OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Design Technology
Department of Information Systems Engineering

顔写真
Lecturer

Takai Yuka

  • Tel.072-875-3001
  • Fax.072-870-1401

Career

  1. 株式会社ジュールファッション パタンナー 1999/08-2002/02
  2. 京都工芸繊維大学 ベンチャーラボラトリ― 研究員 2011/04-2011/09
  3. 大阪産業大学 デザイン工学部設置準備室 助手 2011/10-2012/03
  4. 大阪産業大学 デザイン工学 情報システム学科 助手 2012/04-2014/03
  5. 大阪産業大学 デザイン工学 情報システム学科 講師 2014/04-Present

Academic background

  1. Tokyo Kasei University 家政学部 服飾美術学科 1999/03 Graduated
  2. Kyoto Institute of Technology 繊維学部 高分子学科 2006/03 Graduated
  3. Kyoto Institute of Technology 工芸科学研究科 先端ファイブロ科学専攻 Doctor prophase 2008/03 Completed
  4. Kyoto Institute of Technology 工芸科学研究科 先端ファイブロ科学専攻 Doctor later 2011/03 Completed

Academic degrees

  1. Doctor of Philosophy Kyoto Institute of Technology 2011/03/25

Research Areas

  1. Kansei informatics
  2. Kansei informatics
  3. Learning support system
  4. Educational technology
  5. Materials/Mechanics of materials
  6. Material processing/Microstructural control engineering

Subject of research

  1. ものづくりにおける匠の技の解明および教育システムの構築 人間工学 感性工学 伝統産業 教育システム 伝統産業など手作業や手加減が必要なものづくりにおける匠と呼ばれる域に達した熟練職人の技を、モーションキャプチャや視線解析装置といった様々な測定機器を用いて可視化・数値化する。さらに、得られたデータを利用し、新人職人の習熟を早めるための教育システムの構築を行う。 2011/04/01-Present

Proposed theme of joint or funded research

  1. ものづくりにおける匠の技の解明および教育システムの構築 伝統産業など手作業や手加減が必要なものづくりにおける匠と呼ばれる域に達した熟練職人の技を、モーションキャプチャや視線解析装置といった様々な測定機器を用いて可視化・数値化する。さらに、得られたデータを利用し、新人職人の習熟を早めるための教育システムの構築を行う。 Wish to undertake joint research with industry and other organizations including private sector. Technical consultation,Commisioned research,Joint research,Others 多岐に渡る業種の職人・技術者のサポート実績があります。まずはご相談ください。

Bibliography

  1. ユーザの感性と製品・サービスをむすぶ: 真意を聞き出すアンケート設計と開発・評価事例 第5章 第1節 (1) サイエンス&テクノロジー株式会社 2018/12/21 978-4-86428-183-6
  2. 匠の技の科学-動作編- 日刊工業新聞社 2017/03/28 978-4-526-07693-0
  3. 匠の技の科学-材料編- 日刊工業新聞社 2016/03/29 978-4-526-07551-3

Papers

  1. Research paper (international conference proceedings) Joint Motion Analysis at Checking Phase in Automobile Repair Painting AHFE 2021: Advances in Manufacturing, Production Management and Process Control Springer 274, 384-391 2021/07/04 10.1007/978-3-030-80462-6_47
  2. Research paper (international conference proceedings) Joint Educational Effects by Formalizing of Traditional Backing Techniques in Japan AHFE 2020: Advances in Manufacturing, Production Management and Process Control Springer 1216, 186-192 2020/07/01 10.1007/978-3-030-51981-0_24
  3. Research paper (international conference proceedings) Joint Activity Process Analysis in Automobile Sheet Metal Dent Repair AHFE 2020: Advances in Manufacturing, Production Management and Process Control Springer 1216, 203-209 2020/07/01 10.1007/978-3-030-51981-0_26
  4. (MISC) Introduction and explanation (scientific journal) Joint Three Dimensional Motion Analysis on Spray Gun Handling of Expert in Auto Repair Block Painting Journal of Japan Coating Technology Association 日本塗装技術協会 54/ 7, 245-254 2019/07 0285-3787
  5. Research paper (international conference proceedings) Joint The Difference Between Expert and Non-expert Skill in Beauty Services Based on Eye Tracking Technology AHFE 2019: Advances in Manufacturing, Production Management and Process Control Springer 971, 219-224 2019/06/06 10.1007/978-3-030-20494-5_20

Research presentations

  1. Oral presentation(general) Effects of Sintered Temperature of Kairagi on Sensory attributes of Grape Juice 日本機械学会2021年度年次大会 2021/09/06
  2. Oral presentation(general) Clarification of Gaze Transition Analysis Using Eye Tracking in Automobile Repair Clear Painting 2021 JSAE Annual Congress (Spring) 2021/05/26
  3. Oral presentation(general) A Study on Check of Child’s Condition during Nap of Childcare Professionals based on Eye Fixation Behavior 日本人間工学会第62回大会 2021/05/23
  4. Oral presentation(general) Affective Analysis of the Changes in Wine Fragrance Occurring in Kairagi Ceramic Cups 第16回日本感性工学会春季大会 2021/03/08
  5. Oral presentation(general) Behavior Analysis of Hammer on Sheet Metal Repair by Using High Speed Camera 第27回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2019) 2019/11/22

Prizes

  1. 編集委員長賞 自動車修理ブロック塗装における熟練塗装技術者のスプレーガン運行に関する3次元動作解析 2020/05/22
  2. 教育システム情報学会 第 41 回全国大会奨励賞 動作解析を利用した自動車塗装修理の自習支援システム 2016/08/31
  3. 日本機械学会 機械材料・材料加工部門一般表彰(優秀講演論文) 増裏打ち工程において用いられる打刷毛があたえる接着面への荷重計測 2015
  4. 第14 回日本感性工学会大会 優秀発表賞 異なる糊を使用した京友禅染の「はんなり」評価 2013/09

Alloted class

  1. ディジタルコンテンツ演習
  2. フィールドプラクティス1
  3. 情報システム基礎演習
  4. ソフトウェア基礎論
  5. プログラミング1

Social Contribution

  1. 「日本繊維機械学会 第72回年次大会」実行委員 2018/09-2019/05
  2. 「日本繊維機械学会 第71回年次大会」実行委員 2017/10-2018/06
  3. 「日本繊維機械学会 第70回年次大会」実行委員 2016/10-2017/06
  4. 「日本繊維機械学会 第69回年次大会」実行委員 2015/10-2016/06
  5. 「第4回高品位介護シンポジウム」実行委員 2014-2014/11

Memberships of academic societies

  1. Japan Society of Colour Material 2018-Present
  2. 日本女性技術者フォーラム 2018-Present
  3. Society of Automotive Engineers of Japan 2017-Present
  4. The Textile Mechinery Society of Japan 2013-Present
  5. Japan Society for Educational Technology 2013-Present

Unused input form4

  1. 保育中の事故防止・安全管理に関する教育及び支援システムの構築と評価 20K02715 Grant-in-Aid for Scientific Research (C)(Generative Research Field) General 平沼 博将 大阪電気通信大学,共通教育機構,教授 2020 2022
  2. 国宝・文化財修復における自習システムの開発 25350327 General 岡 興造, 京都工芸繊維大学, 伝統みらい教育研究センター, 特任教授 2013 2015
  3. Development of Self-instructional System for Japanese Kitchen Knives Sharpening 24501133 General 飯 聡, 京都工芸繊維大学, 伝統みらい教育研究センター, 特任教授 2014

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. Science research expense 熟練技術者の暗黙知抽出による自動車塗装調色の体験型教育システムの構築 20K03190 基盤研究(C) General Representative 高井 由佳 2020/04/01-2023/03/31
  2. Science research expense 文化財の表装修復の技・コツ・みきわめ:裏打ち作業における教授システムの構築 16K01088 基盤研究(C) General Assignment 後藤 彰彦 2016/04/01-2021/03/31
  3. Science research expense 自動車修理板金塗装のための熟練者のコツを抽出した教育システムの構築 16K16329 若手研究(B) General Representative 高井 由佳 2016/04/01-2020/03/31
  4. Science research expense Development of self-learning system for auto repair sheet metal and painting workers 26882052 研究活動スタート支援 Representative 高井 由佳 2014/08/29-2016/03/31