研究発表

公開件数: 25 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 口頭発表(一般)
オゾン酸化による人工甘味料分解の基礎的検討 第二報
第30回年次研究講演会
2021/11/25

本研究は、回分式実験によりオゾンと4種の人工甘味料の反応量論について検討した。初期人工甘味料濃度を0.2 mmol/L、オゾン水濃度を0.0015〜0.0096 mmol/Lとして2分間反応させた。スクラロースについてはほとんど分解せず、オゾンの減少も少なかったことからほとんど反応が起こっていないと考えられた。サッカリン二水和物、アスパルテーム、アセスルファムカリウムは、オゾン1 molに対して、それぞれ0.92 mol、ア0.67 mol、1.1 mol分解することが確認できた。
2 口頭発表(一般)
オゾン/過酸化水素促進酸化による生物学的二次処理水中有機物の分解過程
第30回年次研究講演会
2021/11/25

Even though O3/H2O2 based AOP has been proven to be an effective polishing treatment for sewage effluent, some of organic compounds were still found after treatment as the TOC value of treated sample was around 1 mg/L. In pursue of identifying these remaining substances, High Performance HPSEC-OCD was used to determine range of AMW of the remaining substances. In this study, four HPSEC-OCD results were observed and compared: (a) sewage effluent before AOP, (b) after ozone only treatment, (c) after ozonation with hydrogen peroxide addition in the beginning, (d) after ozonation with hydrogen peroxide continuously added. HPSEC-OCD chromatograms show that biopolymer in AMW range of 30,000 Da and LMW neutrals in AMW range of 500 Da were removed in all cases. However, humic substances and building blocks in AMW range of 2,700 and 2,000 Da are only removed in presence of hydrogen peroxide. LMW acids in which has AMW range of 1,100-1,200 Da were found irremovable. Furthermore, concentration in this AMW range increased after all treatment. The increase was hypothesized to be by-products of AOP reactions with larger molecules.
3 口頭発表(一般)
オゾン酸化による人工甘味料分解の基礎的検討オゾン酸化による人工甘味料分解の基礎的検討
日本オゾン協会第29回年次研究講演会
2021/01/12

本研究は、回分式実験装置を用いたオゾン酸化による人工甘味料の分解に関する基礎的な検討で、オゾン消費量に対する人工甘味料分解量を確認することを目的とした。実験に供した人工甘味料は、サッカリンナトリウム二水和物とした。100 mLのサッカリンナトリウム二水和物0.1 mmol/Lを試水とし、実測値が7.8 mg/Lのオゾン水と超純水を合わせて50 mL分を試水中に注入して150 mLとし、2分攪拌して実験を行った。実験の結果、オゾン1 molに対してサッカリンナトリウム二水和物0.5 mol分解した。
4 口頭発表(一般)
オゾン/過酸化水素処理による下水生物学的処理水中有機物の除去特性 第二報
特定非営利活動法人日本オゾン協会第28回年次研究講演会
2019/06/21

本論文は前報の第二報として、下水終末処理場の生物学的処理水を対象として、半回分式実験装置を用いたオゾン/過酸化水素促進酸化法による有機物分解の特性をとりまとめた。第二報では、過酸化水素添加方法を前報と同じく初期に添加する方法に加え、初期に添加して消失する頃に再度添加する方法、定量ポンプで連続添加する方法で行い、TOC分解速度、オゾン消費速度、過酸化水素消費速度で評価した。TOC濃度が7〜8 mg/Lであった試水では、実験時間が40分で連続添加が最も低い3.0 mgC/Lまで低下した。
5 口頭発表(一般)
オゾン/過酸化水素処理による人工甘味料の分解
特定非営利活動法人日本オゾン協会第28回年次研究講演会
2019/06/21

本論文は、環境中の蓄積が懸念される人口甘味料を対象として、オゾン/過酸化水素処理による分解実験を行った。実験に供した人工甘味料は、サッカリンナトリウム二水和物、スクラロース、アスパルテームおよびアセスルファムカリウムの4種である。いずれの人工甘味料もオゾン単独でTOCとして分解は確認できたが、促進酸化法とすることでより速く分解することがわかった。またLC/MS/MSによる測定から、いずれの人工甘味料も10分以内に消失しており、その一部は有機物の副生成物となっていることが確認できた。
6 口頭発表(一般)
熱分解 GC/MS を用いた河川水中マイクロプラスチックの定量
第53回日本水環境学会年会
2019/03/07


7 ポスター発表
熱分解GC/MSによる水中の微小ポリエチレンとポリスチレンの分析
第21回日本水環境学会シンポジウム
2018/09/04


8 口頭発表(一般)
異なる促進酸化における有機塩素化合物の塩化物イオンと有機酸の生成特性
第18回環境技術学会年次大会
2018/06/30


9 口頭発表(一般)
種々の下水汚泥を用いた微生物燃料電池の発電特性
第18回環境技術学会年次大会
2018/06/30


10 口頭発表(一般)
河川水中における抗インフルエンザウイルス薬と同ウイルスについて
第18回環境技術学会年次大会
2018/06/30


11 口頭発表(一般)
オゾン/過酸化水素処理による蓚酸分解工程における副生成物と無機化の検証
特定非営利活動法人日本オゾン協会第27回年次研究講演会
2018/06/22


12 口頭発表(一般)
温度が微生物燃料電池の内部抵抗に与える影響
平成30年度土木学会 関西支部年次講演集
2018/06/16


13 口頭発表(一般)
難分解性有機物2,4-Dに対するOHラジカルの寄与
第52回日本水環境学会年会
2018/03


14 ポスター発表
過熱水蒸気を用いた炭化処理法によるセシウムを含む下水汚泥の減量化
第52回日本水環境学会年会
2018/03


15 口頭発表(一般)
河川水中残留性有機汚染物質のマイクロプラスチックへの吸着特性について
第51回日本水環境学会
2017/03


16 ポスター発表
熱分解ガスクロマトグラフ質量分析計による難分解性有機汚染物質の分解物の推定
第19回日本水環境学会シンポジウム
2016


17 口頭発表(一般)
PFOS電解後生成物特定のための溶液中の正確なフッ素定量法の検討と生成物の官能基分析について
第49回日本水環境学会年会
2015


18 口頭発表(一般)
セシウム含有環境水を対象とした難分解性微量有機物の分析について
第15回環境技術学会年次大会
2015


19 口頭発表(一般)
PIGE分析による有機フッ素化合物電気分解処理のフッ素収支算出の試み
第29回PIXEシンポジウム講演集
2014


20 口頭発表(一般)
放射線で生成されるラジカルの有機フッ素化合物への影響とPFOS電解過程の解明
第17会日本水環境学会シンポジウム講演集
2014


21 口頭発表(一般)
PFOS電解後溶液に存在する生成物イオンの分画とそのフッ素量の分析
第30回PIXEシンポジウム講演集
2014


22
下水試料中におけるヘキサブロモシクロドデカン(HBCD)および低臭素化合物分析法の検討
第48回日本水環境学会年会講演集
2014


23
指定廃棄物除染方法の現場試験による検討
原子力学会2014秋の大会
2014/09


24 口頭発表(一般)
コールドトラップ法によるペルフルオロ化合物の電解後生成ガス中のフッ素化合物捕集の試み
土木学会第69回年次学術講演会
2014/09


25
電気分解法による難分解性有機フッ素化合物のガス状分解生成物の捕集および分析法の検討
第16回水環境学会シンポジウム
2013