大阪産業大学
工学部
機械工学科

顔写真
教授

中山 万希志

ナカヤマ マキシ
Makishi Nakayama
  • Tel.072-875-3001
  • Fax.072-875-3503

学歴

  1. 大阪大学 基礎工学部 1983/03 卒業
  2. 大阪大学 基礎工学研究科 博士前期 1985/03 修了
  3. 大阪大学 基礎工学研究科 博士後期 1999/03 修了

学位

  1. 博士(工学) 大阪大学 1999/03

研究分野

  1. 制御工学
  2. 知能機械学・機械システム
  3. 計測工学
  4. システム工学

研究テーマ

  1. ●UAVを用いたリモートセンシングによる大規模自然災害時の 救難支援システム 無人飛行体、レーザポインタ、救難支援 コーン型のレーザ受講装置を装着したUAVを用いたレーザポインタ の発振源の位置情報取得システム 2014/04-現在
  2. ●身体の不自由な方のコミュニケーション支援のための知的インターフェース ヘッドマウントディスプレイ、ワイヤレスマウス、松葉杖 ヘッドマウントディスプレイとワイヤレスマウス内蔵松葉杖を用い た身体の不自由な方のコミュニケーション支援システム 2014/04-現在
  3. ●人の動作に基づく簡易ロボットの制御 動作、ロボット マイクロソフトKINECTを用いたモーションキャプチャ情報をもとに、 LEGO ロボットの動作を制御する。 2014/04-現在
  4. ●福祉施設を想定したモーションベース音楽環境 動作、KINECT, 福祉施設、ロボット MS KINECTによるモーションキャプチャ情報に基づき、音源と ロボットをコントールし、全体として音楽環境を提供するシステム 2014/04-現在

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 小型UAV(Unmanned Aerial Vehicle)の動特性モデリングと最適サーボ系を用いた目標値追従制御 日本機械学会論文集 日本機械学会 84/ 857, 1-11 2018/01/25 2187-9761 10.1299/transjsme.17-00362 URL

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 人とロボットが共生するシーンでの基本動作の実現 関西学生会平成28年度学生員卒業研究発表講演会 2017/03/11
  2. 口頭発表(一般) シースルーHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を用いた身体的制約がある場合のインタフェース構築 日本機械学会2016年度年次大会 2016/09/12
  3. 口頭発表(一般) レーザポインタとコーン型受信機を用いた発振源の位置情報把握技術 第60回システム制御情報学会研究発表講演会 (SCI’16) 2016/05/14
  4. 口頭発表(一般) 画像情報に基づく自然災害時における救難支援に関する研究 日本機械学会 2015/09/16

所属学協会

  1. 機械学会
  2. 日本知能情報ファジィ学会
  3. 計測自動制御学会
  4. システム制御情報学会
  5. 日本設計工学会 2017/04/01-現在