大阪産業大学
経済学部
経済学科

教授

山本 泰三

ヤマモト タイゾウ
Taizo Yamamoto

学歴

  1. 京都大学 経済学部 経済学科 1999/03 卒業
  2. 京都大学 経済学研究科 修士 2001/03 修了
  3. 京都大学 経済学研究科 経済システム分析専攻 博士後期 2007/03 修了

学位

  1. 博士(経済学) 京都大学 2007/03

研究分野

  1. 経済学説・経済思想

研究キーワード

  1. 現代資本主義論
  2. 経済学方法論

著書

  1. クリティカル・ワード メディア論 : 理論と歴史からいまが学べる 第3部 16「金融メディア」 フィルムアート社 2021/02
  2. メディア文化論[第2版]:想像力の現在 第2章「貨幣というメディア」 ナカニシヤ出版 2018/08
  3. 理論で読むメディア文化 第3章「貨幣の非物質化」 新曜社 2016/04
  4. 認知資本主義:21世紀のポリティカル・エコノミー 「序論」, 第2章「労働のゆくえ」, 第6章「コーチングという装置」(第6章は村越一夫と共著) ナカニシヤ出版 2016/04
  5. メディア文化論 第2章「貨幣というメディア」 ナカニシヤ出版 2013/03

論文

  1. (MISC)研究論文 単著 資本のコミュニズム あるいは認知資本主義の両義性? 福音と世界 新教出版社 75/ 7, 12-17 2020/07
  2. (MISC)書評,文献紹介等 単著 書評 伊藤守(編)『コミュニケーション資本主義と〈コモン〉の探求』東京大学出版会, 2019 図書新聞 3439 2020/03
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 アントニオ・ネグリにおける労働と価値:『マルクスを超えるマルクス』から非物質的労働へ 経済論叢 京都大学経済学会 194/ 1, 33-46 2020/02
  4. (MISC)書評,文献紹介等 単著 書評 ブリュノ・ラトゥール著(伊藤嘉高訳)『社会的なものを組み直す』法政大学出版局, 2019 図書新聞 3411 2019/08
  5. 研究論文(大学,研究機関紀要) 単著 なぜ経済学の行為遂行性が問題となるのか : M. カロンらの所説について 季刊経済研究 大阪市立大学経済研究会 39/ 1-2, 55-70 2019/03 0387-1789

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 価値づけと利潤のレント化:現代資本主義への視角 経済地理学会第68回大会共通論題シンポジウム「価値づけの経済地理学」 2021/05
  2. 口頭発表(一般) 現代の資本主義における労働と分配 国際日本文化研究センター「縮小社会の文化創造:個・ネットワーク・資本・制度の観点から」第8回研究会 2021/03
  3. 口頭発表(一般) Intermediary and Design: Valuation process of the local products in Japan AFEP-IIPPE International Conference - Lille 2019/07
  4. 口頭発表(一般) 負債、主権、そして貨幣:グレーバーとアグリエッタ=オルレアンら マルクス生誕200周年記念国際シンポジウム 21世紀におけるマルクス 2018/12
  5. 口頭発表(一般) 認知資本主義、市場、価値づけ:政治経済学とアクター・ネットワーク理論の展開 人文地理学会地理思想研究部会 2018/07

所属学協会

  1. European Association for Evolutionary Political Economy 2013/03-現在
  2. 経済理論学会 2007/10-現在
  3. 経済学史学会 2005/05-現在
  4. 進化経済学会 2003/03-現在