OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Design Technology
Department of Environmental Science and Technology

Associate Professor

Sato Yasuaki

  • Birth:1976
  • Tel.072-875-3001(代表)
  • Fax.072-871-1259

Career

  1. 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 研究員(科学研究) 2008/10/01-2009/03/31
  2. 大阪産業大学人間環境学部 客員講師 2009/04/01-2011/03/31
  3. 大阪産業大学人間環境学部 専任講師 2011/04/01-2014/03/31
  4. 大阪産業大学人間環境学部 准教授 2014/04/01-Present
  5. 大阪産業大学デザイン工学部 准教授 2017/04/01-Present

Academic background

  1. Tohoku University Faculty of Science 地圏環境科学科 1999/03 Graduated
  2. Tohoku University Graduate School, Division of Natural Science 地学専攻 Doctor prophase 2001/03 Completed
  3. Kyoto University Graduate school of Asian and African Area Studies Division of African Area Studies Doctor course 2008/09 Withdrawn after completion of required course credits

Academic degrees

  1. 学士(理学) Tohoku University 1999/03
  2. 修士(理学) Tohoku University 2001/03
  3. 修士(地域研究) Kyoto University 2008/09
  4. 博士(地域研究) Kyoto University 2009/03/23

Licenses and qualifications

  1. 測量士補 1999/12/09
  2. 高等学校教諭専修免許 (理科) 2001/03/31
  3. 高等学校教諭専修免許 (地理歴史) 2001/03/31

Research Areas

  1. Area studies
  2. Cultural anthropology

Bibliography

  1. 環境サイエンス入門 ―人と自然の持続可能な関係を考える 学術研究出版/ブックウェイ 2017/04/01 978-4-86584-212-8
  2. 争わないための生業実践―生態資源と人びととの関わり(アフリカ潜在力 第4巻) 京都大学学術出版会 2016/03 9784814000081
  3. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  4. 食と農のアフリカ史 昭和堂 2016/03 9784812215241
  5. フィールドの見方(100万人のフィールドワーカーシリーズ2) 古今書院 2015/06 978-4-7722-7123-3

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Only Selection of Principal Starchy Food in a Livelihood System Based on Bananas: The Formation of Food Culture in Buganda, Central Uganda Nilo-Ethiopian Studies 17, 51-62 2012
  2. Joint Ethnobotanical Comparison of Banana and Enset Agricultural Practices in Africa Proceedings of Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies, 413-411 2006/11
  3. Joint Ethnobotanical Comparison of Banana and Enset Use in Africa Proceedings of Kyoto Symposium: Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies 405-411 2006/11
  4. Research paper (scientific journal) Only 人とバナナが織りなす生活世界―ウガンダ中部ブガンダ地域におけるバナナの栽培と利用 ビオストーリー(生き物文化誌学会誌) 2, 106-121 2004/10

Research presentations

  1. Poster presentation アグロフォレストリーの生態人類学に向けて―茶・コーヒー・カカオ栽培の事例より 第23回生態人類学会研究大会 2018/03/24
  2. Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others フィールドワーク研究と子育てのライフヒストリー FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ ・サロン「子育てフィールドワーカーのロールモデルを探る」 2018/01/20
  3. Oral presentation(invited, special) パプアニューギニアのバナナと暮らし―品種・農業・食文化― 2017年度第1回日本・パプアニューギニア協会関西支部研究会 2017/12/23
  4. Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others ノーバナナ、ノーライフ!〈食べる・飲む・効く、バナナの世界〉 エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ 連続上映会 2017/12/02 URL
  5. Poster presentation パプアニューギニア低地におけるバナナ栽培の現代的展開:モロベ州マーカム・バレー地域の事例 日本熱帯農業学会第122回講演会 2017/10/21 URL

Alloted class

  1. 食農環境論
  2. 自然と人の共生
  3. 生活環境学演習1

Memberships of academic societies

  1. 雑穀研究会
  2. International Society of Ethnobiology
  3. Society of Ethnobiology
  4. Society for Economi Botany
  5. 日本熱帯農業学会

Committee Career

  1. 京都大学アフリカ地域研究資料センター African Study Monographs 編集委員 2016/04/04-2020/03/31
  2. 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 フィールドネット運営委員会委員 2011-2013

Achievements of non-academic activities

  1. バナナと環境 大阪産業大学市民講座 2011/10/01
  2. 植物をめぐる知識のなりたち―アフリカの農村から 京都大学アフリカ地域研究資料センター主催  京の府民大学公開講座「アフリカ研究最前線」第5回「識る」 2010/09/25