気分解処理 環境工学研究論文集 44, 299-305 2007/11
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 Generation of Hydrogen Gas Reforming Biomass with Super-heated Steam Thin Solid Films 509, 207-211 2006/05

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) テルミット型燃焼合成法の開発と応用 日本学術振興会 鋳物第24委員会 1993/12/01

受賞

  1. 平成11年度(第16回)日本鋳造工学会 関西支部研究奨励賞 1999/06
  2. 平成12年度(第17回)日本鋳造工学会 関西支部研究奨励賞 2000/06
  3. KSVF(関西シリコンバレーベンチャーフォーラム)ベンチャービジネス大賞2000 GCP賞受賞 2001/03
  4. 第18回ハンズ大賞審査員特別賞(浅井慎平賞) 2003/03
  5. 平成15年度(第20回)日本鋳造工学会関西支部研究奨励賞 2003/06

社会貢献活動

  1. 戦略的基盤技術高度化支援事業「電子線照射等により界面接着力を向上させたアラミド等有機繊維強化樹脂による耐衝撃性に優れた軽量構造部材の開発」 2011/04-2011/09
  2. 大阪EVアクション協議会企画部会 2009/06-現在
  3. 大阪エコカー普及戦略検討部会 2009/06-2010/03

所属学協会

  1. 日本材料学会
  2. 日本応用物理学会
  3. 日本材料科学会
  4. 燃焼合成研究会
  5. 日本MRS

委員歴

  1. ニューセラミックス懇話会 理事 1999-現在
  2. 燃焼合成研究会 幹事 1987-現在