論文

公開件数: 84 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1
共著
地質・海浜形状・底質特性・化学元素・音色から見た鳴き砂の特性に関する研究
辻本剛三,玉井昌宏,高野保英
土木学会論文集B2(海岸工学)

Vol.72/ No.2
2016/11



全国各地の鳴き砂海岸について,地質,海岸形状,底質特性等から,なぜ鳴くのかについて考察した.
2
共著
阿蘇山起源のSO2の高濃度時の気象状況
玉井昌宏,國枝桂子
土木学会論文集G(環境)

Vol.72/ Vol.7
2016/11



阿蘇山起源の火山ガスSO2が熊本平野において高濃度なる気象条件を各種気象観測データから明らかにした.
3
共著
新潟県内海岸の砂の色彩と地質構造との関係
玉井昌宏,辻本剛三,細山田得三
土木学会論文集B3(海洋開発)

Vol.72/ No.4, I_461-I_466
2016/07



新潟県の諸海岸について,砂の色と周辺地質構造との関連性について明らかにした.
4
共著
底質の化学元素に着目した沿岸域の漂砂と海浜特性に関する研究
辻本剛三,高野保英,玉井昌宏
土木学会論文集B2(海岸工学)

Vol. 71/ No. 2, I_751-I_756
2015/11



鳥取県の諸海岸について,底質の化学分析により漂砂と海浜形状について検討した.
5
単著
パイロットバルーンを用いた大阪平野東部冷気流の流動構造の観測
玉井昌宏
土木学会論文集G(環境)

Vol.71/ No.7, III-479-III- 487
2015/11



パイロットバルーン観測により生駒山地から大阪平野に流入する冷気流の流動構造を明らかにした.
6
共著
地上風向の日変動パターンを用いた夜間の熱中症危険度指標の考察
玉井昌宏,澤井健志
土木学会論文集G(環境)

Vol.70/ No.7, III_381-III_ 388
2014/11



夜間の熱中症危険度と地上風向の日変動特性との関連性を気象観測データから明らかにした.
7
共著
色彩に基づく鉱物分析による淡路島内の海浜への河川の影響度
辻本剛三,玉井昌宏
土木学会論文集B2(海岸工学)

No.71/ No.2, I_646-I_650
2014/11



淡路島の西岸域の諸海岸の砂の色と鉱物組成から周辺河川の影響度について分析した.
8
共著
River drainage basin geology and beach sand characteristics on Awaji Island
G. Tsujimoto and M.Tamai
19th IAHR-APD Congress (CD -ROM).


2014/07



淡路島における海岸砂の特徴と流域河川の地質との関係を明らかにした.
9
共著
琵琶湖の水泳場の底質の色彩と流域地質との関係
玉井昌宏,辻本剛三
土木学会論文集B3(海洋開発)

Vol.70/ No.4, I_1002-I_1007
2014/07



琵琶湖の水泳場の砂の色と周辺地域の地質特性との関係について分析した.
10
共著
瞬間的に排出された大気汚染物質の気象シナリオ日を用いた長期平均濃度評価
玉井昌宏,澤井健志
土木学会論文集G(環境)

Vol.69/ No.7, III_195-III _204
2013/11



気象シナリオ日を用いた大気環境リスク評価法を,大気汚染物質が点源から瞬間的に放出されたケースに対して適用した.
11
共著
パイロットバルーンを用いた大阪平野北部冷気流の観測
玉井昌宏,鳥山仁
土木学会論文集G(環境)

Vol.69/ No.7, III_205-III _213
2013/11



パイロットバルーン観測により大阪平野北部地域に流入する冷気流の流動構造を明らかにした.
12
共著
画像より得た砂浜底質の特性値による漂砂の移動方向に関する研究
辻本剛三,玉井昌宏,中條壮太
土木学会論文集B2(海岸工学)

No.69/ No.2, I_1456-I_1460
2013/11



淡路島の海岸における漂砂の移動方向を砂の色情報を用いて検討した.
13
共著
Analysis of beach sand color and its application to sedi- mentation
G.Tsujimoto and M.Tamai
Proc. of the 7th Int’l Conf. on Asian and Pacific Coasts (APAC 2013)

141-146
2013/09



全国の164の海岸の砂の色の相対比較を行うとともに,その色情報を海岸工学分野への応用の可能性について論じた.
14
共著
淡路島の流域地質と海岸底質に着目した海浜特性
玉井昌宏,辻本剛三,藤岡佑樹
土木学会論文集B3(海洋開発)

Vol.69/ No.4, I_784-I_789
2013/07



淡路島の諸海岸について,砂の色の相互比較とその供給源となる流域の地質との関係を明らかにした.
15
共著
大阪平野東部冷気流の発生条件と北部冷気流との関連性
玉井昌宏,太田晋一
土木学会論文集G(環境)

Vol.68/ No.7, III_585-III _593
2012/11



生駒山地あるいは金剛山地から大阪平野東部地域に流入する夜間冷気流の発生条件と北部冷気流との関連性を,気象観測データの分析により明らかにした.
16
共著
砂浜底質の色彩分析とその活用方法に関する基礎的研究
辻本剛三,玉井昌宏,他2名
土木学会論文集B2(海岸工学)

Vol.68/ No.2, I_1456-I_1460
2012/11



海浜の砂の色情報を,漂砂の調査への適用法について検討した.
17
共著
砂浜の色彩の相互比較と近隣河川の流域地質との関係
玉井昌宏,辻本剛三
土木学会論文集B3(海洋開発)

No.4, I_660-I_665
2012/07



全国23の海岸の砂の色を相互比較して,それと砂の供給源と想定される流域地質との関係を検討した.
18
共著
Long term predictions of characteristics of beach profiles and sediment grain size at low energy beach
G.Tsujimoto, M.Tamai and F.Yamada
Proc. the 33rd Int’l Conf of Coastal Engineering

Vol.30/ Sediment-14.
2012/07



神戸市域の人工海岸である舞子海岸の地形の変動を実測により明らかにするとともに,将来予測のための解析法を提案した
19
共著
Low-Energy-Beachの岸沖地形・底質特性の変動モードの長期予測に関する研究
辻本剛三,玉井昌宏,高田浩太郎,山田文彦
土木学会論文集B2(海岸工学)

Vol.67/ No.2, I_576-I_580
2012/06



神戸市域の人工海岸である舞子海岸の地形の変動を実測により明らかにするとともに,将来予測のための解析法を提案した.
20
共著
大阪平野北部冷気流の発生条件と夜間ヒートアイランド現象との関係
玉井昌宏,太田晋一
土木学会論文集G(環境)

Vol.67/ No.7, III_749-III _759
2011/11



概要:北摂山地より大阪平野北部地域に流入する冷気流について,発生条件と夜間ヒートアイランド現象への影響について,気象観測データの分析により明らかにした.
21
共著
大気環境リスク評価のための気象シナリオ日の適用性とターゲットシナリオの利用法
玉井昌宏,日比俊輔
土木学会論文集G(環境)

Vol.67/ No.7, III_761-III _772
2011/11



気象シナリオ日の適用性を検討するとともに,問題を引き起こす可能性のあるターゲットシナリオという考え方を提案した.
22
共著
大気環境リスク評価のための気象シナリオ日の選択方法
玉井昌宏,川原大典,有光剛
環境工学研究論文集

47, 515-525
2010/11



簡易な大気環境リスク評価法として気象シナリオ日という考え方を提案した.
23
共著
都市河川におけるマイクロハビタットと底生無脊椎動物群集構造の変動特性
玉井昌宏,上野山直樹
環境工学研究論文集

47, 73-84
2010/11



大阪府高槻市を流れる芥川において,底生無脊椎動物の調査を実施して,降雨擾乱の群集構造に及ぼす影響について検討した.
24
共著
近畿地方の一級河川における底生無脊椎動物の群集構造指標と河川環境要素のとの関連性
上坂祐加,玉井昌宏
環境工学研究論文集

46, 573-579
2009/11



河川の国勢調査年鑑のデータ分析より,近畿地方の一級河川の河川環境と底生無脊椎動物の群集構造指標との関連性を明らかにした.
25
共著
治水ダム周辺における底生昆虫の群集構造
玉井昌宏,小森美智子,上坂祐加
環境工学研究論文集

46, 21-28
2009/11



治水ダムである箕面ダムの上流域において底生無脊椎動物の群集構造を調査して,ダムの水位変動の群集構造に及ぼす影響を検討した.
26
共著
大阪平野に流入する冷気流に関する数値計算
玉井昌宏,富林千尋
環境システム論文集

Vol.37, 83-91
2009/10



生駒山地や金剛山地から大阪平野に流入する夜間冷気流の構造を,数値計算により明らかにした.
27
共著
Aquatic Insects Commnity Structures in the Upper and Lower Reaches of a Flood Control Dam
M. Tamai and G. Tsujimoto
Proc. of 33th Congress of the Int’l Association for Hydraulic Research. (CD-ROM)


2009/08



治水ダムである箕面ダムの上下流域において底生無脊椎動物の群集構造を調査して,治水ダムの生物生息環境に及ぼす影響について検討した.
28
共著
大阪湾沿岸域の夏季夜間気温と海陸風の関連性に関する研究
玉井昌宏,有光剛
環境システム論文集

Vol.36, 397-405
2008/10



大阪湾沿岸域における夜間のヒートアイランドと海陸風との関連性について,気象観測データを分析することにより検討した.
29
共著
複断面開水路の粗度係数に関する数値計算
玉井昌宏,手束理志
水工学論文集

Vol.52, 769-775
2008/03



複断面開水路の粗度係数について数値計算により検討した.
30
共著
Relationships between water quality, land use and stream invertebrates community in Kobe
G. Tsujimoto , T. Kakinoki and M. Tamai
Proc. of 32th Congress of the Int’l Association for Hydraulic Research. (CD-ROM)


2007/08



神戸市域を流下する河川において,底生無脊椎動物の群集構造と水質,土地利用との関連性を明らかにした.
31
共著
沿岸都市域の夏季気温に及ぼす海面水温の影響
玉井昌宏,有光剛,花立和之,高見和弘
海洋開発論文集

Vol.23, 285-290
2007/06



大阪湾の海面水温が沿岸域の気温に強く影響していることを示した.
32
共著
福井県嶺南地方における山谷風の観測
玉井昌宏,有光剛
水工学論文集

Vol.50, 481-486
2006/03



ドップラーソーダ風速計を用いて,福井県嶺南地域の山谷風の構造について検討した.
33
共著
大阪都市圏における風系の解析
竹見哲也,有光剛,玉井昌宏
電力土木

No.316, 18-24
2005



アメダスデータ等の気象観測データの解析により,大阪都市圏の風景を分析した.
34
単著
近世の武庫川舟運,宝塚大事典
玉井 昌宏
宝塚市


2005/09




35
共著
Freshwater invertebrate community structure in a small urban river
M.Tamai, T. Fujisawa and N. Uenoyama
Environmental Hydraulics and Sustainable Water Management (edited by J.H.W. Lee and K.M.Lam)

Vol.1, 933-938
2005/08



大阪府北部地域の都市河川において,底生無脊椎動物の群集構造について調査した.
36
共著
大阪湾臨海地域における海陸風構造の数値計算
玉井昌宏,有光剛
海洋開発論文集

Vol.21, 187-192
2005/07



大阪平野における海陸風構造について,数値計算により検討した.
37
共著
水生昆虫データを用いた河川生態環境の指標化について
玉井昌宏,香本祥子
河川技術論文集

11, 559-564
2005/06



河川国勢調査年鑑の水生昆虫データにより指標を作成して,河川の生物生息環境を評価しようという試みである.
38
共著
清渓川(Cheonggye-cheon)復元プロジェクトをソウルに見て
角野昇八・藤田俊英・矢持進・辻本剛三・玉井昌宏・柿木哲哉
土木施工

Vol.45/ No.7, 68-74
2004



土木学会関西支部の共同研究グループに関連して調査を実施した結果を報告したものである.
39
共著
Aquatic Insects in Dam Fishway Biotope
M.Tamai, T.Fujisawa and N. Uenoyama
Proc. on the 5th Symposium on Ecohydraulics, (CD-ROM)


2004/08



利水ダムのダム魚道において水生昆虫の生息状況について調査を行った.
40
共著
A Numerical Simulation of Secondary SPM Originated from Automobiles with Lagrangian Model
T. Arimitsu and M. Tamai
Proc on the 13th World Clean Air and Envirronmental Protec- tion Congress (CD-ROM)


2004/08



自動車起源のSPMに関する数値計算を行った.
41
単著
近世の武庫川舟運に関する研究
玉井昌宏
土木学会関西支部「歴史と地域に学ぶ」講習会テキスト

70-76
2004/06



土木学会関西支部の調査研究委員会に関する講習会のテキストに収録された論文である.武庫川の舟運の歴史について調査した.
42
共著
表六甲住吉川の水生昆虫と水理特性の関係
玉井昌宏,上野山直樹,藤澤知親
河川技術論文集

10, 459-464
2004/06



六甲山を流下する住吉川の河川環境を調査するために,水生昆虫調査を行った.
43
共著
海陸風を含む模擬気象場におけるパフ・プルームモデルを用いた大気汚染物質リスク評価モデルの検証
玉井昌宏,有光剛
海洋開発論文集

Vol.20, 335-340
2004/06



数値計算により模擬大気流動場を作成して,それにより大気環境のリスク評価を行おうとする研究である.
44
共著
青野ダム魚道ビオトープの水生昆虫
玉井昌宏,藤澤知親,上野山直樹
水工学論文集

48, 1591-1596
2004/03



武庫川上流の利水ダムである青野ダムのダム魚道を対象に,底生昆虫調査により生物生息環境を検討した.
45
共著
旅行費用法を用いた淀川河川公園の利用に関する経済評価
玉井昌宏,竹原幸生,江藤剛治
水工学論文集

48, 415-420
2004/03



淀川河川公園の経済評価を行ったものである.
46
共著
ランダムパフモデルによる自動車起源SPM二次粒子の数値シミュレーション
玉井昌宏,有光剛
環境工学研究論文集

Vol.20, 705-712
2003/08



自動車起源のSPMの二次粒子について数値計算により検討した.
47
共著
神戸市域の市街化にともなう大気環境の変化
玉井昌宏,道奥康治,松下晃己
水工学論文集

47, 13-18
2003/03



神戸市の土地利用変化による気温の変化を数値計算により明らかにした.
48
共著
赤外線ビデオカメラを用いた河川表面流のPTV計測
江藤剛治,竹原幸生,高野保英,藤田一郎,酒井信行,綾史郎,玉井昌宏,宮本仁志,武藤裕則
河川技術論文集

Vol.8, 465-470
2002/06



共同研究の成果論文である.堤防に設置した赤外線カメラの撮影した画像を河川の流速計測に利用する方法を検討している.
49
共著
ITV施設を利用した河川流の画像計測
藤田一郎,竹原幸生,綾史郎,酒井信行,玉井昌宏,高野保英,宮本仁志
河川技術論文集

Vol.8, 459-464
2002/06



共同研究の成果論文である.堤防に設置されたカメラの撮影した画像を河川の流速計測に利用する方法を検討している.
50
共著
CCTVを利用した河川管理に関する要望と利用者把握システムの試み
玉井昌宏,竹原幸生,江藤剛治,酒井信行,高野保英,藤田一郎,綾史郎,宮本仁志,武藤裕則
河川技術論文集

Vol.8, 557-562
2002/06



共同研究の成果論文である.河川に設置されたカメラの利用法について検討した論文である.
51
共著
ヘリコプターを用いた実河川表面流の画像計測の試み
竹原幸生,藤田一郎,高野保英,江藤剛治,綾史郎,玉井昌宏,宮本仁志,酒井信行
水工学論文集

46, 809-814
2002/03



国土交通省等により河川に設置された多数のビデオカメラの利用法を検討した共同研究の成果論文である.ヘリコプターから撮影された画像により河川流速を計測した.
52
共著
Numerical Model Simulation of Lake and Land Breeze in a Complex Terrain
M.Tamai and Y.Ishii
Proc. of Int’l Sympo. on Environmental Hydraulics, (CD -ROM).


2001/08



周囲を山地に囲まれている狭い大阪平野において発生する海陸風の構造について数値計算により検討した.
53
共著
琵琶湖湖上風の数値シミュレーション
玉井昌宏,石井義裕,磯野知信
水工学論文集

46, 809-814
2001/03



琵琶湖における湖陸風や冬季卓越風などについて数値計算により検討した.
54
共著
大阪平野におけるヒートアイランドと海陸風の相互作用
石井義裕,玉井昌宏,村岡浩爾
ながれ(日本流体力学会誌)

Vol.19-2, 139-142
2000/08



大阪平野におけるヒートアイランド現象と海陸風との関連性を数値計算により検討した.
55
共著
河川技術者の環境倫理に関するアンケート調査
玉井昌宏・永田信行
第8回土木学会地球環境シンポジウム講演論文集

93-98
2000/07



河川技術者の環境倫理の程度を把握するために,アンケート調査を実施した.
56
共著
ランダム-パフモデルを用いた自動車起源のSPMの輸送過程に関する数値シミュレーション
玉井昌宏,松村暢彦,石井義裕,足達晋平
水工学論文集

Vol.44, 55-60
2000/03



自動車起源のSPMの濃度変動を数値シミュレーションで再現した.
57
共著
住宅立地モデルを用いた潜在的浸水危険度の経済評価
玉井昌宏・石原千嘉
水工学論文集

44, 343-346
2000/03



洪水による浸水危険度を住宅立地モデルにより評価した.
58
共著
ヘドニックアプローチを用いた寝屋川流域における治水安全度の経済評価
玉井昌宏・石原千嘉
環境システム研究

Vol.27, 435-440
1999/08



寝屋川周辺地域の治水安全度について,ヘドニックアプローチにより分析した.
59
共著
諫早湾干拓事業問題に絡む環境思想に関する一考察
永田信行・玉井昌宏
第7回土木学会地球環境シンポジウム講演論文集

289-296
1999/07



土木技術者の倫理教育の題材とするために,諫早湾干拓事業の問題について検討した.
60
共著
土木技術者の倫理教育の担い手について
玉井昌宏,永田信行
第7回土木学会地球環境シンポジウム講演論文集

297-302
1999/07



JABEEに対応した講義内容を検討するために,土木技術者の倫理教育の担い手について論じた.
61
共著
都市小集水区における下水道管渠網の管理と計画に対するGISの利用
玉井昌宏・近土篤史・村岡浩爾
水工学論文集

43, 1097-1102
1999/03



GIS(地理情報システム)により,下水管網の特性から浸水被害を受けやすい小流域を明らかにした.
62
共著
Measurements in Turbulent Plane Jet and Plume
A.Murota, K.Nakatsuji and M.Tamai
Proc. of the 3rd Int’l Sympo. on Refined Flow Modeling and Turbulence Measurements

741-748
1998/08



乱流の平面ジェットとプループの流動特性の差異を実験により明らかにした.
63
共著
地下水位変動場におけるVOCsによる地下空間汚染機構
石井義裕,村岡浩爾,玉井昌宏
水工学論文集

42, 367-372
1998/03



有機塩素化合物による地下水汚染について,汚染発生のメカニズムについて室内実験と数値計算により検討した.
64
共著
土砂直投工により発生する濁りの挙動特性に関する数値解析
玉井昌宏・村岡浩爾
水工学論文集

42, 541-546
1998/03



土砂直投工により発生する濁りの挙動を数値計算により明らかにした.
65
共著
On Turbulence Properties of Particle Plumes
M.Tamai and K.Muraoka
Proc. of 26th Congress of the Int’l Association for Hydraulic Research

Vol.2, 202-207
1995/08



固体粒子を鉛直方向に連続投下させた場合に形成される流動場について.LDV等を用いて,乱流特性を計測した.
66
共著
固体粒子群の一様沈降により誘起される乱流場と振動格子乱流の相互作用に関する研究
玉井昌宏・村岡浩爾
土木学会論文集49-58

521/II-32, 49-58
1995/08



固体粒子混入による乱流場に対する影響を検討するために,固体粒子の一様沈降場に振動格子乱流を与えて,乱流特性について検討した.
67
共著
土砂直投工における濁りの初期拡散過程に関する研究
玉井昌宏・村岡浩爾・室田明・町田博紀
土木学会論文集

515/II-31, 77-86
1995/05



土砂直投工において生じる濁りの発生と移動機構について,水理実験と理論解析により明らかにした.
68
共著
固液混相流における支配方程式とその適用性
芦田和男・江頭進治・佐々木幹夫・清水義彦・関根正人・玉井昌宏・藤田正治・宮本邦明・森明巨
水工学論文集

39, 537-550
1995/03



混相流に関する共同研究である.
69
共著
固体粒子群の落下挙動と誘起流動に関する研究
玉井昌宏・村岡浩爾・室田明
土木学会論文集

509/II-30, 143-154
1995/02



瞬間的に投入された固体粒子群により誘起される流動場について水理実験と理論解析により検討した.
70
共著
固液混相流における支配方程式の構造について
芦田和男・江頭進治・佐々木幹夫・清水義彦・関根正人・玉井昌宏・藤田正治・宮本邦明・森明巨
水工学論文集

38, 563-570
1994/03



混相流に関する共同研究論文である.
71
共著
粒子沈降により生じる乱流場と振動格子乱流の相互作用に関する解析
玉井昌宏・村岡浩爾
水工学論文集

38, 571-576
1994/03



振動格子により生じさせた乱流場に,固体粒子を一様に沈降させて,粒子の乱流構造に及ぼす影響について検討した.
72
共著
二流体モデルを基礎としたk-ε乱流モデルによる粒子プルームの数値計算
玉井昌宏・下屋陽八郎・村岡浩爾
海岸工学論文集

40, 1071-1075
1993/11



固体粒子をスリットから連続的に水中に投下した場合に形成される流動場と粒子の挙動を数値計算により検討した.
73
共著
Numerical Simulation of Particle Plume using k-ε Turbulence Model
M.Tamai, K.Muraoka and Y.Shimoya
Proc. of 25th Congress of the Int’l Association for Hydraulic Research

Vol.3, 221-227
1993/08



粒子プルームの流動構造を,乱流モデルを用いた数値計算により検討した.
74
共著
粒子プルームの乱流特性に関する実験的研究
玉井昌宏・村岡浩爾・下屋陽八郎
水工学論文集

37, 433-438
1993/03



固体粒子を連続的に水中に投下した場合に形成される流動場とそれによる粒子の挙動を水理実験により明らかにした.
75
共著
固体粒子群の落下挙動と誘起流動に関する解析

海岸工学論文集
玉井昌宏・村岡浩爾
39, 961-965
1992/11



土砂直投工により生じる流動場と土砂粒子の挙動について,水理実験と理論解析により明らかにした.
76
共著
粒子ブルームの流動構造に関する実験的研究
玉井昌宏・下屋陽八郎・村岡浩爾
混相流シンポジウム-92講演論文集

213-216
1992/08



固体粒子を鉛直方向に連続投下させた場合に形成される流動場について.LDV等を用いて,平均流動場を計測した.
77
共著
Diffusion Process of Turbidity in Direct Dumping of Soil
M.Tamai, K.Muraoka and A.Murota
Proc. of Int’l Sympo. on Envi- ronmental Hydraulics

147-152
1991/08



土砂直投工により生じる濁水塊の挙動について,水理実験により検討した.
78
共著
有機塩素化合物と水との二層流界面からの溶解に関する実験的研究
村岡浩爾・玉井昌宏・松井俊二
水工学論文集

35, 659-662
1991/03



有機塩素化合物による地下水汚染について,汚染発生のメカニズムについて室内実験により検討した.
79
共著
二次元フォーストプルームの流動・乱流特性の渦列モデルによる解析
室田明・中辻啓二・玉井昌宏
土木学会論文集

417/II-13, 83-90
1990



流動幅スケールの渦列モデルにより2次元フォーストプルームの平均値や乱流諸量を再現した.
80
共著
Physical Process of TCE Dissolution in Groundwater Stream
K.Muraoka, M.Tamai, J.Onishi and S.Matsui
15th Bennial Conference of Int’l Assoc. on Water Pollution Research and Control, PC-15

219-222
1990/08



難溶性のトリクロロエチレンの地下水への溶出特性について水理実験により検討した.
81
共著
土砂直投工における濁りの発生・拡散過程
室田明・玉井昌宏・町田博紀・浅井修
水工学論文集

34, 217-222
1990/03



土砂直投工において生じる濁りの発生と濁水塊の挙動について,水理実験により明らかにした.
82
共著
二次元フォーストプルームの乱流構造に関する実験的研究
室田明・中辻啓二・玉井昌宏
土木学会論文集

405/II-11, 79-87
1989



流速と温度の計測により,二次元フォーストプルームの乱流構造を解明した.
83
共著
海域での土砂投下における密度流現象
室田明・中辻啓二・玉井昌宏・町田博紀
海岸工学講演会論文集

35, 777-781
1988/11



海域での埋め立て工事における土砂直投工により生じる流動場について水理実験により検討した.
84
共著
二次元フォーストプルームの大規模渦運動
室田明・中辻啓二・玉井昌宏
水理講演会論文集

30, 649-654
1986/03



2次元フォーストプルームの流動幅スケールの渦運動について,水理実験により明らかにした.