大阪産業大学
経営学部
経営学科

教授

田川 由美子

タガワ ユミコ
Tagawa Yumiko

学歴

  1. 奈良女子大学 大学院家政学研究科被服学専攻 修了
  2. 奈良女子大学 家政学部 被服学科 卒業
  3. Fashion Institute of Design & Merchandising, Fashion Design Course (A.A.) 卒業 アメリカ合衆国

学位

  1. 家政学修士 奈良女子大学
  2. 博士(工学) 金沢工業大学

研究分野

  1. 被服学、被服管理学

研究テーマ

  1. 水晶振動子を用いたナノグラム質量分解能での洗浄性評価と理論的解析 2006-2008
  2. 超音波を適用した持続可能な衣服洗浄システムの開発に関する基礎的研究 2009-2011
  3. 超音波キャビテーションによる物理化学的作用を利用した洗浄法の検討 2012-2016
  4. ファインバブル水を利用した洗浄システムに関する研究 2017-現在

著書

  1. 被服学事典 界面電気現象と洗浄 朝倉書店 2016/10
  2. ファッショナブル衣生活 家庭洗濯 三重大学出版会 2014/04
  3. 被服整理学 洗浄力の試験法と評価 日本衣料管理協会 2008/09

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 共著 洗濯におけるすすぎへのファインバブル水の適用 日本家政学会誌 70/ 4, 195-203 2019/04
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 超音波を利用した高分子材料表面の高性能洗浄 科学と工業 一般社団法人 大阪工研協会 91/ 6, 151-157 2017/06
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 超音波を用いた洗浄における周波数および照射方向の影響 日本繊維製品消費科学会 57/ 7, 551-559 2016/07
  4. 超音波を利用したポリエチレンテレフタレート表面からの汚れの除去 日本家政学会誌 62, 767-774 2011
  5. Removal of Carbon Black Particles from Polymer Substrates in Water/Ethanol Mixtures J. Oleo Sci. 59, 109-112 2010

研究発表

  1. ポスター発表 洗浄現象の実験的解析からみえる次世代の洗浄システムの提案 第50回洗浄に関するシンポジウム 2018/08
  2. 口頭発表(一般) ファインバブル水のすすぎ過程での利用 日本繊維製品消費科学会 2017年年次大会 2017/06/25
  3. ポスター発表 洗濯後のすすぎ過程におけるファインバブル水の導入 日本油化学会第55回年会 2016/09
  4. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 洗濯はサイエンス 「冬の企画展 洗う!サイエンス」 2015/12/23
  5. 口頭発表(一般) 超音波を用いた汚れ洗浄への周波数および照射条件の検討 日本繊維製品消費科学会 2015年年次大会 2015/06

所属学協会

  1. 日本油化学会
  2. 日本繊維製品消費科学会
  3. 日本家政学会

研究費、科学研究費
(学外の分担者)

  1. ファインバブル水を活用した次世代型繊維製品処理システムの開発 17H00814 基盤研究 (A) 一般 山口 庸子 共立女子短期大学, 生活科学科, 教授 2017 2019
  2. 節水を基軸とした環境対応型洗浄システムの提案 23240101 基盤研究 (A) 一般 後藤 景子 奈良女子大学, 研究院生活環境科学系, 教授 2011 2013
  3. エコ&ユビキタス対応3次元ファッションシステムの開発 22240075 基盤研究 (A) 一般 増田 智恵 三重大学, 教育学部, 教授 2010 2012
  4. エキシマ紫外光を用いた合成繊維製品の高性能化 17500504 基盤研究 (C) 一般 後藤 景子 京都教育大学, 教育学部, 教授 2005 2007
  5. 環境適応型洗浄システムの開発のための洗浄力評価法の検討 14580117 基盤研究 (C) 一般 後藤 景子 京都教育大学, 教育学部, 教授 2002 2004

競争的資金等の研究課題

  1. 科学研究費 超音波キャビテーションによる物理化学的作用を利用した洗浄法の検討 24500933 基盤研究(C) 一般 代表 2012/04/01-2016/03/31
  2. 科学研究費 超音波を適用した持続可能な衣服洗浄システムの開発に関する基礎的研究 21500746 基盤研究(C) 一般 代表 2009-2011
  3. 科学研究費 水晶振動子を用いたナノグラム質量分解能での洗浄性評価と理論的解析 18500585 基盤研究(C) 一般 代表 2006-2008
  4. 科学研究費 オプティカ自動試着装置を用いた着装心理評価とデザインコンセプト伝達に関する研究 08780030 奨励研究(A) 代表 1996-現在