大阪産業大学
スポーツ健康学部
スポーツ健康学科

教授

田中 讓

タナカ ユズル
tanaka yuzuru

経歴

  1. 大連医科大学副客座教授 2002/10-2005/10
  2. 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎副校長 2005/04/01-2008/03/31
  3. 大阪産業大学人間環境学部スポーツ健康学科教授 2008/04/01-現在

学歴

  1. 大阪教育大学 教育学研究科 健康科学 修士 1996/03 修了

学位

  1. 博士(学校教育学) 兵庫教育大学 2012/03

研究キーワード

  1. 大阪のスポーツ史

研究テーマ

  1. 良い体育授業について 体育,授業,課題解決的学習,ボール・球技運動領域 体育の良い授業とは何かについて,課題解決的学習を中心として児童・生徒の機能的,情意的側面等の変化を検討している。 2008/04-2011/03

著書

  1. なにわのスポーツ物語-廃藩置県から140年- 丸善出版 2015/06 978-4-86345-243-5
  2. 内容学と架橋する保健体育科教育論 晃洋書房 2012/05 978-4-7710-2366-6

論文

  1. 研究論文(学術雑誌) 単著 サッカー「課題ゲーム」を用いた課題解決的学習の成果―高学年児童の体力向上に焦点化して― 日本教科教育学会誌 34/ 2, 41-50 2011/09
  2. 研究論文(学術雑誌) 共著 サッカー「課題ゲーム」の運動強度の検討 日本教科教育学会誌 33/ 2, 31-40 2010/10
  3. 研究論文(学術雑誌) 共著 課題解決的学習における運動量の確保に関する研究―高学年児童のサッカーの授業を対象に― 日本教科教育学会誌 32/ 4, 1-10 2010/03
  4. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 単著 義務教育段階における「課題ゲーム」を用いたサッカーカリキュラムの提案―体力向上も目指して― 大阪産業大学人間環境学部学論集 12, 161-179 2013/03
  5. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 共著 全員参加を目指した高校1年女子生徒を対象とした「ダンス」の実践 大阪教育大学紀要第Ⅴ部門 教科教育 64/ 1 2015/09

研究発表

  1. 口頭発表(一般) 高学年児童を対象とした体力の向上も企図した「課題ゲーム」授業の成果―認識的側面を重点として― 大阪体育学会第49回大会 2011/03
  2. 口頭発表(一般) 体力の向上にも配慮したサッカー「課題ゲーム」授業の成果―高学年児童を対象に― 日本教科教育学会第36回全国大会 2010/10

所属学協会

  1. 日本教科教育学会
  2. 大阪体育学会
  3. 日本体育科教育学会
  4. 日本スポーツ教育学会
  5. 日本体育学会 1963-現在

委員歴

  1. 大阪体育学会 理事

学会活動以外の実績

  1. なにわのスポーツ物語 天附連 2015/10/14