大阪産業大学
国際学部
国際学科

准教授

中山 英治

ナカヤマ エイジ
Eiji Nakayama

学歴

  1. 京都教育大学 教育学研究科 教科教育専攻国語科教育専修 修士 1997/03 修了
  2. 大阪府立大学 人間文化学研究科 比較文化専攻 博士 2002/03 単位取得満期退学

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 理想的な教師間協働を経験している教師の語り : SCATに  よる構成概念と理論仮説 日本語教育実践研究 立教日本語教育実践学会 5, 64-74 2017/03
  2. 研究論文(学術雑誌) 単著 タイにおける日本語教師間の協働モデルの再構築―日本語母語話者教師へ  のインタビュー調査に基づいて― 大阪産業大学論集 人文・社会科学編 大阪産業大学学会 28, 75-91 2016/10/31
  3. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 いわき明星大学教養学部における初年次教育の実践と考察 いわき明星大学研究紀要 人文学・社会科学・情報学篇 第1号通巻29号, 3-16 2016/03
  4. (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 単著 雑談における中級日本語学習者の聴解困難点 大阪産業大学人間環境論集 大阪産業大学学会 16, 145-158 2016/03/31
  5. (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ) 共著 中級学習者が雑談に参加するときの聴解の問題点 The22th Princeton Japanese Pedagogy Forum Proceedings 22, 142-152 2015/12

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 自己内省型の振り返り活動とその評価における学修成果の可視化-大阪産業大学(人文系学部)の初年次教育を例に- 初年次教育学会第10回大会 2017/09/07
  2. 口頭発表(一般) タイで教師間協働を経験している熟練日本語教師の協働観を構成する仕事観と指導観-経年調査による構成概念の理論的飽和化- 2016年度日本語教育学会秋季大会 2016/10/09
  3. 口頭発表(一般) 理想的な教師間協働を経験している教師の語り-SCATによる構成概念と理論仮説 日本語教育学会国際大会2016(バリ) 2016/09/10
  4. 口頭発表(一般) 「顔」に関する慣用句の多言語比較による意味記述‐日本語と韓国語の対照を中心に‐ 韓国日本語学会第32回学術秋季大会 2015/09/19
  5. ポスター発表 現実としての「協同・共同」から、概念としての「協働」へ 協働実践研究会 2015/09/05

所属学協会

  1. 日本語文法学会 2017/08-現在
  2. 日本語学会 2017/08-現在
  3. 言語文化教育研究学会 2016/04-現在
  4. 小出記念日本語教育研究会 2011-現在
  5. 早稲田大学日本語教育学会 2009-現在

委員歴

  1. 日本語教育学会 チャレンジ支援委員 2017/09/01-現在