大阪産業大学
工学部
都市創造工学科

顔写真
教授

山下 典彦

ヤマシタ ノリヒコ
Yamashita Norihiko
  • Tel.072-875-3001
  • Fax.072-875-5044

研究分野

  1. 地震工学・構造工学・維持管理工学

研究テーマ

  1. 基礎-地盤-構造物系の動的相互作用 基礎-地盤-構造物系の動的相互作用の問題は難題の一つであり,耐震設計指針の中に加味されにくいのが現状である.このような現状を改良し,より合理的な方法を策定することを目的としている.

著書

  1. 新土質実験法 高専土質実験教育研究会編 鹿島出版会 2007/04
  2. 理科教育ニュース縮刷・活用版 理科実験大百科第12集 少年写真新聞社 2012/01

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 RC橋脚の経年劣化を考慮した1自由度系の残留変位が生じるきっかけに関する一考察 土木学会論文集A2(応用力学) 土木学会 73/ 2, II_801-I_812 2018/01/31
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 ウェーブレット変換による直接基礎を有するRC橋脚の滑り・剥離現象の特異抽出 Kansai Geo-Symposium 2017論文集 地盤工学会関西支部 120-125 2017/10
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 埋設深さの異なるケーソン基礎を有するRC橋脚の地震時慣性力に関する一考察 Kansai Geo-Symposium 2017論文集 地盤工学会関西支部 114-119 2017/10
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 RC橋脚の耐震設計に3重応答スペクトルを用いた一考察 コンクリート工学年次論文集 日本コンクリート工学会 39/ 2, 697-702 2017/06/15
  5. 研究論文(国際会議プロシーディングス) Extraction of the aging of a rocking SDOF system modeling the RC bridge pier by using the wavelet transform Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No 1679, Registration Code S-Z1462702167 1-7 2017/01

研究発表

  1. 剥離・滑り現象を考慮した直接基礎底面の接地率に関する一考察 第38回地震工学研究発表会 2018/10
  2. 滑り・剥離現象を考慮した直接基礎底面の接地率とウェーブレット係数の関係 第21回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム 2018/07
  3. ウェーブレット変換による直接基礎を有するRC橋脚の滑り・剥離現象の特異点検出に関する一考察 日本地震工学会・大会-2017 2017/11
  4. 埋設深さの異なるケーソン基礎がRC橋脚の地震時慣性力に与える影響に関する一検討 第20回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム 2017/07
  5. 直接基礎の埋戻し土が基礎底面の滑り・剥離現象とRC橋脚のエネルギー収支に与える影響 第20回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム 2017/07

担当授業科目

  1. 鉄筋コンクリート
  2. 鉄筋コンクリート演習
  3. 地震工学
  4. 構造設計学
  5. 構造力学2

所属学協会

  1. 日本コンクリート工学会 2013-現在
  2. 日本地震工学会 2004-現在
  3. 物理探査学会 2003-2018
  4. 日本建築学会 1996-現在
  5. 地盤工学会 1994-現在