OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Design Technology
Department of Environmental Science and Technology

Professor

MAESAKO Yuri


Career

  1. Osaka Sangyo University/Professor 2007/04/01-Present
  2. 奈良教育大学非常勤講師 1989/04/01-Present
  3. 奈良女子大学文学部・文学研究科非常勤講師 (1995-2016隔年開講,2019前期) 1995/04/01-2019/09/30
  4. 奈良女子大学共生科学研究センター協力研究員 2005/04/01-Present
  5. 関西大学大学院文学研究科非常勤講師 2011/04/01-Present
  6. 信州大学理学部非常勤講師 2012/04/01-2012/09/30
  7. 滋賀大学教育学部非常勤講師 1996/04/01-2005/03/31
  8. 奈良佐保短期大学教授 (助教授/講師) 1998/04/01-2007/03/31
  9. 奈良女子大学理学部助手 1988/04/01-1991/03/30
  10. 奈良女子大学理学部非常勤講師 1985/04/01-1988/03/31

Academic background

  1. Nara Women's University Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture Doctor course 1985/03 Withdrawn after completion of required course credits
  2. Nara Women's University Graduate School, Division of Natural Science Plant Ecology Master course 1980/03 Completed

Academic degrees

  1. PhD. Nara Women's University
  2. Master Nara Women's University

Current state of research and teaching activities

学生へのメッセージ:大学生活であなたの個性をおもいっきり磨いてください。生態学を学びたい,世界遺産の森や里山保全について研究したい,人と自然のつながりについて研究したい,植物と野生動物の相互作用に興味を持っている,そんなあなたは研究室の扉を開いてください。
いっしょにフィールド研究をやりましょう!                                     ○日本学術振興会+大阪産業大学 ひらめきときめきサイエンス(2009年度~実施;2017年度10月実施)
○大阪府生駒の森運営協議会(2017年度やっかんばの森、間伐活動) 
○2016年度地域連携事業(学長採択) 「大学と地域が育む自然・人・共生(TOMOIKI)教育・研究事業
  -フィールド研究とアクティブラーニングをつなぐ教育プログラムの開発」
○2017年度教育改革経費(学長採択) 「自然と地域と人の繋がりを視座として学生の人間力を培う-AL(アクティブラーニング)の教授法から評価まで」
○2018年度教育改革経費(学長採択)「理工系キャリア支援・開発に関する教育改革事業-学生の人間力とサイエンスチャレンジを磨く」
○森川田んぼ共育活動(2008年~現在)
 詳細はホームページをご覧ください。  http://www.est.osaka-sandai.ac.jp/~maesako/

Research Areas

  1. Ecology/Environment
  2. Biodiversity/Systematics
  3. Conservation of biological resources

Subject of research

  1. シカ高密度生息地における森林の不可逆的変化と多様性再生プロセスに関する生態研究 照葉樹林、、ダイナミズム、生物多様性、ニホンジカ、不可逆的変化 2015/04/01-2018/03/31
  2. 微化石の分子科学的情報を活用した人類紀の新しい古環境解析 分子科学的情報、古環境、原植生、人類紀 2016/04/01-2020/03/31
  3. Ecological studies on interaction between evergreen broad-leaved forest and deer Cervus nippon in Kasugayama Forest Reserve of World Heritage. Evergreen broad-leaved forest,Herbivore,Kasugayama Preserved Forest : World Heritage 照葉樹林におけるニホンジカの影響を,組成と構造から明らかにするとともに,地域のなかで世界文化遺産としての森林保全とニホンジカの共生を可能にする保全をさぐる。 2007-2009
  4. ○長期的シカ生息域における照葉樹林の生物多様性再生と外来種拡散に関する研究 (2010-2014科研基盤研究C 研究代表) 照葉樹林、保全生態、外来種拡散、森林動態、生物多様性、シカ 2010/04/01-2014/03/03
  5. ○世界遺産春日山原始林における外来種の分布拡大と植生景観の変遷に関する研究 (2003-2006科研) 照葉樹林、シカ、外来種、生態系 照葉樹林に侵入した外来樹木2種の分布を定量的に把握し,要因解析と保全をさぐる。 2003-2006
  6. ○カワウによる森林衰退に対する伝統的保全管理技術の効果と検証(2010-2014科研基盤研究C 研究分担) 伝統的保全管理、森林動態、カワウ、森林再生 2010/04/01-2014/03/31
  7. ○照葉樹林とカワウとの共存メカニズムに関する保全生態研究(滋賀県琵琶湖博物館などとの共同研究) 照葉樹林、カワウ、保全、景観変遷、文化 地域固有の生態系を構成する琵琶湖竹生島の照葉樹林とカワウの保全に関する研究 2007/04-Present
  8. ○近畿・琵琶湖沿岸域での環境放射性物質の動態調査解析(2013-2014私学研究助成 研究分担) 環境放射性物質、生態系、琵琶湖、環境影響、人間環境 2013/04/01-2014/03/31
  9. 奈良県吉野における自然と共生する地域連携研究(2012~2014 人間環境学部特別経費 共同研究) 吉野、森林、人のくらし、地域、持続可能性システム、吉野森林組合
  10. 内モンゴル草原におけるリモートセンシングと生態学融合研究 (2013~2014奈良女子大学との共同研究) 内モンゴル、放牧放棄、裸地可、生物多様性、観光化、定住政策
  11. 自然との共生をめざす人間環境の再生と崩壊に関する研究 生態系、文化、共生、地域再生 生態系,文化,都市計画,環境分析,環境経済など複合的要因から人間環境の再生と崩壊のメカニズムにアプローチしている。 (研究代表) 2008/04-Present
  12. 紀伊半島における林業と生態系と生活環境の共存機構に関する研究(奈良女子大学共生研究センターとの共同研究) 林業、生物多様性、地域産業 吉野林業と吉野川と人間生活とのバランスから,人の営みを探る生態学研究 2008/04-Present
  13. 近畿地方におけるタブノキの植生構造と遺伝構造(滋賀県立大学および琵琶湖環境科学研究センターとの共同研究) タブノキ、遺伝子構造、系統分析、植生解析、地理的変異

Bibliography

  1. 糺の森 未来のために 生態学的に見た糺の森 ほむぎ出版 2019/04/01 978-4-905202-09-7 URL
  2. 環境サイエンス入門-人と自然の持続可能な関係を考える はじめに、第1章 森と里の生態学-地域の生物多様性を育む 学術研究出版 2017/04/01 978-4-86584-212-8
  3. シカの脅威と森の未来-シカ柵の有効性と限界 編著:pp 93-108 ,pp 221-234,pp 235-237 文一総合出版 2015/08 978-4-8299-6525-2
  4. 世界遺産春日山原始林-照葉樹林とシカをめぐる生態と文化 編集および全3章を単独執筆、1章を共同執筆 ナカニシヤ出版 2013/03 978-4-7795-0744-1
  5. 『とりもどせ! 琵琶湖・淀川の原風景』 2-6 琵琶湖が育む照葉樹林:タブノキ林とその保全 琵琶湖が育む照葉樹林 pp.121-132 サンライズ出版 2009/05 978-4-88325-352-4

Papers

  1. (MISC) Research paper Impacts of deer on vegetation biodiversity in Japan fir 2018-2019, as assessed through a questionnaire survey 自然保護助成基金助成成果報告書 29, 14-26 2020/09/30 URL
  2. Research paper (research society, symposium materials, etc.) Only 大台ヶ原の今:企画趣旨およびフィールド観察から見えてきたこと 地域自然史と保全 関西自然保護機構 42/ 1, 3-10 2020/06/30 2187-2910
  3. (MISC) Research paper Joint 春日山原始林の450年生のスギと京都貴船の400年生のスギの年輪解析から森林を探る 森林・林業交流研究発表集録 林野庁,近畿中国森林管理局 81-88 2020/03
  4. Research paper (scientific journal) Joint 田辺湾畠島の植生 地域自然史と保全 関西自然保護機構 41/ 2, 131-142 2019/12/31 2187-2910
  5. Research paper (scientific journal) Joint 琵琶湖地域におけるサギ類・カワウをめぐる民俗―江戸時代から現代までの鳥類利用の文化 山階鳥類学雑誌 51/ 1, 1-28 2019/07/31 1348-5032

Research presentations

  1. Symposium workshop panel(public) Estabishment process of alien plant species: species inbasibility and biodiversity loss in forest, river,lake and grassland The 67th Annual meeting of theEecological society of Japan 2020/03/04
  2. 地域の生物多様性とシカによる日本の植生への影響(2018-2019)に関する研究 プロナツゥーラファンド研究報告会 2019/11/30
  3. Oral presentation(general) 春日山原始林の450年生のスギと京都貴船の400年生のスギの年輪解析から森林を探る 近畿中国森林管理局森林交流研究会 2019/11/13
  4. Poster presentation シカによる日本の植生への影響ー植生学会アンケート調査(2018-2019)報告 植生学会 2019/10/06
  5. Oral presentation(general) カワウの営巣と照葉樹林の動態-天然記念物神島,世界遺産蓬莱山,名勝および史跡琵琶湖竹生島- 社叢学会 2019/06/23

Artistic Activity, Architectural Works, etc.

  1. The Others 特別天然記念物・世界遺産春日山原始林における照葉樹林と食植者ニホンジカの相互作用に関する総合研究 Pro Natura Fundおよび住友財団環境研究助成 (研究代表) 2001-Present
  2. The Others Studies on the conservation and change of nature and cultural view in the Ancient Capital City of Nara and the boreal areas 1999-Present
  3. The Others Studies on the interaction between warm temperate evergreen broad-leaved forest and Sika deer in Kasugayama forest reserve 1999-Present
  4. The Others 御蔵島原生自然域の植生学的研究 1994-Present
  5. The Others 西太平洋温帯島嶼における海岸植生の研究 1992-Present

Prizes

  1. 奈良市有功表彰 奈良市の環境行政に20年にわたり貢献したことによって表彰いただいた。 2019/11/03
  2. 植生学会賞 植生学の業績が優れていると認められることにより植生学会より授与された。 2010/09/12
  3. ひらめきときめきサイエンス推進賞 科研費による研究成果の社会還元・普及事業に継続的にとりくみ,子供たちの科学する心を育み知的好奇心の向上に貢献したことにより,日本学術振興会より授与された。 2018/07/02
  4. 高槻市功労表彰 高槻市の環境行政に長年にわたって貢献したことによって授与された。 2013/10
  5. 奈良市功労表彰 奈良市の環境行政に10年にわたり貢献したことによって授与された。 2009/11

Social Contribution

  1. 近畿地方整備局事業評価監視委員会委員 2017/04/01-2021/03/31
  2. 公益財団法人大阪みどりトラスト協会理事 2015-Present
  3. 大阪府生駒の森運営協議会(会長) 2012/10-Present
  4. 近畿地方ダム等管理フォローアップ委員会 2017/09/01-Present
  5. 近畿地方ダム等管理フォローアップ委員会 2014/11-2017/11

Memberships of academic societies

  1. 国際植生学会
  2. 日本生態学会
  3. 植生学会
  4. 社叢学会
  5. 関西自然保護機構 (地域自然史と保全・研究雑誌発刊)

Committee Career

  1. 植生学会 副会長 2020/04/01-2023/03/31
  2. 紀伊半島研究会 会長 2020/04/01-2022/03/31
  3. 植生学会 企画委員長、運営委員 2017/04/01-2020/03/31
  4. 日本生態学会 地区委員(2008年~) 2008/04/01-Present
  5. 社叢学会 理事 2014/04/01-Present

Achievements of non-academic activities

  1. シカは日本の自然をどう変えたのか 山嶺の森をまもる会 2020/01/25
  2. シカが棲む森:春日山原始林の多様性と未来 奈良県 2019/09/14
  3. 大台ヶ原の森は蘇るのか-長期モニタリングから森とシカノ生態系保全を考える- 関西自然保護機構主催,日本生態学会近畿地区会共催,環境省後援 2019/09/01
  4. 森が育む生きものの世界 (公財)大阪みどりのトラスト協会+大阪府立中央図書館 2018/05/19
  5. 大阪の学科校教育における森林ESD推進キックオフミーティング 公益財団)大阪みどりのトラスト協会 2017/12/02

Unused input form4

  1. 時間情報解析による在来生物カワウと人との軋轢軽減のための「温故知新」 Grant-in-Aid for Scientific Research (A) General 亀田佳代子 研究分担 2020 2022
  2. 過去150年間の琵琶湖とその集水域の環境変遷の解明 General 亀田佳代子 研究分担 2019 2023 カワウと森の変遷に関する生態研究
  3. 微化石の分子科学的情報を活用した人類紀の新しい古環境解析 15H0296 General 高田 将志 奈良女子大学, 人文科学系, 教授 (60273827) 研究分担者 2015 2018
  4. 御蔵島原生市全域の植生学的研究 General 星野義延 1985 1986
  5. カワウによる森林衰退に対する伝統的保全管理技術の効果と検証 23510301 Grant-in-Aid for Scientific Research (C) General 滋賀県立琵琶湖博物館・研究部・専門学芸員・亀井佳代子 伝統的・適応的管理による森林再生メカニズムの解明 2011 2013

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. Others 日本のシカ-植生モニタリング調査(2009,2018)からみた地域の生物多様性保全研究 General Representative 前迫ゆり 2018-2020
  2. Science research expense 【刊行物名称】シカの脅威と森の未来-シカ柵による植生保全の効果と限界- 15HP5219 研究成果公開促進費 (学術図書) Representative 前迫 ゆり 2015-2015
  3. Science research expense シカ高密度生息地における森林の不可逆的変化と多様性再生プロセスに関する生態研究 15K07231 基盤研究(C) General Representative 前迫 ゆり 2015/04/01-2019/03/31
  4. Science research expense 長期的シカ生息域における照葉樹林の生物多様性再生と外来種拡散に関する研究 23510300 基盤研究(C) General Representative 2011/04-2015/03
  5. Commisioned research 照葉樹林主要構成種と貴重植物の分布構造と群落推移 General Representative 2010/04/01-2011/03/31