大阪産業大学
デザイン工学部
環境理工学科

准教授

佐藤 靖明

サトウ ヤスアキ
Sato Yasuaki
  • 1976年生まれ
  • Tel.072-875-3001(代表)
  • Fax.072-871-1259

経歴

  1. 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科  研究員(科学研究) 2008/10/01-2009/03/31
  2. 大阪産業大学人間環境学部  客員講師 2009/04/01-2011/03/31
  3. 大阪産業大学人間環境学部  専任講師 2011/04/01-2014/03/31
  4. 大阪産業大学人間環境学部  准教授 2014/04/01-現在
  5. 大阪産業大学デザイン工学部  准教授 2017/04/01-現在
  6. 大阪産業大学大学院人間環境学研究科 准教授 2019/04/01-現在

学歴

  1. 東北大学 理学部 地圏環境科学科 その他 1999/03/31 卒業 日本
  2. 東北大学 理学研究科 地学専攻 博士前期 2001/03/31 修了 日本
  3. 京都大学 アジア・アフリカ地域研究研究科 アフリカ地域研究専攻 博士 2008/09 単位取得満期退学

学位

  1. 学士(理学) 東北大学 1999/03/31
  2. 修士(理学) 東北大学 2001/03/31
  3. 修士(地域研究) 京都大学 2008/09/30
  4. 博士(地域研究) 京都大学 2009/03/23

免許・資格

  1. 測量士補 1999/12/09
  2. 高等学校教諭専修免許 (理科) 2001/03/31
  3. 高等学校教諭専修免許 (地理歴史) 2001/03/31

教育・研究活動状況

主な担当科目:食農環境論・生物多様性と文化・フィールドスタジオ演習1・生態学特別演習1・生物資源活用演習

研究分野

  1. 地域研究
  2. 文化人類学・民俗学

研究キーワード

  1. 民族植物学
  2. バナナ
  3. アフリカ
  4. ウガンダ
  5. 国産バナナ
  6. パプアニューギニア

研究テーマ

  1. 東アフリカ高地のバナナに関する民族植物学的研究 ウガンダ、ルワンダ、バナナ、食と農 2001/04/01-現在
  2. アフリカの在来的なアグロフォレストリーと住民の知識の関係にかんする研究 混作、クワ科植物、在来知 2012/04/01-現在
  3. 東アフリカ「うなづき症候群(Nodding syndrome)」に対する地域研究 うなづき症候群、ケア、学際的アプローチ 2012/09/01-現在
  4. 国産バナナの食文化の可能性 2018/04/01-現在

著書

  1. 環境サイエンス入門 ―人と自然の持続可能な関係を考える 学術研究出版/ブックウェイ 2017/04/01 978-4-86584-212-8
  2. 争わないための生業実践―生態資源と人びととの関わり(アフリカ潜在力 第4巻) 京都大学学術出版会 2016/03 978-4-8140-0008-1
  3. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  4. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  5. フィールドの見方(100万人のフィールドワーカーシリーズ2) 古今書院 2015/06 978-4-7722-7123-3

論文

  1. (MISC)総説・解説(学術雑誌) 単著 書評『地域研究ライブラリー3 地域研究から見た人道支援―アフリカ遊牧民の現場から問い直す』(湖中真哉・太田至・孫暁剛編、昭和堂) アフリカ研究 96, 20-23 2019/12/31 0065-4140
  2. 共著 Stigma and epilepsy in onchocerciasis-endemic regions in Africa: a review and recommendations from the onchocerciasis-associated epilepsy working group Infectious Diseases of Poverty 8/ 34, 1-11 2019/05/20 2049-9957
  3. (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌) 共著 Banana Farming, Cultivars, Uses, and Marketing of Nkore in Southwestern Uagnda Tropical Agriculture and Development 62/ 3, 141-149 2018/09
  4. 研究論文(大学,研究機関紀要) 共著 Distribution and Marketing of Bananas in SOuthwestern Uganda: The impact of Commoditization of Bananas on Local Farmers 山口大学教育学部研究論叢 67, 197-204 2018/01
  5. 研究論文(学術雑誌) 単著 Selection of Principal Starchy Food in a Livelihood System Based on Bananas: The Formation of Food Culture in Buganda, Central Uganda Nilo-Ethiopian Studies 17, 51-62 2012

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) バナナ文化―食・酒・布― 生き物文化誌学会・第77回例会(バナナ例会) 2019/12/07
  2. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) バナナの文化誌の構想 生き物文化誌学会・第77回例会(バナナ例会) 2019/12/07
  3. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) アフリカにおけるバナナの食文化を考える アフリカ食文化の深淵に迫る 2019/12/01
  4. 口頭発表(一般) Changing Dietary Habits of Children in Central Uganda: Whereabouts of Traditional Food Knowledge in Modernization The 42nd Society of Ethnobiology Annual Meeting 2019/05/10
  5. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) Challenges of Uganda-Japan Nodding Syndrome Network and Community Based Organization in Northern Uganda The 3rd Trans-disciplinary Meeting for Nodding Syndrome in East Africa 2019/02/28

担当授業科目

  1. フィールドスタジオ演習1
  2. キャリアデザイン1
  3. 入門ゼミ1
  4. 環境学概論
  5. 環境人類学特論

社会貢献活動

  1. 京都大学 African Study Monographs 編集委員 2018/04/01-2020/03/31
  2. 日本ナイル・エチオピア学会 ニュースレター編集委員 2016/04-2019/03
  3. 日本ナイル・エチオピア学会 評議員 2016/04-2019/03
  4. アフリカ農業・農村社会史の再構築:在来農業革命の視点から 2016/04-2019/03
  5. 京都大学 African Study Monographs 編集委員 2016/04-2019/03

所属学協会

  1. 雑穀研究会
  2. International Society of Ethnobiology
  3. Society of Ethnobiology
  4. Society for Economi Botany
  5. 日本熱帯農業学会

委員歴

  1. 生き物文化誌学会 評議員、雑誌『ビオストーリー』編集委員 2019/06/22-2021/06
  2. 日本ナイル・エチオピア学会 評議員、会計幹事 2019/04-2022/04
  3. 日本ナイル・エチオピア学会 ニュースレター編集委員 2016/04-2019/04
  4. 京都大学アフリカ地域研究資料センター African Study Monographs 編集委員 2016/04/04-2022/03/31
  5. International Society of Ethnobiology Asian Representative 2012/06-2014/06

学会活動以外の実績

  1. 伝統食としてのバナナ 飲食文化資產走動式工作坊 香蕉飲食文化座談會 2018/10/27
  2. バナナと環境 大阪産業大学市民講座 2011/10/01
  3. 植物をめぐる知識のなりたち―アフリカの農村から 京都大学アフリカ地域研究資料センター主催  京の府民大学公開講座「アフリカ研究最前線」第5回「識る」 2010/09/25

研究費、科学研究費
(学外の分担者)

  1. バナナ栽培農民の戦略の地域史と食料主権に関する比較研究 19H04361 一般 小松 かおり 北海学園大学, 人文学部, 教授 2019 2022
  2. ウガンダ農村社会で生活するてんかん患者とその家族のための包括的ケアのモデル構築 18H03442 一般 西 真如 京都大学, アジア・アフリカ地域研究研究科, 特定准教授 研究分担者 2018 2021
  3. アフリカ食文化研究の新展開:食料主権論のために 18H03441 一般 藤本 武 富山大学, 人文学部, 教授 2018 2021
  4. バナナから見る農のグローバリゼーションと在来農文化の接続 15H03134 一般 小松 かおり 北海学園大学, 人文学部, 教授 2015 2018
  5. ウガンダの「うなづき症候群」に対する治療とケアの方法の確立をめざす学際的地域研究 26570007 挑戦的萌芽研究 武井 弥生 上智大学, 総合人間科学部, 准教授 2014 2015

競争的資金等の研究課題

  1. 科学研究費 ウガンダ農村社会における在来知に配慮した「食育」の可能性 17K02052 基盤研究(C) 一般 代表 2017/04/01-2021/03/31
  2. 科学研究費 東アフリカ高地におけるアグロフォレストリーの発達と在来知の関係 24710298 若手研究(B) 代表 2012/04/01-2017/03/31
  3. 科学研究費 アフリカ地域社会における集約的農業と遺伝資源保全の両立に関する研究 21710257 若手研究(B) 代表 2009-2011
  4. 科学研究費 照葉樹林の植生動態に対するシカと外来植物の影響と生物多様性保全に関する研究 19570028 基盤研究(C) 一般 分担 2007-2009