OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Engineering
Department of Mechanical Engineering

Professor

KURITA Yutaka

  • Birth:1953
  • Tel.(072)875-3001
  • Fax.(072)875-3503

Professor emeritus

  1. The University of Shiga Prefecture

Career

  1. 神鋼電機株式会社 開発本部研究部 1979/04-1995/03
  2. 滋賀県立大学 工学部 助教授 1995/04-1999/03
  3. 滋賀県立大学 工学部 教授 1999/04-2017/03

Academic background

  1. 名古屋大学 工学部 機械工学科 1976/03 Graduated
  2. 名古屋大学 工学研究科 機械工学専攻 Doctor prophase 1979/03 Completed

Academic degrees

  1. 工学博士 Nagoya University 1988/10

Research Areas

  1. Dynamics/Control

Research keywords

  1. Self-excited Vibration
  2. Vibration Control
  3. Vibration Transportation
  4. Decentralized Control
  5. Legged Locomotion

Subject of research

  1. Searation and Transportation of Works Using Elliptical Vibration 2017/04/01-Present
  2. Chatter vibration generated in thin cylindrical workpiece 2017/04/01-Present
  3. Noise reduction in a centrifugal turbo-blower 2017/04/01-Present

Proposed theme of joint or funded research

  1. 自励振動の現象把握,発生メカニズムの解明,防止対策 Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Technical consultation,Commisioned research,Joint research 自励振動は,振動的な強制外力がなくても発生する振動です。微小な外乱によって引き起こされた振動が,何らかのメカニズムによりフィードバックされて加振力を生み出し,さらに大きな振動へと成長させます。そこで,強制振動のように,外力を小さくする,外力が伝わる経路を遮断するなどの直観的な振動抑制対策を適用することができません。そこで,まず振動現象を実測により把握し,次に自励振動の発生メカニズムを見つけ,最後に自励振動の発生を抑制する方法を考えるという手順で,研究を進めます。

Bibliography

  1. CAD/CAEで学ぶ実践機械設計 工業調査会 2002/03/20

Papers

  1. Research paper (international conference proceedings) Joint Friction Coefficient Variation at Minute Vibration Velocity between Brake Pad and Disc Rotor EuroBrake 2014, EB2014-ST-001. 2014/05
  2. Research paper (scientific journal) Joint Friction Coefficient Variation at Minute Vibration Velocity between Brake Pad and Disc Rotor SAE International Technical Paper, No.2013-01-2041 2013/09
  3. Research paper (scientific journal) Joint 4足動物の歩容と筋骨格系の固有振動の関係(局所フィードバック制御による固有振動の励起) 日本機械学会論文集C編,79-798 263-275 2013/02
  4. Research paper (scientific journal) Joint Comparison of Pad Stiffness under Satatic Pressure and Vibration with Small Amplitude SAE International Technical Paper, No.2012-01-1818. 2012/09
  5. Research paper (scientific journal) Joint Influence of Pad Thickness and Surface Roughness on Pad Stiffness SAE International Technical Paper, No.2012-01-1817. 2012/09

Research presentations

  1. Oral presentation(general) 人体の脚部と腰部の構造を模擬した受動機構による2足歩行 日本機械学会2017年度年次大会 2017/09
  2. Oral presentation(general) 直列結合型振動推進機構の共振点駆動(局所フィードバック制御を用いた自励発振による駆動) 日本機械学会2017年度年次大会 2017/09
  3. Oral presentation(general) 4足動物の筋骨格系を模擬した受動機構による歩容の形成(速度変化に応じた4足機構の歩容の切り替え) 日本機械学会2017年度年次大会,講演番号G1000305 2017/09
  4. Oral presentation(general) In-plane squeal vibration generated in disk brake Proceedings of the 5th Japan-Korea Joint Symposium on Dynamics & Control, No. J14 2017/08
  5. Oral presentation(general) 局所フィードバック制御による不減衰化を用いた音響空間の固有振動計測 日本機械学会D&D2017,論文No.443 2017/08

Alloted class

  1. 学科入門ゼミ
  2. キャリアプラニング
  3. 工業力学1
  4. 機械力学
  5. 機械動力学特論(院)

Social Contribution

  1. 滋賀県立大学工学部機械システム工学科におけるものづくり教育 2015/10-2015/10
  2. 現代の科学研究・技術の体験 2015/08-2015/08
  3. 関西支部第338回講習会 振動の抑制・アクティブ制御 2015/07-2015/07
  4. 分散制御型多点加振による固有振動の励起と振動試験および高効率駆動への応用 2012/11-2012/11
  5. 自励振動の発生メカニズムと防止対策 2012/10-Present

Memberships of academic societies

  1. 計測自動制御学会 1990-Present
  2. 精密工学会 1981-Present
  3. 日本機械学会 1977-Present

Committee Career

  1. 精密工学会 関西支部商議員(2010,11,14,15,16,17) 2010-Present
  2. 彦根異業種交流研究会 アドバイザー 2010-2016
  3. 日本機械学会 機械力学・計測制御部門運営委員 2010-2011
  4. 日本機械学会 機械力学・計測制御部門講習会企画委員会委員長 2010/04-2011/03
  5. 滋賀県 商工観光労働部試験研究機関外部評価委員 2007-Present

Lecture of non-academic activities

  1. 機械システム工学科の実践的ものづくり教育 草津東高校分野別模擬授業 2015/12
  2. 機械システム工学科の紹介 光泉高校ミニ講義と施設見学 2015/07
  3. 産学連携の事例紹介 2015年度彦根異業種交流研究会6月例会 2015/06
  4. 姿勢と動作の力学 長浜北高校「大学ミニ講座」 2014/11
  5. 電子ホタルの製作と集団同期発光の再現 滋賀県立高校生を対象とする大学連続講座 2011/08