大阪産業大学
デザイン工学部
環境理工学科

教授

硲 隆太

ハザマ リュウタ
Hazama Ryuta

経歴

  1. 日本学術振興会特別研究員(PD)(大阪大学) 1998-現在
  2. 米国ワシントン大学宇宙核物理実験研究センター・物理学部・リサーチアソシエイト 1999-現在
  3. 大阪大学理学研究科付属原子核実験施設・特別講師 2002-現在
  4. 広島大学大学院工学研究院機械物理工学専攻エネルギー環境部門工学基礎・講師 2006-現在
  5. 大阪産業大学人間環境学部生活環境学科・大学院人間環境学研究科人間環境学専攻・准教授 2012-現在

学歴

  1. 大阪大学 理学研究科 物理学専攻 博士後期 1998/03 修了

学位

  1. 博士(理学) 大阪大学 1998/03

研究分野

  1. 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理,放射線科学,地球環境

研究テーマ

  1. 二重ベータ崩壊:CANDLES実験 宇宙暗黒物質探索:PICOLON実験 同位体濃縮・分離 環境放射線計測 2012/04/01-現在

論文

  1. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 共著 ストロンチウム及びカルシウムの化学交換法における同位体分別研究 Ⅱ 京都大学原子炉実験所「第50回学術講演会報文集」 KURRI-KR-207 53 2016/01 ISSN 1342 - 0852
  2. (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 共著 Low background techniques in CANDLES AIP Conference Proceedings 1672, 110004 2015 http://dx.doi.org/10.1063/1.4928006
  3. (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 共著 The MAJORANA low-noise low-background front-end electronics Phys. Procedia 61, 654-657 2015 10.1016/j.phpro.2014.12.066

研究発表

  1. 口頭発表(一般) PICO-LON計画「高純度NaI(Tl)検出器による宇宙暗黒物質探索の現状」 日本物理学会第71回年次大会 2016/03
  2. 口頭発表(一般) CANDLESによる二重ベータ崩壊の研究(106)-CANDLES検出器の現状- 日本物理学会第71回年次大会 2016/03
  3. ポスター発表 太陽活動に伴う大気中7Be濃度及びPM2.5の変動 第17回「環境放射能」研究会 2016/03

担当授業科目

  1. データ処理の基礎
  2. 基礎スキル演習
  3. 生活環境学概論
  4. (大学院)地球環境特論
  5. 地球科学の基礎

所属学協会

  1. 日本物理学会
  2. 高エネルギー物理学研究者会議
  3. アメリカ物理学会
  4. 日本原子力学会
  5. 日本保健物理学会

研究費、科学研究費
(学外の分担者)

  1. 48Caの2重ベータ崩壊の研究 24224007 その他 岸本 忠史 大阪大学, 核物理研究センター, 教授 2012 2016 基盤研究(S)

競争的資金等の研究課題

  1. 科学研究費 マイクロリアクターによる多段同位体分離・濃縮 16H04636 基盤研究(B) 一般 代表 硲 隆太 2016/04/01-2021/03/31
  2. 科学研究費 マイクロチップによる同位体分離 23561013 基盤研究(C) 一般 代表 硲 隆太 2011/04-2017/03/31
  3. 科学研究費 クラウンエーテル・マイクロチップ化学プラントによる二重ベータ崩壊同位元素濃縮 19540300 基盤研究(C) 一般 代表 硲 隆太 2007-2010
  4. 科学研究費 クラウンエーテル・マイクロチップ化学プラントによる二重ベータ崩壊同位元素濃縮 19540300 基盤研究(C) 一般 代表 2007-2010