OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of International Studies
Department of International Studies

Associate Professor

Yamamoto Kousuke


Career

  1. 奈良教育大学特任専任講師 2009/04/01-2012/03/31
  2. 奈良教育大学特任准教授 2012/04/01-2013/03/31
  3. 大阪産業大学人間環境学部文化コミュニケーション学科講師 2013/04/01-Present
  4. 大阪産業大学人間環境学部文化コミュニケーション学科准教授 2016/04/01-Present

Academic background

  1. 関西大学大学院 文学研究科 Doctor later 2009/03 Completed

Academic degrees

  1. 博士(文学) 関西大学大学院 2009/03

Subject of research

  1. アイデンティティと記憶に関する発達心理学的研究 青年期の発達課題であるアイデンティティの達成に記憶が及ぼす影響を発達心理学の視点から研究を行っている。 2012/04-Present
  2. 嗅覚と記憶に関する認知心理学的研究 olfaction, autobiographical memory, involuntary memory 嗅覚と記憶に関する独自な関係について認知心理学の観点から研究を行っている。

Bibliography

  1. 味嗅覚の科学:人の受容体遺伝子から製品設計まで 朝倉書房 2018/06/05 978-4-254-10668-8
  2. 嗅覚と自伝的記憶に関する心理学的研究 (株)風間書房 2016/11 978-4-7599-2148-9
  3. 図説教養心理学増補第2版 ナカニシヤ出版 2016/04 978-4-7795-1034-2
  4. ふと浮かぶ記憶と思考の心理学 北大路書房 2014/03 4762828491
  5. 嗅覚と匂い・香りの産業利用最前線 エヌティーエス 2013

Papers

  1. Research paper (other science council materials etc.) Only ノスタルジー感情を喚起させる味覚刺激と購買行動との関係性に関する心理学的研究 公益財団法人サッポロ生物科学振興財団平成29年研究成果報告書 2018/05/10 URL
  2. Research paper (scientific journal) Joint The characteristics and functions of involuntary autobiographical memory cued by consuming “shikohin” 認知心理学研究 日本認知心理学会 15/ 2, 39-51 2018/04/17
  3. Research paper (scientific journal) Only 情動知能の個人差と無意図的に想起される自伝的記憶との関係性 大阪産業大学人間環境論集 17, 59-68 2018/03/31
  4. Research paper (bulletin of university, research institution) Only 自伝的記憶の機能と達成動機との関連性 大阪産業大学人間環境論集 17, 1-11 2018/03/31
  5. Research paper (scientific journal) Joint 匂い手がかりによって喚起される自伝的記憶特性質問紙(OEAMQ)の開発 心理学研究 日本心理学会 88/ 5, 478-487 2017/12/25 10.4992/jjpsy.88.16229

Research presentations

  1. Poster presentation 食事場面での無意図的想起における性差・世代差 日本発達心理学会第29回大会 2018/03/23
  2. Oral presentation(general) 医療放射線リスク情報の活用に対する態度の個人差 関西心理学会第129会大会 2017/11/05
  3. Oral presentation(general) 味覚刺激によって無意図的に想起される自伝的記憶の特性 関西心理学会第129回大会 2017/11/05
  4. Poster presentation スポーツ場面における随伴経験尺度作成の試み 日本教育心理学会第59回総会 2017/10/08
  5. Symposium workshop panel(public) 嗜好品摂取によって得られる心理学的効果に及ぼす記憶の役割を探る 日本心理学会第81回大会 2017/09/23

Social Contribution

  1. 滋賀県立虎姫高等学校フィールドワーク学習講師 2015/11-Present

Memberships of academic societies

  1. 日本パーソナリティ心理学会 2015-2015
  2. 日本健康心理学会 2013-2013
  3. 日本発達心理学会 2011-2011
  4. 関西心理学会 2009-2009
  5. 日本教育心理学会 2009-2009

Committee Career

  1. 関西心理学会 事務局幹事 2017/04/01-Present
  2. 日本認知心理学会 編集委員 2017/04/01-Present

Achievements of non-academic activities

  1. 心理学の記憶研究から認知症を考える 大東シニア大学 2016/08/10
  2. 「覚える」,「忘れる」記憶のメカニズム 東大阪市連携7大学公開講座 2014/02