OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Sport and Health Sciences
Department of Sport and Health Sciences

Associate Professor

Masatoshi Murakami


Career

  1. 大阪産業大学人間環境学部スポーツ健康学科 准教授 2015/04-Present

Academic background

  1. Osaka University of Health and Sport Sciences Graduate School, Division of Sports Science Doctor later 2007/03 Withdrawn after completion of required course credits

Academic degrees

  1. スポーツ科学修士 大阪体育大学大学院博士前期課程 2002/03/31

Research Areas

  1. Coaching science
  2. スポーツ科学

Research keywords

  1. Athletics
  2. coaching science
  3. sports biomechanics

Subject of research

  1. 陸上競技におけるエビデンスに基づくコーチング手法の検討

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Joint バスケットボールのスリーポイントショット時における熟練者と未熟練者の関節運動の違いについて 体育学研究 2017
  2. Research paper (scientific journal) Joint The relationship between approach run kinematics and javelin throwing performance Asian Journal Coaching Science 2017
  3. Research paper (scientific journal) Joint Relationship between Vortex throw and physical fitness in elementary school student 山陰体育学研究 32, 6-13 2017/03
  4. Research paper (bulletin of university, research institution) Joint 連続跳躍におけるシューズ着用がリバウンドジャンプパラメータに及ぼす影響 大阪産業大学人間環境論集 16 2017/03
  5. Research paper (bulletin of university, research institution) Joint Mstch of introspection of the coach and heptathlete by movement throretical analysis 大阪産業大学人間環境学論集 15, 45-55 2016/03

Research presentations

  1. やり投げにおけるやり速度に対する身体各部位の貢献-世界レベルと日本レベルとの比較 日本バイオメカニクス学会第20回大会 2008/08
  2. Biomechanical analysis of javelin throwing at 11th IAAF world championships in athletics in Helsinki European college of sport sceinces in Lausanne 2006/07
  3. アイススレッジのスタート動作に関する運動学的分析 日本体育学会第56回大会 2005/11
  4. 砲丸投げにおける回転投法とグライド投法における運動学的相違 大阪体育学会第42回大会 2004/03
  5. ハンマーの加速メカニズム 大阪体育学会第42回大会 2004/03

Alloted class

  1. 運動学(運動方法学を含む)
  2. 陸上1

Social Contribution

  1. 日本陸上競技連盟科学委員会委員 2017/06/23-Present
  2. 香港インターシティ学生日本代表監督 2016/06/23-2016/06/27
  3. 富士山女子駅伝西日本選抜チームスタッフ 2013/12-Present
  4. 日本オリンピック委員会強化スタッフ(陸上競技) 2013/04-Present
  5. 日本陸上競技連盟強化部強化委員会委員 2013/04-Present

Memberships of academic societies

  1. 大阪体育学会
  2. 日本コーチング学会
  3. 日本陸上競技学会
  4. 日本体力医学会
  5. 日本バイオメカニクス学会