大阪産業大学
工学部
都市創造工学科

准教授

北守 顕久

キタモリ アキヒサ
Akihisa kitamori
  • 1977年生まれ

経歴

  1. 大阪産業大学 工学部都市創造工学科 准教授 2020/04/01-現在
  2. 京都大学 生存圏研究所 助教 2009/04/01-2019/03/31
  3. 中部大学 工学部建築学科 非常勤講師 2013/04/01-2019/03/31
  4. 摂南大学 理工学部住環境デザイン学科 非常勤講師 2015/04/01-2018/03/31

学歴

  1. 北海道大学 農学部 森林科学科 2000/03 卒業
  2. 京都大学 農学研究科 森林科学専攻 博士前期 2002/03 修了
  3. 京都大学 農学研究科 森林科学専攻 博士後期 2008/03 単位取得満期退学

学位

  1. 博士(農学) 京都大学 2009/03

研究分野

  1. 建築構造・材料
  2. 木質科学
  3. 構造工学・地震工学・維持管理工学

研究キーワード

  1. 木質構造
  2. 木質材料
  3. 構造工学

研究テーマ

  1. 構造用製材の強度性能評価に関する研究 2000-現在
  2. 伝統木造建築物の耐力要素の評価に関する研究 2002-現在
  3. 木質構造用接合技術開発に関する研究 2006-現在
  4. 大規模木構造の耐震性能に関する研究 2009-現在
  5. 木材の土木構造利用に関する研究 2020-現在

著書

  1. 規基準の数値は「何でなの」を探る 2 建築技術社 2015/05 978-4-7677-0146-2
  2. 木質構造基礎理論 日本建築学会 2010/12 978-4-8189-0598-6

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 Stress relaxation behavior of wood in the plastic region under indoor conditions J.of wood science 日本木材学会 65/ 23 2019 1435-0211 10.1186/s10086-019-1802-8
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 A novel method for estimating ultimate clamp force in lag screw timber joints with steel side plates Transactions of the Materials Research Society of Japan 日本材料学会 44/ 3, 109-113 2019 1382-3469 10.14723/tmrsj.44.109
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 圧縮木材製楔による面格子耐力壁の長期的剛性劣化の抑制 日本建築学会技術報告集 日本建築学会 24/ 58, 1017-1020 2018 1341-9463
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 雇い竿車知栓留め柱-梁接合部の曲げ性能の評価式 伝統構法における雇い竿車知栓留め柱-梁接合部の力学性能 その2 日本建築学会構造系論文集 日本建築学会 83/ 748, 859-867 2018 1340-4202
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 Effects of tightening speed on torque coefficient in lag screw timber joints with steel side plates J.of wood science 日本木材学会 64/ 2, 112-118 2018 1435-0211

研究発表

  1. 口頭発表(一般) A Case Study on In-Plain Shear Perfoermance of Composite Structure With CLT Infilled in Steel Frames Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea 2018/08/20
  2. 口頭発表(一般) Evaluation of Seismic Performance of Structure Combining Wood Friction Wall and Common Walls of Wooden House Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea 2018/08/20
  3. 口頭発表(一般) Failure Mechanism and Design Methods of Laminated Veneer Lumber Joists with Round Holes Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea 2018/08/20
  4. 口頭発表(一般) Lateral Rigidity of Dou-Gong Bracket Complex Made of Glulam: A Case Study of Tianwang Hall, Luzhi, Ming Dynasty Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea 2018/08/20
  5. 口頭発表(一般) Moment Resisting Behaviour of Corner Element of CLT Pane Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea 2018/08/20

受賞

  1. 日本建築学会奨励賞 2016/08/24
  2. 木質材料・木質構造技術研究基金第二部門賞(大熊幹章賞) 木造伝統構法の理論化に向けた構造要素の解析 2015/12/10
  3. 第18回市川賞 スギの圧縮と摩擦特性を活かした高減衰耐力壁の開発 2019

所属学協会

  1. 日本建築学会 2000/04-現在
  2. 日本木材学会 2000/04-現在
  3. 木質構造研究会 2004/04-現在
  4. 日本土木学会 2020/04-現在

委員歴

  1. (社)日本建築学会 伝統的木造構法の構造要素設計法小委員会 2012/04-現在
  2. (社)日本建築学会  木質構造接合部設計マニュアル改訂小委員会 2016/04-現在
  3. (社)日本建築学会 木質材料強度検証小委員会 2016/04-現在

研究費、科学研究費
(学外の分担者)

  1. 温湿度環境を考慮した木製摩擦接合の解析モデルの提案と長期性評価 21K05720 基盤研究 (C)一般 若島 嘉朗 富山県農林水産総合技術センター,木材研究所,副主幹研究員 2021 2023
  2. 中国宋代遺構木造寺院建築に見られる重層組み物の耐震機構の解明 21K04352 基盤研究 (B)展開 小松 幸平 京都大学, 生存圏研究所, 研究員 2021 2023
  3. 大判木質パネルの特性を最大限に活かした高可用型木質混構造の性能把握と評価 19H00794 基盤研究 (A) 一般 五十田 博 京都大学,生存圏研究所,教授 2019 2022
  4. 東アジアの伝統木造建築に見られる柔構造メカニズムの解明 19KK0113 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)) 一般 中川 貴文 京都大学,生存圏研究所,准教授 2019 2021
  5. プレストレスを利用する新しい木質ラーメン用剛接合部の開発 19K06180 基盤研究 (C) 一般 松原 独歩 近畿大学,産業理工学部,特任講師 2019 2021