OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Design Technology
Department of Environmental Science and Technology

Associate Professor

Kawata Miki


Academic background

  1. Waseda University Graduate School, Division of Human Science Doctor later 2008/03 Completed

Academic degrees

  1. 博士(人間科学) Waseda University

Licenses and qualifications

  1. 専門社会調査士(八条規定) 2007/10

Research Areas

  1. Sociology

Research keywords

  1. Environmental Sociology

Subject of research

  1. 身近な自然の共同利用と管理に関する研究 人びとの生活に身近な自然の共同利用/管理に関するローカル・ルールを把握することを通じて、地域社会が自然を生かしながら豊かになるような人と自然とのかかわりを検討する。

Bibliography

  1. 環境社会学の考え方-暮らしをみつめる12の視点 ミネルヴァ書房 2019/04/10
  2. 生活環境主義のコミュニティ分析-環境社会学のアプローチ ミネルヴァ書房 2018/10/10
  3. Lake Biwa: Interactions between Nature and People Springer-Academic 2012/05
  4. 霞ヶ浦の環境と水辺の暮らし―パートナーシップ的発展論の可能性 早稲田大学出版部 2010/04/16 978-4657102102
  5. よくわかる環境社会学(やわらかアカデミズム・わかるシリーズ) ミネルヴァ書房 2009/04/20

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Only 環境保全における小農とムラ 年報村落社会研究第55集小農の復権 農山漁村文化協会 125-151 2019/11
  2. (MISC) Introduction and explanation (scientific journal) Only Sociology of Water Environment: From its Natural Resource Management to the Interaction with Nature Journal of Environmental Sociology 19, 174-183 2013/11
  3. Research paper (scientific journal) Only The Role of "Zaisanku" in Urban Areas ― A Case Study in the Great Hanshin-Awaji Earthquake Disaster-Affected Area 年報 村落社会研究 第47集 83-116 2011/10
  4. Research paper (scientific journal) Only 共同利用空間における自然保護のあり方―霞ヶ浦北浦湖岸の一集落を事例として― 環境社会学研究 12, 136-149 2006/10
  5. (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal) 震災地における歴史的環境の保全対象 環境社会学研究 11, 229-240 2005

Research presentations

  1. Oral presentation(general) The movement of environmentally friendly agriculture for becoming sustainable rural communities: a case study of “fish nursery paddy field project” in Japan XIII World Congress of Rural Sociology 2012/08/02
  2. Oral presentation(general) 被災地コミュニティにみる伝統文化の継承-阪神淡路大震災後のだんじりの事例から- 第40回環境社会学会セミナー 2009
  3. Oral presentation(general) 水環境に対する住民の関心のあり方―霞ヶ浦流入河川における水利用実態の分析から― 第79回日本社会学会大会 2006
  4. Oral presentation(general) コモンズの機能からみた人と自然とのかかわり―霞ヶ浦北浦湖岸の一集落を事例として― 第32回環境社会学会セミナー 2005
  5. Oral presentation(general) 歴史的景観保全における住民の共同性―震災後の神戸市Z地区を事例として― 第75回日本社会学会大会 2002

Memberships of academic societies

  1. 日本社会学会
  2. 環境社会学会
  3. 日本村落研究学会
  4. Kansai Sociological Association
  5. The Folklore Society of Japan

Committee Career

  1. 環境社会学会 編集委員 2021/06-Present
  2. 関西社会学会 理事(事務局担当) 2019/07-Present
  3. 日本村落研究学会 理事 2017/10-2021/09
  4. 環境社会学会 研究活動委員 2017/06-2021/05
  5. 日本村落研究学会 研究委員 2016/06-2017/09

Unused input form4

  1. ポスト農業社会の食・農・自然に視点をおいた農業社会学の構築 20H01575 Grant-in-Aid for Scientific Research (A) General 牧野 厚史 熊本大学,大学院人文社会科学研究部(文),教授 2020 2023
  2. 小河川の利用を軸とした川と人の生活環境史 15K03846 General 牧野 厚史 熊本大学, 文学部, 教授 2015 2018
  3. 脱近代的世界観に基づく水に関する地域づくり 24330162 General 鳥越 皓之 大手前大学, 公私立大学の部局等, 学長 2012 2015

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. Science research expense 私有地へのコミュニティ関与の論理-原発事故被害地域の土地と人との関わりを通して 17K04178 基盤研究(C) General Representative 2017/04/01-2021/03/31
  2. Science research expense 私有地における共同性顕在化のメカニズム―被災農村と一般農村の耕作地管理の比較研究 26780294 若手研究(B) Representative 2014/04/01-2018/03/31