Research presentations

Number of the published data : 21
No. Assortment Title Conference Date URL Description
1 Oral presentation(general)
Pull-out stress relaxation behavior in lag screw timber joints under indoor environment
61st International Convention of Society of Wood Science and Technology
2018/11


2 Oral presentation(general)
A Case Study on In-Plain Shear Perfoermance of Composite Structure With CLT Infilled in Steel Frames
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea
2018/08/20

本研究では、鉄骨フレームの耐震壁として、CLTパネルを挿入する混構造工法の開発を行った。実大実験によりパネルの耐力性能を明らかとし、FEM解析によって混構造構面の挙動を推定・評価した。
3 Oral presentation(general)
Evaluation of Seismic Performance of Structure Combining Wood Friction Wall and
Common Walls of Wooden House
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea
2018/08/20

本研究では、木造軸組構法住宅に組み込むための安価なダンパーとして、圧密木材を利用した木製摩擦ダンパーを開発した。これを組み込んだ面材構面の実大振動台試験を行うことでその有用性を示した。
4 Oral presentation(general)
Failure Mechanism and Design Methods of Laminated Veneer Lumber Joists with Round Holes
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea
2018/08/20

本研究では、有開口のLVL梁の曲げせん断強度に関し、スクリュー補強法を開発・評価を行った。各種のパラメータを変化させた実験値はDINの推定式によって説明することができた。
5 Oral presentation(general)
Lateral Rigidity of Dou-Gong Bracket Complex Made of Glulam: A Case Study of Tianwang Hall, Luzhi, Ming Dynasty
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea
2018/08/20

本研究では、中国の伝統構法における斗栱組物の水平せん断特性を評価した。実大試験体の振動台試験を実施し、樹種などの違いが粘性減衰や剛性に及ぼす影響を明らかとした。
6 Oral presentation(general)
Moment Resisting Behaviour of Corner Element of CLT Pane
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering (WCTE 2018), Seoul, Korea
2018/08/20

本研究では、有開口CLTパネルの隅角部の耐力性能評価を目的に、L型のCLT部材の面内せん断試験を行った。応力分布計測などから、入り隅部の応力集中を明らかとし、耐力推定式を提案した。
7 Oral presentation(general)
Inplane Shear Behaviour of Hung-wall Frame in Japanese Traditional Timber Building
East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction (EASEC-15), Xi-an, China
2017/10/11

本研究では、伝統構法における垂れ壁付き構面に関して、個々の耐力要素の挙動を分離した実験を行い、理論モデルと比較することで、面内水平せん断挙動を解明した。
8 Oral presentation(general)
Evaluation of lamination effect on in-plane bending strength of cross laminated timber
the 2016 World Conference on Timber Engineering , Viena, Austria
2016/08/22

本研究では、CLT部材の面内曲げ強度特性における積層効果について理論的に評価した。各ラミナが負担する応力とそれに応じた破壊をシミュレーションし、破壊挙動を追跡した。
9 Oral presentation(general)
Lateral shear performance of traditional Taiwanese timber column with half and full-penetrating beams
the 2016 World Conference on Timber Engineering , Viena, Austria
2016/08/22

本研究では、台湾型伝統木造柱-梁フレームの面内せん断挙動を評価した。鉛直や柱高さをパラメータとした実験により、各部の挙動を解明した。
10 Oral presentation(general)
Effect of Array on Tensile Load Carrying Capacity of CLT
Drift Pinned Join
the 2016 World Conference on Timber Engineering , Viena, Austria
2016/08/22

本研究では、CLT鋼板挿入型ドリフトピン接合部において、多数配列条件において生じる性能低下を実験的に評価した。理論モデルによって求まる個々のピンに作用する荷重から、実験の傾向を説明できた。
11 Oral presentation(general)
Experimental study on restoring force of Japanese traditional column
combined with tie beam and bearing block
the 2016 World Conference on Timber Engineering , Viena, Austria
2016/08/22

本研究では、傾斜復元力に依存する伝統木造の大径柱の水平耐力性能を評価した。力学モデルに基づく解析と実験により、頭貫の効果を理論的に証明できた。
12 Oral presentation(general)
Study on Wood - Steel Plate Connection with Epoxy Resin and Self Drilling Tapping Screws
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering 2014, Quebec, Canada
2014/08/10

本研究では、木造建築における挿入接着鋼板接合部の耐力評価を行った。特に鋼板を貫通するセルフタッピングスクリュー接合と併用することで、高剛性の接合法として提案した。
13 Oral presentation(general)
Evaluation on Dynamic Performance of Glulam Frame Structure Composed of Slotted Bolted Connection System
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering 2014, Quebec, Canada
2014/08/10

本研究では、すべりを許容する摩擦接合部を用いた集成材門型架構の実大振動台試験を行った。履歴性状をFEM解析結果と比較し、良好な一致を得た。
14 Oral presentation(general)
Development of CLT Shear Frame Using Metal Plate Insert Connections
Proceedings of the World Conference on Timber Engineering 2014, Quebec, Canada
2014/08/10

本研究では、L型パネルを用いたCLT構面の開発を行った。靱性に優れた鋼板挿入ドリフトピン接合を適切な個所に用いることで高剛性と高靱性を両立する構面の開発に成功した。
15 Oral presentation(general)
DYNAMIC PROPERTIES OF A TRADITIONAL COMPLEX BRACKET SETS IN AN ORIENTAL TEMPLE
Proceedings of the 12th World Conference on Timber Engineering, Auckland, New Zealand
2012/07/16

本研究では、伝統構法に用いられる柱頭組物の動的性能を振動台試験によって評価した。鉛直荷重に応じた剛性や固有振動数の変化を確認した。
16 Oral presentation(general)
THE EFFECT OF BOND TYPES VARIATION ON BENDING PROPERTY OF REPAIRED TIMBER BEAM
Proceedings of the 12th World Conference on Timber Engineering, Auckland, New Zealand
2012/07/16

本研究では、損傷を受けた木質梁の補強用途に圧密木板を挿入し、接着剤で固定する手法の開発を行った。接着剤種類、荷重条件棟をパラメータとした実験を行い、有効な性能を確認した。
17 Oral presentation(general)
FULL-SCALE LATERAL SHEAR TEST OF HANGING WALL FOR TRADITIONAL WOODEN BUILDING
Proceedings of the 12th World Conference on Timber Engineering, Auckland, New Zealand
2012/07/16

本研究では、伝統構法における垂れ壁付き構面の耐力評価を行った。実大要素構面と縮小構面の比較検討を行うことで、各部の構造要素の挙動を明らかとした。
18 Oral presentation(general)
Development of reinforce method for bending stiffness of compound beam using pin-keyed joint
Proceedings of the 11th World Conference on Timber Engineering, Trentino, Italy
2010/06/20

研究では、木質梁の補強用途として後付けの重ね梁化を行うため、境界に円形木栓をせん断キーとして打ち込む手法の効果を検証した。用いる圧密木材製せん断キー接合具の配置や形状のもたらす効果について論じ、重ね梁の理論式と比較した剛性評価を行った。
19 Oral presentation(general)
Prediction of Non-Linear Load-Deformation Curves of Various Types of Mud Shear Walls Subjected to Lateral Shear Force
Proceedings of the 11th World Conference on Timber Engineering, Trentino, Italy
2010/06/20

本研究では、土塗り壁の水平せん断性能を評価するため、各要素の評価モデルを組み立て、数値解析を行ったものである。特に各要素に非線形履歴モデルを構築し、FEM解析を実施した。解析モデルは実験結果を精度良くトレースし、その有効性を示した。
20 Oral presentation(general)
Mechanical analysis of lateral loading behavior on Japanese traditional frame structure depending on the vertical load
Proceedings of the 11th World Conference on Timber Engineering, Trentino, Italy
2010/06/20

本研究では、傾斜復元力に依存する伝統木造の大径柱の水平耐力性能を評価した。めり込み変形と鉛直力の関係性から力学モデルを構築し、組物部材の剛体回転挙動を理論的に証明できた。
21 Oral presentation(general)
Utilization of compressed wood as mechanical fasteners of friction joint in timber building
The 11th International Conference on Non-Conventional Materials and Technologie, Bath, U.K.
2009/09/06

本研究では、楔状に加工した圧密木材を木材中に埋め込み、摩擦杭のように効かせることで接合性能の向上を意図した。高い初期剛性と降伏耐力向上に効果があり、長期性能も有効である事が示唆された。