OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Business Management
Department of Business Management

顔写真
Professor

Park, Yonggwan Moses

  • Tel.072-875-3001(内線4655)
  • Fax.072-870-0664

Other affiliation / position

  1. Osaka Sangyo University Others
  2. Osaka Sangyo University Graduate School Deans

Career

  1. 韓国電子通信研究院 技術経済研究部 Senior Researcher 1985/01-1999/02
  2. 平澤大学校 国際関係学部日本学科 専任講師・日本学科長 1999/03-2001/03
  3. 島根県立大学 総合政策学部 助教授 2001/04/01-2004/03/30
  4. 島根県立大学 北東アジア地域研究センター 研究員 2003/04/01-2005/03/31
  5. 島根県立大学 総合政策学部 教授 2004/04/01-2005/03/31
  6. 島根県立大学 北東アジア地域研究センター 客員研究員 2005/04/01-2009/03/31
  7. 大阪産業大学 経営学部経営学科 教授 2005/04/01-Present
  8. 大阪産業大学 大学院経営・流通学研究科 教授兼担 2005/04/01-Present
  9. 大阪産業大学 大学院経営・流通学研究科 経営・流通専攻主任 2008/04/01-2010/03/31
  10. Lawrence Technological University College of Management Visiting Scholar 2010/09/01-2011/08/31
  11. 大阪産業大学 大学院経営・流通学研究科 経営・流通専攻主任 2012/04/01-2014/03/31
  12. 大阪産業大学 経営学部経営学科 学科主任 2014/04/01-2016/03/31
  13. 大阪産業大学 大学院経営・流通学研究科 研究科長 2016/04/01-2018/03/31
  14. 東京大学 大学院教育学研究科 私学研修員 2019/04/01-2019/09/20

Academic background

  1. 公州高等学校 1975/02 Graduated 韓国
  2. 忠南大学校 経商大学 経済学科 1982/02/28 Graduated 韓国
  3. ソウル大学校 行政大学院行政学科 政策学専攻 Master course 1985/02/28 Completed 韓国
  4. Graduate School, University of Tokyo Graduate School of Arts and Sciences 相関社会学専攻 Master course 1994/03 Completed
  5. Graduate School, University of Tokyo Graduate School of Humanities and Sociology 社会情報学専攻 Doctor course 1997/03 Completed

Academic degrees

  1. 行政学修士 ソウル大学校行政大学院 1985/02
  2. 学術学修士 The University of Tokyo 1994/03
  3. 博士(社会学) The University of Tokyo 1997/03

Current state of research and teaching activities

The 21st century will become the time of diversification more, and cannot respond the slight whole concern. Student gentlemen would like you to extend their concern from a center to adjacent spaces according to each blessed nature and each various talents currently actualized soon. Though stand on a global view, it judges autonomously itself, it challenges to the future with creative and frontier soul and it acts positively, I would like you to have a great dream as synthetic and a person of character with a sense of proportion. Moreover, it will have the viewpoint of the thinking from various points of view which leads its intellect to synthetic judgment, and will be fully aware of the pride and responsibility as a positive subject in the 21st century, and I would like you to combine intellect, wisdom, and practice power so that it can contribute also to a local renaissance or regional vitalization with rich creativity.

Research Areas

  1. Business Organization Theory, Leadership and Innovation, Industry 4.0, The Age of AI, Japanese and Korean Culture

Research keywords

  1. Leadership
  2. Innovation
  3. Organization Theory
  4. Intrinsic Motivation
  5. Industry 4.0
  6. Companies as Collaborative Communities
  7. Associates-centered Leadership
  8. AI時代におけるリーダーシップとイノベーション
  9. Similarities and Differences between Japanese Culture and Korean Culture

Subject of research

  1. Similarities and Differences between Japanese Culture and Korean Culture Japanese Culture, Korean Culture 2001/04/01-Present
  2. 創発的イノベーションとリーダーシップに関する研究 創発的イノベーション 漸進的イノベーション リーダーシップ サーバント・リーダーシップ  今日の不連続的かつ急激な環境変化に対応し、生き残り、生き延びるためには、改善だけではなく、過去へのこだわりを断ち切った新しいイノベーション戦略が必要であり、新しいリーダーシップが必要である。従来のような指示・命令するリーダーではなく、アソシエーツに仕え、配慮し、サポートし、一人ひとりが持っている才能、能力、可能性を認めてあげ、それを十二分に発揮できるように助けてあげるリーダーでなければならない。 2007/06/01-Present
  3. 創発的イノベーションと効果的な組織運営に関する研究 創発的イノベーション 組織改革 ネットワーク型組織 内発的モチベーション 効果的リーダーシップ 昨今、ピラミッド型組織の限界が露呈され、世界各地で、その根本的な改革が迫られつつある。ピラミッド型組織の典型的事例であると言える軍隊組織さえ抜本的な組織改革が行われている。アメリカ陸軍及びフォード社の組織改革、オルフェウス室内管弦楽団の試み、アメリカのW. L. ゴア・アソシエーツ及びバックマン・ラボラトリーズ社、日本のミスミ社、KLCグループ、レイアン、富士製薬工業、そして、台湾のエイサーなどの事例を通して21世紀を勝ち抜く最強の組織づくりを試みる。 2007/06/01-Present
  4. イノベーション創出戦略に関する研究 常識の非常識 創発的イノベーション 漸進的イノベーション 昨今の激変する環境変化の時代では、従来の産業社会の常識に従っている非常識を強烈に暴き、イノベーションを試みなければならない。たとえば、大量生産・大量消費・大量販売という常識の非常識、日本的経営の常識である改善というイノベーションの非常識、近代の大規模組織の常識であるピラミッド型組織の非常識、音楽界の常識である指揮者がいるオーケストラの非常識、産業社会を支えてきた教え込み教育という常識の非常識、リーダーは指示・命令・管理・コントロールする者であるという常識の非常識等々が挙げられる。 2007/06/01-Present
  5. 第4次産業革命時代におけるイノベーション創出戦略に関する研究 第4次産業革命、ICT、IoT、AI、RPA、イノベーション 昨今、世界中がインターネットを通じて結ばれ、第3次革命と言われたICT(Information and Communication Technology)がさらに進化し、第4次産業革命(Industry 4.0)となり、インターネット・インダストリーによるマスカスタマイゼーションやIOT(Internet of Things)によるビッグデーター活用に基づく新商品、新サービスの提供が時流になろうとしている今日において、如何にこのような激変する環境変化に対応し、イノベーション創出戦略を明らかにする。 2015/04/01-Present
  6. 第4次産業革命時代における創発的イノベーションと効果的な組織運営に関する研究 第4次産業革命、ICT、IoT、AI、RPA、イノベーション、逆ピラミッド型組織 昨今、世界中がインターネットを通じて結ばれ、第3次革命と言われたICT(Information and Communication Technology)がさらに進化し、第4次産業革命(Industry 4.0)となり、インターネット・インダストリーによるマスカスタマイゼーションやIOT(Internet of Things)によるビッグデーター活用に基づく新商品、新サービスの提供が時流になろうとしている今日において、如何にこのような激変する環境変化に対応し、創発的イノベーションと効果的な組織運営に関して研究する。 2015/04/01-Present
  7. AI時代における創発的イノベーションとリーダーシップのあり方に関する研究 第4次産業革命、ICT、IoT、AI、RPA、創発的イノベーション、Associates Centered Leadership、人格の高潔さ 昨今、第四次産業革命が急速に進み、本格的にIoT(Internet of Things)、AI(Artificial Intelligence)、RPA(Robotics Process Automation)が導入され、働き方やマジメントの改革など経営・流通のあり方が根本的に変わりつつあります。例えば、インターネット・インダストリーによるマスカスタマイゼーションやIoT(Internet of Things)によるビッグデーター活用に基づく新商品、新サービスの提供、AI技術による物流効率化・サプライチェーンの最適化、RPA(Robotic Process Automation)ツールを活用し業務自動化を推進する業務改革サービスなどが時流になろうとしていています。昨今の環境変化に応じて、如何に最適なAI時代における創発的イノベーションを創出し、いかなるリーダーシップのあり方が望ましいかを研究する。 2016/04/01-Present

Bibliography

  1. Key Words of Economic Sociology Minerva Publishing Co., Ltd 2015/05
  2. The Culture of Kashikomaru and the Culture of Kashikogaru ミネルヴァ書房 2006/08
  3. 北東アジア学創成に向けてII 島根県立大学北東アジア学創成プロジェクト 2005/03
  4. 海洋資源開発とオーシャン・ガバナンス - 日本海隣接海域における環境 国際書院 2004/03
  5. 北東アジア学創成に向けて 島根県立大学北東アジア学創成プロジェクト 2003/12

Papers

  1. (MISC) Lecture materials etc. (seminar, tutorial, course, lecture and others) Only AI時代における経営・流通戦略に関する特別学術講演 大阪産業大学学会報 大阪産業大学 54, 74-76 2019/03
  2. Research paper (bulletin of university, research institution) Only A Study on the Being of Leadership: With Special Reference to “Greatness for the Masses” 大阪産業大学経営論集 20/ 1, 21-52 2018/10/31
  3. (MISC) Lecture materials etc. (seminar, tutorial, course, lecture and others) Only 第4次産業革命時代における経営・流通に関する特別学術講演 大阪産業大学学会報 大阪産業大学 53, 74 2018/03/05
  4. Research paper (scientific journal) Only Operating Companies as Collaborative Communities for Emergent Innovation Advances in Economics and Business 4/ 12, 651-656 2016/12
  5. (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal) Only Seven Roles of Associate-Centered Leaders to Enable Emergent Innovation in the Era of Globalization Proceedings of the 2015 KAPA International Conference,16-18, July 2015 <16-4-2-E> 29-45 2015/07

Research presentations

  1. Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others AI時代におけるリーダーシップのあり方 AI時代における経営・流通戦略に関する特別学術講演会 2018/10/26
  2. Oral presentation(general) Management Evolution in the Age of the Fourth Industrial Revolution: With Special Reference to Creating Innovation Governance Capacity in International Perspectives 2018/01/05
  3. Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others Management in the age of Industrial 4.0 第4次産業革命時代における経営・流通に関する特別学術講演会 2017/10/13
  4. Oral presentation(general) Operating Companies as Collaborative Communities for Emergent Innovation The 6th Annual Conference on Management and Social Sciences (ACMASS 2016) 2016/08/10
  5. Oral presentation(general) Seven Roles of Associate-Centered Leaders to Enable Emergent Innovation in the Era of Globalization The 2015 KAPA International Conference 2015/07/16

Prizes

  1. 10年勤続及び研究所発展功労賞 韓国電子通信研究所所長表彰第879号 1995/04 10年勤続及び研究所発展功労
  2. 韓国電子通信研究所発展功労賞 韓国電子通信研究所所長表彰第176号 1986/12 韓国電子通信研究所所発展功労
  3. 韓国電気通信公社研修自治活動功労賞 韓国電気通信公社研修院院長表彰第55号 1985/05 韓国電気通信公社研修自治活動功労

Alloted class

  1. 組織行動論
  2. 経営組織論
  3. 非営利組織の経営
  4. 研究ゼミナール1
  5. 研究ゼミナール2

Teaching achievements

  1. 西宮市課長 第2部研修 2009/07-2009/07 最強のイノベーション創出戦略とリーダーシップ

Textbooks and teaching materials

  1. 経済社会学キーワード集 2015 人的資源を担当:人的資源とは、ヒトをモノ、カネ、情報、時間など他の資源と等しく組織における価値ある経営資源の一つとしてみる見方である。グローバル化、技術革新、人材の流動化など今日の激変する経営環境の中で生き残り、競争に勝ち抜くためには創発的イノベーションが大事であるが、その担い手が他ならぬヒトである。本書で筆者が担当したのはこの人的資源と人的資源管理の意義、人的資源管理の歴史、そして人的資源管理に対する批判に関することである。
  2. ネットワーク組織論 2003/03/20 従来のピラミッド型組織などの目的活動的組織論からネットワーク型組織などコミュニケーション的組織論への移行過程とそれを促す論理、および組織的、社会的コンテキストなどを理論的かつ実証的に分析し、その意味を明らかにする。一つのジャングル観をなしているネットワーク論の理論化、体系化を試みる。

Social Contribution

  1. だいとう写楽 2021/05/01-Present
  2. Headmaster of Korean Language School 2014/01/01-2017/12/31
  3. Osaka CBMC (Christian Business Men Connection) 2012/04/01-2013/03/31
  4. Grass-roots Volunteer Activities for the Urban Poor and the Mobile Farmers 2011/06/01-2011/08/30
  5. Volunteer Activities for Villagers of Tae Keuk Village 2010/10/01-2011/08/30

Memberships of academic societies

  1. 日本ナレッジ・マネジメント学会 2018/04/01-Present
  2. ドラッカー学会 2016-Present
  3. 日本リーダーシップ学会 2016-Present
  4. 日本経営学会 2007-Present
  5. 日本社会学会 2002-Present

Committee Career

  1. 大阪産業大学 国際交流委員会委員 2018/04/01-Present
  2. 大阪産業大学 教学マネジメント委員会委員 2016/04/01-2018/03/31
  3. 大阪産業大学 自己点検・評価全学委員会委員 2016/04/01-2018/03/31
  4. 大阪産業大学 サテライト委員会委員 2016/04/01-2018/03/31
  5. 大阪産業大学大学院 大学院研究科会議委員 2016/04/01-2018/03/31

Achievements of non-academic activities

  1. Let Us Hold Fast to the Gospel of Hope Osaka Evangelistic Tabernacle 2021/01/17
  2. Servant Leadership Osaka Evangelistic Tabernacle 2020/12/20
  3. Developing a Gratitude Attitude Osaka Evangelistic Tabernacle 2020/11/15
  4. How Can We Overcome the Current Crisis? Osaka Evangelistic Tabernacle 2020/10/18
  5. Let Us Start Rebuilding: What Made Nehemiah an Effective Leader? Osaka Evangelistic Tabernacle 2020/09/20