論文

公開件数: 10 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
高校生の体力評価および健康評価とBMIとの関係
大賀康弘(兵庫県立松陽高等学校),瀬戸孝幸,三野 耕



2011/06



本研究は高校生の体力評価および健康評価とBMIとの関係について検討した.対象者は,兵庫県内に居住する男子283名および女子786名である.体力評価は,握力,上体起こし,長座体前屈,反復横とび,持久走,50m走,立ち幅跳び,ボール投げの8種目である.健康評価は,持久走,握力,上体起こし,長座体前屈の4種目である.睡眠時間,テレビ視聴時間および運動実施状況は,体力測定時にアンケート調査した.その結果,次のことが明らかにされた.
1. 運動実施状況は,男子では全国値に近似し,女子では「週に3回以上」実施している者が少なく,「月に3回以下」実施している者や「しない」者が比較的多い傾向にある.テレビ視聴時間は,男女とも「1時間未満」の者が全国値よりも少なく,「3時間未満」および「3時間以上」の者が多い傾向にあった.睡眠時間は,男女とも全国値に近似した傾向を示していた.
2. BMIの対数と体力評価および健康評価との間に二次関数の関係が認められた.体力評価について二次関数の最大値の時のBMIは,男子で21.87,女子で20.89,健康評価について二次関数の最大値の時のBMIは,男子で23.07,女子で22.72であった.
 体力評価および健康評価いずれの場合にも,二次関数の最大値の時のBMIは,運動実施状況が「週に3回以上」している者の方が,「ほとんどしない」者よりも大きいことが認められた.
2 研究論文(学術雑誌)
共著
低周波鍼通電療法が筋血流に及ぼす影響―他の治療法との比較ー
織田かなえ(大阪産業大学大学院人間環境学研究科、株式会社Sin Cire)、黒瀬聖司(大阪産業大学大学院人間環境学研究科)、澤井亨、瀬戸孝幸、仲田秀臣、佐藤真治、大槻真吾
日本臨床スポーツ医学会誌

20/ 1, 9-16
2012




3 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
<研究ノート>バスケットボール選手、とくにセンターおよびフォワードにおける得点評価に関する形態学的検討
瀬戸 孝幸、成山 公一
大阪産業大学人間環境論集

10, 101-107
2011/02




4 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
発育学的にみたラグビー選手における走行スピードを加味したパワーの診断と評価について
川上将史(日生学園付属第一高等学校教諭)瀬戸 孝幸、三野 耕
大阪産業大学人間環境論集

10, 1-18
2011/02




5 研究論文(学術雑誌)
共著
低周波鍼通電療法が筋血流に及ぼす影響-置鍼およびTENSとの比較-
織田かなえ、黒瀬聖司
日本臨床スポーツ医学会誌

18/ 4
2010/11




6 研究論文(学術雑誌)
共著
高校バレーボール選手の体力推移
織田かなえ,澤井亨,瀬戸孝幸,仲田秀臣,大槻伸吾
関西臨床スポーツ医・科学研究会誌

19, 7-10
2010/06



高校生バレーボール選手の体力の現状を把握すると共に、高校生に対する望ましいチーム管理に資するために体力測定データの推移とその背景要因を調査検討した。
7 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
スポーツ健康学科の学生に対応したバスケットボールの技術指導(シュート編)

大阪産業大学人間環境論集

9, 291-297
2010/03




8 研究論文(学術雑誌)
共著
施設入居高齢者の足趾把持筋力と転倒の関連
露口亮太、黒瀬聖司、田頭悟志、西田晴彦、加茂智裕、日高なぎさ、瀬戸孝幸、堤 博美、大槻伸吾、木村 穣
日本臨床運動療法学会雑誌

19/ 2, 34-27
2018/01/31




9 研究論文(学術雑誌)
共著
Fall Risk Indexを用いた高齢者の転倒スコアと足趾把持筋力の関係
露口亮太,黒瀬聖司,田頭悟志,濱口幹大,新野弘美,瀬戸孝幸, 堤博美,大槻伸吾,木村穣
日本臨床スポーツ医学会誌
日本臨床スポーツ医学会
26/ 1, 27-32
2018/01/01




10
共著
バスケットボールのスリーポイントショット時における熟練者と未熟練者の関節運動の違いについて
田邉 智  瀬戸孝幸  村上雅俊
体育学研究

第62巻第2号別冊
2017/12