大阪産業大学
スポーツ健康学部
スポーツ健康学科

教授

田邉 智

タナベ サトル
TANABE SATORU

学位

  1. 博士(スポーツ科学) 大阪体育大学

研究分野

  1. スポーツ科学

研究テーマ

  1. 車いすテニス選手のサーブ動作時の上肢関節運動に関するキネマティクス的研究 2015/01/01-現在
  2. 車いすテニス選手のチェアワークに関するバイオメカニクス的研究 2016/08/15-現在
  3. ゴルフスイング時のクラブヘッド速度と法線方向へのグリップ速度との関係について 2015/08/01-現在
  4. バスケットボールのスリーポイントショットにおける成功試技と失敗試技の動作の比較について 2017/05/01-現在

著書

  1. フローチャートで学ぶ運動生理学実習 建帛社 2012/04 978-4-7679-0469-6

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 ゴルフスイング時のクラブヘッド速度と法線方向へのグリップ速度との関係について 大阪体育学研究 56 2017
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 車いすテニス時におけるチェアワークの即時測定システムの開発について 大阪体育学研究 56, 29-33 2017 URL
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 バスケットボールのスリーポイントショット時における熟練者と未熟練者の関節運動の違いについて 体育学研究 62 2017 URL
  4. 研究論文(学術雑誌) 共著 The relationship between approach run kinematics and javelin throwing performance Asian Journal of Coaching Science 2017
  5. (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 共著 車いすテニス選手のチェアワークに関するバイオメカニクス的研究 障害者スポーツ医科学研究拠点 平成27年度報告書 2017

研究発表

  1. 口頭発表(一般) バスケットボールのスリーポイントショットにおける成功試技と失敗試技の動作の比較について 日本体育学会 第68回大会 2017/09
  2. 口頭発表(一般) 熟練度の違いによるボール速度を調整する上肢関節運動の特徴 第55回大阪体育学会 2017/03
  3. 口頭発表(一般) ゴルフスイング時にグリップを法線方向へ引くとクラブヘッドは加速するのか? 第29回日本ゴルフ学会 2016/08
  4. ポスター発表 ダブルプレー時における二塁手の二塁送球動作に関する分析 日本体育学会 第67回大会 2016/08
  5. ポスター発表 バスケットボールの試合時における選手の跳躍高について 第54回大阪体育学会 2016/03

受賞

  1. 大阪体育学会奨励賞 2009/03
  2. 日本テニス学会研究奨励賞 1996/11

担当授業科目

  1. バイオメカニクス1
  2. バイオメカニクス2

所属学協会

  1. 日本体育学会 1994-現在
  2. 日本バイオメカニクス学会 1994-現在
  3. 日本体力医学会 2000-現在
  4. 大阪体育学会 1994-現在
  5. 日本臨床スポーツ医学会