大阪産業大学
デザイン工学部
情報システム学科

顔写真
准教授

中山 雅人

ナカヤマ マサト
Masato Nakayama
  • 1977年生まれ

経歴

  1. 立命館大学 理工学部 助手 2004/04-2007/03
  2. 同志社女子大学 学芸学部 非常勤講師 2007/04-2008/03
  3. 立命館大学 総合理工学研究機構 客員研究員 2008/04-2009/03
  4. 近畿大学 生物理工学部 非常勤講師 2008/04-2015/03
  5. 近畿大学 生物理工学部 研究員 2011/04-2018/12
  6. 立命館大学 情報理工学部 助手 2012/04-2013/03
  7. 立命館大学 情報理工学部 特任助教 2013/04-2017/09
  8. 龍谷大学 理工学部 非常勤講師 2015/04-2016/03
  9. 大阪産業大学 デザイン工学部 非常勤講師 2015/04-2018/03
  10. 立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構 准教授 2017/10-2018/03
  11. 大阪産業大学 デザイン工学部 准教授 2018/04-現在
  12. 立命館大学 総合科学技術研究機構 客員協力研究員 2018/06-現在

学歴

  1. 近畿大学 生物理工学部 電子システム情報工学科 2001/03 卒業
  2. 和歌山大学 システム工学研究科 システム工学専攻 博士前期 2003/03 修了
  3. 和歌山大学 システム工学研究科 システム工学専攻 博士後期 2004/03 中退
  4. 立命館大学 理工学研究科 総合理工学専攻 博士後期 2007/09 単位取得満期退学

学位

  1. 修士(工学) 和歌山大学 2003/03
  2. 博士(工学) 立命館大学 2010/12

研究分野

  1. 人間情報学 
  2. 電気電子工学

研究キーワード

  1. 知覚情報処理
  2. ヒューマンインタフェース・インタラクション
  3. 知能情報学
  4. 知的ロボティクス
  5. 計測工学

研究テーマ

  1. マイクロホンアレー,雑音下音声受音,音声認識 2003/04/01-現在
  2. 能動騒音制御,快音化 2007/04/01-現在
  3. パラメトリックスピーカ,音場再現,立体音響,音レーダ 2009/04/01-現在

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 音場情報を用いたマイクロホンアレイによる新幹線台車部空力音の推定手法 日本機械学会論文集 日本機械学会 Vol.85/ No.869, 1-16 2018/12 https://doi.org/10.1299/transjsme.18-00316
  2. 研究論文(国際会議プロシーディングス) 共著 Distance Control of Virtual Sound Source using Parametric and Dynamic Loudspeakers Proc. APSIPA ASC 2018 IEEE 1262-1267 2018/11
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 Single-Channel Speech Enhancement with Phase Reconstruction Based on Phase Distortion Averaging IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing IEEE Vol.26/ No.9, 1559-1569 2018/09
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 Sound Image Reproduction based on Weighted Room Impulse Responses with Head-enclosed Back-surround Loudspeaker-array Journal of Signal Processing Research Institute of Signal Processing Japan Vol.22/ No.4, 193-197 2018/04
  5. 研究論文(学術雑誌) 共著 マルチパラメトリックアレースピーカを用いた音像ホログラムの構築 電子情報通信学会論文誌 D 電子情報通信学会 Vol.J101-D/ No.3, 578-587 2018/03

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Development of Multi-way Parametric Array Loudspeaker Using Multiplexed Double Sideband Modulation ICA 2019 2019/09
  2. 口頭発表(一般) Three-dimensional Resonance Control Based on Spatial Wave Synthesis with Parametric Array Loudspeaker ICA 2019 2019/09
  3. 口頭発表(一般) Demodulation Distance Control Based on Analytic Model between Film Gas-lens Depth and Demodulation Distance for Parametric Array Loudspeaker ICA 2019 2019/09
  4. 口頭発表(一般) Evaluation of Thermal Runaway Control Based on Frequency Modulated Carrier Wave in Parametric Array Loudspeaker ICA 2019 2019/09
  5. 口頭発表(一般) Virtual Bass Enhancement Based on Harmonics Control Using Missing Fundamental in Parametric Array Loudspeaker INTER-NOISE 2019 2019/06

知的財産権

  1. 特許 パラメトリックスピーカ及び信号処理装置 2018-188872 2018/10/04
  2. 特許 音響システム 2018-134077 2018/07/17
  3. 特許 音響システム、及びこれに用いる媒質収容具、並びに、音響信号の再生方法 2016-031263 2016/02/22 2017-152792 2017/08/31
  4. 特許 パラメトリックスピーカ、信号処理装置、及び信号処理プログラム 2015-215898 2015/11/02 2017-92531 2017/05/25
  5. 特許 音響空間設定方法、パラメトリックスピーカおよび音響システム 2013-197599 2013/09/27 2015-65540 2015/04/09

受賞

  1. 電子情報通信学会関西支部学生会支部長賞(奨励賞) パラメトリックアレースピーカを用いたフェーズドアレー制御に基づく共鳴点制御 2019/03 (指導学生の受賞)
  2. 日本音響学会第18回学生優秀発表賞 周波数変調キャリアを用いたパラメトリックスピーカの周波数ピーク雑音低減 2019/03 (指導学生の受賞)
  3. 日米音響学会 ジョイントミーティング 若手研究者参加費助成プログラム A design of fast steering filters based on the adaptive fusion of predesigned finite impulse response filters for microphone array 2006/11

担当授業科目

  1. フィールドプラクティス1
  2. 情報システム基礎演習
  3. プログラミング1
  4. フィールドプラクティス2
  5. プログラミング言語

所属学協会

  1. 特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会 2017/04-現在
  2. Asia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA) 2016/04-現在
  3. 公益社団法人 日本騒音制御工学会 2016/04-現在
  4. 一般社団法人 電気学会 2013/04-現在
  5. 一般社団法人 電子情報通信学会 2006/04-現在