論文

公開件数: 724 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Research and Development of High-Power Steady-State Radiation-Cooled DC/MPD Arcjet Thrusters for Transportation in the Solar System
田原弘一
Frontier of Applied Plasma Technology
プラズマ応用科学会
13/ 2, 59-64
2020/07



太陽系軌道間輸送用定常作動型輻射冷却式直流アークジェットロケットエンジン及び電磁加速プラズマロケットエンジンの開発研究
2 研究論文(学術雑誌)
共著
太陽系航行用大電力・高比推力ホールスラスタの推進性能測定とプラズマ数値計算
山本拓海, 島田貴久, 水出蒼真, 三村篤史, 田原弘一, 池田知行, 外山雅也
プラズマ応用科学
プラズマ応用科学会
28/ 1, 3-8
2020/06



大阪産業大学にて,太陽系航行用大電力・高比推力ホールスラスタの開発研究が行われた.新型ホールスラスタの推進性能の測定,プラズマ数値計算による性能予測と放電状態・プラズマ加速過程の解明がなされた.
3 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics and Interior Plasma Phenomena of High-Power and High-Specific-Impulse Hall Thrusters for In-Space Propulsion
田原弘一
第36回 国際電気推進会議, 36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria, 2019

IEPC-2019-131, 1-15
2019/10



深宇宙探査用大電力・高比推力ホール型イオンエンジンの性能取得
4 (MISC)総説・解説(商業誌)
単著
電気推進ロケットエンジンの性能と開発動向
田原弘一
機械の研究
養賢堂
71/ 3, 171-180
2019/03



電気推進の開発研究の紹介
5 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
大阪工業大学・超小型月探査機プロイテレス3動力飛行用シリンドリカル型ホールスラスタの研究開発
田原弘一
日本航空宇宙学会誌
日本航空宇宙学会
67/ 2, 53-58
2019/02



第8回 特集 小型推進系が切り拓く超小型衛星の未来
6 研究論文(学術雑誌)
共著
Performance Characteristics of High-Power Steady-State Magneto-Plasma-Dynamic Arcjet Thrusters with Axial Magnetic Fields for Deep Space Exploration
田原弘一
Frontier of Applied Plasma Technology
プラズマ応用科学会
12/ 1, 7-12
2019/02



深宇宙探査用定常作動型電磁加速プラズマロケットエンジンの開発研究
7 研究論文(学術雑誌)
共著
数値シミュレーションを用いた大阪工業大学PROITERES衛星2号機搭載用電熱加速型パルスプラズマスラスタの研究
藤田亮太, 隆宝洸貴, 小野航平, 森川直樹, 榎本光佑, 田原弘一, 高田恭子, 脇園堯
日本航空宇宙学会論文集
日本航空宇宙学会
67/ 2, 35-41
2019/02



プロイテレス衛星2号機用パルスプラズマエンジンの流れ場の数値計算が行われ、性能予測、長時間作動試験結果と比較された。その結果、計算結果は実験結果と良く一致することがわかった。
8 研究論文(学術雑誌)
共著
大阪工業大学PROITERES衛星2号機搭載用 電熱加速型パルスプラズマスラスタシステムの研究開発
藤田亮太, 金岡啓太, 小野航平, 森川直樹, 隆宝洸貴, 榎本光佑, 田原弘一, 高田恭子, 脇園堯
日本航空宇宙学会論文集
日本航空宇宙学会
66/ 4, 91-97
2018/04



プロイテレス衛星2号機用30W級パルスプラズマエンジンシステムが開発された。多放電室型エンジンシステムの性能特性が測定され、十分な性能を有していることが判明した。
9 研究論文(学術雑誌)
共著
Hall Thruster Development for Japanese Space Propulsion Programs
田原弘一
Trans. Japan Soc. Aero. Space Sci.
日本航空宇宙学会
60/ 5, 320-326
2017/05



大電力ホールスラスタの開発研究
10 研究論文(学術雑誌)
共著
5kW級ホールスラスタRAIJINの性能解析
濱田悠嗣, 朴 俊輝, 小紫公也, 江川雄亮, 山本直嗣, 高畑侑弥, 角間徹生, 古久保裕介, 田原弘一
日本航空宇宙学会論文集
日本航空宇宙学会
65/ 2, 82-86
2017/02



大電力ホール型イオンエンジンの性能特性が調べられた。投入電力は5-6 kWであり、推力も200-450mNで大きな値が得られた。長時間作動試験が実施され、安定作動が確認できた。
11 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research of Debris Removal by Electric Propulsion and Development of the 4th PROITERES Nano-Satellite for Its Practical Space Experiments at Osaka Institute of Technology
Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Tomoyuki Ikeda
27th Annual Meeting of Institute of Applied Plasma Science (IAPS 2020), 13rd International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, University of Science Technology, Osaka, Japan

29, 29-30
2020/06/01
1340-9557


宇宙ゴミ除去衛星の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
12
単著
電気推進ロケットエンジンの性能と開発動向
田原 弘一
機械の研究

71/ 3, 171-180
2019




13
共著
大阪工業大学・超小型月探査機プロイテレス3動力飛行用シリンドリカル型ホールスラスタの研究開発
田原弘一, 小林充宜, 川上天誠, 多川真登, 高田恭子, 池田知行
特集 小型推進系が切り拓く超小型衛星の未来, 第8回, 日本航空宇宙学会誌

67/ 2, 53-58
2019




14 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research of Debris Removal Systems by Electric Propulsion and Development of the 4th PROITERES Nano-Satellite for Its Practical Space Experiments at Osaka Institute of Technology
Yuta Fujino, Ryosuke Iwamato, Kaisei Kajihara, Tomoaki Hashimoto, Kyoko Takada, Hirokazu Tahara and Tomoyuki Ikeda
36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria

IEPC-2019-135
2019



宇宙ゴミ除去用プロイテレス衛星4号機の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
15 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of the Osaka Institute of Technology 2nd PROITERES Nano-Satellite with High-Power Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Powered Flight
Ryosuke Iwamoto, Ryuta Yagi, Kaisei Kajihara, Ryota Fujita, Kyoko Takada, Hirokazu Tahara, Tomoyuki Ikeda and Takashi Wakizono
36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria

IEPC-2019-134
2019



パルスプラズマエンジン搭載プロイテレス衛星2号機の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
16 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of Commercially-Available Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems for Powered Flight of Micro/Nano-Satellites at Osaka Institute of Technology
Hayato Okahara, Ryota Fujita, Kosuke Enomoto, Kyoko Takada, Hirokazu Tahara, Takashi Wakizono and Tomoyuki Ikeda
36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria

IEPC-2019-133
2019



一般商業用の電熱加速型パルスプラズマエンジンシステムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
17 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Study on Low-Power Water-Cooled and Anode-Radiation-Cooled DC Arcjet Thrusters Using HAN and Water Propellants with Special Vaporing Systems
Shunsuke Okumura, Kazuyoshi Okuda, Takefumi Mimura, Kyoko Takada, Hirokazu Tahara, Ai Momozawa, Daisuke Nakata, Yuichiro Nogawa and Tomoyuki Ikeda
36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria

IEPC-2019-132
2019



推進剤HAN・水用陽極輻射冷却式アークジェットエンジンの研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
18 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics and Interior Plasma Phenomena of High-Power and High-Specific-Impulse Hall Thrusters for In-Space Propulsion
Makoto Tagawa, Kyohei Fujiwara, Tensei Kawakami, Kyoko Takada, Hirokazu Tahara and Tomoyuki Ikeda
36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria

IEPC-2019-131
2019



深宇宙探査用大電力・高比推力ホール型イオンエンジンの性能取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
19 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of High-Power Steady-State MPD Thrusters with Divergent and Cusp Magnetic Fields Using Permanent Magnets for In-Space Propulsion
Koichiro Mizutani, Kazuma Tani, Shota Saito, Kyoko Takada, Hirokazu Tahara and Tomoyuki Ikeda
36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria

IEPC-2019-130
2019



永久磁石をもつ定常作動型プラズマエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
20 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of High-Power Steady-State MPD Thrusters with Divergent and Cusp Magnetic Fields Using Permanent Magnets for In-Space Propulsion
田原弘一
第36回 国際電気推進会議, 36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria, 2019

IEPC-2019-130, 1-15
2019/10



永久磁石をもつ定常作動型プラズマエンジンの性能特性の取得
21 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Study on Low-Power Water-Cooled and Anode-Radiation-Cooled DC Arcjet Thrusters Using HAN and Water Propellants with Special Vaporing Systems
田原弘一
第36回 国際電気推進会議, 36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria, 2019

IEPC-2019-132, 1-15
2019/10



推進剤HAN・水用陽極輻射冷却式アークジェットエンジンの研究
22 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of Commercially-Available Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems for Powered Flight of Micro/Nano-Satellites at Osaka Institute of Technology
田原弘一
第36回 国際電気推進会議, 36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria, 2019

IEPC-2019-133, 1-15
2019/10



一般商業用の電熱加速型パルスプラズマエンジンシステムの開発
23 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of the Osaka Institute of Technology 2nd PROITERES Nano-Satellite with High-Power Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Powered Flight
田原弘一
第36回 国際電気推進会議, 36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria, 2019

IEPC-2019-134, 1-15
2019/10



パルスプラズマエンジン搭載プロイテレス衛星2号機の開発研究
24 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research of Debris Removal Systems by Electric Propulsion and Development of the 4th PROITERES Nano-Satellite for Its Practical Space Experiments at Osaka Institute of Technology
田原弘一
第36回 国際電気推進会議, 36th International Electric Propulsion Conference (36th IEPC), University of Vienna, Austria, 2019

IEPC-2019-135, 1-15
2019/10



宇宙ゴミ除去用プロイテレス衛星4号機の開発研究
25 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of High-Power Steady-State Applied-Magnetic-Field Radiation-Cooled Magneto-Plasma-Dynamic Thrusters for Deep Space Exploration
Hirokazu Tahara, Shota Saito, Kazuma Tani, Kyoko Takada, and Tomoyuki Ikeda
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 12th Int. Symp. Applied Plasma Science

12, 51-51
2019/09/24
978-4-9909868-1-0


深宇宙探査用 輻射冷却式 大電力 定常作動 外部磁場印加型 電磁加速プラズマロケットエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
26 研究論文(学術雑誌)
共著
動力航行用パルスプラズマロケットエンジン及び超小型人工衛星プロイテレス2号機の研究開発
田原弘一
プラズマ応用科学
プラズマ応用科学会
27/ 1, 34-37
2019/06



パルスプラズマエンジン搭載小型人工衛星の開発研究
27
単著
電気推進ロケットエンジン技術の現状と展望
田原弘一
小特集, プラズマ・核融合学会誌

94/ 2, 58-85
2018




28 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
電気推進ロケットエンジン技術の現状と展望
田原弘一
プラズマ・核融合学会誌
プラズマ・核融合学会
94/ 2, 58-85
2018/02



電気推進の開発研究の紹介
29 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Hall Thrusters at Osaka Institute of Technology
Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Ryota Fujita
24th Annual Meeting of Institute of Applied Plasma Science (IAPS 2017), 10th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, University of Science Technology, Hanoi, Vietnam

15-16
2017



大阪工業大学におけるホール型イオンエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
30

おおさかの市民パワー「宇宙Hack! 関西から宇宙に迫る」

毎日新聞、朝刊、大阪、27


2017/01/16




31
共著
大阪工業大学・超小型衛星プロイテレス2号機動力飛行用パルスプラズマロケットエンジンの開発
榎本光佑, 隆宝洸貴, 小野航平, 森川直樹, 金岡啓太, 藤田亮太, 田原弘一, 高田恭子, 脇園 堯
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ/パルスパワー/放電合同研究会

PST-16-037,PPT-16-037,ED-16-06, 1-6
2016




32
共著
深宇宙探査用大電力及び超小型衛星搭載用低電力のホール型イオンロケットエンジンの性能特性
川上天誠, 藤原恭兵, 小林充宜, 古久保裕介, 角間徹生, 高畑侑弥, 田原弘一, 高田恭子
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ/パルスパワー/放電合同研究会

PST-16-036,PPT-16-036,ED-16-06, 1-6
2016




33
単著
A部門フォーラム「電気推進ロケットエンジンの開発状況と内部物理現象」総論
田原弘一
電気学会A部門 プラズマ技術委員会

1-6
2016




34
共著
低毒性推進剤を用いたアノード輻射冷却式DCアークジェットロケットエンジンの研究開発
三村岳史, 奥田和宜, 福留佑規, 白木 優, 下垣内勝也, 田原弘一, 高田恭子, 桃沢 愛,
野川雄一郎
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-16-049, 1-6
2016




35
共著
動力航行用多放電室型パルスプラズマエンジン搭載超小型人工衛星プロイテレス2号機の研究開発
八木隆太, 梶原快晴, 山内 翼, 藤田浩貴, 田原弘一, 高田恭子, 池田知行
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-16-050, 1-6
2016




36
共著
永久磁石を用いた有人火星探査用大電力定常作動型電磁加速プラズマロケットエンジンの開発研究
斉藤将太, 知野健吾, 杉山義和, 田原弘一, 高田恭子
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-16-051, 1-6
2016




37 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of DC/MPD Arcjet Thrusters at Osaka Institute of Technology
Hirokazu Tahara, Masato Tanaka and Ryota Fujita
Proc. 23rd Annual Meeting of Institute of Applied Plasma Science (IAPS 2016), 9th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, B-3, Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand

19-20
2016



大阪工業大学の直流アーク電磁加速プラズマジェットエンジン開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
38
共著
Research and Development of High-Power Steady-State Magneto-Plasma-Dynamic Thrusters with Permanent Magnets for Manned Mars Exploration
Kengo Chino, Kohei Kadohata, Tomoya Suzuki, Yoshikazu Sugiyama, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-112
2016



有人火星探査用定常作動電磁加速プラズマエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
39
共著
Development of Osaka Institute of Technology Nano-Satellite PROITERES-2 with High-Power Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters
Hiroki Fujita, Tsubasa Yamauchi, Takuya Kamimura, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-113
2016



電熱加速パルスプラズマエンジン搭載プロイテレス衛星2号機開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
40
共著
Research and Development of Low-Power Cylindrical Hall Thrusters for Powered Flight onboard Osaka Institute of Technology Nano-Satellite PROPITERES-3
Tetsuo Kakuma, Taisuke Kagota, Yuya Takahata, Yusuke Furukubo, Mitsuyoshi Kobayashi, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Tomoyuki Ikeda
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-114
2016



プロイテレス衛星3号機低電力ホール型イオンエンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
41
共著
Research and Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters with High Total Impulse for the 2nd PROITERES Nano-Satellite
Keita Kanaoka, Ryota Fujita, Koki Ryuho, Kohei Ono, Naoki Morikawa, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Takashi Wakizono
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-115
2016



高総力積発生用パルスプラズマエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
42
共著
Performance and Thermal Characteristics of Low-Power DC Arcjet Thrusters with Radiation-Cooled Anodes for Low-Toxicity Propellants
Suguru Shiraki, Yuki Fukutome, Fumihiro Inoue, Katsuya Shimogaito, Takashi Nakanishi, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-116
2016



陽極輻射冷却式アークジェットエンジンの性能と熱特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
43
共著
Thermal Design of Fully-Radiation-Cooled High-Power Steady-State MPD Thrusters with Permanent Magnets for In-Space Propulsion
Yoshikazu Sugiyama, Tomoya Suzuki, Kengo Chino, Kohei Kadohata, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-117
2016



完全輻射冷却式電磁加速プラズマエンジンの熱設計。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
44
共著
Research and Development of High-Power, High-Specific-Impulse Hall Thrusters for Manned Mars Exploration
Yuya Takahata, Taisuke Kagota, Tetsuo Kakuma, Yusuke Furukubo, Mitsuyoshi Kobayashi, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-118
2016



有人火星探査用ホール型イオンエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
45
共著
Flowfield Simulation for Development of High-Power Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters onboard Osaka Institute of Technology Second PROITERES Nano-Satellite
Masato Tanaka, Ryota Fujita, Keita Kanaoka, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
8th Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP 2016), Sunport Hall Takamatsu, Kagawa, Japan

AJCPP2016-119
2016



プロイテレス衛星2号機用パルスプラズマエンジンの数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
46
共著
Hall Thruster R&D Activities at Osaka Institute of Technology
Yuya Takahata, Taisuke Kagota, Tetsuo Kakuma, Mitsuyoshi Kobayashi, Yusuke Furukubo, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Tomoyuki Ikeda
Space Propulsion 2016, Marriott Roma Park Hotel, Roma, Italy

3124904
2016



大阪工業大学におけるホール型イオンエンジンの開発研究活動。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
47
共著
Research and Development of Low-Power Arcjet thrusters with Green Propellants of HAN and Water
Yuki Fukutome, Suguru Shiraki, Fumihiro Inoue, Katsuya Shimogaito, Takashi Nakanishi, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada, Yuichiro Nogawa and Ai Momozawa
Space Propulsion 2016, Marriott Roma Park Hotel, Roma, Italy

3124903
2016



HANと水を推進剤にしたアークジェットエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
48
共著
Research and Development of High-Power Steady-State MPD Thrusters with Permanent Magnets and Hollow Cathodes for In-Space Propulsion
Yoshikazu Sugiyama, Kengo Chino, Shota Saito, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
Space Propulsion 2016, Marriott Roma Park Hotel, Roma, Italy

3124902
2016



深宇宙推進用大電力定常作動型電磁プラズマ加速エンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
49
共著
Research and Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems
for Small/Nano Satellites at Osaka Institute of Technology
Hirokazu Tahara, Ryota Fujita, Keita Kanaoka, Hiroki Fujita, Tsubasa Yamauchi, Yoshikazu Sugiyama, Kyoko Takada and Takashi Wakizono
Space Propulsion 2016, Marriott Roma Park Hotel, Roma, Italy, 2016,

3124901
2016



大阪工業大学超小型衛星用パルスプラズマエンジンシステムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
50
共著
Water "In-Space" Electrical Propulsion System for Future Deep Space Mission
Yuichiro Nogawa and Hirokazu Tahara
Space Propulsion 2016, Marriott Roma Park Hotel, Roma, Italy

3125269
2016



将来深宇宙ミッションのための水電気推進システムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
51
共著
Research and Development of low-Power and High-Power Three-Types Hall Thrusters at Osaka Institute of Technology
Tetsuo Kakuma and Hirokazu Tahara
AIAA Propulsion and Energy Forum and Exposition (Propulsion and Energy 2016), Salt Palace Convention Center, Salt Lake City, Utah, USA

AIAA-2016-4944
2016



大阪工業大学における3種類のホール型イオンエンジンの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
52
共著
Research and Development of a High-Power Electrothermal Pulsed Plasma Thruster System onboard Osaka Institute of Technology 2nd PROITERES Nano-Satellite
Keita Kanaoka and Hirokazu Tahara
AIAA Propulsion and Energy Forum and Exposition (Propulsion and Energy 2016), Salt Palace Convention Center, Salt Lake City, Utah, USA

AIAA-2016-4844
2016



大電力電熱加速型パルスプラズマエンジンシステムの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
53
共著
Performance and Thermal Characteristics of Low-Power DC Arcjet Thrusters with Radiation-Cooled Anodes for Green Propellants
Suguru Shiraki and Hirokazu Tahara
AIAA Propulsion and Energy Forum and Exposition (Propulsion and Energy 2016), Salt Palace Convention Center, Salt Lake City, Utah, USA

AIAA-2016-4700
2016



グリーン推進剤利用輻射冷却陽極式アークジェットエンジンの研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
54
共著
Research and Development of Very-Low-Power Cylindrical-Type Hall Thrusters for Powered Flight of the Osaka Institute of Technology 3rd PROITERES Nano-Spacecraft
Tetsuo Kakuma, Yuya Takahata, Yusuke Furukubo, Mitsuyoshi Kobayashi, Tensei Kawakami, Kyohei Fujiwara, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Tomoyuki Ikeda
The 2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, Toyama International Conference Center, Toyama, Japan

R2-2
2016



プロイテレス3号機動力航行用シリンドリカル型エンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
55
共著
Research and Development of High-Power, High-Specific-Impulse SPT and TAL-types Hall Thrusters for Manned Mars Exploration
Yuya Takahata, Tetsuo Kakuma, Yusuke Furukubo, Mitsuyoshi Kobayashi, Tensei Kawakami, Kyohei Fujiwara, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Tomoyuki Ikeda
The 2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, Toyama International Conference Center, Toyama, Japan

R2-1
2016



有人火星探査アノードレイヤー型マグネティック型エンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
56
共著
Performance and Thermal Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters for Water Propellant
Yuichiro Nogawa and Hirokazu Tahara
The 2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, Toyama International Conference Center, Toyama, Japan

R1-5
2016



水推進剤低電力アークジェットエンジンの性能・熱特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
57
共著
Performance and Thermal Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters for Green Propellants
Yuki Fukutome, Suguru Shiraki, Katsuya Shimogaito, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada, Yuichiro Nogawa an Ai Momozawa
The 2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, Toyama International Conference Center, Toyama, Japan

R1-3
2016



グリーン推進剤利用低電力アークジェットエンジンの性能・熱特性。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
58 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of 30 J-class Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems for Powered Flight onboard the Osaka Institute of Technology 2nd PROITERES Nano-Satellite
Keita Kanaoka, Ryota Fujita, Koki Ryuho, Kohei Ono, Naoki Morikawa, Kosuke Enomoto, Hirokazu Tahara, Kyoko Takada and Takashi Wakizono
The 2016 Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, Toyama International Conference Center, Toyama, Japan

R1-2
2016



動力航行用30Jパルスプラズマエンジンシステムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
59 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of High-Efficiency and High-Performance Electric Rocket Engines for Future Space Missions at Osaka Institute of Technology
Hirokazu Tahara, Ryota Fujita, Masato Tanaka, Kyoko Takada and Tomoyuki Ikeda
5th Int. Conf. on Renewable Energy Research and Applications (ICRERA 2016), National Exhibition Centre, Birmingham, UK

ID20
2016



大阪工業大学における将来ミッションのための高性能電気推進開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
60
共著
Development of Steady-State Magneto-Plasma-Dynamic Thrusters with Permanent Magnets for In-Space Propulsion
Kengo Chino, Yoshikazu Sugiyama, Shota Saito, Hirokazu Tahara and Kyoko Takada
Frontier of Applied Plasma Technology

9/ 1, 13-18
2016



軌道間航行用定常作動型電磁プラズマ加速アークジェットエンジンの開発が行われた。磁場印加のためにサマリウムコバルト製永久磁石が用いられた。アノード形状を変化させ推進性能を測定したところ、コンバージェント・ダイバージェント形状のアノードを用いた場合最も高い性能を示した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
61

「「募金で人工衛星」計画、あなたと見たい宇宙の夢」

毎日新聞、夕刊、3版、社会、10


2016/03/08




62

海外でのレンタカー
田原弘一
工大 国際交流センター メールマガジン, リレーエッセイ

4
2015




63
共著
大電力パルスプラズマロケットエンジン搭載・大阪工業大学超小型人工衛星
プロイテレス2号機の開発状況
山内 翼, 藤田浩貴, 上村拓也, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資, プラズマ/放電/パルスパワー合同研究会

PST-15-012,ED-15-030,PPT-15-01, 1-6
2015




64
共著
有人火星探査用大電力電磁加速プラズマロケットエンジンの研究開発
知野健吾, 門畑浩平, 杉山義和, 鈴木智也, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資, プラズマ/放電/パルスパワー合同研究会

PST-15-009,ED-15-027,PPT-15-00, 1-6
2015




65
共著
深宇宙探査用大電力ホール型イオンロケットエンジンの研究開発
古久保裕介, 小林充宣, 籠田泰輔, 角間徹生, 高畑侑弥, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資, プラズマ/放電/パルスパワー合同研究会

PST-15-011,ED-15-029,PPT-15-01, 1-6
2015




66
共著
大阪工業大学・超小型人工衛星プロイテレス2号機搭載大電力電熱加速型パルスプラズマロケットエンジンシステムの開発
隆宝洸貴, 小野航平, 森川直樹, 藤田亮太, 金岡啓太, 田原弘一, 脇園 尭
電気学会, 電気学会研究会資, プラズマ/放電/パルスパワー合同研究会

PST-15-010,ED-15-028,PPT-15-01, 1-6
2015




67
共著
大阪工業大学PROITERES衛星搭載用電熱加速型パルスプラズマ推進機に関する
流れ場の数値解析
藤田亮太, 村岡力夫, 金岡啓太, 田中慎人, 陳 煥俊, 田原弘一, 脇園 堯
電気学会, 電気学会研究会資, プラズマ/放電/パルスパワー合同研究会

PST-15-013,ED-15-03PPT-15-013, 1-6
2015




68
共著
宇宙動力飛行用ホール型イオンロケットエンジンの性能特性
小林充宜, 古久保祐介, 籠田泰輔, 角間徹生, 高畑侑弥, 田原弘一, 高田恭子, 池田知行
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-15-048, 1-6
2015




69
共著
低毒性推進剤を用いた低電力DCアークジェットロケットエンジンの性能特性
下垣内勝也, 中西隆史, 井上史博, 福留佑規, 白木 優, 田原弘一, 高田恭子, 桃沢 愛,
野川雄一郎
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-15-049, 1-6
2015




70
共著
小型衛星動力飛行用大電力電熱加速型パルスプラズマロケットエンジンシステムの開発研究
小野航平, 隆宝洸貴, 森川直樹, 藤田亮太, 金岡啓太, 田中慎人, 陳カンシュン, 田原弘一,
高田恭子, 脇園 尭
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-15-047, 1-6
2015




71
共著
永久磁石と中空陰極を用いた有人火星探査用大電力電磁プラズマ加速ロケットエンジンの開発研究
門畑浩平, 知野健吾, 鈴木智也, 杉山義和, 田原弘一, 高田恭子
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-15-046, 1-6
2015




72
共著
Crew Waste Water Electric Propulsion System with Developed Arcjet Thruster
Yuichiro Nogawa and Hirokazu Tahara
AIAA SciTech 2015, Small Satellites - Technologies I, Orland, USA


2015



水推進剤アークジェットエンジン、宇宙飛行士廃棄水利用電気推進。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
73
共著
Overview of Electric Propulsion Research Activities in Japan
Haruki Takegahara, Shunjiro Shinohara, Takao Tanikawa, Akira Ando, Hirokazu Tahara, Akihiro Sasoh, Kimiya Komurasaki, Hitoshi Kuninaka, Ikkoh Funaki, Takeshi Miyasaka, Naoji Yamamoto
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-01/ISTS-2015-b-01
2015



日本における電気推進研究活動のオーバービュー。(担当部分:実験と計算、取りまとめ)
74
共著
Research and Development of High-Power Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems for Osaka Institute of Technology 2nd PROITERES Nano-Satellite
Keita Kanaoka, Ryota Fujita, Rikio Muraoka, Hirokazu Tahara, Takashi Wakizono
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-22/ISTS-2015-b-22
2015



プロイテレス衛星2号機用大電力パルスプラズマエンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
75
共著
Water Electrical Propulsion System Combined with Manned Space Mission
Yuichiro Nogawa, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-33/ISTS-2015-b-33
2015



有人宇宙ミッションのための水電気推進システムの検討。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
76
共著
Research and Development of High-Power, High-Specific-Impulse Magnetic-Layer-Type Hall Thrusters for Manned Mars Exploration
Yuya Takahata, Tetsuo Kakuma, Taisuke Kagota, Masato Nishida, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-151/ISTS-2015-b-151
2015



有人火星探査用大電力マグネティック型ホールエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
77
共著
Performance Characteristics of High-Power, High-Specific-Impulse Anode-Layer-Type Hall Thrusters for In-Space Propulsion
Taisuke Kagota, Yuya Takahata, Tetsuo Kakuma, Masato Nishida, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-153/ISTS-2015-b-153
2015



大電力高比推力アノードレイヤー型ホールエンジンの性能特性取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
78
共著
Performance Characteristics of Steady-State MPD Thrusters with Permanent Magnets and Multi Hollow Cathodes for Manned Mars Exploration
Tomoya Suzuki, Norihide Koyama, Yoshikazu Sugiyama, Hisao Sakoda, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-197/ISTS-2015-b-197
2015



有人火星探査用永久磁石・中空陰極利用電磁プラズマエンジンの研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
79
共著
Thermal Characteristics of Radiation-Cooled Steady-State MPD Thrusters with Permanent Magnets and Multi Hollow Cathodes for In-Space Propulsion
Yoshikazu Sugiyama, Norihide Koyama, Tomoya Suzuki, Hisao Sakoda, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-198/ISTS-2015-b-198
2015



輻射冷却式定常作動電磁プラズマ加速エンジンの熱特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
80
共著
Flowfield Simulation and Performance Prediction of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters Onboard Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series
Ryota Fujita, Rikio Muraoka, Keita Kanaoka, Chen Huanjun, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara, Takashi Wakizono
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-207/ISTS-2015-b-207
2015



パルスプラズマエンジンの流れ場の数値計算と性能予期。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
81
共著
R&D and Final Operation of Osaka Institute of Technology 1st PROITERES
Nano-Satellite with Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters and Development of 2nd and 3rd Satellites
Takuya Kamimura, Yoshifumi Nishimura, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-209/ISTS-2015-b-209
2015



プロイテレス衛星1号機の最終開発状況と衛星2,3号機の開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
82
共著
Performance Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters using Low–Toxicity Propellants of HAN
Yuki Fukutome, Suguru Shiraki, Kazuma Matsumoto, Fumihiro Inoue, Hirokazu Tahara, Yuichiro Nogawa, Ai Momozawa
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-229/ISTS-2015-b-229
2015



低毒性推進剤HANを用いた低電力アークジェットエンジンの研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
83
共著
Performance Characteristics of Low-Power Arcjet Thruster Systems with Gas Generators for Water
Suguru Shiraki, Yuki Fukutome, Fumihiro Inoue, Kazuma Matsumoto, Hirokazu Tahara, Yuichiro Nogawa, Ai Momozawa
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-230/ISTS-2015-b-230
2015



水蒸気ガスジェネレータをもつアークジェットエンジンの性能取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
84
共著
Performance and Thermal Characteristics of High-Power Hydrogen Arcjet Thrusters with Radiation-Cooled Anodes for In-Space Propulsion
Fumihiro Inoue, Yuki Fukitome, Suguru Shiraki, Kazuma Matsumoto, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-231/ISTS-2015-b-231
2015



輻射冷却陽極をもつ大電力水素アークジェットエンジンの研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
85
共著
Research and Development of Low-Power Cylindrical-Type Hall Thrusters for Nano/Micro-Satellites
Tetsuo Kakuma, Tomoyuki Ikeda, Masato Nishida, Taisuke Kagota, Yuya Takahata, Hirokazu Tahara
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-302/ISTS-2015-b-302
2015



超小型衛星搭載シリンドリカルホール型イオンエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
86
共著
Azimuthal Distribution of Neutral and Electron Densities Reconstructed from Optical Emission Images of Hall Thruster Plasma
Youbong Lim, Holak Kim, Jae Sun Park, Jongho Seon, Kazuma Matsumoto, Hirokazu Tahara, Wonho Choe
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

IEPC-2015-473p/ISTS-2015-b-473
2015



ホール型イオンエンジンのプラズマ診断測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
87
共著
R&D and Final Operation of Osaka Institute of Technology 1st PROITERES Nano-Satellite with Electric Rocket Engines and Development of 2nd and 3rd Satellites
Yuki Kojima, Takuya Kamimura, Yoshifumi Nishimura, Tomoyuki Ikeda, Ryota Fujita, Hirokazu Tahara, OIT PROITERES Team
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

ISTS-2015-f-13
2015



電気ロケット搭載プロイテレス衛星1-3号機の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
88
共著
Development of CubeSat and Activity on Dream Satellite Project
Ippei Oshima, Hideaki Kikuchi, Hirokazu Tahara, Ryota Hirai, Tomoyuki Ikeda, Ikujiro Ao, Hiroyuki Iijima, Shin Takeuchi, Osamu Konno, Taizoh Yamamoto, Naoki Kabaya, AstreX Kansai Satellite Group, Dream Satellite Project Team
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

ISTS-2015-f-14
2015



ドリームサットプロジェクトにおけるキューブサット開発活動。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
89
共著
R&D and Operation of Japanese Special CanSat "BENTO" with the Best CanSat Award at French CanSat Competition (C’Space 2014)
Takuya Hasegawa, Naoji Tsutsui, Shotaro Yamanaka, Hirokazu Tahara, OIT PROITERES Team, Space Club of Kansai
Joint Conf.: 30th International Symposium on Space Technology and Science (30th ISTS), 34th International Electric Propulsion Conference (34th IEPC), 6th Nano-Satellite Symposium (6th NSAT), Kobe Convention Center and Portpia Hotel, Kobe, Hyogo, Japan

ISTS-2015-f-79p
2015



カンサット国際大会における日本衛星の開発研究と衛星作動。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
90
共著
Development of Osaka Institute of Technology Nano-Satellite PROITERES-2
Hiroki Fujita and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2015, Osaka Institute of Technology, Osaka

1
2015



大阪工業大学プロイテレス衛星2号機の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
91
共著
Performance Characteristics of Low-Power Cylindrical Hall-Type Ion Rocket Engines for Osaka Institute of Technology Moon-Exploration Nano-Satellite PROITERES-3
Tetsuo Kakuma and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2015, Osaka Institute of Technology, Osaka

2
2015



プロイテレス3号機用シリンドリカルホール型エンジンの性能測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
92
共著
Research and Development of High-Power Hall-Type Ion Rocket Engines for Manned Mars Exploration
Yuya Takahata and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2015,Osaka Institute of Technology, Osaka

3
2015



有人火星探査用大電力ホール型イオンエンジンの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
93
共著
Research and Development of Low-Power Arcjet Rocket Engines Using Low Toxicity Propellants
Fumihiro Inoue and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2015, Osaka Institute of Technology, Osaka

4
2015



低毒性推進剤を利用した低電力アークジェットエンジンの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
94
共著
Thrust Performances and Thermal Characteristics of High-Power Steady-State MPD Rocket Engines for In-Space Propulsion
Yoshikazu Sugiyama and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2015, Osaka Institute of Technology, Osaka


2015



深宇宙推進用大電力定常電磁プラズマエンジンの性能・熱特性研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
95 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Flowfield Simulation of High-Power Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters onboard Osaka Institute of Technology Second PROITERES Satellite
Masato Tanaka, Ryota Fujita, Keita Kanaoka, Chen Huanjun and Hirokazu Tahara
10th Int. Symp. on Applied Plasma Science (ISAPS2015), Nara, Japan

5-8
2015



プロイテレス2号機用電熱加速パルスプラズマエンジンの数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
96
共著
Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems for Powered Flight of Micro-Satellites
Ryota Fujita, Rikio Muraoka, Tomoyuki Ikeda, Keita Kanaoka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
Frontier of Applied Plasma Technology

8/ 1, 19-24
2015



超小型人工衛星の動力航行用電熱加速型パルスプラズマエンジンシステムの開発が行われた。プロイテレス衛星2号機用30W級エンジンシステムを対象とし、発生総力積を高めるために多放電室型エンジンを試作し性能測定、連続作動試験を行った。その結果、総力積1,000Nsを達成し小型衛星の動力航行には十分な性能が得られた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
97
共著
プラズマ流体解析を用いた大阪工業大学PROITERES衛星2号機搭載用電熱加速型パルスプラズマスラスタの性能評価
藤田亮太, 金岡啓太, 田原弘一
プラズマ応用科学

23-1, 17-22
2015



超小型人工衛星プロイテレス2号機用電熱加速型パルスプラズマエンジンが開発された。プロイテレス衛星2号機は50kg級衛星であり、電力も50W以上である。それゆえ、30W級パルスプラズマエンジンを搭載する予定である。本研究では30Wパルスプラズマエンジンの流れ場の数値計算が行われ、推進性能が予測された。また10万ショットの連続作動試験の計算結果も実験結果と比較検討され、良い一致をみた。(担当部分:数値計算、全体の取りまとめ)
98
共著
低毒性HAN系推進剤を用いた水冷式低電力アークジェットスラスタの性能測定
福留佑規, 白木 優, 下垣内勝也, 田原弘一, 高田恭子
プラズマ応用科学

23-2, 75-80
2015



水冷式低電力(1 kW 級)アークジェットエンジンの性能測定が行われた。低毒性推進剤HAN模擬ガスを推進剤ガスに用いたが、陰極の損耗が激しく、材質の変更が必要であった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
99

調査研究委員会レポート,” 電気推進ロケットエンジンの推進性能と内部プラズマ物理現象に関する調査専門委員会.”
田原弘一
電気学会基礎・材料・共通部門(A部門)ニュースレター2014年7月号
電気学会誌
134/ 7, 付録
2014




100
共著
大阪工業大学プロイテレス衛星2号機搭載電熱加速型大電力パルスプラズマエンジン
の開発研究
金岡啓太, 藤田亮太, 村岡力夫, 田原弘一, 脇園たかし
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-14-016, 79-84
2014




101
共著
有人火星探査用定常作動型大電力電磁加速プラズマエンジンの開発研究
杉山義和, 鈴木智也, 湖山典英, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-14-017, 85-90
2014




102
共著
グリーン推進剤を用いた宇宙用直流アークジェットエンジンの性能特性
福留佑規, 井上史博, 松本和真, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-14-018, 91-96
2014




103
共著
深宇宙探査用輻射冷却式電磁加速プラズマロケットエンジンの開発研究
鈴木智也, 湖山典英, 松本和真, 杉山義和, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-14-033, 1-6
2014




104
共著
大阪工業大学プロイテレス衛星3号機月探査動力飛行用シリンドリカル型
ホールプラズマエンジンの開発研究
高畑侑弥, 池田知行, 西田万里, 籠田泰輔, 角間徹生, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-14-032, 1-6
2014




105
共著
有人火星探査用大電力ホール型イオンエンジンの開発研究
角間徹生, 池田知行, 籠田泰輔, 高畑侑弥, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-14-031, 1-6
2014




106
共著
大電力パルスプラズマエンジン搭載大阪工業大学プロイテレス衛星2号機の開発研究
西村有史, 上村拓也, 池田知行, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-14-030, 1-6
2014




107
単著
電気の力で宇宙を拓く-深宇宙を目指す電気推進ロケット技術-
田原弘一
解説, 電気学会誌

134/ 5, 289-292
2014




108
共著
Research and Development of High-Power and High-Total-Impulse Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Micro/Nano Satellites
Rikio Muraoka, Shuya Kisaki, Chen Huanjun, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP) 2014, Jeju Grand Hotel, Jeju Island, Korea

AJCPP2014-031
2014



大電力高総力積発生パルスプラズマエンジンの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
109
共著
Research and Development of Very-Low-Power Cylindrical Hall Thrusters for Micro/Nano Satellites
Masato Nishida, Tomoyuki Ikeda, Tsuyoshi Kawamura and Hirokazu Tahara
Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP) 2014, Jeju Grand Hotel, Jeju Island, Korea

AJCPP2014-032
2014



超小型衛星用超低電力シリンドリカル型ホールエンジンの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
110
共著
High Power Hydrogen Electric Propulsion for the Space Exploration
Kiyoshi Kinefuchi, Koichi Okita, Hitoshi Kuninaka, Daisuke Nakata and Hirokazu Tahara
Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP) 2014, Jeju Grand Hotel, Jeju Island, Korea

AJCPP2014-078
2014



宇宙探査用大電力水素電気推進システムの検討。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
111
共著
Performance Characteristics of High-Power, High-Specific-Impulse Hall Thrusters for In-Space Propulsion
Taisuke Kagota, Tsuyoshi kawamura, Yohei Mito, Masato Nishida, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
AIAA Propulsion and Energy 2014, Cleveland Convention Center, Cleveland, OH, USA

AIAA-2014-3814
2014



深宇宙推進用大電力高比推力ホール型イオンエンジンの性能測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
112
共著
Research and Development of Steady-State MPD Thrusters with Permanent Magnets and Multi Hollow Cathodes for In-Space Propulsion
Tomoya Suzuki, Taisuke Kubota, Norihide Koyama and Hirokazu Tahara
AIAA Propulsion and Energy 2014, Cleveland Convention Center, Cleveland, OH, USA

AIAA-2014-3697
2014



深宇宙推進用定常作動型電磁プラズマ加速エンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
113
共著
Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems onboard Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellites
Ryota Fujita, Rikio Muraoka, Chen Huanjun, Shuya Kisaki, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
AIAA Propulsion and Energy 2014, Cleveland Convention Center, Cleveland, OH, USA

AIAA-2014-3610
2014



プロイテレス衛星用電熱型パルスプラズマエンジンシステムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
114
共著
R&D, Launch and Initial Operation of the Osaka Institute of Technology 1st PROITERES Nano-Satellite with Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters and Development of the 2nd and 3rd Satellites
Takuya Kamimura, Keishi Yamasaki, Naoki Egami, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
AIAA Propulsion and Energy 2014, Cleveland Convention Center, Cleveland, OH, USA

AIAA-2014-3609
2014



プロイテレス衛星1号機の開発・打ち上げ・運用と衛星2,3号機開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
115
共著
Preliminary Study of High Power Hydrogen Electric Propulsion for the Space Exploration
Kiyoshi Kinefuchi, Koichi Okita, Hitoshi Kuninaka, Daisuke Nakata, Tomoya Suzuki and Hirokazu Tahara
AIAA Propulsion and Energy 2014, Cleveland Convention Center, Cleveland, OH, USA

AIAA-2014-3507
2014



宇宙輸送用大電力水素電気推進に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
116
共著
Performance Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters Using Green Propellants of HAN and Water
Fumihiro Inoue, Akira Iwakai, Kazuma Matsumoto, Hirokazu Tahara, Taiichi Nagata, Ideo Masuda and Yuichiro Nogawa
AIAA Propulsion and Energy 2014, Cleveland Convention Center, Cleveland, OH, USA

AIAA-2014-3506
2014



グリーン推進剤を用いたアークジェットエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
117 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
R&D, Environment Tests and Launch of the Osaka Institute of Technology 1st PROITERES Small Artificial Satellite with Electrothermal Pulsed Plasma Engines and Development of the 2nd and 3rd Satellites
Takuya Kamimura, Yoshifumi Nishimura, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
Proc. Fourth Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2014), Nara Prefectural New Public Hall, Nara

(923414) S, 577-580
2014



プロイテレス1号機の開発研究・環境試験・打ち上げと次期衛星計画。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
118
共著
Research and Development of the Osaka Institute of Technology PROITERES Small-Satellite Structure System
Ryota Fujita, Yasutomo Uetsuji and Hirokazu Tahara
Proc. Fourth Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2014), Nara Prefectural New Public Hall, Nara

(923425) S, 383-386
2014



超小型衛星プロイテレス2号機の構体の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
119
共著
Material Processing by Magneto-Plasma-Dynamic Arcjet
Taisuke Kagota, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
Proc. Fourth Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2014), Nara Prefectural New Public Hall, Nara

PS-22, (975213) S, 621-622
2014



電磁プラズマ加速アークジェットによる材料加工に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
120 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series with Electric Rocket Engines
Masato Nishida , Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
Proc. Fourth Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2014), Nara Prefectural New Public Hall, Nara

PS-21, (993305) S, 619-620
2014



大阪工業大学プロイテレス衛星シリーズの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
121 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Low-Temperature and High-Efficiency Material Processings Using Supersonic Plasma Jets in Thermodynamical and Chemical Nonequilibrium State
Kazuma Matsumoto, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
Proc. Fourth Asian Conference on Mechanics of Functional Materials and Structures (ACMFMS2014), Nara Prefectural New Public Hall, Nara

PS-20, (970161) S, 617-618
2014



超音速プラズマジェットを用いた低温高効率材料加工法の開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
122
共著
Research and Development of Direct-Current Arcjet Rocket Engines in Space Using Hydroxyl-Ammonium-Nitrate Propellant
Yuki Fukutome, Suguru Shiraki, Fumihiro Inoue, Kazuma Matsumoto, Hirokazu Tahara, Taiichi Nagata and Ideo Masuda
5th International Symposium on Energetic Materials and their Applications (ISEM2014), The Luigans, Fukuoka


2014



HAN推進剤を用いた直流アークジェットエンジンの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
123
共著
Performance Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters Using Low Toxicity Propellant
Kazuma Matsumoto, Fumihiro Inoue, Y uki Fukutome, Suguru Shiraki and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2014, Osaka Institute of Technology, Osaka

1
2014



低毒性推進剤低電力アークジェットエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
124
共著
Performance Characteristics of High-Specific-Impulse Hall Thrusters for In-Space Propulsion
Taisuke Kagota, Tomoyuki Ikeda, Tetsuo Kakuma, Yuya Takahata and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2014, Osaka Institute of Technology, Osaka

2
2014



深宇宙推進用高比推力ホール型イオンエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
125
共著
R&D, Launch of the Osaka Institute of Technology 1st PROITERES Small Artificial Satellite with Electrothermal Pulsed Plasma Engines and Development of the 2nd and 3rd Satellites
Takuya Kamimura, Yoshifumi Nishimura and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2014, Osaka Institute of Technology, Osaka

23
2014



電気推進搭載プロイテレス衛星シリーズの開発・打ち上げ。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
126
共著
Research and Development of Very-Low-Power Cylindrical Hall Thrusters for Micro/Nano Satellites
Masato Nishida, Taisuke Kagota, Yuya Takahata, Tetsuo Kakuma, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2014, Osaka Institute of Technology, Osaka

24
2014



超小型衛星用超低電力シリンドリカル型ホールエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
127
共著
R&D of High-Power Steady-State MPD Thruster with Permanent Magnets for Manned Mars Exploration
Tomoyuki Suzuki and Hirokazu Tahara
Mock International Conference 2014,Osaka Institute of Technology, Osaka

45
2014



有人火星探査用大電力定常電磁プラズマ加速エンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
128
共著
ホールスラスタの大電力・高比推力作動特性
籠田泰輔, 西田万里, 池田知行, 松本和真, 田原弘一, 渡辺陽介
プラズマ応用科学

22-1, 3-8
2014



ホール型イオンエンジンの高比推力作動特性が研究された。放電電圧を150-1,000 Vに広範にとり推進性能が測定された。3,000-4,000秒の高い比推力が得られ、推進効率も60%程度まで上昇できることがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
129

大阪工業大学 「理系グローバル人材の育成をめざし教育研究環境の進化を図る」「宇宙推進工学の世界最先端へ、研究留学にチャレンジ」鈴木智也 

読売新聞


2014/07




130

大阪工業大学 「世界で活躍できる専門職業人を育成」メッセージ「世界のMIT留学で貴重な経験を積む」鈴木智也
  

朝日新聞 大学力2014


2014/05/27




131

” 編集後記,”
田原弘一
プラズマ応用科学

21/ 2, 185
2013




132
共著
有人火星探査用大電力電磁加速プラズマスラスタの開発研究
久保田太輔, 湖山典英, 鈴木智也, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-13-086, 1-6
2013




133
共著
大阪工業大学プラズマエンジン搭載超小型人工衛星プロイテレスの打ち上げと運用状況
上村拓也, 山崎敬史, 恵上直樹, 池田知行, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-13-087, 1-6
2013




134
単著
超小型人工衛星PROITERES(プロイテレス)
田原弘一
KDDI財団, 平成25年版『衛星通信年報』, 大学衛星UNISEC報告

1-3
2013




135 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Launch and Operation of the 1st PROITERES Satellite with Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters
Hirokazu Tahara, Tomoyuki Ikeda and Masato Tanaka
Proc. 20th Annual Meeting of Institute of Applied Plasma Science, 6th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, A-2, PARKROYAL KUALA LUMPUR, Kuala Lumpur, Malaysia

17-18
2013



プロイテレス衛星1号機の打ち上げと運用。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
136
共著
Final Checking Process and Launch of the Osaka Institute of Technology 1st PROITERES Nano-Satellite Using Indian PSLV Rocket C-21
Takuya Kamimura, Keishi Yamasaki, Naoki Egami, Takaaki Matsuoka, Masaaki Sakamoto, Yoichi Inoue, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-f-48p
2013



プロイテレス衛星1号機打ち上げの最終技術的調整。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
137
共著
Investigation on Electrical Characteristics and Thrust Performance of Low-Power Cylindrical Hall Thrusters
Nobutada Sasaki, Yasunori Nejoh and Hirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-62p
2013



低電力シリンドリカル型ホールプラズマエンジンの放電特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
138
共著
Performance Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters Using Green Propellants of HAN and Water
Fumihiro Inoue, Akira Iwakai, Kazuma Matsumoto, Yuya Sugimura, Katsuya Fujita, Hirokazu Tahara, Taiichi Nagata, Ideo Masuda and Yuichi Nogawa
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-56p
2013



グリーン推進剤HAN・水を用いたアークジェットエンジン性能測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
139
共著
Research and Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems for Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series
Tsuyoshi Kawamura, Kenya Fujiwara, Kenta Uemura, Rikio Muraoka, Chen Huanjun, Shuya Kisaki, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-55p
2013



プロイテレス衛星用パルスプラズマエンジンシステムの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
140
共著
Research and Development of Three Kinds of Hall Thruster at Osaka Institute of Technology
Taisuke Kagota, Tsuyoshi Kawamura, Yohei Mito, Naru Sugimoto, Kazuya Togawa, Yuki Kato, Ryo Yamamoto, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-54p
2013



大阪工業大学における3種類のホール型イオンエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
141
共著
Performance Characteristics of Steady-State Magnetoplasmadynamic Arcjet Thrusters with Permanent Magnets and Multi Hollow Cathodes
Tomoya Suzuki, Taisuke Kubota, Norihide Koyama, Hironori Ibata, Katsuya Fujita andHirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-53p
2013



永久磁石・中空陰極をもつ定常作動型電磁加速エンジンの性能取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
142
共著
R&D, Launch and Initial Operation of the Osaka Institute of Technology 1st PROITERES Nano-Satellite and Development of the 2nd and 3rd Satellites
Naoki Egami, Takaaki Matsuoka, Masaaki Sakamoto, Yoichi Inoue, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan, 2013,

ISTS 2013-f-12
2013



プロイテレス衛星1号機開発研究・打ち上げ、初期運用と次期衛星。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
143
共著
Crew Waste Water Electric Propulsion System Development Status and Future Vision
Yuichiro Nogawa, Hirokazu Tahara and Akira Tsuchida
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-22
2013



宇宙飛行士廃棄水を用いた電気推進システムの検討。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
144
共著
Research and Development of Cylindrical Hall Thrusters for Small Spacecraft
Tomoyuki Ikeda, Kazuya Togawa, Naru Sugimoto, Yohei Mito, Ryo Yamamoto, Yuki Kato and Hirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-20
2013



小型宇宙飛翔体用シリンドリカル型ホールイオンエンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
145
共著
Research and Development of Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series with Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems
Shuya Kisaki, Rikio Muraoka, Chen Huanjun, Masato Tanaka, Naoki Egami, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-15
2013



動力航行用プロいテレス超小型衛星シリーズの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
146
共著
Performance Prediction of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems onboard Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series
Chen Huanjun, Rikio Muraoka, Shuya Kisaki, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-14
2013



電熱加速型パルスプラズマエンジンの数値計算による性能予測。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
147
共著
Performance Characteristics of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems
onboard Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series
Rikio Muraoka, Chen Huanjun, Shuya Kisaki, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-13
2013



超小型衛星搭載パルスプラズマエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
148
共著
Performance Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters Using Low Toxicity Propellant HAN
Kazuma Matsumoto, Yuya Sugimura, Katsuya Fujita, Hirokazu Tahara, Taiichi Nagata and Ideo Masuda
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-b-04
2013



低毒性推進剤HANを用いたアークジェットエンジンの性能特性取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
149
共著
Research and Development of Steady-State Magnetoplasmadynamic Arcjet Thrusters with Permanent Magnets and Multi Hollow Cathodes
Norihide Koyama, Hironori Ibata, Katsuya Fujita and Hirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-o-1-07
2013



永久磁石と中空陰極をもつ電磁加速プラズマエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
150
共著
Research and Development of High-Power and High-Specific-Impulse Hall Thrusters at Osaka Institute of Technology
Yohei Mito, Naru Sugimoto, Yuki Kato, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-o-1-02
2013



大阪工業大学の大電力高比推力ホール型イオンエンジン開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
151
共著
Overview on Developments of High-Power Anode Layer Thruster in Japan
Takeshi Miyasaka, Kimiya Komurasaki, Hiroyuki Koizumi, Tony Schonherr, Naoji Yamamoto, Hirokazu Tahara, Haruki Takegahara, Masakatsu Nakano, Junichiro Aoyagi, Ikkoh Funaki, Hiroki Watanabe, Yasushi Okawa, Akira Kakami, Yoshiyuki Takao, Shigeru Yokota, Toshiyuki Ozaki and Hiroyuki Osuga
29th International Symposium on Space Technology and Science (29th ISTS), Nagoya Congress Center, Nagoya City, Aichi, Japan

ISTS 2013-o-1-01
2013



日本における大電力ホール型イオンエンジンの開発状況。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
152
共著
Thrust Performance and Ion Current Oscillation of Low-Power Cylindrical-Hall Thrusters
Nobutada Sasaki, Yasunori Nejoh and Hirokazu Tahara
12th Asia Pacific Physics Conference of AAPPS, ASEPS3 2rd Asia-Europe Physics Summit, Makuhari Messe, Chiba, Japan


2013



低電力シリンドリカルホールエンジンの推力・イオン電流振動測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
153
共著
Performance Characteristics of 1-3 kW Arcjet Thrusters Using Green Propellants of HAN and Water
Fumihiro Inoue, Akira Iwatani, Kazuma Matsumoto, Hirokazu Tahara, Taiichi Nagata, Ideo Masuda and Yuichiro Nogawa
9th High Energy Materials, ISAS/JAXA, Sagamihara, Kanagawa, Japan

HEMs-20
2013



グリーン推進剤を用いた1-3kWアークジェットエンジンの性能測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
154
共著
Finite Element Simulation of a Small Artificial Satellite, PROITERES II
Ryota Fujita, Yasutomo Uetsuji and Hirokazu Tahara
International Conference on Functional Materials and Applications 2013, Tokai University, Hiratsuka, Kanagawa, Japan


2013



プロイテレス衛星2号機の有限要素法による構造解析。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
155 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Steady-State MPD Thrusters with Permanent Magnets and Multi Hollow Cathodes for In-Space Propulsion
Norihide Koyama, Tomoya Suzuki, Taisuke Kubota and Hirokazu Tahara
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-094
2013



深宇宙推進用定常作動電磁プラズマエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
156 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Low-Power Arcjet Thrusters Using Low Toxicity Propellant HAN Decomposed Gas
Kazuma Matsumoto, Akira Iwakai, Fumihiro Inoue, Hirokazu Tahara,Taiichi Nagata and Ideo Masuda
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C.

IEPC-2013-095
2013



低毒性推進剤HAN分解ガスアークジェットエンジンの性能特性取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
157 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of High-Power, High-Specific-Impulse Hall Thrusters for Japanese In-Space Propulsion
Yohei Mito, Masato Nishida, Taisuke Kagota, Tsuyoshi kawamura, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-096
2013



深宇宙推進用大電力高比推力ホール型エンジンの我が国の開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
158 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems onboard Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellites
Shuya Kisaki, Rikio Muraoka, Chen Huanjun, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C.

IEPC-2013-097
2013



電熱加速型パルスプラズマエンジンシステムの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
159 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Flowfield Simulation and Performance Measurement of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters onboard Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series
Masato Tanaka, Rikio Muraoka, Shuya Kisaki, Chen Huanjun, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C.

IEPC-2013-099
2013



パルスプラズマエンジンの流れ場の数値計算と性能測定。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
160 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
R&D, Launch and Initial Operation of the Osaka Institute of Technology 1st PROITERES Nano-Satellite with Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters and Development of the 2nd Satellite
Naoki Egami, Takaaki Matsuoka, Masaaki Sakamoto, Yoichi Inoue, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-100
2013



プロイテレス衛星1号機の研究開発・打ち上げ・運用と2号機開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
161 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Hall Thruster Series at Osaka Institute of Technology
Masato Nishida, Yohei Mito, Taisuke Kagota, Tsuyoshi kawamura, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-101
2013



大阪工業大学におけるホール型イオンエンジンシリーズの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
162 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Prediction of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster Systems onboard Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series
Chen Huanjun, Rikio Muraoka, Shuya Kisaki, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-102
2013



プロイテレス衛星搭載パルスプラズマエンジン流れ場の数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
163 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Osaka Institute of Technology PROITERES Nano-Satellite Series with Electric Rocket Engines
Rikio Muraoka, Shuya Kisaki, Chen Huanjun, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara and Takashi Wakizono
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C.

IEPC-2013-103
2013



電気推進搭載超小型衛星プロイテレスシリーズの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
164 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Very Low-Power Cylindrical Hall Thrusters for Nano Satellites
Tomoyuki Ikeda, Yohei Mito, Masato Nishida, Taisuke Kagota, Tsuyoshi kawamura and Hirokazu Tahara
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-109
2013



超小型衛星用超低電力シリンドリカル型ホールエンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
165 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Crew Waste Water Electric Propulsion System Development and Small Satellite Development from ISS with Its Arcjet Thruster
Yuichiro Nogawa, Hirokazu Tahara and Akira Tsuchida
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C.

IEPC-2013-192
2013



宇宙飛行士廃棄水利用電気推進と小型衛星によるデモ実験の提案。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
166 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Developments of Robust Anode-Layer Intelligent Thruster for Japan IN-Space Propulsion System
Takeshi Miyasaka, Kimiya Komurasaki, Hiroyuki Koizumi, Tony Schonherr, Naoji Yamamoto, Hirokazu Tahara, Haruki Takegahara, Junichiro Aoyagi, Masakatsu Nakano, Ikkoh Funaki, Hiroki Watanabe, Yasushi Ohkawa, Akira Kakami, Yoshiyuki Takao, Shigeru Yokota, Toshiyuki Ozaki and Hiroyuki Osuga
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-244
2013



RAIJINプロジェクトにおけるホール型イオンエンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
167 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of Long-Life Lightweight Arcjets
Daisuke Nakata, Kiyoshi Kinefuchi, Satoshi Hosoda, Masahiro Kinoshita, Hirokazu Tahara and Hitoshi Kuninaka
33rd International Electric Propulsion Conference (33rd IEPC), George Washington University, Washington, D.C., USA

IEPC-2013-292
2013



長寿命軽量アークジェットエンジンシステムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
168
共著
Performance Characteristics of Very Low Power Cylindrical Hall Thrusters for the Nano-Satellite “PROITERES-3”
Tomoyuki Ikeda, Kazuya Togawa, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
Vacuum

88, 63-69
2013



円形断面放電室をもつ超低電力(50W以下)ホール型イオンエンジンの推進性能と放電電流振動が研究された。測定された放電振動は小さいが、10kHzから32kHz, 67kHzの周波数が計測された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
169
共著
Research and Development of Steady-State Magnetoplasmadynamic Arcjet Thrusters with Permanent Magnets and Multi-Hollow Cathodes
Norihide Koyama, Tomoya Suzuki, Taisuke Kubota and Hirokazu Tahara
Frontier of Applied Plasma Technology

6/ 2, 45-50
2013



永久磁石とホローカソードをもつ定常作動型MPDアークジェットエンジンの推進性能が調べられた。投入電力は3-10kWであり、推進剤ガスに水素、アンモニアが用いられた。結果として、水素ガスを用いた場合、推力42mN、比推力2870sec、推進効率12.5%が得られた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
170
共著
渡辺陽介,“ 超小型人工衛星搭載用シリンドリカル型ホールスラスタの作動特性
池田知行, 三藤陽平, 西田万里, 籠田泰輔, 川村剛史, 田原弘一
プラズマ応用科学

21-1, 23-28
2013



円形断面放電室をもつホール型イオンエンジンの超低電力作動特性が調べられた。永久磁石の磁束密度、放電室の構造を変化させ推進性能が測定された。投入電力は50W程度であるが、比推力1,000秒、推進効率20-30%が得られた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
171

” 第5回国際ワークショップ「プラズマ応用と複合機能材料」について,”
田原弘一
「プラズマ応用科学」ニュース(IAPS NEWS)

76, 1
2012




172

“大阪工大発の小型人工衛星、ついに宇宙へ,”
大阪工業大学・人工衛星プロジェクトチーム
常翔学園広報誌Flow, 巻頭特集

51, 1-2
2012




173
共著
ホール型イオンスラスタの大電力・高比推力作動
三藤陽平, 杉本 成, 加藤優貴, 山本 怜, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-12-025, 63-68
2012




174
共著
低毒性推進剤を用いた直流アークジェットスラスタの性能特性
松本和真, 杉村勇也, 藤田雄也, 田原弘一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-12-026, 69-74
2012




175
共著
スマートプラズマシステムの開発とそのプロセス利用、及び効率化に関する研究, 小型人工衛星搭載用電気推進ロケットエンジンの開発研究
田原 弘一
2011年度 接合科学共同利用・共同研究拠点, 共同研究報告書
大阪大学 接合科学研究所
271-272
2012




176
共著
大阪工業大学における宇宙航行用ホール型イオンロケットエンジンの開発研究
田原弘一, 池田知行, 戸川和也, 杉本 成, 三藤陽平
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-12-043, PPT-12-049, 1-6
2012




177
単著
電気推進ロケットエンジン開発研究の現状と今後の展開
田原弘一
特集 宇宙と応用物理, 解説, 応用物理

81/ 3, 196-203
2012




178
共著
Performance Characteristics of Very Low Power Cylindrical Hall Thrusters for Nano-Satellites
Tomoyuki Ikeda, Kazuya Togawa, Yohei Mito, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP) 2012, Xi'an, China

AJCPP2012-006
2012



超小型衛星用超低電力シリンドリカル型ホールエンジン性能の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
179
共著
Research and Development of Osaka Institute of Technology Nano-Satellite “PROITERES” with Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters
Yoichi Inoue, Jun-ichi Ozaki, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP) 2012, Xi'an, China

AJCPP2012-005
2012



パルスプラズマエンジン搭載超小型衛星プロイテレスの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
180
共著
Performance Characteristics of DC Arcjet Thrusters Using Low Toxicity Propellant HAN
Katsuya Fujita, Nobuyuki Tanaka, Hiroshi Miyake, Hirokazu Tahara, Taiichi Nagata and Ideo Masuda
Asian Joint Conference on Propulsion and Power (AJSPP) 2012, Xi'an, China

AJCPP2012-004
2012



低毒性推進剤HANを用いた直流アークジェットエンジンの性能取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
181 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Applications of Direct-Current Arcjets in the Fields of Aerospace Engineering and Material Processing
Hirokazu Tahara and Tomoyuki Ikeda
Proc. 19th Annual Meeting of Institute of Applied Plasma Science, 5th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, A-2, Howard International House, National Taiwan University, Taipei, Taiwan

21-22
2012



航空宇宙・材料加工分野における直流アークジェットの適用(担当部分:作動実験、取りまとめ)
182
共著
Low-Temperature and High-Efficiency Material Processings Using Supersonic Plasma Jet in Thermodynamical and Chemical Nonequilibrium State
Hirokazu Tahara, Tomoyuki Ikeda, Katsuya Fujita, Kazuma Matsumoto, Yuya Sugimura and Yasutaka Ando
5th Asian Thermal Spray Conference (ATSC 2012), Tsukuba International Congress Center, Ibaraki, Tsukuba


2012



熱力学的化学的非平衡プラズマジェットによる低温高効率材料加工。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
183 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
(164) Research and Development of Nano-Satellite PROITERES with Electric Rocket Engines at Osaka Institute of Technology
Naoki Egami, Yoichi Inoue, Sae Nakano, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
Proc. 8th IEEE Vehicle Power and Propulsion Conference, Olympic Parktel, Seoul, Korea

SS01-0298
2012



大阪工業大学における超小型衛星プロイテレスの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
184 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Pulsed Plasma Thruster Systems for Nano-Satellites at Osaka Institute of Technology
Masato Tanaka, Shuya Kisaki, Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
Proc. 8th IEEE Vehicle Power and Propulsion Conference, Olympic Parktel, Seoul, Korea

SS01-0300
2012



大阪工業大学におけるパルスプラズマエンジンシステムの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
185 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of High-Power High-Efficiency Hall-Type Ion Engines for Space Exploration
Yohei Mito, Tomoyuki Ikeda, Naru Sugimoto, Kazuya Togawa and Hirokazu Tahara
Int. Conf. on Renewable Energy Research and Applications (ICRERA) 2012, Best Western Premier Hotel Nagasaki, Nagasaki-City, Nagasaki


2012



宇宙探査用大電力高効率ホール型イオンエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
186 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of Highly-Functional Nano/Small Satellites with Pulsed Plasma Engines
Shuya Kisaki, Tomoyuki Ikeda, Yoichi Inoue, Naoki Egami and Hirokazu Tahara
Int. Conf. on Renewable Energy Research and Applications (ICRERA) 2012, Best Western Premier Hotel Nagasaki, Nagasaki-City, Nagasaki


2012



パルスプラズマエンジン搭載高機能小型衛星の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
187 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of High-Efficiency Hall-Type Ion Engines for Small Spacecrafts
Tomoyuki Ikeda, Naru Sugimoto, Kazuya Togawa, Yohei Mito and Hirokazu Tahara
Int. Conf. on Renewable Energy Research and Applications (ICRERA) 2012, Best Western Premier Hotel Nagasaki, Nagasaki-City, Nagasaki


2012



小型衛星用高効率ホール型イオンエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
188
共著
低毒性推進剤を用いたアークジェットスラスタの基礎作動実験
池田知行, 藤田雄也, 松本和真, 杉村勇也, 田原弘一, 渡辺陽介
プラズマ応用科学

20-1, 27-32
2012



アークジェットエンジンの作動ガスとして、低毒性推進剤であるHAN系推進剤の使用が切望されている。HAN系推進剤模擬ガスでは水を含むため、水蒸気としてアークジェットエンジンに供給する必要がある。本研究では小型軽量、低電力のグロープラグを用いたガスジェネレータを開発した。ガスジェネレータを用いたアークジェットエンジンを作動させたところ、安定な作動を確認した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
189
共著
Performance Characteristics of Direct-Current Arcjet Thrusters Using Clean Propellant “Hydroxyl Ammonium Nitrate”
Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
Frontier of Applied Plasma Technology

5/ 2, 73-78
2012



HAN系低毒性推進剤を用いた直流アークジェットエンジンの性能特性が調べられた。投入電力は0.5-1.2kWであり、窒素ガスとヒドラジン模擬ガス(N2+2H2)を用いた推進性能と比較検討された。HAN系推進剤模擬ガスの性能はヒドラジン模擬ガスのそれより若干劣るが、宇宙用エンジンとして十分使用可能であることがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
190

「宇宙の夢追い続ける、学生と人工衛星製作」  

高知新聞、志民2012、地域特集

20
2012/12/18




191

「自分成長プロジェクト。大阪工業大学のもう一つの学び。」人工衛星プロジェクト

読売新聞、13版、26


2012/10/14




192

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

京都大学ExPRESS(UNN関西学生報道連盟)


2012/09




193

京都女子大学 藤花通信

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」


2012/09




194

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

神戸女学院大学K.C.Press


2012/09




195

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

関西大学タイムズ


2012/09




196

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

大阪大学POST


2012/09




197

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

関西学院大学 新月Tribune


2012/09




198

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

立命館大学NEWS立命


2012/09




199

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

同志社大学PRESS


2012/09




200

「大阪工大 人工衛星 大学から宇宙へ 開発に5年 新技術も」

神戸大学NEWS NET


2012/09




201

「大阪工大衛星 通信途絶える」

読売新聞、夕刊、4版、12


2012/09/21




202

「Indian’s 100th space mission a grand success: Earth2Orbit’s Japanese satellite PROITERES now in orbit」



E2O PR No.17-09-2012
2012/09/12



Mumbai, India
203

「「大工大衛星」打ち上げ成功」

産経新聞、夕刊、5版、社会、10


2012/09/10




204

「大阪工大衛星打ち上げ」

読売新聞、夕刊、4版、12


2012/09/10




205

「大阪工大の人工衛星 打ち上げ成功」

毎日新聞、夕刊、4版、社会、10


2012/09/10




206

「30センチ衛星 未来を開け 大工大製作9日宇宙へ-小さな機体に熱意詰めて-」

産経新聞、夕刊、5版、社会、9


2012/09/06




207

「大阪工業大学の小型人工衛星プロジェクト「PROITERES」がいよいよ宇宙へ
―超小型人工衛星では世界初・電気推進ロケットエンジンでの動力飛行を目指す―」

大学通信 大学プレスセンター


2012/08/25




208

「人工衛星に学生の夢-大阪工業大学、宇宙から淀川の自然守る-」

毎日新聞、夕刊、3版

1
2012/08/18




209

「夢は自分で実現する」

高知新聞(夕刊)、ぴーぷる、社会2

6
2012/01/30




210

” ひとことメッセージ,”
田原弘一
大阪工業大学通信おおよど

223, 1
2011




211

“技術大国日本を支える計量・計測に寄与-関西の大学初の人工衛星に熱い視線-,”
INTERMEASURE2010, 第24回国際計量計測展
尾崎淳一, 田原弘一, 大阪工業大学・人工衛星プロジェクトチーム
常翔学園広報誌Flow

43, 5
2011




212
共著
大阪工業大学プロイテレス3号機・月探査超小型衛星搭載用低電力ホールタイプイオンエンジンの開発研究
池田知行, 戸川和也, 西田隆寛, 田原弘一, 渡辺陽介
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-11-026, 1-5
2011




213
共著
超小型衛星搭載用パルスプラズマロケットエンジンシステムの開発
上西一樹, 木咲秀彌, 田中慎人, 中 雅理, 田原弘一, 渡辺陽介
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-11-046, 1-4
2011




214
共著
大阪工業大学・超小型衛星プロイテレスの開発
恵上直樹, 中野紗恵, 井上陽一, 尾崎淳一, 池田知行, 田原弘一, 渡辺陽介
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-11-063, 1-6
2011




215
単著
小型人工衛星搭載用電気推進ロケットエンジンの開発研究
田原弘一
2010年度 接合科学共同利用・共同研究拠点, 共同研究報告書
大阪大学 接合科学研究所
228-229
2011




216
共著
Influence of Channel Structure and Material on Hall Thruster Performance
Hirokazu Tahara, Tsuyoshi Fujita, Tomoyuki Ikeda and Yosuke Watanabe
18th Annual Meeting of Institute of Applied Plasma Science, 4th International Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, City Convention Centre of Victoria University and Citigate Melbourne Hotel, Melbourne, Australia), 2011


2011



ホール型イオンエンジン性能に及ぼすチャンネル構造・材質の影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
217
共著
Development of a High-Resolution Camera System onboard Nano-Satellite PROITERES
Masaya Nishizawa, Tomoyuki Ikeda, Jun-ichi Ozaki, Hirokazu Tahara, Yosuke Watanabe, Akito Enoguchi and Nobuaki Takeyama
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-n-08
2011



超小型衛星プロイテレス搭載高解像度カメラシステムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
218
共著
Development of an Attitude Control System for Nano-Satellite PROITERES
Shunsuke Araki, Tomoyuki Ikeda, Jun-ichi Ozaki, Masaya Nishizawa, Yoichi Inoue, Takafumi Iguchi, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-j-21s
2011



超小型人工衛星の姿勢制御システムの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
219
共著
Research and Development of Nano-Satellite PROITERES Series at Osaka Institute of Technology
Tomoyuki Ikeda, Jun-ichi Ozaki, Shunsuke Araki, Masaya Nishizawa, Yoichi Inoue, Takafumi Iguchi, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-j-21
2011



大阪工業大学における超小型衛星プロイテレスシリーズの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
220
共著
Flowfield Calculation of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Nano-Satellite PROITERES
Masato Tanaka, Masamichi Naka, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan ISTS 2011-b-61p

ISTS 2011-b-61p
2011



プロイテレス衛星用電熱加速パルスプラズマエンジンの数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
221
共著
Basic Performance Characteristics of Anode-Layer-Type Hall Thrusters
Makoto Nose, Naru Sugimoto, Kazuya Togawa, Takahiro Nishida, Tomoyuki Ikeda, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-b-60p
2011



アノードレイーヤー型ホールイオンエンジンの基礎性能の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
222
共著
Performance Characteristics of Direct-Current Arcjet Thrusters Using Hydroxyl-Ammonium-Nitrate Propellant
Yusuke Okamachi, Katsuya Fujita, Kazuya Nakagawa, Reo Shimojo, Hirokazu Tahara, Taiichi Nagata and Ideo Masuda
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-b-49
2011



HAN系推進剤直流アークジェットエンジンの作動特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
223
共著
Performance Characteristics of Very Low Power Cylindrical Hall Thrusters for Nano-Satellites
Kazuya Togawa, Makoto Nose, Naru Sugimoto, Takahiro Nishida, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-b-22
2011



超低電力シリンドリカル型ホールイオンエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
224
共著
Optimization of Acceleration Channel Structure and Material for Magnetic-Layer-Type Hall Thrusters
Naru Sugimoto, Makoto Nose, Kazuya Togawa, Takahiro Nishida, Tomoyuki Ikeda, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-b-18
2011



ホール型イオンエンジン加速チャネルの構造・材質の最適化の検討。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
225
共著
Development of Nano-Satellite PROITERES with Electric Rocket Engines at Osaka Institute of Technology
Jun-ichi Ozaki, Tomoyuki Ikeda, Shunsuke Araki, Masaya Nishizawa, Yoichi Inoue, Takafumi Iguchi, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-b-13
2011



大阪工業大学プロイテレス衛星シリーズの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
226
共著
Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster System Flight-Model onboard Nano-Satellite PROITERES
Masamichi Naka, Masato Tanaka, Hirokazu Tahara, Yosuke Watanabe and Takashi Wakizono
28th International Symposium on Space Technology and Science (28th ISTS), Okinawa Convention Center, Ginowan City, Okinawa, Japan

ISTS 2011-b-03
2011



プロイテレス衛星用パルスプラズマエンジンフライトモデルの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
227
共著
Crew Wasted Water Electric Propulsion System Development Plan
Yuichiro Nogawa and Hirokazu Tahara
62nd International Astronautical Congress (IAC2011), Cape Town, South Africa


2011



宇宙飛行士廃棄水を利用した電気推進システムの開発計画。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
228 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thruster System Flight-Model for the PROITERES Satellite
Masamichi Naka, Ryuta Hosotani, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
32nd International Electric Propulsion Conference (32nd IEPC), Kurhaus, Wiesbaden, Germany

IEPC-2011-034
2011



プロイテレス衛星用パルスプラズマエンジンフライトモデルの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
229 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of Osaka Institute of Technology Nano-Satellite “PROITERES” with Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters
Jun-ichi Ozaki, Tomoyuki Ikeda, Tatsuya Fujiwara, Masaya Nishizawa, Shunsuke Araki, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
32nd International Electric Propulsion Conference (32nd IEPC), Kurhaus, Wiesbaden, Germany

IEPC-2011-035
2011



電気推進搭載超小型衛星プロイテレスの開発(担当部分:作動実験、取りまとめ)
230 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Compatibility Study of Low Toxicity Propellant Gas “HAN” for DC Arcjet Thrusters
Hirokazu Tahara, Yusuke Okamachi, Katsuya Fujita, Kazuya Nakagawa, Masamichi Naka, Taiichi Nagata and Ideo Masuda
32nd International Electric Propulsion Conference (32nd IEPC), Kurhaus, Wiesbaden, Germany

IEPC-2011-036
2011



直流アークジェットエンジンへの低毒性推進剤HAN適応性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
231 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Flowfield Calculation of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for the PROITERES Satellite
Hirokazu Tahara, Yusuke Ishii, Masato Tanaka, Masamichi Naka and Yosuke Watanabe
32nd International Electric Propulsion Conference (32nd IEPC), Kurhaus, Wiesbaden, Germany

IEPC-2011-037
2011



プロイテレス衛星用パルスプラズマエンジン流れ場の数値計算(担当部分:数値計算、取りまとめ)
232
共著
Optimization of Acceleration Channel Structure and Material for Magnetic-Layer-Type Hall Thrusters
Tomoyuki Ikeda, Tsuyoshi Fujita, Naru Sugimoto, Jun-ichi Ozaki, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
32nd International Electric Propulsion Conference (32nd IEPC), Kurhaus, Wiesbaden, Germany

IEPC-2011-038
2011



マグネティック型ホールエンジンのチャンネル構造・材質の最適化。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
233 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Very Low Power Cylindrical Hall Thrusters for Nano-Satellites
Tomoyuki Ikeda, Kazuya Togawa, Takahiro Nishida, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
32nd International Electric Propulsion Conference (32nd IEPC), Kurhaus, Wiesbaden, Germany

IEPC-2011-039
2011



超小型衛星用円形断面ホール型イオンエンジンの作動特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
234 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Very Low Power Cylindrical Hall Thrusters for the Nano-Satellite “PROITERES-3”
Tomoyuki Ikeda, Kazuya Togawa, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
Advances in Applied Plasma Science, Proc. of 7th Int. Symp. on Applied Plasma Science, Hakone, Japan

8, 101-102
2011



プロイテレス衛星3号機搭載ホール型エンジンの性能特性取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
235
共著
Operational Characteristics of Very Low Power Cylindrical Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Takuma Tonari, Tsuyoshi Fujita, Tomoyuki Ikeda and Yosuke Watanabe
Frontier of Applied Plasma Technology

4/ 1, 6-11
2011



超小型月探査機への搭載を目指して、超低電力、円形断面放電室をもつホール型イオンエンジンが開発され、推進性能が測定された。投入電力は10-60Wであり、推力0.3-3.5mN、比推力400-1,400秒、推進効率6-13%が得られた。(担当部分:主な実験研究)
236
共著
Prediction of Hall Thruster Performance and Plasma Features
Tomoyuki Ikeda, Tsuyoshi Fujita, Hirokazu Tahara and Yosuke Watanabe
Frontier of Applied Plasma Technology

4/ 2, 70-75
2011



ホール型イオンエンジンの性能を予測し、内部のプラズマ生成、イオン加速過程を明らかにするために、2次元プラズマ粒子モデル(Hybrid Particle-In-Cell (PIC)モデル)を用いた数値計算が行われた。放電チャンネル内部では、磁場が集中しているチャンネル出口付近で電子温度が最大になり電離が盛んに行われ、その下流からイオンが極度に加速されるようになる。イオン衝突による放電室壁の損耗過程もシミュレートされ、3,000時間の作動で数ミリメートルが消失することがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
237
共著
超小型人工衛星搭載用電熱加速型パルスプラズマ推進機の流れ場の数値シミュレーション
池田知行, 石井悠介, 中 雅理, 田原弘一, 渡辺陽介
プラズマ応用科学

19-1, 29-35
2011



パルスプラズマエンジンの内部の流れ場の数値計算が行われ、プラズマ生成・加速過程が調べられた。数マイクロ秒のパルス放電中にテフロンの昇華が行われるが、放電電流が流れ切った直後に放電室内部の圧力が最大になり、プラズマの膨張加速により推力が発生する。すなわち、放電電流・昇華量・圧力・推力の時間変化は一致はせず、電熱加速型エンジンの特有の特性を示すことがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
238
共著
超小型衛星搭載用電熱加速型パルスプラズマ推進機の流れ場の数値計算と性能測定
田原弘一, 石井悠介, 中 雅理, 田中慎人, 池田知行, 渡辺陽介
日本航空宇宙学会誌,特集 電気推進・先端推進の数値シミュレーション

59/ 694, 349-354
2011



超小型人工衛星搭載用パルスプラズマエンジン内部の流れ場の数値計算が行われ、実験結果と比較検討された。非定常2次元流体モデルが用いられ、直列LCR電気回路、解離・電離反応、テフロン壁への熱伝達・昇華過程、テフロン壁内部の熱伝導が考慮された。計算された結果は実験結果と数%の誤差で良く一致し、推進性能の予測が可能であることがわかった。(担当部分:主な実験研究)
239

「自らの可能性に挑戦する学生生活を-人工衛星プロジェクト「PROITERES」-」

読売新聞、13版、11


2011/04/04




240

「学生手作り衛星 月に挑む-「はやぶさ」式エンジン 自力航行-」

読売新聞、14版、社会、28


2011/02/12




241

小型衛星「相乗り」時代 今年夏以降に新型エンジンを搭載した衛星をインドのロケットで打ち上げ予定と紹介

読売新聞、とれたて!科学 MONDAY 宇宙へ(3)

15
2011/01/24




242

「発進!大阪工業大学プロイテレス人工衛星」

東亜日報(韓国)、日本・関西の宇宙開発


2011/01/17



http://news.donga.com/Inter_List/3/02/20110117/33988689/1
243

” 編集後記,”
田原弘一
溶射

47/ 1
2010




244
共著
ホール型イオンロケットエンジンの推進性能測定とプラズマ数値シミュレーション
田原弘一, 藤田 剛, 池田知行, 弓削政郎, 渡辺陽介
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-10-44, 17-22
2010




245
共著
電気推進ロケットエンジン搭載超小型人工衛星の研究開発
池田知行, 尾崎淳一, 弓削政郎, 田原弘一, 渡辺陽介
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-10-41, 1-6
2010




246
共著
宇宙航行用アークジェット推進機の開発研究
田原弘一, 岡町悠介, 藤田雄也, 中川和哉, 下城礼央, 池田知行, 渡辺陽介
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ/パルスパワー合同研究会

PST-10-75, PPT-10-95, 43-48
2010




247
共著
大阪工業大学・超小型人工衛星搭載用パルスプラズマロケットエンジンシステムの開発研究
田原弘一, 中 雅理, 高木宏樹, 池田知行, 渡辺陽介
電気学会論文誌A

130/ 10, 851-857
2010



プロイテレス衛星搭載用のパルスプラズマエンジンの性能向上を目的とし、作動実験とそれによるスラスタ形状の決定、長時間作動性能の測定実験、エンジンシステムのエンジニアリングモデルの設計・製作が行われた。エンジンシステムの製作後、作動実験が行われ、十分な性能を有していることがわかった。(担当部分:主な実験研究)
248

「6年後に希望(大阪工業大学の田原弘一教授(宇宙推進工学)の話)」

朝日新聞、夕刊、金星探査機「あかつき」金星周回失敗、4版、1


2010/12/08




249

「大学生による人工衛星開発-宇宙は夢ではなくなった!-」

大学ジャーナル、進路のヒント 工学特集 大学の取組-大阪工業大学の学生主導型プロジェクト-

90/ 11月号, 11
2010/11




250

UNISECインタビュー「大阪工業大学・宇宙推進工学研究室」

大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)メールマガジン、第3号


2010/11



http://www.unisec.jp/mailmagazine/
251

「小型人工衛星「プロイテレス」世界最小、最軽量、はやぶさと同じエンジン搭載。打ち上げに成功すれば世界初の快挙!」

関塾タイムズ、研究最前線

398, 17-18
2010/09




252

「大阪工業大学の真価-独自開発の人工衛星の打ち上げ迫る-」

朝日新聞、関西の大学力、10版、19


2010/05/26




253

「人工衛星 夢乗せ宇宙へ-大阪工業大学 田原研究室-」

毎日新聞、Visit研究室、企画特集、15


2010/05/26




254

「大工大の衛星 今秋打ち上げ ガス噴射で宇宙飛び回れ-夢は大きく戦艦ヤマト-」

読売新聞、とれたて!科学、13版、科学11


2010/03/22




255

「「まいど」に続け!大工大の衛星 インドで打ち上げへ」

読売新聞、夕刊、4版、1


2010/03/18




256

” 人工衛星プロイテレス2010年春打ち上げに向け開発順調,”
田原弘一
常翔学園広報誌Flow, 卒業生版

35, 5-6
2009




257

“社会人基礎力育成グランプリ-日本で最も社会人基礎力が成長した学生チームに選ばれる-宇宙はもう夢じゃない!努力すれば必ず手が届く!!,”
大阪工業大学・人工衛星プロジェクトチーム
常翔学園広報誌Flow, 卒業生版

35, 7-8
2009




258
単著
小型人工衛星搭載用電気推進ロケットエンジンの開発研究
田原弘一
2009年度 大阪大学 接合科学研究所 共同研究報告

147-148
2009




259
単著
超音速プラズマジェットの工学応用(2)
田原弘一
機械の研究

61/ 12, 1150-1156
2009




260
単著
超音速プラズマジェットの工学応用(1)
田原弘一
機械の研究

61/ 11, 1045-1050
2009




261
単著
高度ミッションを可能にする電気推進ロケットエンジンの開発
田原弘一
特集 宇宙開発を支える電気工学技術-3, 電気学会誌

129/ 11, 735-738
2009




262
共著
Progress of Project of Osaka Institute of Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Minetsugu Yamada and Hirokazu Tahara
27th International Symposium on Space Technology and Science (27th ISTS), Tsukuba City, Japan

ISTS 2009-s-05f
2009



大阪工業大学プロイテレス衛星開発プロジェクトの展開。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
263
共著
Research and Development of an Attitude Control System for Osaka Institute of Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Tomoyuki Ikeda and Hirokazu Tahara
27th International Symposium on Space Technology and Science (27th ISTS), Tsukuba City, Japan

ISTS 2009-s-02f
2009



大阪工業大学プロイテレス衛星の姿勢制御システムの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
264
共著
Performance Enhancement of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Osaka Institute of Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Hiroki Takagi, Tsuyoshi Yamamoto, Yusuke Ishii and Hirokazu Tahara
27th International Symposium on Space Technology and Science (27th ISTS), Tsukuba City

ISTS 2009-b-16
2009



超小型衛星用パルスプラズマエンジンの性能向上に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
265
共著
Flowfield Calculation of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters onboard the Osaka Institute of Technology Small Satellite
Yusuke Ishii, Hiroki Takagi, Tsuyoshi Yamamoto and Hirokazu Tahara
27th International Symposium on Space Technology and Science (27th ISTS), Tsukuba City, Japan

ISTS 2009-b-15
2009



大阪工業大学小型衛星搭載パルスプラズマエンジンの流れ場計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
266
共著
Investigation of the Ion Current Oscillation and Erosion with Cross-Field Ion Transport and Recombination Effects in Hall Thrusters
Yasunori Nejoh, Yoshihisa Maruko, Yuki Yamamura and Hirokazu Tahara
27th International Symposium on Space Technology and Science (27th ISTS), Tsukuba City, Japan

ISTS 2009-b-13
2009



ホール型エンジンの垂直イオン輸送検討による損耗・電流振動研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
267
共著
Influence of Hollow Anode Configuration on Performance of Anode-Layer Hall Thrusters
Yudai Shimizu, Takayoshi Shinya, Tsuyoshi Fujita, Takuma Tonari and Hirokazu Tahara
27th International Symposium on Space Technology and Science (27th ISTS), Tsukuba City, Japan

ISTS 2009-b-12
2009



アノードレイヤー型ホールエンジン性能の中空陽極形状の影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
268
共著
Performance Prediction in Long Operation for Magnetic-Layer-Type Hall Thrusters
Tsuyoshi Fujita, Yudai Shimizu, Takayoshi Shinya, Takuma Tonari and Hirokazu Tahara
27th International Symposium on Space Technology and Science (27th ISTS), Tsukuba City, Japan

ISTS 2009-b-10
2009



マグネティックレイヤー型ホールエンジン長時間作動の性能予期。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
269 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters onboard PROITERES Satellite
Hirokazu Tahara, Masamichi Naka, Hiroki Takagi, Tomoyuki Ikeda and Yosuke Watanabe
New Trend in Applied Plasma Science and Technology, 7th Int. Symp. on Applied Plasma Sciences (ISAPS’09), Hamburg, Germany, 2009, AIP Conference Proceedings

1282, 87-91
2009



プロイテレス衛星搭載電熱型パルスプラズマエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
270 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Very Low Power Cylindrical Hall Thrusters
Hirokazu Tahara and Takuma Tonari
31st International Electric Propulsion Conference, University of Michigan, Michigan, USA

IEPC-2009-272
2009



超低電力シリンドリカル型ホールエンジンの性能測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
271 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Compatibility Study of Low Toxicity Propellant Decomposed Gas for DC Arcjet Thrusters
Hirokazu Tahara, Yusuke Okamachi, Sadanori Nakagawa and Taiichi Nagata
31st International Electric Propulsion Conference, University of Michigan, Michigan, USA

IEPC-2009-257
2009



直流アークジェットエンジンの低毒性推進剤の比較検討。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
272 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Enhancement of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Osaka Institute of Technology Small Satellite
Hiroki Takagi, Yusuke Ishii and Hirokazu Tahara
31st International Electric Propulsion Conference, University of Michigan, Michigan, USA

IEPC-2009-254
2009



パルスプラズマエンジンの性能向上に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
273 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Flowfield Calculation of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Osaka Institute of Technology Small Satellite
Yusuke Ishii, Hiroki Takagi and Hirokazu Tahara
31st International Electric Propulsion Conference, University of Michigan, Michigan, USA

IEPC-2009-253
2009



大阪工業大学小型衛星用パルスプラズマエンジン流れ場の数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
274 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Prediction in Long Operation for Magnetic-Layer-Type Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Tsuyoshi Fujita and Yudai Shimizu
31st International Electric Propulsion Conference, University of Michigan, Michigan, USA

IEPC-2009-140
2009



マグネティックレイヤー型ホールエンジンの性能予測の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
275 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Project of Osaka Institute of Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Minetsugu Yamada, Tomoyuki Ikeda, Tatsuya Fujiwara and Hirokazu Tahara
31st International Electric Propulsion Conference, University of Michigan, Michigan, USA

IEPC-2009-51
2009



電気ロケットエンジンによる小型宇宙飛翔体の動力航行の計画。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
276
共著
A New Model on the Control of Ion Current Oscillations and Its Influence to the Thrust Efficiency of Hall Thrusters
Yuki Yamamura, Hirokazu Tahara and Yasunori Nejoh
Trans. JSASS Space Tech. Japan

7/ ists26, Pb_101-Pb_105
2009



磁力線を横切るイオン輸送に関する新しいモデルが導入され、それを用いてホール型イオンエンジンの放電振動と推進性能の理論解析が行われた。計算された推力と推進効率は定量的に一致し、本モデルを用いて推進性能の予測が可能であることがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
277
共著
Ion Current Oscillations and Performances Based on the Cross-Field Ion Transport Model in Hall Thrusters
Yuki Yamamura, Yasunori Nejoh and Hirokazu Tahara
Journal of Plasma Fusion Res. SERIES

8, 755-759
2009



アノードレイヤー型ホールエンジンにおける放電電流振動が理論解析され、同時にそのモデルを用いて推進性能が予測された。得られた解析結果は計算パラメータを選べば、実験結果と良く一致することがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
278
共著
Investigation on the Cross-Field Ion Transport on the Discharge Current Oscillation and Performances of SPT-100 Type Hall Thrusters
Yasunori Nejoh, Hiroyuki Nakamoto and Hirokazu Tahara
Journal of Plasma Fusion Res. SERIES

8, 773-779
2009



ホール型イオンエンジンの放電振動は実用的観点から望ましくない。本研究では、放電チャンネル内の磁場に垂直なイオンの輸送過程をモデル化し理論解析を試みた。その結果得られた放電電流振動を実験結果と比較したところ、良い一致が見られ、本理論モデルの妥当性が証明された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
279
共著
ホールスラスタ加速チャネル内のプラズマ粒子シミュレーションとその実験的検証
田原弘一, 藤田 剛, 池田知行, 渡辺陽介
プラズマ応用科学

17-2, 103-108
2009



ホール型イオンエンジンの放電チャンネル内部ではプラズマ生成とイオン加速過程が同時に行われ複雑な状態にある。本研究ではプラズマ粒子シミュレーションを用いて放電チャンネル内の状態を明らかにする。さらに推進性能の予測を試みる。得られた計算結果と実験結果を比較すると、放電電圧3(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)50 V以上では良い一致が見られた。(担当部分:主な実験研究)
280

「児童たち 科学に夢中 大阪工業大工作・実験フェア」(ペットボトルレーシングカー)

大阪日日新聞、大阪ニュース


2009/09/06




281

「大阪工業大学 学生がつくる衛星、来春宇宙へ」

サンケイリビング新聞、大学の宝


2009/08/22




282

「宇宙は夢ではない!2010年、宇宙へ旅立つ!」

科学のふしぎ、教授の紹介


2009/06




283

「機械工学を学べば、人工衛星だって作れてしまうんだ!-大阪工業大学 工学部機械工学科の場合-」

はたらく人のやりがい・みちのりBook
経済産業省(発行)、河合塾(企画・編集)
61
2009/05




284

「大阪工業大学 電気推進ロケットエンジン搭載の小型人工衛星“プロイテレス”」

教育学術新聞


2009/05/27




285

「学生が開発、来春打ち上げ-淀川水域を撮影し環境観測-電気推進ロケットエンジン搭載 遠隔操作で自由に航行可能」

毎日新聞、なにわアカデミー40、大阪、20


2009/05/19




286

「大学キャリア教育は産学官連携で新しい段階へ「社会人基礎力育成グランプリ」学生が成長をアピール-大賞は人工衛星の開発-」

日経産業新聞、6


2009/04/22




287

「大学発の衛星 盛況-議論や交渉 磨く人間力-」

読売新聞、12版、くらし 教育25


2009/03/27




288

「大阪工業大学チームが大賞受賞」

産経新聞、関西26


2009/03/24




289

「小型衛星 続く試練」

朝日新聞、13版、科学27


2009/03/20




290

「基礎力育成 大工大が大賞」

読売新聞、14版、社会37


2009/03/15




291

「低燃費小型衛星-大工大打ち上げ-」

フジサンケイビジネスアイ、成長企業・研究、15


2009/02/11




292

「大工大 まいどに続け-来春インドから打ち上げ-」

朝日新聞、14版、社会28


2009/02/06




293

「淀川環境 宇宙から調査-大工大 印で来春打ち上げ、関西衛星第2弾-」

読売新聞、14版、1


2009/02/06




294

「大阪工大 小型衛星、来春打ち上げ-電気推進ロケット搭載-」

日刊工業新聞、25


2009/02/06




295

「宇宙から淀川観測-大工大、来春に小型衛星打ち上げ-」

産経新聞、夕刊、5版、社会10


2009/02/06




296

「大工大 宇宙から淀川観察-来春に衛星打ち上げ計画-」

毎日新聞、夕刊、4版、社会4


2009/02/06




297

「宇宙から淀川見えるかな?大学衛星、来春打ち上げ」

共同通信


2009/02/05




298

「大阪工大も人工衛星開発 来春、印ロケットで打ち上げへ」

時事通信


2009/02/05




299

“ ロケット研究者はSF本から生まれた???,”
田原弘一
大阪工業大学 図書館報「ぱぴろにくす」

77, 1
2008




300

” 学生手作りの人工衛星が宇宙空間を飛翔する!-世界初・電気ロケットエンジンでの動力飛行を目指す-,”
田原弘一
常翔学園広報誌Flow, ニューウエーブ研究・教育

31, 11-12
2008




301
共著
大阪工業大学・電気推進ロケットエンジン搭載小型スペースシッププロジェクト
西川 出, 田原弘一, OIT人工衛星ワーキンググループ
Memories of the Osaka Institute of Technology, Series A

53/ 1, 1-11
2008




302
共著
Performance Enhancement by Discharge Channel Structure Improvement for Anode-Layer-Type Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Shigeki Omori, Ken-ichi Fukushima and Hiroaki Agata
26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS), Hamamatsu City, Japan

ISTS 2008-b-56p
2008



アノードレイヤー型ホールエンジンの性能向上の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
303
共著
Performance Change Prediction in Long Operation for Magnetic-Layer-Type Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Ken-ichi Fukushima, Shigeki Omori and Hiroaki Agata
26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS), Hamamatsu City, Japan

ISTS 2008-b-55p
2008



マグネティックレイヤー型エンジンの長時間作動時性能変化の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
304
共著
Research and Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Project of Osaka Institute of Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship (PROITERES)
Hirokazu Tahara, Shunsuke Kuroki, Go Yoshimoto and Yuki Miyai
26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS), Hamamatsu City, Japan

ISTS 2008-b-54p
2008



プロイテレス計画におけるパルスプラズマエンジンの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
305
共著
Ground-Based Experiment and Numerical Simulation of Current Collection to Bare Tethers in High-Speed Magnetized Plasma
Hirokazu Tahara, Ryosuke Utsumi and Naomitsu Uemura
26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS), Hamamatsu City, Japan

ISTS 2008-b-53p
2008



高速磁化プラズマ中ベアテザー電流捕集の地上実験と数値計算。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
306
共著
Performance Characteristics of a Direct-Current Arcjet Generator with NH3, Mixture of H2 and N2, and CO2 Working Gases
Hirokazu Tahara, Ukio Kobatake and Hiroto Kamogawa
26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS), Hamamatsu City, Japan

ISTS 2008-b-52p
2008



アンモニア・窒素水素混合・二酸化炭素プラズマエンジンの性能取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
307
単著
Effects of Magnetic Field Configuration and Electrically-Floating Metal Plates for Low-Power Cylindrical Hall Thrusters
Hirokazu Tahara
26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS), Hamamatsu City, Japan

ISTS 2008-b-51p
2008



低電力シリンドリカル型ホールエンジンの磁場・浮動電位電極の効果。
308
単著
Performance and Plasma Characteristics of a Quasi-Steady MPD Thruster with Cusp and Divergent-Nozzle Magnetic Field
Hirokazu Tahara
26th International Symposium on Space Technology and Science (26th ISTS), Hamamatsu City, Japan

ISTS 2008-b-50p
2008



カスプ・発散磁場をもつ電磁プラズマエンジンの性能とプラズマ特性の研究。
309
単著
Research and Development of Hall-Effect Thrusters at Osaka Institute of Technology
Hirokazu Tahara
44th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit, Connecticut Convention Center(Connecticut, USA)

AIAA-2008-5086
2008



大阪工業大学における種々のホール型イオンエンジンの開発研究。
310
単著
Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for OIT Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Hirokazu Tahara
44th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference & Exhibit , Connecticut Convention Center(Connecticut, USA)

AIAA-2008-4643
2008



大阪工業大学プロイテレス衛星用パルスプラズマエンジンの開発。
311 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Project of Osaka-Institute-of-Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Hirokazu Tahara
1st Int. Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, Dalian, China

33-34
2008



大阪工業大学における、電気ロケットエンジンによる小型宇宙飛翔体の動力航行に関する将来計画。
312 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Study on Diamond Deposition on Ferrous Substrate by Combustion Flame Method
Hiroshi Suzuki, Katsuya Kobayashi, Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hrokazu Tahara and Akira Kobayashi
1st Int. Workshop on Plasma Application and Hybrid Functionally Materials, Dalian, China

39-40
2008



燃焼フレーム法によるダイヤモンド成膜の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
313 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
TiO2 Film Deposition by Atmospheric Thermal Plasma CVD Using Laminar and Turbulence Plasma Jets
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
26th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics, Kyoto University, Kyoto, Japan, Rarefied Gas Dynamics, AIP Conference Proceedings

612-617
2008



層流・乱流プラズマジェットCVD法による酸化チタン膜の作成。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
314 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Osaka-Institute-of-Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Yusuke Ishii, Tsuyoshi Yamamoto, Minetsugu Yamada and Hirokazu Tahara
26th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics, Kyoto University, Kyoto, Japan, Rarefied Gas Dynamics, AIP Conference Proceedings

918-922
2008



プロイテレス衛星計画におけるパルスプラズマエンジンの開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
315 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Hall Thrusters at Osaka Institute of Technology
Takuma Tonari, Yudai Shimizu, Tsuyoshi Takagi, Hiroki Takagi and Hirokazu Tahara
26th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics, Kyoto University, Kyoto, Japan, Rarefied Gas Dynamics, AIP Conference Proceedings

913-917
2008



大阪工業大学におけるホール型イオンエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
316 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground-Based Experiment of Current Collection to Bare Tether in High-Speed and High-Density Plasma Generated by Hall Thrusters
Tatsuya Kohori, Tomoyuki Ikeda, Masaharu Shimizu, Hiroki Takagi, Minetsugu Yamada and Hirokazu Tahara
26th International Symposium on Rarefied Gas Dynamics, Kyoto University, Kyoto, Japan, Rarefied Gas Dynamics, AIP Conference Proceedings

907-912
2008



ホール型加速器の高密度高速プラズマ利用ベアテザー電流捕集実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
317
共著
Diamond Deposition on Mo with Thermal Stress Buffer Layer Coated Mild Steel Substrate by Combustion Flame CVD
Yasutaka Ando and Hirokazu Tahara
Vacuum

83, 102-106
2008



熱ストレスの解消、かつ高硬度化のために、鉄鋼基材、Mo/Fe皮膜、Mo膜上へのダイヤモンド合成が行われた。XRD分析、耐摩耗性試験により、良好なダイヤモンド合成が可能であることがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ
318
共著
Mo Coating Deposition Using Low Power DC Arc Thermal Spray Equipment
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一
プラズマ応用科学

16-1, 39-44
2008



本研究では、低出力プラズマ溶射装置の実用化に向けた有益な知見を得るため、5kW級TIG溶接機をベースとした溶射装置を試作し、Mo皮膜の形成を試みた。その結果、良質のMo皮膜の合成に成功した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
319
共著
小型人工衛星プロイテレス搭載用電熱加速型パルスプラズマスラスタの開発研究
田原弘一, 高木宏樹, 山本剛史, 石井悠介
プラズマ応用科学

16-2, 119-124
2008



超小型人工衛星プロイテレス搭載用に電熱加速型パルスプラズマエンジンが開発研究された。本研究では、性能向上を目的として、スラスタ構造の変更と性能測定を行った。10,000ショットの連続試験が行われ、総力積2.5Nsが得られた。(担当部分:主な実験研究)
320
共著
Effect of Poly-Ethyleneglycol Addition to Feedstock Material on Deposited Titanium Oxide Film in Atmospheric Thermal Plasma CVD
Yasutaka Ando, Akira Kobayashi, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
Smart Processing Technology

2, 53-56
2008



熱プラズマCVD法による酸化チタン合成において、ポリエチレングリコール添加の効果が調べられた。合成条件を選べば、アナターゼ構造を多く含む酸化チタンの合成が可能であることがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
321
共著
Temperature Dependence of the Crystal Growth of Diamonds Deposited on Stainless Steel Substrates by the Combustion Flame Method
Ando Yasutaka, Kobayashi Akira, Tobe Shogo and Hirokazu Tahara
Transaction of JWRI

37/ 2, 27-31
2008



鉄鋼基材上へのダイヤモンド結晶の合成において、基材温度の影響が調べられた。また、作動ガス流量の影響も調べられた。使用した装置は燃焼フレーム装置であり、新たに2機のフレームヘッドを持つ装置も利用された。結果として、実用性を考慮して、基材が溶融しない程度で最も高い基材温度が良質のダイヤモンド結晶を高速で堆積するために望ましいことがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
322
共著
Study on Diamond Deposition on APS Mo/Fe Coating and Stainless Steel
by Combustion Flame CVD
Yasutaka Ando, Hiroshi Suzuki, Katsuya Kobayashi, Tadanori Mantani, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Akira Kobayashi
Frontier of Applied Plasma Technology

1, 69-74
2008



燃焼フレームCVD法により、鉄鋼基材及びMo/Fe皮膜上へのダイヤモンド合成が行われた。この皮膜構造の変化により熱ストレスの解消が期待できる。結果として、成膜条件を選択することにより、良好なダイヤモンド合成が可能であった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
323
単著
Project of Osaka-Institute-of-Technology Electric-Rocket-Engine onboard Small Space Ship
Hirokazu Tahara
Frontier of Applied Plasma Technology

1, 109-111
2008



電熱加速型パルスプラズマエンジンを搭載した超小型衛星プロイテレスが研究開発された。衛星の質量は15kg、大きさは一辺30cmの立方体であり、インドのPSLVロケットにより高度630kmの太陽同期軌道に打ち上げられる予定である。衛星のバス機器の地上試験、衛星全体の環境試験は成功裏に終了した。パルスプラズマエンジンは2台搭載され、宇宙において作動実証が行われる予定である。
324
単著
小型レーザーアブレーション推進機の性能の固体推進剤種依存性
田原 弘一
プラズマ応用科学

16-1, 27-32
2008



小型レーザーアブレーション推進機のインパルスを大きくすることを目的とし、PTFEを代表とする数種類の固体推進剤を用いて推進性能を調べた。特に、新しく、炭素を含む推進剤、高分子ゲルも使用した。その結果、PTFEの推進性能が高く、運動量結合効率51.2 uNs/Jが得られたが、比推力及び推進効率が高い推進剤種も存在することがわかった。
325
共著
Study of Titanium Nitride Deposition by Supersonic Plasma Spraying
Hirokazu Tahara and Yasutaka Ando
Vacuum

83, 98-101
2008



超音速プラズマジェットを用いた反応性溶射法により窒化チタン厚膜が製作された。プラズマジェット装置の作動ガスとして窒素ガスを用い、中空陰極からチタンパウダーを供給した。下流の基材の温度は低く維持された状態で成膜が行われ、ほぼ100%の窒化チタン濃度、ビッカース硬度2,000の緻密な厚膜が形成された。(担当部分:主な実験研究)
326

「キャンパスで人工衛星開発-夢物語をビジネスに-」

産経新聞、ニューススキャン 15版、総合4


2008/02/04




327

” 大阪工業大学工学部機械工学科材料・加工関連研究の紹介,”
羽賀俊雄, 上田整, 西川 出, 上辻靖智, 田原弘一
溶射

44
2007




328
単著
最近の電気推進機の開発研究とプラズマ技術
田原弘一
プラズマ・核融合学会誌 研究最前線 新たな宇宙開発を拓く核融合技術

83/ 3, 265-270
2007




329
共著
Research and Development of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters for Small, Micro and Nano Satellites
Hirokazu Tahara and Toshiaki Edamitsu
Workshop on Micro- and Nano-Engineering for Aerospace Systems, Kyoto, Japan

16
2007



超小型衛星用電熱加速型パルスプラズマエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
330
共著
Effect of Magnetic Field Configuration in Cylindrical Hall Thrusters for Small Satellites
Yoshihiro Kuwamura, Atsushi Shirasaki and Hirokazu Tahara
Workshop on Micro- and Nano-Engineering for Aerospace Systems, Kyoto, Japan,

17
2007



小型衛星用シリンドリカル型ホールエンジンの磁場の効果の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
331
共著
Repetitive Arcing Characteristics on Spacecraft Surface Insulator in Ambient Plasma Environment and Numerical Calculation of Their Physical Phenomena
Hirokazu Tahara and Tatsuo Onishi
18th Int. Symp. on Plasma Chemistry, Kyoto, Japan

28P-31
2007



宇宙飛翔体表面繰り返し放電現象の特性とその数値計算の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
332
共著
Zinc Oxide Film Deposition by Atmospheric Thermal Plasma CVD Using Ar/Air Working Gas
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
18th Int. Symp. on Plasma Chemistry, Kyoto, Japan

28P-171
2007



アルゴン空気混合熱プラズマCVD法による酸化物成膜の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
333
共著
Influences of Magnetic Field and Acceleration Channel Configurations on Performance of Hall-Effect Thrusters
Hirokazu Tahara and Seiro Yuge
18th Int. Symp. on Plasma Chemistry, Kyoto, Japan

30P-85
2007



ホール型イオンエンジン性能への磁場・加速チャネル構造の影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
334
共著
Research and Development of Pulsed Plasma Thrusters
Hirokazu Tahara and Toshiaki Edamitsu
18th Int. Symp. on Plasma Chemistry, Kyoto, Japan

30P-86
2007



電熱加速型パルスプラズマエンジンシステムの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
335
共著
Research and Development of Supersonic Plasma Spraying
Hirokazu Tahara and Yasutaka Ando
18th Int. Symp. on Plasma Chemistry, Kyoto, Japan

30P-159
2007



超音速プラズマジェット溶射法の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
336
共著
Research and Development of MPD Plasma Spraying
Hirokazu Tahara and Yasutaka Ando
18th Int. Symp. on Plasma Chemistry, Kyoto, Japan

30P-161
2007



電磁加速プラズマ溶射法の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
337 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Spraying Using Magneto-Plasma-Dynamic Arc Jet Generator
Hirokazu Tahara, and Yasutaka Ando
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Beijing, China

798-802
2007



電磁プラズマ加速アークジェット溶射法の開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
338 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Titanium Nitride Spraying Using Supersonic Nitrogen and Nitrogen/Hydrogen-Mixture Plasma Jets in Thermodynamical and Chemical Nonequilibrium State
Hirokazu Tahara and Yasutaka Ando
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Beijing, China

782-785
2007



熱力学的化学的非平衡超音速プラズマによる窒化チタン溶射の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
339 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Dye Sensitized Solar Cells Using Titanium Oxide Photo Voltaic Devices Fabricated by Different Thermal Plasma Processes
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Beijing, China

1093-1098
2007



熱プラズマ加工による酸化チタン太陽電池セルの特性に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
340 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance and Plasma Characteristics of a Cusp and Divergent-Nozzle Applied-Magnetic-Field MPD Thruster
Hirokazu Tahara and Yoichi Kagaya
30th Int. Electric Propulsion Conf., Florence, Italy

IEPC-2007-335
2007



カスプ・発散磁場型電磁プラズマエンジンの性能・プラズマ特性研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
341 研究論文(国際会議プロシーディングス)

Influences of Magnetic Field Topography and Discharge Channel Structure on Performance of Anode-Layer Hall Thrusters
Seiro Yuge, Yoshihiro Kuwamura and Hirokazu Tahara
30th Int. Electric Propulsion Conf., Florence, Italy

IEPC-2007-336
2007



アノードレイヤー型ホールエンジンの磁場・放電チャンネルの影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
342 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters with
Insulator-Rod-Arranged Cavities and Teflon-Alternative Propellants
Hirokazu Tahara, Toshiaki Edamitsu and Hirokazu Sugihara
30th Int. Electric Propulsion Conf., Florence, Italy

IEPC-2007-337
2007



パルスプラズマエンジン固体推進剤形状・配置の工夫に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
343 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Magnetic Field Configuration and Electrically-Floating Metal Plates in Hall Thrusters with Circular Cross-Sectional Discharge Chambers
Hirokazu Tahara and Atsushi Shirasaki
30th Int. Electric Propulsion Conf., Florence, Italy

IEPC-2007-338
2007



円形断面ホール型イオンエンジンの磁場と浮動電位電極の影響。
(担当部分:作動実験、取りまとめ)
344 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Research and Development of Compact Laser Ablative Thrusters for Small Satellites
Hirokazu Tahara
30th Int. Electric Propulsion Conf., Florence, Italy

IEPC-2007-339
2007



小型衛星用コンパクトレーザーアブレーションエンジンの開発研究
345 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Ground-Based Experiment of Current Collection to Bare Tether in High-Speed Magnetized Plasma
Hirokazu Tahara
30th Int. Electric Propulsion Conf., Florence, Italy

IEPC-2007-340
2007



高速磁化プラズマ中のベアテザーによる電流捕集の地上模擬実験
346 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Anode-Layer-Type Hall Thruster R&D
Hirokazu Tahara and Seiro Yuge
5th Int. Symp. on Applied Plasma Science, Nikko, Japan

73-76
2007



大阪大学におけるアノードレイヤー型ホールエンジンの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
347 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Supersonic Plasma Processing
Hirokazu Tahara and Yasutaka Ando
5th Int. Symp. on Applied Plasma Science, Nikko, Japan

117/ 120
2007



超音速プラズマ材料加工法の研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
348 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Diamond Deposition on Mo Coated Mild Steel Substrate with Diminishing Thermal Damage by Combustion Flame Method
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
5th Int. Symp. on Applied Plasma Science, Nikko, Japan

121-124
2007



燃焼フレーム法Moコーティング鉄鋼材上へのダイヤモンド合成研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
349
共著
Rapid Synthesis of Photocatalytic Titanium Oxide Film by Atmospheric TPCVD
Takashi Saito, Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
Journal of Environment and Engineering

2/ 2, 429-435
2007



大気圧熱プラズマCVD法を用いて酸化チタン成膜が行われた。成膜条件を最適化することにより、アナターゼ構造が多く光触媒特性を示す酸化チタンの高速成膜が可能であった。さらに濡れ特性も測定され良好な結果が得られた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
350
共著
ホールスラスタの推進効率および内部効率に与える磁場特性の影響
弓削政郎, 白崎篤志, 田原弘一
日本航空宇宙学会論文集

55/ 636, 8-16
2007



本研究では、ホール型イオンエンジンの推進性能と内部効率に与える磁場特性の影響が研究された。内部効率とはイオン生成過程と加速過程が混在する複雑な内部物理過程を各因子に分割して考察するための指標である。それは、加速効率、推進剤利用効率、電圧利用効率、ビーム収束効率であり、これらの積が推進効率になる。結果として、磁場強度の変化が最も影響を与えるのは加速効率と電圧利用効率と推定された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
351
共著
Development of Dye Sensitized Solar Cell with Atmospheric TPCVD Anatase Photoelectronics Device
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一
プラズマ応用科学

15-1, 41-46
2007



色素増感型太陽電池を低コストで製造するプロセスの開発を目的として、2種類のタイプの太陽電池を試作しその光電特性を調べた。太陽電池の製作には熱プラズマCVD法が利用された。その結果、優れた特性が得られ、実用化が期待された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
352
共著
Spraying Using Electromagnetically Accelerated Plasma
Hirokazu Tahara, Naozumi Yoshimura and Yoji Koshiro
Solid State Phenomena

127, 319-324
2007



電磁加速プラズマを用いた溶射法が研究された。多くの事例が紹介され、特に緻密な高品質の窒化アルミニウムの高速成膜に成功し、実用的なプラズマトーチシステムが設計され提案された。(担当部分:主な実験研究)
353
共著
Creation of Diamond/Molybdenum Composite Coating in Open Air
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
Material Science Forum

534-536, 1097-1100
2007



耐摩耗性に優れたMo皮膜の硬度を向上させるために、Moとダイヤモンドの混合皮膜が大気圧プラズマCVD法により作成された。装置の改良と成膜条件の最適化により、高耐摩耗、高硬度の高速成膜に成功した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
354
共著
Operational Characteristics and Plasma Measurements in Cylindrical Hall Thrusters
Atsushi Shirasaki and Hirokazu Tahara
J. Appl. Phys.

101/ 7, 200-205
2007



円形断面放電室をもつホール型イオン推進機の作動特性とプラズマ状態が研究された。70-300 Wの低電力において推進効率22-32%が得られ、小型衛星用推進機として十分利用可能であることがわかった。プラズマ計測も行われ、安定作動の条件が議論された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
355
共著
Photo-Catalytic TiO2 Film Deposition by Atmospheric TPCVD
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
Vacuum

80/ 11-12, 1278-1283
2006



大気プラズマCVD法を用いて光触媒反応をもつ酸化チタンの成膜が行われた。プラズマトーチのノズル構造の改良と共に成膜条件を選択することにより、良質のアモルファス状酸化チタン膜の生成に成功した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
356
共著
Experimental and Numerical Study of an Electrothermal Pulsed Plasma Thruster for Small Satellites
Toshiaki Edamitsu and Hirokazu Tahara
Vacuum

80/ 11-12, 1223-1228
2006



超小型衛星搭載用パルスプラズマエンジンシステムが開発研究された。推進性能の測定、連続作動試験、及び流れ場の数値計算が行われ、エンジンの設計、最適化がなされた。さらに、超小型衛星の仕様が決定されたので、搭載用エンジンシステムが設計製作された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
357
共著
Effects of Channel Wall Material on Thrust Performance and Plasma Characteristics of Hall-Effect Thrusters
Hirokazu Tahara, Katsumi Imanaka and Seiro Yuge
Vacuum

80/ 11-12, 1216-1222
2006



ホール型イオンエンジンの放電室セラミックス材質が性能特性、プラズマ状態に与える影響が調べられた。セラミック材は放電プラズマに接触し、セラミックス壁にプラズマ中の高温電子が衝突するとセラミックス壁から低温の2次電子が放出される。この2次電子放出係数の大きさは材質により大きく異なり、放電特性に影響を与えることが知られている。本研究では、BN, BNSiN, BNAlNの3種類のセラミックスを用いて作動特性を調べた。その結果、2次電子放出係数が大きいBNの作動特性が最も安定であり、その原因が検討された。(担当部分:主な実験研究)
358
共著
カスプとダイバージェントノズル状の外部磁場をもつパルス作動型電磁プラズマ加速アークジェット推進機の性能とプラズマ特性
田原弘一, 森崎裕之, 加賀谷洋一
日本航空宇宙学会論文集

54/ 632, 392-396
2006



外部磁場をもつパルス作動型電磁プラズマ加速アークジェットエンジンの性能とプラズマ状態が研究された。特に、放電室上流部にカスプ形状の磁場を印加し、推進剤ガスの電離・加熱を促進させることを考えた。さらに2つの外部磁場コイルを利用してカスプ磁場とダイバージェントノズル磁場を同時に印加することも試みた。その結果、放電電圧の上昇を抑え推力のみを増加させることができた。カスプ磁場に起因するホール電流による加熱、ダイバージェントノズル状磁場に起因するスワール加速の効果が推測された。(担当部分:主な実験研究)
359
共著
電熱加速型パルスプラズマスラスタの内部非定常現象の数値計算
枝光敏章, 田原弘一
日本航空宇宙学会論文集

54/ 626, 121-128
2006



電熱加速型パルスプラズマエンジンの非定常内部現象を解明するために、数値シミュレーションが行われた。パルスプラズマエンジンの性能は放電回路の特性に大きく影響されるため、本計算モデルには放電回路も含まれる。本計算は主に、放電回路、プラズマ流、固体推進剤への熱供給、固体燃料内部の熱伝導の計算で構成され、放電回路はプラズマ抵抗を考慮したLCR直列回路として扱われた。計算結果は実験結果と比較検討され、定量的な一致をみた。(担当部分:数値計算、全体の取りまとめ)
360
共著
高インパルス発生用電熱加速型パルスプラズマスラスタの性能特性と連続作動試験
枝光敏章, 田原弘一
日本航空宇宙学会論文集

54/ 625, 55-62
2006



固体推進剤テフロンを用いた電熱加速型パルスプラズマエンジンの性能向上を目指して、基礎実験用エンジンを開発し作動実験を行った。特に、放電室断面積を大幅に縮小し発生力積の向上を目指した。放電回路のパラメータ、放電室長さ及び初期充電エネルギーの影響が調べられた。次に放電回路改良の後、初期性能評価、10,000ショットの連続作動試験を行った。その結果、多くの性能向上のための指針が得られ、新しいエンジン構造と作動条件が提案された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
361
共著
円形断面放電室をもつ低電力ホールスラスタの性能特性とプラズマ状態
白崎篤司, 田原弘一
日本航空宇宙学会論文集

54/ 627, 160-167
2006



円形断面放電室をもつホール型イオンエンジンの性能特性が調べられた。また、イオンコレクタ、エネルギーアナライザー、静電ダブルプローブを用いて、プラズマ物理量測定、イオンビーム測定が行われた。さらに小型のエンジンを開発し、性能の変化が比較検討された。その結果、高性能エンジン開発のための設計指針が得られた。
(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
362

「大阪工大 プロイテレス衛星打ち上げ」

日本経済新聞、窓、14版、社会35


2006/02/06




363
共著
宇宙推進用ホール型プラズマ加速器の性能とイオンビーム計測
田原弘一, 弓削政郎, 白崎篤司, 佐伯優一
電気学会, 電気学会研究会資料, プラズマ研究会

PST-05-94, 13-18
2005




364
単著
電気推進ロケットの開発研究と実用化
田原弘一
高温学会誌

31/ 5, 260-2
2005




365
共著
ゾルゲル法による酸化チタン光触媒薄膜形成における熱プラズマアシストの効果
安藤康高,戸部省吾,田原弘一,吉川孝雄
足利工業大学総合研究センター年報

6, 57-62
2005




366
共著
金属基材上へのプラズマジェット照射による柱状組織金属酸化物皮膜の形成
安藤康高,戸部省吾,関井俊英,田原弘一,藤内賢治,吉川孝雄
足利工業大学研究収録

39, 1-6
2005




367
共著
スパッタリングとレーザーアブレーションで成膜された窒化炭素膜の膜構造
安井利明, 小谷高代, 藤内賢治, 田原弘一, 吉川孝雄, 福本昌宏, 吉川孝雄
真空

48/ 6, 382-385
2005




368 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Low-Power Laser Ablative Thrusters for Small Satellites
Hikaru Maesato, Eiichiro Koizumi and Hirokazu Tahara
Proc. 4th Int. Symp. Beamed Energy Propulsion, Nara


2005



小型衛星用低電力レーザーアブレーションエンジンの性能特性取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
369 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Thrust Performance and Plasma Characteristics of an Anode-Layer Type Hall Thruster
Seiro Yuge, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Asian Joint Conf. Propulsion and Power, Kokura


2005



アノードレイヤー型ホールエンジンの推力・プラズマ特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
370 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plume Diagnostic Measurement of a Hall Thruster with a Circular Cross-Sectional Discharge Chamber
Atsushi Shirasaki, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Asian Joint Conf. Propulsion and Power, Kokura


2005



円形断面ホール型イオンエンジンの噴流プラズマ診断。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
371 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Measurement and Flowfield Calculation of a Pulsed Plasma Thruster with a Teflon Cavity
Toshiaki Edamitsu, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Asian Joint Conf. Propulsion and Power, Kokura


2005



テフロン放電室パルスプラズマエンジンの性能測定と数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
372 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Material Coating Using Electromagnetically Accelerated Plasma Jet
Hirokazu Tahara
Proc. Int. Symp. Novel Materials Processing by Advanced Electromagnetic Energy Sources, Osaka


2005



電磁加速プラズマジェットを利用した材料コーティング法の開発。
373 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Optelectronics Property of Atmospheric TPCVDed TiO2 Film
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
1st Asian Thermal Spray Conf., Nagoya


2005



大気圧熱プラズマCVD法による酸化チタン成膜の光電特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
374 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Titanium Nitride Spraying Using Supersonic Reactive Plasma Jet in Thermodynamical and Chemical Nonequilibrium State
Naozumi Yoshimura, Youji Koshiro, Hirokazu Tahara and Yasutaka Ando
1st Asian Thermal Spray Conf., Nagoya


2005



超音速反応性プラズマジェットによる窒化チタン溶射の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
375 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Silicon Nitride and Silicon Carbide Sprayings Using Electromagnetically Accelerated Plasma
Youji Koshiro, Naozumi Yoshimura and Hirokazu Tahara
1st Asian Thermal Spray Conf., Nagoya


2005



電磁加速プラズマによる窒化シリコンと炭化シリコン溶射の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
376 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of a Pulsed Plasma Thruster in Osaka University
Toshiaki Edamitsu and Hirokazu Tahara
29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-106
2005



大阪大学におけるパルスプラズマエンジンシステムの研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
377 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Measurement and Flowfield Calculation of an Electrothermal Pulsed Plasma Thruster with a Propellant Feeding Mechanism
Toshiaki Edamitsu and Hirokazu Tahara
29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-105
2005



推進剤供給機構型パルスプラズマエンジンの性能測定と数値計算。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
378 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Swirl Acceleration in a Quasi-Steady MPD Thruster by Applied Magnetic Nozzle

29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-054
2005



Yoichi Kagaya and Hirokazu Tahara
磁気ノズルによる電磁プラズマエンジンのスワール加速の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
379 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plume Measurements and Miniaturization of the Hall Thrusters with Circular Cross-Sectional Discharge Chambers
Atsushi Shirasaki and Hirokazu Tahara
29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-051
2005



円形断面ホール型イオンエンジンの小型化に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
380 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Enhancement of a 1-kW Anode-layer Hall Thruster
Yuge Seiro and Hirokazu Tahara
29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-020
2005



1kWアノードレイヤー型ホールエンジンの性能向上に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
381 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Silicon Nitride Spraying Using Quasi-Steady MPD Arcjets
Hirokazu Tahara and Toshiaki Edamitsu
29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-018
2005



電磁プラズマジェットを用いた窒化シリコン溶射法の開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
382 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Laser Ablative Thrusters for Small Satellites
Hirokazu Tahara and Eiichiro Koizumi
29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-017
2005



小型衛星用レーザーアブレーションエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
383 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Channel Wall Material on Performance and Plasma Characteristics of Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Katsumi Imanaka and Seiro Yuge
29th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 05-015
2005



ホール型エンジンの推力とプラズマに与えるチャネル壁の影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
384 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
High Rate Deposition of Photo-Catalytic TiO2 Film by Atmospheric TPCVD
Yasutaka Ando, Shogo Tobe and Hirokazu Tahara
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 5th Int. Symp. Applied Plasma Science

5, 205-210
2005



大気圧熱プラズマCVDによる触媒性酸化チタンの高速体積実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
385 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Measurement and Flowfield Calculation of Electrothermal Pulsed Plasma Thrusters
Toshiaki Edamitsu and Hirokazu Tahara
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 5th Int. Symp. Applied Plasma Science

5, 145-150
2005



パルスプラズマエンジンの性能測定と流れ場数値計算。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
386 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Channel Wall Material on Performance and Plasma Feature of Hall Thrusters
Hirokazu Tahara and Katsumi Imanaka
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 5th Int. Symp. Applied Plasma Science

5, 133-138
2005



ホールエンジンの性能とプラズマ状態への加速チャネル材質の影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
387
単著
Plasma Plume Characteristics of Electric Thrusters
Hirokazu Tahara
Proc. 9th Spacecraft Charging Technology Conf., Tsukuba

4
2005



電気推進ロケットエンジンのプラズマ噴流に関する研究。
388 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground-Based Experiment of Electron Collection by an Electrodynamic Bare Tether
Hirokazu Tahara, Hideki Nishio and Koji Horikawa
Proc. 9th Spacecraft Charging Technology Conf., Tsukuba

3
2005



エレクトロダイナミックテザーによる電流捕集の地上実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
389 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Numerical Calculation of Ablation and Plasma Expansion Induced by Electric Breakdown of Spacecraft Insulator Surface in Ambient Plasma Environment
Koji Horikawa, Hirokazu Tahara and Takahisa Masuyama
Proc. 9th Spacecraft Charging Technology Conf., Tsukuba

2
2005



宇宙飛翔体表面の電気絶縁破壊現象の数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
390 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground-Based Experiment of Electric Breakdown of Spacecraft Insulator Surface in Ambient Plasma Environment

Proc. 9th Spacecraft Charging Technology Conf., Tsukuba

1
2005



Hirokazu Tahara, Takahisa Masuyama and Koji Horikawa
宇宙環境下における電気絶縁破壊現象の地上シミュレーション実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
391
共著
燃焼炎ダイヤモンド合成法における成膜温度の結晶成長に及ぼす影響
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一
プラズマ応用科学

13, 93-98
2005



本研究では、燃焼炎ダイヤモンド合成法における、結晶成長に及ぼす成膜温度の影響が調べられた。その結果、前半の核生成過程は低温環境で行い、後半の結晶成長過程は高温環境で行うのが望ましいことがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
392
共著
宇宙機表面絶縁材料のアーキングによるアブレーション現象の数値計算
増山貴久, 田原弘一
プラズマ応用科学

13, 62-68
2005



本研究では、宇宙飛翔体表面の絶縁材料上で発生するアーキングの特性、アークスポットの状態を調べるために熱流体計算を行った。得られた結果より、アークスポットの直径は放電前に蓄えられているエネルギーが大きいほど大きくなり、アークスポット近傍では高密度プラズマが生成されていることがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
393
共著
Large Applications of Electromagnetically Accelerated Plasma to Material Spraying
Hirokazu Tahara, Masahiro Moriyama, Kenji Fujiuchi and Yasutaka Ando
Thin Solid Films

458, 110-115
2005



高速プラズマの材料加工への応用が研究された。多くの作動ガスを利用した高速プラズマの生成、プラズマ状態の計測が行われ、種々の材料加工(プラズマ溶射法、プラズマCVD法、プラズマ蒸着法、反応性成膜法)が実施された。その結果、新しい応用として高いポテンシャルを有していることがわかった。(担当部分:主な実験研究)
394
共著
宇宙推進用アノードレイヤー型ホール効果プラズマ加速器の性能特性
弓削政郎, 田原弘一
高温学会誌

31/ 5, 299-306
2005



宇宙推進用アノードレイヤー型ホール効果プラズマ加速器の基本的な作動特性を取得するために、1 kW級加速器を開発し作動実験を行った。印加磁場強度依存性、放電電圧依存性、作動ガス流量依存性、アノード先端位置依存性及びアノード流路幅依存性が調べられた。その結果、放電電流が最小になり推進効率が最大になる磁場強度が存在することがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
395
共著
電熱加速型パルスプラズマスラスタの性能向上に関する研究
枝光敏章, 田原弘一
高温学会誌

31/ 5, 291-298
2005



電気推進ロケットエンジンの一種である、電熱加速型パルスプラズマエンジンでは、推進剤は固体のテフロンであり、大電流パルス放電によりテフロンが昇華、プラズマ化し加熱され、ノズル膨張し推力を発生させる。繰り返しパルス作動で運転するため、低電力化が可能であり、超小型衛星に適している。本研究では、燃料供給機構をもつパルスプラズマエンジンを開発し、初期性能の測定と連続作動試験を行った。その結果、10-50kg,5-50W超小型衛星搭載用として十分な推進性能が得られた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
396
共著
Material Processing Using Supersonic Reactive Plasma Jets in Thermodynamical and Chemical Nonequilibrium State
Hirokazu Tahara, Kenji Fujiuchi and Yasutaka Ando
Materials Science Forum

502, 303-308
2005



熱力学的非平衡・化学非平衡の反応性プラズマジェットを用いた材料加工法が研究された。プラズマジェットの診断測定と共に、コアフローモデルを用いた流れ場の準一次元計算コードが開発され利用された。その結果、溶射パウダーはプラズマ気流中を飛行しながら加熱され温度が上昇し、溶融される過程が明らかになった。(担当部分:主な実験研究)
397
共著
大気TPCVDによる光触媒酸化チタン薄膜の高速合成
齋藤隆, 安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
日本機械学会論文集A編

71/ 703, 573-577
2005



開放大気下においても成膜可能な熱プラズマCVD装置の試作、本装置を用いた酸化チタン皮膜の形成、成膜条件の調査、トラバース装置を用いた皮膜の大面積処理の可能性の調査、及び各条件において形成された皮膜の光触媒特性の調査を行った。その結果、非常に安価、かつ高い光触媒特性をもつ酸化チタン膜の成膜に成功した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
398
共著
宇宙推進用ホール型プラズマ加速器の性能特性とイオンビーム計測
田原弘一, 弓削政郎, 白崎篤司, 吉川孝雄
高温学会誌

31/ 2, 129-136
2005



低電力ホール型イオンエンジンにおいて、印加磁場の強度・形状と加速チャンネル長さが性能に及ぼす影響が系統的に調べられた。また噴出プラズマ流の状態とイオンビームの平均エネルギーを計測し、ビーム発散角の算出と電圧利用効率の見積もりを行った。その結果、最適な磁場の強度と形状が明らかになり、更なる性能向上が期待された。(担当部分:主な実験研究)
399
共著
Mo大気溶射を施したステンレス基材上への燃焼炎法によるダイヤモンド合成
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
溶射

42/ 1, 17-21
2005



大気溶射皮膜の複合化プロセスの基礎検討として、燃焼火炎CVD法によるMo大気溶射基材上へのダイヤモンド合成を試みた。その結果、ダイヤモンドの合成に成功し、Mo皮膜の耐摩耗性と共に硬度上昇が確認できた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
400
共著
窒素・水素混合ガス及びアンモニアを用いた超音速プラズマジェットのプラズマ状態とチタン基材の窒化特性
田原弘一, 安藤康高
溶射

42/ 1, 6-11
2005



反応性の高い作動ガスを用いた、プラズマジェット気流による基材の表面処理が検討された。チタン基材にNHラジカル密度の高いプラズマ流を照射したところ、表面組成分析により窒化チタンが生成されていることがわかった。(担当部分:主な実験研究)
401
共著
電磁加速プラズマを用いた窒化珪素の高速成膜
田原弘一, 森山正浩
高温学会誌

31/ 1, 76-80
2005



複数の単結晶シリコン棒と電磁加速窒素プラズマを用いて窒化珪素の成膜を行った。放電電流の増加と共に皮膜の厚さとビッカース硬度は大きくなった。また、基板温度の低下と共にビッカース硬度は小さくなり、皮膜構造は非晶質化する傾向があった。
(担当部分:主な実験研究)
402
共著
溶射技術の現状と将来展望-第1回アジア溶射会議の開催-
田原弘一, 安藤康高
日刊工業新聞

23-25
2005/09/14




403

” 国際溶射会議(International Thermal Spray Conference)報告,”
田原弘一
プラズマエレクトロニクス分科会会報

41, 8-9
2004




404

” 先進工業材料の設計・加工・特性に関する第3回国際シンポジウム(ISAEM-2003)に参加して,” 報告
田原弘一
溶射

41/ 1, 36-37
2004




405
共著
熱プラズマ成膜技術
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
電気学会, プラズマ研究会資料

PST-04-55~61, 11-15
2004




406
共著
マイクロパルスプラズマスラスタ
竹ヶ原春貴,荒川義博,都木恭一郎,橘武史,田原弘一,枝光敏章
日本航空宇宙学会誌

52/ 610, 291
2004




407
共著
Surface Ablation of the Substrate Using Quasi-Transferred Arc
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Takashi Saito, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
足利工業大学研究収録

38, 7-13
2004




408
共著
熱プラズマCVD法によるダイヤモンド合成の広面積化について
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
溶射技術

24/ 2, 25-30
2004




409
共著
エレクトロダイナミックテザー
山極芳樹, 竹ヶ原春貴, 小境正也, 大西健夫, 田原弘一
日本航空宇宙学会誌

52/ 603, 101-108
2004




410
共著
プラズマコンタクタ
竹ヶ原春貴, 小境正也, 山極芳樹, 大西健夫, 田原弘一
日本航空宇宙学会誌

52/ 602, 79-85
2004




411 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Dense Oxide Coating Deposition by High Velocity TPCVD Utilizing Boiling of Metal Alcoxide
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Takashi Saito, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Osaka


2004



高速熱プラズマCVD法による高密度酸化物成膜の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
412 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plasma Flow Characteristics of Supersonic Nitrogen/Hydrogen-Mixture Plasma Jets for Nitriding
Kenji Fujiuchi, Hirokazu Tahara and Yasutaka Ando
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Osaka


2004



材料窒化用超音速窒素水素混合ガスプラズマの噴流特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
413 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ceramic Spraying Using Electromagnetically Accelerated Plasma
Hirokazu Tahara, Masahiro Moriyama and Kenji Fujiuchi
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Osaka


2004



電磁加速プラズマを利用したセラミックス溶射法の開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
414 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Exhaust Plasma Characteristics of Direct-Current Arcjet Thrusters
Hirokazu Tahara
Proc. Asian Joint Conf. Propulsion and Power, Seoul

445-452
2004



直流アークジェットエンジンの噴射プラズマ流の研究。
415 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Thrust Performance and Plasma Acceleration Process of Hall Thrusters
Hirokazu Tahara
Proc. Asian Joint Conf. Propulsion and Power, Seoul

395-403
2004



ホール型イオンエンジンの推力特性とプラズマ加速過程の研究。
416 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of a Coaxial Pulsed Plasma Thruster with Teflon Cavity
Toshiaki Edamitsu, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Asian Joint Conf. Propulsion and Power, Seoul

324-334
2004



同軸テフロン放電室パルスプラズマエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
417 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Silicon Nitride Spraying Using Electromagnetically Accelerated Plasma
Naozumi Yoshimura, Kenji Fujiuchi, Masahiro Moriyama and Hirokazu Tahara
Proc. Int. Conf. New Frontiers of Process Science and Engineering in Advanced Materials -14th Iketani Conf.-

643-647
2004



電磁加速プラズマによる窒化シリコン照射に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
418 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
DSMC-PIC Simulation of Plasma Expansion Induced by Arcing on Spacecraft Insulator Surfaces in Ambient Plasma Environment
Hirokazu Tahara, Takahisa Masuyama and Tatsuo Onishi
24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-55p
2004



宇宙プラズマ環境下の飛翔体表面上でのアーキング現象の数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
419 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Optimization of Magnetic Field and Acceleration Channel for Low Power Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Atsushi Shirasaki, Seiro Yuge and Takao Yoshikawa
Proc. 24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-54p, 264-273
2004



低電力ホール型イオンエンジンの磁場と加速チャネルの最適化。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
420 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Prediction of Hall Thrusters Using One-Dimensional Flowfield Calculation
Hirokazu Tahara, Seiro Yuge, Atsushi Shirasaki and Manuel Martinez-Sanchez
24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-53p
2004



ホール型イオンエンジン流れ場の1次元数値計算による性能予測。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
421 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground-Based Experiment of Electron Collection by an Electrodynamic Bare Tether
Hirokazu Tahara, Hideki Nishio and Tatsuo Onishi
24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-52p
2004



宇宙プラズマからのベアテザーの電子収集の地上実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
422 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Exhaust Plume Characteristics of a Low Power Arcjet Thruster
Takashi Iitsuka, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-51p
2004



低電力アークジェットエンジンの噴出流の状態に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
423 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Nozzle Geometry on Performance Characteristics of Laser Ablative Thrusters
Eiichiro Koizumi, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-39
2004



レーザーアブレーションエンジンの性能に及ぼすノズル形状の影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
424 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of Low Power Hall Thrusters with Circular Cross-Sectional Discharge Chambers
Atsushi Shirasaki, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-35, 203-208
2004



円形断面をもつ低電力ホール型イオンエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
425 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Performance Characteristics of a 1-kW Anode-Layer Type Hall Thruster
Seiro Yuge, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-31
2004



1kWアノードレイヤー型ホールイオンエンジンの性能特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
426 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Channel Wall Material on Hall Thruster Performance
Katsumi Imanaka, Atsushi Shirasaki, Seiro Yuge, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-30
2004



ホール型イオンエンジン性能に与える加速チャンネル材質の影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
427 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground-Based Experiment of Arcing on Spacecraft Insulator Surfaces in Ambient Plasma Environment
Takahisa Masuyama, Masato Nagata, Tatsuo Onishi and Hirokazu Tahara
Proc. 24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-25, 179-185
2004



宇宙プラズマ環境中での宇宙飛翔体の表面放電現象の地上模擬実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
428 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Cavity Length and Material on Performance Characteristics of a Coaxial Pulsed Plasma Thruster
Toshiaki Edamitsu, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-06, 112-118
2004



パルスプラズマエンジンの放電室の長さと材質の性能特性への影響。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
429 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Exhaust Plasma Characteristics and Thrust Performance of an Applied-Magnetic-Nozzle MPD Thruster
Hiroyuki Morisaki, Yoichi Kagaya, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 24th Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2004-b-01, 88-93
2004



外部磁気ノズルをもつ電磁プラズマエンジン噴出流の特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
430
共著
アモルファス相生成によるTPCVD酸化チタン皮膜の高強度化
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
プラズマ応用科学

12, 99-104
2004



大気熱プラズマCVD法による光触媒酸化チタン皮膜の実用化を目的として、酸化チタン皮膜へのアモルファス相導入による皮膜の高強度化を図った。その結果、成膜距離を大きくすることにより、皮膜の結晶化度は減少し皮膜中へのアモルファス相の導入が可能であり、皮膜強度も向上することがわかった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
431
共著
HVOF溶射における粉体速度・温度の簡易計算
田原弘一, 藤内賢治
プラズマ応用科学

12, 67-72
2004



本研究では、HVOF溶射における、投入する溶射粉体の条件、ノズルサイズ、燃焼ガスの条件を入力すれば、直ちに基材直前での粉体の速度・温度が出力される簡易計算コードを開発した。燃焼ガスは等エントロピー圧縮性流体として取り扱い、ノズル内部は準1次元流れ、ノズル外部は2次元不足膨張流れを仮定した。ニッケル・クロム系合金の溶射を計算したところ、その結果はこれまでの溶射結果、経験則とほぼ一致し本計算コードが利用できることがわかった。(担当部分:主な数値計算)
432
共著
電磁加速プラズマ流による窒化珪素の成膜とその生成プロセス
田原弘一, 森山正浩
プラズマ応用科学

12, 59-66
2004



棒状の単結晶シリコンと窒素プラズマを用いて、窒化珪素の成膜が行われた。溶射条件を最適化することにより、ビッカース硬度1300以上の高硬度かつ高速成膜に成功した。これまでのPVD法、CVD法を数倍上回る成膜性能が得られた。(担当部分:主な実験研究)
433
共著
宇宙機表面のアーキングに関する地上実験
田原弘一, 永田政人, 増山貴久
日本航空宇宙学会論文集

52/ 609, 473-478
2004



本研究では、地上模擬実験により、宇宙飛翔体表面の絶縁材料上における放電現象と、周辺プラズマがその放電特性に与える影響が調べられた。陽極酸化アルミニウム表面で発生するアーク放電の特性を測定した結果、アーク電流のピーク値とアーク放電時に流れる全電荷量は初期印加電圧、周辺中性粒子密度の増加とともに大きくなることがわかった。(担当部分:主な実験研究)
434
共著
簡易一次元流れ場計算によるホールスラスタのプラズマ生成・イオン加速過程の解明と推進性能予測
田原弘一, 弓削政郎, 白崎篤司, マヌエルマルチネスサンチェス
日本航空宇宙学会論文集

52/ 608, 408-415
2004



ホール型イオンエンジンのプラズマ生成・イオン加速過程を明らかにし推進性能を予測するために、簡易1次元流れ場の計算モデルが構築された。この計算コードを用いて、既存のホール型エンジンの加速チャンネル長さとその内部の磁束密度の違いによる特性の相違が調べられた。効率よい電離・加速を実現するためには、磁力線をチャンネル出口付近に集中させ、電離と加速をチャンネル出口付近で一気に行わせる磁場構造が望ましいことがわかった。(担当部分:数値計算、全体の取りまとめ)
435
共著
Enlargement of the Diamond Deposition Area in Combustion Flame Method by Traversing Substrate
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Takashi Saito, Jun-ichi Sakurai, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Thin Solid Films

457/ 1, 217-223
2004



基材のトラバースを積極的に利用し、燃焼フレームによるダイヤモンド形成の面積の拡大を目指した。燃焼ガスはメタンと酸素であり、基材温度とトラバース速度を調整することにより、大面積ダイヤモンドの形成に成功した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
436
共著
Characteristics of Supersonic Nitrogen/Hydrogen-Mixture and Ammonia Plasma Jets and Nitrided Material Properties
Hirokazu Tahara, Yasutaka Ando and Takao Yoshikawa
Thin Solid Films

457/ 1, 174-179
2004



窒化処理用プラズマ発生装置の作動特性、プラズマ状態と金属材料の窒化表面処理が研究された。プラズマ種によって窒化能力に大きな差異がり、水素ガスの添加が非常に有効であることがわかった。(担当部分:主な実験研究)
437
共著
Carbon Nitride Films Deposited by Reactive Sputtering and Pulsed Laser Ablation
Toshiaki Yasui, Takayo Kotani, Kenji Fujiuchi, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Thin Solid Films

457/ 1, 133-138
2004



パルレーザーアブレーションと反応性スパッタリングを用いて、窒化カーボン膜が生成された。Nd:YAGレーザーと窒素プラズマが用いられた。成膜条件を最適化することにより、極度に高硬度の膜を製作することができた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
438
単著
Material Spraying Using Electromagnetically Accelerated Plasma Jet
Hirokazu Tahara
Materials Science Forum

449-452, 389-392
2004



電磁加速プラズマジェットを利用した材料溶射が研究された。各種の金属パウダー、セラミックスパウダーの導入による厚膜溶射、金属パウダーと各種の作動ガスプラズマとの化学反応による反応性厚膜溶射が検討され例が示された。
439
共著
Plasma Characteristics of Supersonic Nitrogen/Hydrogen-Mixture and Ammonia Plasma Jets and Nitrided Material Properties
Hirokazu Tahara, Yasutaka Ando and Takao Yoshikawa
Materials Science Forum

449-452, 373-376
2004



窒素・水素混合ガスもしくは窒素ガスを用いた超音速プラズマジェットのプラズマ状態と窒化表面処理が研究された。チタン基材にプラズマジェットを照射し基材温度の測定と基材表面組成分析を行った。その結果、窒素のみの場合窒化チタンの形成は行われなかったが、窒素・水素混合ガスを用いた場合低い基材温度にも関わらず窒化チタンの形成が確認できた。窒素・水素混合ガスの場合、化学的に活性なNHラジカルが存在し窒化を促進することが推測される。(担当部分:主な実験研究)
440
共著
Rapid Doping of Combustion Flame CVD Diamonds Using Supersonic Expanding Nitrogen Plasma Jets
Yasutaka Ando, Takashi Saito, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara, Kenji Fujiuchi and Takao Yoshikawa
Vacuum

73/ 3-4, 493-498
2004



超音速膨張プラズマジェットを用いて、燃焼フレームCVD法によるダイヤモンドへの窒素成分の高速ドーピングが研究された。CVD法により生成されたダイヤモンドに窒素もしくは窒素・水素プラズマジェットを照射し、窒素原子のドーピングが可能かどうか調べられた。その結果、窒素・水素の混合ガスの場合、ドーピングが確認され硬度上昇が期待された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
441
共著
Ground-Based Experiments of a Spacecraft Plasma Contactor Using a Hollow Cathode
Hirokazu Tahara, Akira Morishita and Tatsuo Onishi
Vacuum

73/ 3-4, 469-474
2004



汎用の電子放出機器として使用されているホローカソードは、宇宙用機器としても有用である。本研究では、プラズマ中でのホローカソードの電子放出特性が調べられた。長時間運転、耐久作動試験と共に数値計算による電流見積りが行われた。ホローカソードの作動特性には、拡散作動モードとスポット作動モードの2つがあり、後者の作動の場合放出電子電流が大きく宇宙における安定作動に有益であることがわかった。(担当部分:主な実験研究)
442
共著
Basic Study of Electron Collection by a Bare-Tether Satellite
Hirokazu Tahara, Hideki Nishio and Tatsuo Onishi
Vacuum

73/ 3-4, 455-460
2004



高度な宇宙飛翔体の運用において、導電性の「ひも」(テザー)を宇宙空間に伸展させ電子を収集することが必要である。本研究では、導電性テザーの作動特性の取得、および数値計算による電子収集過程の解明と収集電流値の見積もりが行われた。プラズマ粒子法を用いた数値計算より、テザー前面には無衝突衝撃波が形成され、それにトラップされたイオンに引き付けられた電子がテザーに収集されることがわかった。見積もられた電流値は理論最大電流値とほぼ一致した。(担当部分:主な実験研究)
443

” プラズマ化学に関する第16回国際シンポジウムに参加して,” 報告
田原弘一
溶射

40/ 4, 182-183
2003




444
単著
電磁加速プラズマによる成膜
田原弘一
溶射

40/ 4, 175-181
2003




445
単著
An Overview of Electric Propulsion Activities in Japan
Hirokazu Tahara
28th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 03-339
2003




446
共著
燃焼火炎によるダイヤモンド合成について
安藤康高, 戸部省吾, 齋藤隆, 田原弘一, 吉川孝雄
溶射技術

22/ 3
2003




447 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Velocity Measurement of Supersonic Ammonia and Nitrogen/Hydrogen-Mixture Plasma Jets
Hirokazu Tahara, Masahiro Demizu, Yasutaka Ando and Takao Yoshikawa
Proc. 16th Int. Symp. Plasma Chemistry, Taormina

Paper No.001
2003



超音速アンモニア・窒素水素混合ガスプラズマジェットの速度測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
448
共著
Study of Spacecraft Arcing in Ambient Plasma Environments
Takahisa Masuyama, Masato Nagata, Tatsuo Onishi, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawas
23rd General Assembly Int. Union Geodesy Geophys., IAGA Symp.

GAIII.11/09P/A15-005
2003



周辺プラズマ環境下における宇宙飛翔体アーキング現象の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
449 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground Experiment and Numerical Simulation of Spacecraft Arcing in Ambient Plasma Environments
Takahisa Masuyama, Masato Nagata, Tatsuo Onishi, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 8th Spacecraft Charging Technology Conf, Alabama


2003



宇宙プラズマ環境下における宇宙飛翔体アーキング現象の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
450 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of a Spacecraft Plasma Contactor Using a Hollow Cathode
Hirokazu Tahara, Akira Morishita, Takao Yoshikawa and Tatsuo Onishi
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 4th Int. Symp. Applied Plasma Science

4, 169-174
2003



中空陰極を備えた宇宙飛翔体プラズマ接触器の研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
451 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Characteristics of Electron Collection by a Bare-Tether Satellite
Hirokazu Tahara, Hideki Nishio, Takao Yoshikawa and Tatsuo Onishi
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 4th Int. Symp. Applied Plasma Science

4, 151-156
2003



ベアテザー衛星による電子捕集の特性に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
452 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Operational Characteristics and Thrust Performance of Hall Thrusters with Circular Cross-Sectional Discharge Chambers
Atsushi Shirasaki, Seiro Yuge, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 4th Int. Symp. Applied Plasma Science

4, 121-126
2003



円形断面ホール型イオンエンジンの作動特性と性能に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
453 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effect of Magnetic Field on Hall Thruster Performance and Plume
Seiro Yuge, Atsushi Shirasaki, Takashi Fujioka, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 4th Int. Symp. Applied Plasma Science,

4, 109-114
2003



ホール型イオンエンジンの性能と噴出流に与える磁場の影響の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
454 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Degradation of Spacecraft Polymer Films by Charged Particle Irradiation and Its Influences on Charging/Discharging Events
Hirokazu Tahara
Proc. 9th Int. Symp. Materials in Space Environment

ESA SP-540, 655-660
2003



荷電粒子衝突による宇宙用高分子材料の劣化現象とその帯電・放電現象に関する研究
455 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Operational Characteristics of Cylindrical Hall Thrusters
Atsushi Shirasaki, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
28th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 03-051
2003



シリンドリカル型ホールイオンエンジンの作動特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
456 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Applied Magnetic Nozzle in a Quasi-Steady MPD Thruster
Yoichi Kagaya, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
28th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 03-031
2003



電磁加速プラズマエンジンの外部磁気ノズルの効果に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
457 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plasma Characteristics of Quasi-Steady MPD Arcjets for Material Processing
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Kazunori Mitsuo, Atsushi Shirasaki, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
28th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 03-017
2003



材料加工用電磁プラズマ加速アークジェットのプラズマ特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
458 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Simple One-Dimensional Calculation of Hall Thruster Flowfields
Hirokazu Tahara, Takashi Fujioka, Atsushi Shirasaki and Takao Yoshikawa
28th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 03-016
2003



ホール型イオンエンジン流れ場の簡易1次元計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
459 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Optimization on Magnetic Field and Acceleration Channel for Low Power Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Takashi Fujioka, Takahisa Kitano, Atsushi Shirasaki and Takao Yoshikawa
28th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 03-015
2003



低電力ホール型イオンエンジンの磁場と加速チャネル最適化の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
460
共著
基材設置型陽極を持つ非移行性アークトーチを用いた基材へのプラズマ照射
安藤康高, 戸部省吾, 齋藤隆, 田原弘一, 吉川孝雄
プラズマ応用科学

11, 87-92
2003



基材表面洗浄機能を有する大気熱プラズマCVD装置の開発を目的として、基材を陽極とした移行性アークを用いた基材へのプラズマ照射、および基材設置型陽極を用いた非移行性アークを用いた基材へのプラズマ照射を行った。その結果、基材設置型陽極を用いた場合基材の表面を溶融させることなく、スパッタリングによる洗浄効果が確認できた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
461
共著
窒素・水素混合ガス及びアンモニアを用いた超音速プラズマジェットの基板近傍の状態とその窒化特性
田原弘一, 安藤康高
プラズマ応用科学

11, 60-66
2003



超音速プラズマジェットの下流に平板が配置され、その直前のプラズマ状態と平板に流入する熱流束が研究された。作動ガスとしてアンモニアガスと窒素・水素混合ガスが用いられた。平板の有無によって、平板設置位置でのプラズマ状態は大きく異なり、平板がある場合その近傍直前で各種の温度は近づいてくる(緩和方向に向かう)。また熱流束はタンク内圧の影響が大きいが、水素原子、水素を含む活性種の衝突効果も無視できないと推測された。(担当部分:主な実験研究)
462
共著
簡易一次元流れ場計算によるホールスラスタの性能予測
田原弘一, マヌエルマルチネスサンチェス
プラズマ応用科学

11, 22-28
2003



ホール型イオン推進機の流れ場の準一次元流体解析が行われた。既存のホール推進機と同じ形状と作動条件のもと計算が実行された。計算された推進性能は、放電電流は実験値とほぼ一致したが、推力は異なり、今後は計算モデルの改良が必要である。2次元粒子モデルによる計算コードの開発が提案、議論された。(担当部分:主な数値計算)
463
共著
Material Spraying Using Electromagnetically Accelerated Plasma
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Kazunori Mitsuo, Yasutaka Ando, Toshiaki Yasui, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
Jpn. J. Appl. Phys.

42, Part 1/ 6A, 3648-3655
2003



電磁加速プラズマを用いた材料加工法が開発された。作動ガスを選ばず、ヘリウム、アルゴン、キセノン、水素、窒素、アンモニア、酸素、二酸化炭素が使用でき、それらの高速・高密度・大面積プラズマを発生させることができる。本研究では、多くのガスの作動特性を明らかにし、発生プラズマの電子温度、電子数密度、放電電流分布、プラズマ速度を測定した。さらに、高硬度、大面積のセラミックス膜、窒化チタン膜、酸化チタン膜の高速生成に成功し、材料加工への高いポテンシャルを実証した。(担当部分:主な実験研究)
464
共著
Plasma and Heat Flux Characteristics of a Supersonic Ammonia or Nitrogen/Hydrogen-Mixture Direct-Current Plasma Jet Impinging on a Flat Plate
Hirokazu Tahara, Yasutaka Ando and Takao Yoshikawa
IEEE Trans. Plasma Science

31/ 2, 281-288
2003



超音速プラズマジェットの下流に平板が配置され、その直前のプラズマ状態と平板に流入する熱流束が研究された。作動ガスとしてアンモニアガスと窒素・水素混合ガスが用いられた。平板の有無によって、平板設置位置でのプラズマ状態は大きく異なり、平板がある場合その近傍直前で各種の温度は近づいてくる(緩和方向に向かう)。また熱流束はタンク内圧の影響が大きいが、水素原子、水素を含む活性種の衝突効果も無視できないと推測された。(担当部分:主な実験研究)
465
共著
ホールスラスタ流れ場の一次元計算
田原弘一, 白崎篤司, マヌエルマルチネスサンチェス
日本航空宇宙学会論文集

51/ 588, 1-9
2003



マサチューセッツ工科大学(米国)との共同研究として、ホール型イオンエンジンの流れ場の準一次元流体解析が行われた。全体の質量・運動量・エネルギー保存式のほか、電子の運動量保存式とエネルギー保存式が使用された。また熱平衡の電離反応、放電室壁面上の質量・運動量・エネルギー損失の条件が考慮された。計算された結果は実験結果と定性的に一致し、内部の放電状態を十分模擬することができた。(担当部分:主な数値計算)
466
共著
プラズマ材料プロセスにおける表面化学反応-プラズマ/固相反応-
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
溶射

39/ 3, 123-127
2002




467
共著
宇宙用プラズマ推進機の研究開発
田原弘一, 吉川孝雄
真空

45/ 4, 317-323
2002




468
共著
Performance and Plasma Characteristics of Hall-Effect Thrusters
Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
55th Annual Gaseous Electronics Conf, Minneapolis

YF2 2
2002



ホール型イオンエンジンの性能とプラズマ特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
469
共著
Mitigation Process of Negative Charging by Plasma Flow
Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
55th Annual Gaseous Electronics Conf, Minneapolis,

GTP 47
2002



負帯電材料のプラズマ流による緩和現象の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
470
共著
Plasma Characteristics of an Electromagnetic Acceleration Plasma Jet for Titanium-Nitride Reactive Spray Coatings
Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
55th Annual Gaseous Electronics Conf, Minneapolis

FT2 2
2002



窒化チタン反応性溶射用電磁加速プラズマの状態に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
471
共著
Plasma Characteristics of Supersonic Ammonia and Nitrogen/Hydrogen-Mixture DC Plasma Jets for Nitriding under a Low Pressure Environment
Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
55th Annual Gaseous Electronics Conf, Minneapolis

FT2 1
2002



超音速アンモニア・窒素水素混合プラズマジェットの状態の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
472 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Deposition of CNx Films by ECR Plasma Sputtering
Takayo Kotani, Toshiaki Yasui, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Int. Conf. Designing of Interfacial Structures in Advanced Materials and their Joints, Osaka

162-167
2002



ECRプラズマスパッタリングによるカーボンナイトライド成膜研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
473 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
YSZ Film Deposition by Thermal Plasma Assisted Chemical Vapor Deposition in Open Air
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Essen112-115

112-115
2002



大気開放熱プラズマCVD法によるYSZ膜の生成の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
474 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Near-Substrate Plasma Characteristics and Relationships between Heat Fluxes into Substrates and Them of a Supersonic Ammonia and Nitrogen/Hydrogen-Mixture DC Plasma Jet for Nitriding under a Low Pressure Environment
Hirokazu Tahara, Yasutaka Ando, Ken-ichi Onoe and Takao Yoshikawa
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Essen


2002



プラズマジェットの基板近傍プラズマ特性と熱流束特性の関係研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
475 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plasma Characteristics of a 10-kW-Class DC Arcjet
Hirokazu Tahara, Atsushi Shirasaki, Ken-ichi Onoe and Takao Yoshikawa
Proc. 23rd Int. Symp. Space Technology and Science

1/ ISTS 2002-b-35p, 407-412
2002



10kW級直流アークジェットエンジンのプラズマ特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
476 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
One-Dimensional Flowfield Calculation of Hall Thrusters
Atsushi Shirasaki, Hirokazu Tahara and Manuel Martinez-Sanchez
Proc. 23rd Int. Symp. Space Technology and Science, Vol.1,

1/ ISTS 2002-b-33p, 395-400
2002



ホール型イオンエンジンの1次元流れ場の数値計算。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
477 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground Experiments for Mitigation of Spacecraft Charging by Plasma Emission
Masato Nagata, Daiki Matsuyama, Hirokazu Tahara, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
Proc. 23rd Int. Symp. Space Technology and Science

1/ ISTS 2002-b-35p, 350-355
2002



プラズマ放出による宇宙飛翔体帯電の緩和現象の地上模擬実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
478 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Research and Development of Low Power Hall Thrusters
Takahisa Kitano, Takashi Fujioka, Atsushi Shirasaki, Daisuke Goto, Hirokazu Tahara, Toshiaki Yasui, Takao Yoshikawa, Kenji Fuchigami, Fujio Iinoya and Fumihiro Ueno
Proc. 23rd Int. Symp. Space Technology and Science

1/ ISTS 2002-b-18, 325-332
2002



低電力ホール型イオンエンジンシステムの開発研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
479 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Effects of Applied Axial Magnetic Field in Power Deposition of MPD Thruster
Yoichi Kagaya, Masahiro Moriyama, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 23rd Int. Symp. Space Technology and Science

1/ ISTS 2002-b-07, 264-269
2002



電磁プラズマエンジンにおける電力配分特性の外部磁場の影響調査。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
480
共著
Improvement of Wear Resistance of Steels by Nitriding Using Supersonic Expanding Nitrogen Plasma Jets
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
ISIJ International, Iron and Steel Institute of Japan

42/ 12, 1371-1375
2002



鉄鋼材料(SACM646, S45C, SKD61, SUS304)の表面硬度の改善のために、それら板材に超音速プラズマジェットが照射された。作動ガスとして窒素、もしくは窒素・水素の混合ガスが用いられた。照射後の表面硬度評価より、表面硬さの向上が観察され、さらに耐摩耗性の向上も確認できた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
481
共著
燃焼火炎CVDを用いたMo溶射皮膜上へのダイヤモンド合成
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
プラズマ応用科学

10, 110-115
2002



Mo溶射皮膜の耐摩耗性を向上させるために、燃焼火炎CVD法による合成ダイヤモンドとの複合化が研究された。複合化条件を変え成形後、摩耗特性試験を行った結果、ダイヤモンド粒子の混入により耐摩耗性が著しく向上することがわかった。(担当部分:主な実験研究)
482
共著
ベアテザー衛星の電子収集に関する基礎研究
田原弘一, 西尾秀樹, 大野呂知之, 安井利明, 吉川孝雄, 大西健夫
プラズマ応用科学

10, 52-58
2002



宇宙プラズマの中を飛翔する宇宙飛翔体から強制的に電子を収集する機器として、導電性の「ひも」(テザー)が有望視されている。本研究では、電子サイクロトロン共鳴プラズマを用いた宇宙プラズマシミュレータの中で、導電性テザーの作動特性が調べられた。導電性テザーの長さ・直径、さらに印加電圧を広範に変化させ、収集される電流を測定した。その結果、テザーのサイズに収集電流は大きく依存したが、無衝突プラズマ理論から導き出される理論最大電流を越えることはなかった。(担当部分:主な実験研究)
483
共著
ホローカソードを用いた宇宙飛翔体プラズマコンタクタに関する基礎研究
田原弘一, 森下晶, 富山力, 安井利明, 吉川孝雄, 大西健夫
プラズマ応用科学

10, 23-29
2002



宇宙プラズマの中を飛翔する宇宙飛翔体から強制的に電子を放出する機器として、ホローカソードの基礎作動特性が取得された。電子サイクロトロン共鳴プラズマを用いた宇宙プラズマシミュレータの中で、ホローカソードが運転された。ホローカソード単体で作動する場合(ホローカソード周りに模擬宇宙プラズマ無し)に比べて、模擬宇宙プラズマ中で作動させると、放出電子電流が大きく増加し周辺プラズマの寄与が非常に大きいことがわかった。(担当部分:主な実験研究)
484
共著
低電力ホールスラスタの基本作動特性と推進性能
田原弘一, 後藤大亮, 藤岡崇志, 北野貴久, 白崎篤司, 安井利明, 吉川孝雄
日本航空宇宙学会論文集

50/ 583, 318-324
2002



低電力ホール型イオンエンジンの基本作動特性が調べられた。印加される半径方向磁場は放電チャンネル出口付近で最大になるように最適化され、放電チャンネル材料には2次電子放出係数の大きいボロンナイトライドが用いられた。推進剤ガスにキセノンを用い、その質量流量、加速電圧(放電電圧)を広範にとり、放電電流と推力が測定され、比推力、推進効率、推力/電力比など基本推進性能を取得することができた。
(担当部分:主な実験研究)
485
共著
準定常MPD推進機の噴出プラズマ流の状態
田原弘一, 満尾和徳, 白崎篤司, 加賀谷洋一, 吉川孝雄
日本航空宇宙学会論文集

50/ 582, 286-282
2002



準定常MPD推進機の噴出プラズマ流の状態が静電探針法により調べられた。速度ベクトルの方向と大きさ、電子温度、電子数密度の空間分布が測定され検討された。発散ノズルの下流延長線の内側と外側では特性が異なり、内側は中心軸に近づくにつれて温度・密度は極度に大きくなり延長線付近では小さくなるが、外側では延長線に近づくにつれて大きくなった。延長戦の内側は陰極ジェットの影響が強く、外側は通常の熱プラズマの膨張加速に近いと推測される。(担当部分:主な実験研究)
486
共著
Nitriding of Aluminum by Using Supersonic Expanding Plasma Jets
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Vacuum

65, 403-408
2002



超音速膨張プラズマジェットを用いたアルミニウム基材の窒化が研究された。窒素プラズマをアルミニウム基材に照射した場合、窒化は計測されなかったが、窒素ガスに少量の水素ガスを添加した場合、窒化が観察された。これは水素原子・イオンの激しい衝突による酸化アルミニウム皮膜の除去が行われたためと推測される。こうして本装置を用いたアルミニウム窒化の高い可能性を示すことができた。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
487
共著
Thrust Performance and Plasma Features of Low-Power Hall-Effect Thrusters
Hirokazu Tahara, Daisuke Goto, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
Vacuum

65, 367-374
2002



宇宙用電気推進ロケットエンジンの一種である、ホール型イオン推進機の推進性能とプラズマ状態が研究された。電力は1 kW以下の低電力であり、推進剤ガスにキセノンガスが用いられた。比推力1,000-2,000秒、推進効率(電気エネルギーから軸方向運動エネルギーへの変換効率(エネルギー変換効率))45-60%、推力50 mN程度が得られ、地球近傍のミッションに適応できる十分な性能が達成できた。(担当部分:主な実験研究)
488
共著
Plasma Plume Characteristics of Supersonic Ammonia and Nitrogen/Hydrogen-Mixture DC Plasma Jets for Nitriding under Low-Pressure Environment
Hirokazu Tahara, Yasutaka Ando, Ken-ichi Onoe and Takao Yoshikawa
Vacuum

65, 311-318
2002



減圧環境下における超音速直流アークジェット発生装置の下流プラズマの状態が研究された。作動ガスにアンモニアガスと窒素・水素の混合ガスが用いられた。ノズルから下流のプラズマ中の窒素分子・窒素分子イオン・NHラジカルの振動温度・回転温度、窒素原子・水素原子の励起特性温度が見積もられた。それらの結果、振動温度はノズル出口からほとんど変化なく高温10,000 Kが維持され、回転温度は下流10 cmでは2,000-3,000 Kまで大きく低下することがわかった。
(担当部分:主な実験研究)
489

” 第15回プラズマ化学国際会議(ISPC-15)参加報告,” 報告
田原弘一, 安藤康高
溶射

38/ 4, 251-254
2001




490

” マサチューセッツ工科大学に滞在して,” 報告
田原弘一
溶射

38/ 2, 108-110
2001




491
共著
電子サイクロトロン共鳴放電によるシート状プラズマの生成とその成膜応用
安井利明, 田原弘一, 吉川孝雄
日本真空協会関西支部, 平成13年度第1回研究例会資料

25-33
2001




492
共著
ホローカソードを用いたプラズマコンタクタに関する基礎実験
森下晶, 富山力, 田原弘一, 安井利明, 吉川孝雄
電気学会, 静電気研究会資料

ED-01-14, 7-12
2001




493
共著
磁界中テザーの電流捕集におけるプラズマ流速の影響
西尾秀樹, 大野呂知之, 田原弘一, 安井利明, 吉川孝雄
電気学会, 静電気研究会資料

ED-01-12, 1-6
2001




494
共著
3.電気推進の応用,” 小特集 次世代の宇宙電気推進技術77, No.8, 2001, pp.772-788
西田迪雄, 吉川孝雄, 田原弘一, 竹ヶ原春貴, 藤原俊隆, 佐宗章弘
プラズマ・核融合学会誌

77/ 8, 772-788
2001




495
共著
大気雰囲気下における熱プラズマCVDによる機能性皮膜形成の試み
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
溶射技術

20/ 4, 33-39
2001




496
共著
電子サイクロトロン共鳴プラズマスパッタによるITO薄膜の大面積成膜法の研究
安井利明, 田原弘一, 吉川孝雄
真空

44/ 3, 272-275
2001




497 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Study on Nitriding of Aluminum by Supersonic Expanding Nitrogen Plasma Jets
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 15th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.6, 2511-2514
2001



(担当部分:作動実験、取りまとめ)
498 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plasma Diagnostics on ECR Plasma Sputtering for Carbon nitride Deposition
Toshiaki Yasui, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 15th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.6, 2298-2303
2001



カーボンナイトライド成膜用ECRプラズマスパッタリングの診断。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
499 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ground Experiments on Mitigation of Spacecraft Charging by Plasma Emission
Hirokazu Tahara, Daiki Matsuyama, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
Proc. 15th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.6, 2249-2255
2001



宇宙飛翔体帯電のプラズマ流による緩和現象の地上実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
500 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Operational Performance and Plasma Characteristics of Closed-Electron-Drift Hall Accelerators
Hirokazu Tahara, Daisuke Goto, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
Proc. 15th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.6, 2243-2248
2001



ホール型イオンエンジンの作動性能とプラズマ状態の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
501 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plasma Flow Characteristics of Electromagnetic Acceleration Plasma Jet Generators for Titanium-Nitride Reactive Spray Coatings
Tetsuji Shibata, Hirokazu Tahara, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
Proc. 15th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.6, 2219-2224
2001



窒化チタン反応性溶射電磁加速プラズマ流の特性の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
502 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Sputtering Deposition of ITO Thin Films by ECR Plasma Source
Toshiaki Yasui, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 15th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.2, 479-484
2001



電子サイクロトロン共鳴プラズマによるITOスパッタリング成膜。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
503 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Near-Substrate Plasma Characteristics of a Supersonic Ammonia and Nitrogen/Hydrogen-Mixture DC Plasma Jet for Nitriding under a Low Pressure Environment
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Yasutaka Ando, Ken-ichi Onoe and Takao Yoshikawa
Proc. 15th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.1, 205-210
2001



超音速アンモニア・窒素水素プラズマジェットの基板近傍の状態診断。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
504
共著
Laboratory Simulation of Charging Relaxation by Plasma Flow
Hirokazu Tahara, Toshiaki Yasui, Daiki Matsuyama and Takao Yoshikawa
Proc. 7th Spacecraft Charging Technology Conf.

ESA SP-476, 461-466
2001



プラズマ流による帯電緩和現象の地上模擬実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
505
共著
Mitigation Process of Spacecraft Negative Charging by Plasma Flow
Hirokazu Tahara, Daiki Matsuyama, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
27th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 01-258
2001



宇宙飛翔体の負電位帯電のプラズマ流による緩和現象の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
506
共著
Exhaust Plume Characteristics of Quasi-Steady MPD Thrusters
Hirokazu Tahara, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
27th Int. Electric Propulsion Conf.,
IEPC 01-133

2001



準定常電磁プラズマエンジンの噴出流の状態に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
507
共著
Thrust Performance and Plasma Characteristics of Low Power Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Daisuke Goto, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
27th Int. Electric Propulsion Conf.

IEPC 01-042
2001



低電力ホール型イオンエンジンの性能とプラズマ特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
508 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Nitriding of Aluminum by Using Supersonic Expanding Plasma Jets
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 3rd Int. Symp. Applied Plasma Science

3, 137-142
2001



超音速プラズマジェットによるアルミニウム材の窒化の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
509 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Thrust Performance and Plasma Features of Low Power Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Daisuke Goto, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 3rd Int. Symp. Applied Plasma Science

3, 89-94
2001



低電力ホール型イオンエンジンの推力性能とプラズマ状態の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
510
共著
Plasma Plume Characteristics of a Supersonic Ammonia and Nitrogen/hydrogen-Mixture DC Plasma Jet for Nitriding under a Low Pressure Environment
Hirokazu Tahara, Ken-ichi Onoe, Takao Yoshikawa and Yasutaka Ando
Advances in Applied Plasma Science, Proc. 3rd Int. Symp. Applied Plasma Science

3, 35-40
2001



窒化用アンモニア、窒素水素混合ガスプラズマジェット噴流の診断。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
511
共著
熱プラズマアシストCVDによる大気圧下でのTiO2皮膜の形成
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
プラズマ応用科学

9, 85-90
2001



大気圧下において熱プラズマアシストCVD法によるTiO2の成膜を行った。プラズマトーチを改良しノズルを大きくすることにより、発生プラズマが半径方向、軸方向に大きく広がり、活性なガスとチタンの粒子からの発光によりそれらの存在が確認された。この条件の改善により、密着力の高い緻密な膜生成に成功した。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
512
共著
基板に衝突する希薄流のモンテカルロシミュレーション
白崎篤司, 田原弘一, 吉川孝雄, 満尾和徳, 安藤康高
プラズマ応用科学

9, 9-16
2001



材料加工プロセスにおいては作動ガス流やプラズマガス流が平板基材に照射される。基材近傍のガス流の挙動はプロセスそのものに大きな影響を与えることが容易に予想される。本研究では希薄流が平板に衝突する現象を直接モンテカルロ法により数値計算した。基板温度の影響と基板へのガス粒子の付着確率の影響が調べられ、それらがガス流の基板前の挙動に影響を与えることがわかった。ガス流と基板の特性の相関関係が明らかになった。
(担当部分:数値計算、全体の取りまとめ)
513
共著
窒化チタン反応性成膜用電磁加速プラズマアークジェット装置の開発
柴田哲司, 田原弘一, 安井利明, 加賀谷洋一, 吉川孝雄
溶接学会論文集

19/ 3, 465-471
2001



電磁加速プラズマアークジェット装置を用いて窒化チタンの成膜が2種類の方法により行われた。チタンの供給方法として、放電室出口にチタン棒を配置する方法とチタンを直接陰極にする方法が比較検討された。さらにチタン板材に直接窒素プラズマを照射し窒化チタン膜の生成を試みた。それぞれの方法により得られた結果を比較検討すると、チタン棒を供給方法が最も高い成膜特性が得られたが、チタンの長時間の供給方法などで今後の改善が必要であることが明らかになった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
514
共著
プラズマ・イオンロケットの開発および宇宙飛翔体とプラズマの干渉現象 , Vol.69, No.4
田原弘一, 吉川孝雄
応用物理

69/ 4, 406-410
2000




515 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Application of Supersonic Expanding Plasma Jets to Nitriding of Steel Materials
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Montreal

99-104
2000



鉄鋼材窒化への超音速プラズマジェットの応用に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
516
共著
An Electromagnetic Acceleration Plasma Generator for Titanium Nitride Reactive Spray Coatings
Tetsuji Shibata, Hirokazu Tahara, Toshiaki Yasui, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Montreal


2000



窒化チタン反応性溶射用電磁加速プラズマ発生装置の開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
517 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Diagnostic Measurement of Supersonic Ammonia and Nitrogen/Hydrogen-Mixture DC Plasma Jets for Nitriding under a Low Pressure Environment
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Kazunori Mitsuo, Yasutaka Ando and Takao Yoshikawa
Proc. Int. Thermal Spray Conf., Montreal


2000



低圧環境下アンモニア・窒素水素混合プラズマジェットの診断測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
518
共著
Wear Resistance of Steels Nitrided by Nitriding Using Supersonic Expanding Plasma Jets
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. Tribology in Environmental Design

129-135
2000



超音速プラズマジェットによる窒化鋼の耐摩耗特性に関する研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
519 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Operating Characteristics of Low Power Hall Thrusters
Hirokazu Tahara, Kazunori Mitsuo, Daisuke Goto, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
22nd Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2000-b-36p
2000



低電力ホール型イオンエンジンの作動特性の取得。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
520 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plasma Diagnostic Measurements of Quasi-Steady Magnetoplasmadynamic Thruster Plumes
Kazunori Mitsuo, Taro Kimura, Hirokazu Tahara, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
22nd Int. Symp. Space Technology and Science

ISTS 2000-b-21
2000



電磁加速プラズマ噴流のプラズマ診断測定。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
521
共著
Development of Electromagnetic Acceleration Plasma Generator for Titanium Nitride Coatings
Tetsuji Shibata, Hirokazu Tahara, Toshiaki Yasui, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
Vacuum

59, 203-209
2000



窒化チタンコーティング用に電磁加速プラズマ発生装置が開発された。本装置は、高速、高密度、大面積のプラズマを生成できるために従来の熱プラズマジェット発生装置に代わる、新しい材料加工法を開拓できる可能性が期待できる。本研究では、直接実機開発を目指したプラズマ発生装置の設計・試作とその長時間運転による厚膜生成を試みた。その結果実用可能性が大いに高まった。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
522
共著
低エネルギーイオンビーム支援真空蒸着法による窒化炭素薄膜の合成
内園豊仁, 森本圭人, 安井利明, 田原弘一, 吉川孝雄
プラズマ応用科学

8, 59-64
2000



実用的な成膜プロセスとして1 kV以下の低エネルギー、100℃程度の低基板温度の状態で、イオンビーム支援真空蒸着法にて窒化炭素薄膜の合成を行った。生成される薄膜が薄く母材の硬度の影響を受けるため、全体硬度測定にナノインデンターを用いた。その結果、これまでの一般的な薄膜に比べて非常に高硬度が記録され、窒素イオンの打ち込みが効果的に働いていると推測される。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
523
共著
開放大気下における熱プラズマCVDを用いたZrO2皮膜の形成
安藤康高, 関井俊英, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
プラズマ応用科学

8, 45-50
2000



大気圧雰囲気下で熱プラズマCVD法によりZrO2皮膜の成膜が行われた。プラズマ源として直流アークジェット発生装置が用いられた。プラズマジェットが乱流の状態では層流の状態よりも成膜速度が高く、50 um/min以上のこれまでの蒸着成膜法の数十倍の高速成膜が達成された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
524
共著
準定常MPD推進機における排出プラズマ速度の放電室形状への依存性
満尾和徳, 田原弘一, 木村太郎, 加賀谷洋一, 吉川孝雄
日本航空宇宙学会誌

48/ 556, 129-134
2000



宇宙航行用準定常電磁プラズマ加速アークジェットエンジンのプラズマ加速過程を明らかにするために、2種類の推進機(電磁加速プラズマチャンネル推進機と陰極ジェット発生用推進機)のプラズマ排出速度が測定され、電磁加速推力発生理論と比較検討された。その結果、プラズマチャンネル推進機のプラズマ排出速度は、理論推力から予想される理論値より小さくなったが、陰極ジェット発生用推進機のそれは逆に高くなった。この原因はポンピング力の有無によって説明できた。さらに推進剤に水素ガスを用いた場合の排出速度が非常に高く、ポンピング力が陰極先端で極度に働くことが推測された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
525
共著
準定常MPD推進機におけるカソードジェットの構造
満尾和徳, 田原弘一, 山嵜直哉, 加賀谷洋一, 吉川孝雄
日本航空宇宙学会誌

48/ 555, 95-102
2000



準定常MPD推進機における陰極先端部、中心軸上に形成される、陰極ジェットが研究された。陰極ジェットの形成は推力発生過程に密接に関係すると推測され重要である。2種類の陰極ジェットを特別に計測できる推進機を開発し、推進性能、陰極先端の圧力、放電電流分布、プラズマ物理量が測定された。その結果、水素ガスを用いた場合、陰極先端にて磁場によるピンチ力が非常に強く働き、推力成分・ポンピング力が大きく発生することが推測された。(担当部分:実験研究、全体の取りまとめ)
526

プラズマ化学国際会議(ISPC-14)に参加して,” 報告
田原弘一, 安藤康高
溶射

36/ 3, 167-169
1999




527
共著
熱プラズマジェットを用いたSACM645鋼の低温迅速表面硬化処理に関する検討
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
足利工業大学研究収録

29, 23-28
1999




528
共著
プラズマジェット窒化法を用いた大気雰囲気中溶射窒化チタン皮膜の高品質化に関する検討
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
足利工業大学研究収録

28, 85-90
1999




529
共著
An Overview of Electric Propulsion Activities in Japan
Michio Nishida and Hirokazu Tahara
Proc. 26th Int. Electric Propulsion Conf.,

1/ IEPC 99-006, 41-55
1999




530
共著
DCアークプラズマジェットの超音速膨張による温度非平衡プラズマの形成およびプラズマの窒化処理への応用
安藤康高, 戸部省吾, 田原弘一, 吉川孝雄
溶射

36/ 1, 38-45
1999




531
共著
電子サイクロトロン共鳴加熱プラズマを用いたリニアスパッタリング装置の作動特性
安井利明, 松本友宏, 田原弘一, 吉川孝雄
真空

42/ 3, 279-281
1999




532 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
In-Flight Characteristics of Ceramic Particles through a Supersonic Nitrogen Plasma Jet Generator with an Expansion Nozzle
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Yasutaka Ando and Takao Yoshikawa
Proc. 14th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.4, 2139-2144
1999



超音速窒素プラズマジェット中飛行セラミックス粒子の状態の研究。(担当部分:数値計算、取りまとめ)
533 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Electromagnetic Acceleration Plasma Spraying
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Toshiaki Yasui, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
Proc. 14th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.4, 1977-1981
1999



電磁加速プラズマ溶射法の研究開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
534 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Deposition of Carbon Nitride Film by Low Energy Ion Assisted Method
Toshiaki Yasui, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 14th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.3, 1641-1645
1999



低エネルギーイオンアシスト法によるカーボンナイトライド成膜。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
535 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Deposition Characteristics of Linear Sputtering Source Using ECR Discharge
Toshiaki Yasui, Tomohiro Matsumoto, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 14th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.3, 1635-1639
1999



電子サイクロトロン共鳴放電リニアスパッタリング源の成膜特性。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
536 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
Nitriding of SACM645 Steel Using Supersonic Expanding Ammonia and Hydrogen/Nitrogen Mixture Plasma Jets
Yasutaka Ando, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. 14th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.3, 1185-1199
1999



超音速発散プラズマジェットによる鉄鋼材の窒化の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
537
共著
Exhaust Plume Characteristics of a Supersonic Ammonia or Nitrogen/Hydrogen-Mixture Plasma Jet Generator under a Low Pressure Environment
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Yasutaka Ando, Ken-ichi Onoe and Takao Yoshikawa
Proc. 14th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.2, 563-568
1999



アンモニア・窒素水素混合プラズマジェットの噴射流の特性研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
538 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Ion Sheath Structure around Metal Plates Located in Plasma Flows and Its Collecting Ion Current Characteristics
Hirokazu Tahara, Takashi Matsuda, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
Proc. 14th Int. Symp. Plasma Chemistry

Vol.1, 163-168
1999



プラズマ流中金属板周りのイオンシース構造と捕集イオン電流特性。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
539 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Plasma Characteristics of Supersonic Ammonia and Nitrogen/Hydrogen-Mixture Plasma Jets under a Low Pressure Environment
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Yasutaka Andoh, Toshiaki Yasui, Kenichi Onoe and Takao Yoshikawa
Proc. United Thermal Spray Conf., Dusseldorf

720-725
1999



超音速アンモニア・窒素水素混合ガスプラズマジェットの状態の研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
540 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Electromagnetic Acceleration Plasma Spraying for Ceramic Coatings
Hirokazu Tahara, Tetsuji Shibata, Yasutaka Andoh, Toshiaki Yasui, Yoichi Kagaya and Takao Yoshikawa
Proc. United Thermal Spray Conf.,Dusseldorf

715-719
1999



セラミックスコーティングのための電磁加速プラズマ溶射法の開発。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
541 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Nitriding of Titanium Plate and Atmospheric Plasma Sprayed Titanium Coating Using Nitrogen Plasma Jets under a Low Pressure Environment
Yasutaka Andoh, Shogo Tobe, Hirokazu Tahara and Takao Yoshikawa
Proc. United Thermal Spray Conf.

Dusseldorf, 234-239
1999



低圧環境窒素プラズマジェットによるチタン材・チタン厚膜の窒化。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
542
共著
Ground Simulation Experiment of Plasma Environment around Spacecraft at Osaka University
Hirokazu Tahara, Takashi Matsuda, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
AIAA

99-3737
1999



大阪大学における宇宙飛翔体周辺プラズマ環境の地上模擬実験。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
543
共著
DC Arcjet Plasma Characteristics Using Ammonia and Mixture of Nitrogen and Hydrogen
Hirokazu Tahara, Tomoki Taniguchi, Ken-ichi Onoe and Takao Yoshikawa
AIAA

99-3736
1999



アンモニア・窒素水素混合ガス直流アークジェットプラズマ特性研究。(担当部分:作動実験、取りまとめ)
544
共著
Hall Thruster Research at Osaka University
Hirokazu Tahara, Yohei Nikai, Toshiaki Yasui and Takao Yoshikawa
AIAA
<