大阪産業大学
デザイン工学部
環境理工学科

准教授

佐藤 靖明

サトウ ヤスアキ
Sato Yasuaki
  • 1976年生まれ
  • Tel.072-875-3001(代表)
  • Fax.072-871-1259

経歴

  1. 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 研究員(科学研究) 2008/10/01-2009/03/31
  2. 大阪産業大学人間環境学部 客員講師 2009/04/01-2011/03/31
  3. 大阪産業大学人間環境学部 専任講師 2011/04/01-2014/03/31
  4. 大阪産業大学人間環境学部 准教授 2014/04/01-現在
  5. 大阪産業大学デザイン工学部 准教授 2017/04/01-現在

学歴

  1. 東北大学 理学部 地圏環境科学科 1999/03 卒業
  2. 東北大学 理学研究科 地学専攻 博士前期 2001/03 修了
  3. 京都大学 アジア・アフリカ地域研究研究科 アフリカ地域研究専攻 博士 2008/09 単位取得満期退学

学位

  1. 学士(理学) 東北大学 1999/03
  2. 修士(理学) 東北大学 2001/03
  3. 修士(地域研究) 京都大学 2008/09
  4. 博士(地域研究) 京都大学 2009/03/23

免許・資格

  1. 測量士補 1999/12/09
  2. 高等学校教諭専修免許 (理科) 2001/03/31
  3. 高等学校教諭専修免許 (地理歴史) 2001/03/31

教育・研究活動状況

主な担当科目:食農環境論・生物多様性と文化・フィールドスタジオ演習1・生態学特別演習1・生物資源活用演習

研究分野

  1. 地域研究
  2. 文化人類学・民俗学

研究キーワード

  1. 国産バナナ
  2. パプアニューギニア

研究テーマ

  1. 東アフリカ高地のバナナに関する民族植物学的研究 ウガンダ、ルワンダ、バナナ、食と農 2001/04/01-現在
  2. アフリカの在来的なアグロフォレストリーと住民の知識の関係にかんする研究 混作、クワ科植物、在来知 2012/04/01-現在
  3. 東アフリカ「うなづき症候群(Nodding syndrome)」に対する地域研究 うなづき症候群、ケア、学際的アプローチ 2012/09/01-現在
  4. 国産バナナの食文化の可能性 2018/04/01-現在

著書

  1. 環境サイエンス入門 ―人と自然の持続可能な関係を考える 学術研究出版/ブックウェイ 2017/04/01 978-4-86584-212-8
  2. 争わないための生業実践―生態資源と人びととの関わり(アフリカ潜在力 第4巻) 京都大学学術出版会 2016/03 9784814000081
  3. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  4. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  5. フィールドの見方(100万人のフィールドワーカーシリーズ2) 古今書院 2015/06 978-4-7722-7123-3

論文

  1. (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 共著 Banana Farming, Cultivars, Uses, and Marketing of Nkore in Southwestern Uagnda Tropical Agriculture and Development 62/ 3, 141-149 2018/09
  2. 研究論文(大学,研究機関紀要) Distribution and Marketing of Bananas in SOuthwestern Uganda: The impact of Commoditization of Bananas on Local Farmers 山口大学教育学部研究論叢 67, 197-204 2018/01
  3. 研究論文(学術雑誌) 単著 Selection of Principal Starchy Food in a Livelihood System Based on Bananas: The Formation of Food Culture in Buganda, Central Uganda Nilo-Ethiopian Studies 17, 51-62 2012
  4. 共著 Ethnobotanical Comparison of Banana and Enset Agricultural Practices in Africa Proceedings of Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies, 413-411 2006/11
  5. 共著 Ethnobotanical Comparison of Banana and Enset Use in Africa Proceedings of Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies 405-411 2006/11

研究発表

  1. 口頭発表(一般) Comparative Study on the Banana-Farming Complex in Uganda and Papua New Guinea 16th Congress of the International Society of Ethnobiology 2018/08/08
  2. 口頭発表(招待・特別) 東アフリカ大湖地方の食と農:ウガンダにおけるバナナの過去と現在 食と農が支えたナイル・エチオピア地域の歴史と文化 2018/04/21
  3. ポスター発表 アグロフォレストリーの生態人類学に向けて―茶・コーヒー・カカオ栽培の事例より 第23回生態人類学会研究大会 2018/03/24
  4. 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 フィールドワーク研究と子育てのライフヒストリー FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ ・サロン「子育てフィールドワーカーのロールモデルを探る」 2018/01/20
  5. 口頭発表(招待・特別) パプアニューギニアのバナナと暮らし―品種・農業・食文化― 2017年度第1回日本・パプアニューギニア協会関西支部研究会 2017/12/23

担当授業科目

  1. 食農環境論
  2. 自然と人の共生
  3. 生活環境学演習1

所属学協会

  1. 雑穀研究会
  2. International Society of Ethnobiology
  3. Society of Ethnobiology
  4. Society for Economi Botany
  5. 日本熱帯農業学会

委員歴

  1. 日本ナイル・エチオピア学会 ニュースレター編集委員 2016/04-2019/04
  2. 京都大学アフリカ地域研究資料センター African Study Monographs 編集委員 2016/04/04-2020/03/31
  3. 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールドネット運営委員会委員 2011/04/01-2013/03/31
  4. 国際農林業協働協会 途上国支援のための基礎的情報整備事業「自給的作物研究」国内検討委員 2009-2010/03/31

学会活動以外の実績

  1. バナナと環境 大阪産業大学市民講座 2011/10/01
  2. 植物をめぐる知識のなりたち―アフリカの農村から 京都大学アフリカ地域研究資料センター主催  京の府民大学公開講座「アフリカ研究最前線」第5回「識る」 2010/09/25