論文

公開件数: 46 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第32回 女性活躍推進(1)
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.44/ No.5, 418-422
2021/10



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第32回目。
2022年4月から施行される改正女性活躍推進法に基づく企業の対応方法を実務上視点から解説している。
2 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第31回 退職
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.44/ No.4, 324-345
2021/08



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第31回目。労働者が法人を辞める各種形態の要件と実務上の扱いについての問題を判例を踏まえて解説している。
3 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第30回 雇止め
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.44/ No.3, 255-257
2021/06



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第30回目。期間を定めて雇用されるいる労働者の期間終了に伴う契約終了に関しての問題を判例を踏まえて解説している。
4 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第29回 出向
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.44/ No.2, 175-177
2021/04



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第29回目。コロナ禍により厳しい経営環境にある医療法人の人員最適配置のための出向の理論について労働契約法と判例を基に解説している。
5 (MISC)その他記事
単著
ダイバーシティの実践的研究
-YKK AP株式会社のダイバーシティ施策を中心に-
井上仁志
神谷篤史
大阪産業大学経営論集

第22/ 第1・2, 87-107
2021/03



ダイバーシティの考えは、近年、急速に各企業に浸透してきた。社会情勢の変化に的確に対応するために、各企業はダイバーシティの施策を積極的に展開しなければならなくなった。ダイバーシティについては、近年多くの研究がなされているが、企業がその実態をすべて公表しているわけではないため、十分研究が進んでいるとまでは言い難い。
 そこで、従業員約12,000名を擁し、約200か所の国内営業拠点と25か所の製造拠点がある、YKK AP株式会社の女性の活躍推進、障がい者雇用促進、高齢者の活躍の施策を検討することとしした。
 今後のダイバーシティ施策のあり方の一助にしてもらうために研究ノートとしてまとめている。
6 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第28回 配置転換
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.44/ No.1, 53-55
2021/02



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第28回目。コロナ禍により厳しい経営環境にある医療法人の人員最適配置のための配置転換の理論について判例を基に解説している。
7 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第27回 懲戒解雇
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.43/ No.6, 588-591
2020/12



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第27回目。コロナ禍により厳しい経営環境にある医療法人の人員削減に関して懲戒解雇理論を解説している。
8 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第26回 整理解雇
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.43/ No.5, 540-543
2020/10



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第26回目。コロナ禍により厳しい経営環境にある医療法人の人員削減に関して整理解雇理論を解説している。
9 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第25回 部長研修
井上仁志
岡澤健治
医療と検査機器・試薬

Vol.43/ No.4, 396-400
2020/08



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第25回目。法人の中で特に重要な役割を担う部長級の研修の必要性と具体的な実施事項を解説している。
10 (MISC)その他記事
単著
小規模事業者に対する専門家支援の必要性
井上仁志
藤岡昇
大阪産業大学経営論集

第21/ 第2・3, 15-29
2020/06



日本の企業の99.7%以上は中小企業・小規模事業者で、中小企業・小規模事業者の中でも小規模事業者は約84.9%である 。この小規模事業者については、大規模な企業に比べ経営層が同族で固められている場合が多い。この小規模事業者については、大規模な企業に比べ経営層が同族で固められている場合が多い。
企業運営の主要な業務を専門的な能力ではなく、親族というつながりで担当している。このため税務業務や労務業務といった企業運営上重要で、適法性を確保しなければ企業存続に影響を及ぼしかねない事項の業務処理を、専門的能力が不足した状態で行わざるを得ない状況にある。
そこで、税務業務に関して小規模事業者企業に実際に支援を行っている税理士と労務業務に関して産学連携で支援を行っている人的資源管理の研究者の支援実態から、専門家活用の必要性を考えるきっかけとして研究レポートとしてまとめている。
11 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第24回 管理職研修
井上仁志
岡澤健治
医療と検査機器・試薬

Vol.43/ No.3, 288-292
2020/06



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第24回目。法人の中で重要な役割を担う管理職層の研修の必要性と具体的な実施事項を解説している。
12 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第23回 若年層・中堅社員研修
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.43/ No.2, 180-183
2020/04



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第23回目。法人の人材育成で重要な若年層・中堅社員研修の必要性と具体的な実施事項を解説している。
13 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第22回 新入社員研修
井上仁志
上南亜紀子
医療と検査機器・試薬

Vol.43/ No.1, 26-30
2020/02



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第22回目。法人の人材育成の起点である新入社員研修の必要性と具体的な実施事項を解説している。
14 (MISC)その他記事
共著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第21回 介護職員のキャリア開発
井上仁志
藤本かずみ
医療と検査機器・試薬

Vol.42/ No.6, 461-464
2019/12



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第21回目。高い離職率の介護職員をいかに定着させるか、そのためにどのようなキャリア支援が必要か、好事例を含め解説している。
15 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第20回 介護職員の離職防止に向けた施策
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.42/ No.5, 392-395
2019/10



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第20回目。高い離職率の介護職員をいかに定着させるか、そのために何が必要かを解説している。
16 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第19回 介護職員の採用と定着
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.42/ No.4, 315-318
2019/08



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第19回目。採用が難しい介護職員の現状と採用戦略と定着のために何が必要かを解説している。
17 (MISC)その他記事
単著
(株)東京エネシスの働き方改革
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第20/ 第3, 35-51
2019/06



株式会社東京エネシスが自社の将来を考え、職場の環境改善、業務の合理化に向けて取り組んだ1年間の活動を企業内部の視点から考察している。
本稿では、チーム発足の準備段階から最終報告までの一連の流れを研究ノートとして総括的に纏めている。
18 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第18回 医療現場におけるコンプライアンス確保
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.42/ No.3, 239-242
2019/06



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第18回目。医療現場で発生している倫理問題に焦点を当てて、どのようにコンプライアンスを確保するかについて解説している。
19 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第17回 働き方改革(3)
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.42/ No.2, 139-142
2019/04



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第17回目。「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」施行が病院経営へどのように影響するかについての考察。(3回シリーズの3回目)
20 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第16回 働き方改革(2)
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.42/ No.1, 51-53
2019/02



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第16回目。「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」施行が病院経営へどのように影響するかについての考察。(3回シリーズの2回目)
21 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第15回 働き方改革(1)
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.41/ No.6, 629-632
2018/12



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第15回目。「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」施行が病院経営へどのように影響するかについての考察。(3回シリーズの1回目)
22 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第14回 メンタルヘルス不調者のマネジメント
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.41/ No.5, 535-538
2018/10



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第14回目。職場におけるメンタルヘルス不調者の早期発見、健康管理措置等について考察した。
23 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第13回 在宅医療でのマネジメント
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.41/ No.4, 439-441
2018/08



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第13回目。在宅医療を行う医療従事者の感染予防、訪問看護における労働時間管理等について考察した。
24 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第12回 看護師職場実態
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.41/ No.3, 295-297
2018/06



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第12回目。医療機関で重要な役割を担う看護師の職場実態について考察した。
25 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第11回 看護師の労働環境と労働時間
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.41/ No.2, 171-173
2018/04



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第11回目。医療機関で重要な役割を担う看護師の勤務時間、休憩時間、休息、離職状況などの労働の実態を考察した。
26 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第10回 医療機関における非正規労働者の雇用管理
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.41/ No.1, 49-52
2018/02



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第10回目。多くの医療機関が雇用するパート等非正規労働者の雇用管理上で必要な内容を関係法令を中心に考察した。
27 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第9回 セクシュアルハラスメントの防止
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.40/ No.6, 495-498
2017/12



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第9回目。企業にとって職場環境を整備することは、労働者の精神的衛生上極めて重要である。良好な職場環境整備のために必要なセクシュアルハラスメントの防止について判例を踏まえ考察した。
28 (MISC)その他記事
単著
(株)東京エネシスの女性活躍推進に向けた活動(1)
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第19/ 第1, 55-69
2017/10



株式会社東京エネシスが自社の将来を考え、女性活躍推進に向けて取り組んだ1年間の活動を企業内部の視点から考察している。
本稿では、チーム発足の準備段階から最終報告までの一連の流れを研究ノートとして総括的に纏めている。
29 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第8回 医療従事者に対する安全配慮義務
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.40/ No.5, 437-440
2017/10



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第7回目。医療従事者がり患しやすい感染症防止のために経営者が注意すべき事項を医療関係の通達や判例を踏まえ考察した。
30 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第7回 受診命令
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.40/ No.3, 335-338
2017/08



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第7回目。労働安全法が規定する健康診断と疾病が疑われる場合の受診命令の関係について、判例を踏まえ企業が有する業務命令としての受診命令、懲戒権の発動について考察した。
31 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第6回 パワーハラスメント
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.40/ No.3, 233-236
2017/06



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第6回目。企業にとって職場環境を整備することは、労働者の精神的衛生上極めて重要である。良好な職場環境整備のために必要なパワーハラスメントの防止について考察した。
32 研究論文(学術雑誌)
単著
解雇の自由と解雇権濫用法理
井上仁志
経営実務法研究
日本経営実務法学会
第19, 23-33
2017/04
1882-9198


解雇については、労働者保護の視点からの議論が多くされ、主に労働法の分野で論じられてきている。労働者の入社から退職までの一連の流れは、経営学における人的資源管理上極めて重要な事項である。そこで本稿では解雇について労働法と経営学の視点を融合して論じることとした。
33 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第5回 マタニティハラスメント
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.40/ No.2, 139-142
2017/04



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第5回目。多くの女性が活躍する医療機関において発生するハラスメントの中で妊娠、出産に関するハラスメントの防止について考察した。
34 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第4回 過重労働の防止
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.40/ No.1
2017/02



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第4回目。過重労働が及ぼす弊害とその防止にための諸施策について通達を交えながら人的資源管理の視点から解明している。
35 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第3回 病院の労働時間管理
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.39/ No.6
2016/12



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第3回目。病院の看護師等特殊な勤務の職員に対する労働時間管理に関して通達を交えながら人的資源管理の視点から解明している。
36 学位論文(その他)

女性活躍推進に向けて企業はどのように取り組むべきか
-女性管理職の状況把握と課題提起-
井上仁志
季刊 個人金融

2016 秋
2016/11



2016年4月に施行された女性活躍推進法によって、従来ブラックボックス化していた個々の企業の状況が公開されるようになった。本稿では、女性活躍推進法施行初年度における女性の活躍推進企業データベースに登録している企業のデータを用いて女性管理職増加に影響を与える要因は何か、それを参考に企業の経営者や戦略立案部門、管理職がどのようにしていけばよいかという足がかりを提示するために分析を行い、これを基に企業が喫緊に取り組むべき施策を提示している。
37 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第2回 私傷病休職と職場復帰
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.39/ No.5
2016/10



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第2回目。従業員が私傷病によって長期の休業が必要になった場合の休職制度と治癒後の職場復帰の問題点について判例を交えながら人的資源管理の視点から解明している。
38 (MISC)その他記事
単著
保健・医療・病院経営と人的資源管理
第1回 疾病と時間外労働命令
井上仁志
医療と検査機器・試薬

Vol.39/ No.4
2016/08



保健・医療・病院経営の中で発生する様々な事象を人的資源管理の視点から論ずるシリーズの第1回目。企業が持つ業務命令権としての時間外命令を受けた労働者が疾病にり患していた場合の効力について、判例を交えながら人的資源管理の視点から解明している。
39 (MISC)その他記事
単著
経営トップと現場第一線職場コミュニケーションの意義に関する一考察
-D社社長コミュニケーション活動を中心に-
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第17/ 第3号
2016/06



企業の維持、発展には、経営者が経済・社会情勢の変化を的確に把握し、適切な経営戦力を立案して、従業員と一致団結して実行しなければならない。
そのためには、経営環境の変化と今後の経営方針を経営者自らが従業員に伝達し、現場の状況を肌で感じることが重要である。
それによって、従業員が自社への帰属意識と自己実現意欲を持って働き、高い成果を達成できることになる。
本稿においては、経営トップと現場とのコミュニケ―ンの有効性を評価する予備段階としてD社が実施した活動の実績をまとめている。
40 (MISC)その他記事
単著
人事評価制度運用面の課題解決に向けた予備的考察
-B社人事評価制度運用からの検討-
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第17/ 第3号
2016/06



人事評価制度は、企業にとって有用な人的資源を適切に評価、処遇し、迅速に異動・配置していく人材ポートフォリオ確立に極めて重要な制度である。
しかし、人事評価制度は運用面での多くの課題を指摘されている。
運用面の課題の主要な要因は、ヒトがヒトを評価するというシステムによって引き起こされる。これについて定量的に客観的に評定し、改善策を講じることは難しい。
このような実態を洗い出し改善するために、運用面の課題をB社の人事制度の運用分析を通じて論じている。
41

中小企業季報2016 No.1
井上仁志

大阪経済大学中小企業・経営研究所

2016/04




42

中小企業季報2016 No.1
井上仁志

大阪経済大学中小企業・経営研究所

2016/04



同族会社の後継者選定は、後継者になるべき人材を親族の中から選抜していくのが一般的である。
しかし、そのプロセスの実態を明らかにした先行研究は少ない。本論文は、先行研究での蓄積が少ない中小同族会社の後継者選抜プロセスを明らかにするための足掛かりとして興味深い内容となっている
この内容の評価を行っている。
43 (MISC)その他記事
単著
人事評価制度の信頼性に関する一考察
-人事評価制度が確立していないA社の分析を中心に-
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第17/ 第1・2合併号
2016/02



人事評価制度は従業員の処遇、異動・配置にかかわることから、従業員間の公平性と評価の正確さを担保しなければならない。
先行研究では評価基準の明確性や評価手順の公平が従業員の納得性を得るために必要であるとされている。
そこで、評価制度が確立していないA社の人事評価の内容を分析し、その課題と改善に向けての方向性を考察する。
44 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
人事評価誤差の改善に関する研究
-人事評価制度の実運用上の視点を中心に-
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第17/ 第1・2合併号
2016/02



人事評価は、従業員の日常業務を通じた業績と能力を評価し、昇進・昇格、昇給、賞与、異動、育成に活用する人的資源管理のシステムである。人事評価制度は従業員の処遇、異動・配置に直結する重要な制度にもかかわらず多くの課題を抱えながら運用されている。
その主要な要因に評価誤差があり、「ヒトがヒトを評価する」という人事評価制度の本質的なものにかかわることである。先行研究で有効な改善策の立案と実践まで提言されているものはない。そこで本稿では、実運用上の視点から評価誤差の原因究明と改善策立案を行う。さらに今後、筆者が行っている実企業での事例研究の中で改善策を実践し、その有効性評価につなげるものである。
45 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
パートタイマーに関する先行研究レビュー
-パートタイマーの活躍と最適な人的資源管理-
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第16/ 第2・3合併号
2015/06



本稿は、企業における人的資源管理の中で増加するパートタイマーに対する報酬管理、評価制度、人材育成、福利厚生といった人的資源管理に関する諸施策の先行研究の成果を総合考察し、課題を明らかにすることにより、パートタイマーの活躍推進に向けた最適な人事管理制度構築に役立つことを目的にしている。
46 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
女性の活躍推進に向けた雇用の現状と課題
-女性雇用の実態からの考察-
井上仁志
大阪産業大学経営論集

第16/ 第2・3合併号
2015/06



女性が自分の将来を考え、仕事を通じて自らを成長させ、日本の経済の発展に寄与していくためには企業内における活躍推進策が最も重要と考えられる。
しかしながら未だ管理職層の低い人材育成意識、家事・育児の負担、脆弱な保育行政、社会の女性に対する性的役割分業意識等によって仕事を通じて社会に貢献する、自己実現を図ることができない状況となっている。
本稿において女性がライフイベントを通過する中でどのような課題があるか紐解き、企業にとって有用な人的資源である女性のキャリアアップと活躍推進に向けた課題を提起し、今後の研究に役立てることを目的としている。