大阪産業大学
デザイン工学部
建築・環境デザイン学科

特任教授

松田 奈緒子

マツダ ナオコ
Matsuda Naoko

学歴

  1. 奈良女子大学  家政学部 生活経営学科 卒業
  2. 京都工芸繊維大学 工芸科学研究科 造形工学専攻 博士前期 修了
  3. 京都工芸繊維大学 工芸科学研究科 機能科学専攻 博士後期 修了
  4. ヴェルサイユ国立建築大学 フランス

学位

  1. 博士(学術) 京都工芸繊維大学

免許・資格

  1. 高等学校教諭一種免許状(家庭科) 
  2. 中学校教諭一種免許状(家庭科) 
  3. インテリアコーディネーター
  4. インテリアプランナー
  5. 二級建築士

研究キーワード

  1. 建築・インテリア計画 
  2. インテリア教育 
  3. 住生活学 
  4. 社会心理  

研究テーマ

  1. インテリアに対する社会心理学的考察 2001-現在
  2. 空間の自己化とその表出に関する研究 2001-現在
  3. UR団地ストック再生試験における改修コンセプトと再生効果の検証 2009-2011
  4. Brain Machine Interfaceを活用した住宅インテリアに関する研究 2012-2014
  5. 自己の変容とインテリア空間の変化 2016-現在
  6. インテリアデザインエレメントとしての昼光の効果検証 2017-現在
  7. インテリアスタイル用語に関する研究 2018-現在
  8. 学生の課題制作過程における他者への意識と作品への影響 2018-現在

著書

  1. 『建築設計のための行く・見る・測る・考える-発見・発想・試行のフィールドとデザイン』 第5章7節「直接測れないものを測る」 鹿島出版会 2011/12

論文

  1. 共著 UR 向ヶ丘第一団地ストック再生実証試験における改修コンセプトと再生効果の検証 日本建築学会 第6回住宅系研究報告集 213-222 2011/12
  2. 共著 Social Psychology of Interior Ⅳ-Evaluation Method concerning Desolation of Spirit and Interior Space International Journal of Spatial Design & Research 11, 113-119 2011/11
  3. 共著 Social Psychology of Interior Ⅲ-Analysis of Identification of Personal Interior Space International Journal of Spatial Design & Research 10, 161-167 2010/11
  4. 共著 Social Psychology of Interior Ⅱ-Depression of Spirit and Interior Space AIDIA JOURNAL 7, 124-130 2008/11
  5. 共著 「他者」がインテリア空間における自己表出に与える影響 日本インテリア学会論文報告集 17, 45-51 2007/03

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 学生の課題制作過程における他者への意識と作品への影響-非専門家による講評の教育効果ー 日本インテリア学会第30回大会研究発表梗概集 2018/10/21
  2. 口頭発表(一般) 自己の変容とインテリア空間の変化 その2共用空間における自己化のせめぎ合い 日本インテリア学会第29回大会研究発表梗概集 2017/10/21
  3. ポスター発表 Online questionnaire on sunlight as an interior design element 21st International Congress of Biometeorology 2017/09/04
  4. 自己の変容とインテリア空間の変化 その1研究の枠組と概念 日本インテリア学会第28回大会研究発表梗概集 2016/10
  5. BMIを活用した住宅におけるインテリアに関する研究 その3.BMI操作電動車いす乗車時の電動室内建具の開タイミングに関する心理評価 日本インテリア学会第25回大会研究発表梗概集 2013/10

社会貢献活動

  1. 日本インテリア学会 関西支部副支部長 2017/04-現在

所属学協会

  1. 日本建築協会
  2. 日本建築学会 
  3. 日本インテリア学会

委員歴

  1. (社)日本インテリアデザイナー協会教育委員会 「総合学習の時間」におけるインテリア教育教師用教則本編集委員 2001/04-2003/03
  2. (社)日本建築協会 編集委員会委員 2000/04-現在

研究費、科学研究費
(学外の分担者)

  1. 持続可能型社会の構築に資する既存共同住宅の資源循環型ストック再生システム 21560636 基盤研究 (C) 一般 鈴木 克彦 京都工芸繊維大学, 工芸科学研究科, 教授 2009 2011
  2. インテリア空間に表出される精神の病みに関する調査研究 20520146 基盤研究 (C) 一般 加藤 力 宝塚大学, 造形芸術学部, 教授 2008 2010 科研費補助金による調査研究報告書。インテリア空間に表出される精神の病みに関する調査を基に、インテリア空間のしつらい状態の特異性に着目して、そこに住まう人の精神病理との関係について、仮説的に提示を試みた。主に、企画・調査・分析・執筆を担当した。