大阪産業大学
デザイン工学部
環境理工学科

准教授

佐藤 靖明

サトウ ヤスアキ
Sato Yasuaki
  • 1976年生まれ
  • Tel.072-875-3001(代表)
  • Fax.072-871-1259

経歴

  1. 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 研究員(科学研究) 2008/10/01-2009/03/31
  2. 大阪産業大学人間環境学部 客員講師 2009/04/01-2011/03/31
  3. 大阪産業大学人間環境学部 専任講師 2011/04/01-2014/03/31
  4. 大阪産業大学人間環境学部 准教授 2014/04/01-現在
  5. 大阪産業大学デザイン工学部 准教授 2017/04/01-現在

学歴

  1. 東北大学 理学部 地圏環境科学科 1999/03 卒業
  2. 東北大学 理学研究科 地学専攻 博士前期 2001/03 修了
  3. 京都大学 アジア・アフリカ地域研究研究科 アフリカ地域研究専攻 博士 2008/09 単位取得満期退学

学位

  1. 学士(理学) 東北大学 1999/03
  2. 修士(理学) 東北大学 2001/03
  3. 修士(地域研究) 京都大学 2008/09
  4. 博士(地域研究) 京都大学 2009/03/23

免許・資格

  1. 測量士補 1999/12/09
  2. 高等学校教諭専修免許 (理科) 2001/03/31
  3. 高等学校教諭専修免許 (地理歴史) 2001/03/31

研究分野

  1. 地域研究
  2. 文化人類学・民俗学

著書

  1. 争わないための生業実践―生態資源と人びととの関わり(アフリカ潜在力 第4巻) 京都大学学術出版会 2016/03 9784814000081
  2. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  3. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  4. フィールドの見方(100万人のフィールドワーカーシリーズ2) 古今書院 2015/06 978-4-7722-7123-3
  5. 地理 59-11 古今書院 2014/11 ISSN0570-9308

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 Selection of Principal Starchy Food in a Livelihood System Based on Bananas: The Formation of Food Culture in Buganda, Central Uganda Nilo-Ethiopian Studies 17, 51-62 2012
  2. 共著 Ethnobotanical Comparison of Banana and Enset Agricultural Practices in Africa Proceedings of Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies, 413-411 2006/11
  3. 共著 Ethnobotanical Comparison of Banana and Enset Use in Africa Proceedings of Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies 405-411 2006/11
  4. 研究論文(学術雑誌) 単著 人とバナナが織りなす生活世界―ウガンダ中部ブガンダ地域におけるバナナの栽培と利用 ビオストーリー(生き物文化誌学会誌) 2, 106-121 2004/10

研究発表

  1. 口頭発表(招待・特別) 文化としてのバナナ―アジア・アフリカの民族植物学的比較 旗美社大公共論壇 2016/02/29
  2. 口頭発表(招待・特別) Banana as Cultures: An Ethnobotanical Comparison between Africa and Asia 國立新竹教育大學 身體與飲食 無形文化資產工作坊 2016/01/12
  3. 口頭発表(一般) Tha human-palnt relationship in bark-cloth made from Ficus (Moraceae) in Buganda, Central Uganda 14th Congress of the International Society of Ethnobiology 2015/06/03
  4. ポスター発表 ウガンダ北部で流行する「うなづき症候群」の治療とケアを目指すネットワーク活動の現状―学際的なアプローチの課題と展望をめぐって 日本アフリカ学会第52回学術大会 2015/05
  5. 口頭発表(一般) Bridging Japanese Researchers and the Field Affected by Nodding Syndrome: An Approach from Area Studies 第54回日本熱帯医学会大会サテライトセミナー 2013/10/03

担当授業科目

  1. 食農環境論
  2. 自然と人の共生
  3. 生活環境学演習1

所属学協会

  1. 雑穀研究会
  2. International Society of Ethnobiology
  3. Society of Ethnobiology
  4. Society for Economi Botany
  5. 日本熱帯農業学会

学会活動以外の講演実績

  1. バナナと環境 大阪産業大学市民講座 2011/10/01
  2. 植物をめぐる知識のなりたち―アフリカの農村から 京都大学アフリカ地域研究資料センター主催  京の府民大学公開講座「アフリカ研究最前線」第5回「識る」 2010/09/25