研究発表

公開件数: 74 件
No. 会議種別 タイトル 会議名 開催年月日 URL 概要
1 口頭発表(一般)
心肺運動負荷試験を用いた高強度インターバルトレーニングの効果判定に関する検討
第30回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2021/06/26

男子大学生アスリート16名を対象に80%WRmax強度または95%WRmax強度の2群に分け、各強度で疲労困憊までのエルゴメーター運動を3セット行った(週1回、8週間)。トレーニング後の運動パフォーマンスはRampおよびStep負荷試験で有意な増加が認められたものの、Step負荷試験時にのみトレーニングと強度の相互作用効果が認められた。また、95%WRmax にのみトレーニング後のHRmaxとSBPmaxの増加が見られ、Step負荷試験時の運動開始時の心拍応答には有意に高い値が認められた。
2 口頭発表(一般)
Exercise training intensity-dependent adaptive changes in the cardiorespiratory function
The 60th Anuual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering
2021/06/15

16名の大学生アスリートを95%と80%の強度トレーニンググループに分け、短期および長期の生理学的適応の発達のためのトレーニング強度のそのような違いが、運動中の心肺機能にいつ、どの程度影響するか検討した。ステップ運動中の最大心拍数は、6週間後のHIT後の95%トレーニンググループでのみ有意に増加し、運動開始直後の心拍数の増加がHIIT後に観察された。運動中の心肺機能のHIT強度依存性適応変化は、6週間後に主に心血管系に現れると考えられた。
3 口頭発表(一般)
Effects of Weekly Interval Training at High Intensity Interval Training on Dynamic Cardiorespiratory Responses to Exercise
EXPERIMENTAL BIOLOGY 2021
2021/04


4 ポスター発表
呼吸循環代謝系のインターバルトレーニング強度依存性運動適応発現プロセスの解明
第75回日本体力医学会大会
2020/09

大学生アスリートを95%強度トレーニング群(95%TG)と80%強度トレーニング群(80%TG)に分け、自転車エルゴを用いてHIITをall-outまで行った。VO2maxおよびVEはトレーニング強度に関係なくHIIT後有意に増加した。運動持続時間は両群ともに HIIT開始後6週目において有意に延長し、95%TGは80%TGに比べ有意に高い伸び率を示した。運動時のHRmaxはHIIT開始後6週目以降95%TGにおいてのみ有意に増加し、8週間のHIIT実施後には運動開始直後の心拍増加反応の高速化と増強が認められた。運動時の呼吸循環代謝系におけるHIIT強度依存性の適応変化は、主に循環調節系を中心にトレーニング開始6週目以降に発現することが判明した。
5 口頭発表(一般)
曲線定規を用いた脊柱アライメント評価の検者間内信頼性の検討
第25回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2015/06


6 口頭発表(一般)
介護従事者に対する2種類の体幹強化エクササイズが臨床症状、腹筋群に与える影響について
第29回日本体力医学会近畿地方会
2015/01


7 ポスター発表
静的および動的体幹トレーニングの効果発現について
第69回日本体力医学会大会
2014/09


8 口頭発表(一般)
異なる体幹強化エクササイズによる腹筋群の筋厚、筋持久力、体幹屈曲筋力の変化について
第28回日本体力医学会近畿地方会
2014/01


9 口頭発表(一般)
トレーニング期とディトレーニング期における足部および足関節傷害発生状況と筋力バランスや巧緻性の関連について
第28回日本体力医学会近畿地方会
2014/01


10 口頭発表(一般)
大学男子バスケットボール選手における足部・足関節の傷害と足趾運動巧緻性および筋力・バランスの関係について
第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会
2013/10


11 口頭発表(一般)
男子長距離選手の腓腹筋腱長とジャンプとの関係性について
第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会
2013/10


12 口頭発表(一般)
トレーニング期とディトレーニング期における足部および足関節傷害発生状況の変化について
第68回日本体力医学会大会
2013/09


13 口頭発表(一般)
男子高校生長距離選手のRJ指数と走タイムの関係について
第68回日本体力医学会大会
2013/09


14 口頭発表(一般)
異なる体幹強化エクササイズによる腹筋群筋厚、筋持久力、体幹前屈筋力の変化について
第24回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2013/06


15 口頭発表(一般)
大学男子バスケットボール選手の持久的体力指標及びPOMSテストと傷害の関係
第23回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2013/06


16 口頭発表(一般)
男子高校男子陸上競技選手の種目別リバウンドジャンプ指数の違いについて
第23回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2013/06

高校男子陸上競技選手の種目別リバウンドジャンプ(RJ)指数の違いについて検討した。分散分析の結果、種目別の有意な差を認めた。また、多重比較検定の結果、短距離と長距離、跳躍と長距離に有意な差が認められた。高校生男子陸上選手において、種目別RJ指数に違いが現れた。このように高校生においてもRJ指数には種目特性が現れることが示唆された。
17 口頭発表(一般)
大学男子バスケットボール選手における足アーチ高率と足把持筋力と静的バランスの相関関係について
第27回日本体力医学会近畿地方会
2013/01/26


18 口頭発表(一般)
リバウンドジャンプ指数と高校男子長距離選手の走パフォーマンスの関係性について
第27回日本体力医学会近畿地方会
2013/01/26


19 ポスター発表
大学男子バスケットボール選手における足アーチ高率と足趾把持筋力トレーニング効果について
第23回日本臨床スポーツ医学会学術集会
2012/11/03


20 口頭発表(一般)
大学バスケットボール選手の足アーチ高率と障害について
第22回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2012/06/16


21 口頭発表(一般)
高校駅伝選手の体力と障害について
第22回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2012/06/16


22 ポスター発表
バレーボール選手における大腰筋に関する研究
第17回日本バレーボール学会
2012/02


23 ポスター発表
バレーボール選手における大腰筋に関する研究
第16回日本バレーボール学会
2011/02


24 口頭発表(一般)
低周波鍼通電療法が筋血流に及ぼす影響
第25回日本体力医学会近畿地方会
2011/01


25 口頭発表(一般)
低周波鍼通電刺療法が筋血流に及ぼす影響 ~置鍼およびTENSとの比較~
第21回日本臨床スポーツ医学会学術集会
2010/11


26 口頭発表(一般)
低周波鍼通電刺療法が筋血流と筋音速に及ぼす影響
第65回日本体力医学会大会
2010/09


27 口頭発表(一般)
低周波鍼通電療法(EA)と経皮的電気神経刺激(TENS)の比較~筋血流に及ぼす影響~
第59回全日本鍼灸学会学術大会
2010/06

アスリートを対象に鍼通電刺激(EA)と電気神経刺激(TENS)によるハムストリングスの血液酸素動態を比較した。EA刺激では筋組織の酸素化ヘモグロビンと総ヘモグロビンの増加に加え筋温の上昇がみられた。これは鍼刺激による局所の筋収縮や軸索反射などの影響によって筋血流が上昇するものと考えられた。一方TENS刺激でも筋温の上昇はみられたが、血液酸素動態に有意な変化はみられずTENSよりもEAの方がより有意に血流量を増大させると考えられた。
28 口頭発表(一般)
低周波鍼通電刺療法が筋血流に及ぼす影響-非刺激側との比較-
第20回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2010/06


29 口頭発表(一般)
低周波鍼通電刺療法が筋血流に及ぼす影響
第24回日本体力医学会近畿地方会
2010/01/23


30 ポスター発表
バレーボール競技に帯同するトレーナー(鍼灸師)の活動調査
第20回日本臨床スポーツ医学会学術集会
2009/11/14


31 口頭発表(一般)
大学アメリカンフットボールの傷害発生状況
第20回日本臨床スポーツ医学会学術集会
2009/11/14


32 口頭発表(一般)
高校バレーボール選手の体力推移
第19回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2009/06


33 口頭発表(一般)
企業内メタボリック症候群対策の試み
第18回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2008/06


34 口頭発表(一般)
「メタボリックシンドロームを有する社会人男性を対象としたWeb上でのハイブリッド型ヘルスアッププログラムの有効性について」
平成19年度日本遠隔医療学術大会
2007/10


35 口頭発表(一般)
「メタボリックシンドロームを有する社会人男性を対象としたWeb上でのハイブリッド型ヘルスアッププログラムの有効性について」
第26回臨床運動療法研究会
2007/07

メタボリック・シンドロームの危険性がある男性社会人に対し、Web上から遠隔監視型での継続的な運動・栄養指導を含めたハイブリッド型ヘルスアッププログラムの有効性について検討した。介入後で腹囲・体重・血圧に有意な低下が認められた。またHPのアクセス率が50%以上の者で腹囲・BMIの有意な改善が認められたことから、このプログラムの有効性が示唆された。
36 口頭発表(一般)
高齢者における運動教室の効果発現について
第17回日本臨床スポーツ医学会学術集会
2006/11


37 口頭発表(一般)
運動教室に参加した高齢者の体力の変動について
第61回日本体力医学会大会
2006/09


38 口頭発表(一般)
高齢者における長期的かつ継続的な運動の経時的効果について
第16回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2006/06


39 口頭発表(一般)
高齢者における長期的かつ継続的な運動の経時的効果について
第44回大阪体育学会
2006/03


40 口頭発表(一般)
高齢者向け一般的健康運動教室参加者の膝の疼痛と体格・体力について
第20回日本体力医学会近畿地方会
2006/01


41 ポスター発表
大学学齢期女性における音響的骨評価値の年間変化率に及ぼす生活習慣因子の検討
第60回日本体力医学会大会
2005/09


42 口頭発表(一般)
Influence of the Residential Form to Annual Change of Osteo-Sono Assessment Index in Women's Junior College Students
The 11th Korea - Japan-China Health and Physical Education SYMPOSIUM
2005/07


43 口頭発表(一般)
「骨盤ベルト」が体力・運動能力に与える影響
第15回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2005/06


44 口頭発表(一般)
運動教室に参加した高齢者における運動の効果について
第15回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2005/06


45 口頭発表(一般)
週一回の運動教室は高齢者の健康に役立つか
第19回日本体力医学会近畿地方会
2005/01


46 口頭発表(一般)
ストレッチングが練習後の大腿直筋に及ぼす影響 ~バレーボール選手について~
第14回関西臨床スポーツ医・科学研究会
2004/06


47 ポスター発表
大学学齢期女性における右踵骨骨密度と体格および生活習慣等の関連
第58回日本体力医学会大会
2003/09


48 ポスター発表
柔道選手の身体各部骨密度と運動負荷の関わりについて
第56回日本体力医学会大会
2000/09

柔道選手の身体各部の骨密度を測定し、各部に加わる運動負荷との関係を検討した。その結果、柔道選手は釣手の骨密度が高く、腰椎では骨棘形成が認められた。つまり、運動負荷の強い部分の骨密度が高くなる傾向を示した。
49 口頭発表(一般)
大学女子長距離走者におけるAT判定に関する一考察
第12回ランニング学会大会
2000/03


50 口頭発表(一般)
無酸素性パワー発揮における陸上競技短距離群・長距離群の男女比較
第54回日本体力医学会大会
1999/09


51 口頭発表(一般)
女子短期大学生における正常体重肥満者の体力的特徴
第45回近畿学校保健学会大会
1998/06


52 口頭発表(一般)
市民ランナ-の安全なジョギングに関する研究(第5報)
第10回ランニング学会大会
1998/03


53 口頭発表(一般)
女子市民マラソン・ランナーにおける競技記録の予測
第52回日本体力医学会大会
1997/09


54 口頭発表(一般)
市民ランナ-の安全なジョギングに関する研究(第4報)
第9回ランニング学会大会
1997/03


55 口頭発表(一般)
女子大学生の骨密度からみた骨粗鬆症予防に関する一考察
第11回日本体力医学会近畿地方会
1997/01


56 口頭発表(一般)
ハンド・ウエイトの付加が歩行速度に及ぼす影響
第8回ランニング学会大会
1996/03


57 口頭発表(一般)
市民ランナ-の安全なジョギングに関する研究(第3報)
第8回ランニング学会大会
1996/03


58 口頭発表(一般)
市民ランナ-の安全なジョギングに関する研究(第2報)-HR管理を取り入れたトレーニング-
第8回ランニング学会大会
1996/03


59 口頭発表(一般)
市民ランナ-の安全なジョギングに関する研究
第7回ランニング学会大会
1995/03


60 口頭発表(一般)
水中運動が軽度肥満者に及ぼす影響
第42回日本教育医学会大会
1994/08


61 口頭発表(一般)
小学生の校内マラソンに関する一考察
第44回日本体育学会大会
1993/11


62 口頭発表(一般)
心エコ-図からみた長距離選手の男女比較について
第1回日本運動生理学会大会
1993/07


63 口頭発表(一般)
バスケットボ-ルの運動強度に関する一考察 ポジション別にみた運動強度
第43回日本体育学会大会
1992/12


64 口頭発表(一般)
Bioelectrical Impedance 法による小学生の身体組成評価
第46回日本体力医学会大会
1991/10


65 口頭発表(一般)
男性長距離選手の心形態・心機能 -柔道選手との比較-
第46回日本体力医学会大会
1991/10


66 口頭発表(一般)
摂食がBI法による身体組成値に及ぼす影響
第5回日本体力医学会近畿地方会
1991/02


67 口頭発表(一般)
男子長距離選手の心肺機能について
第13回スポ-ツと心臓の会
1990/10


68 口頭発表(一般)
ショ-トテニス中の心拍数の変動について
第45回日本体力医学会大会
1990/09


69 口頭発表(一般)
男子長距離選手の心肺機能について
第45回日本体力医学会大会
1990/09


70 口頭発表(一般)
児童ショ-トテニス中の心拍数の変動について
第4回日本体力医学会近畿地方会
1990/02


71 口頭発表(一般)
女子長距離選手の呼吸循環機能に関する一考察
第12回スポ-ツと心臓の会
1989/11

男子長距離選手のスポ-ツ心臓に注目し、その形成と有酸素能力、心エコ-図所見、競技成績、競技歴およびトレ-ニングの開始時期との関係について検討した。すべての選手において心筋の肥厚および拡張傾向が認められ、その程度は競技成績の優れた者ほど、また長い競技歴を有する者ほど顕著であった。しかし、有酸素能力はおよびトレ-ニングの開始時期との間には有意な相関関係は認められなかった。
72 口頭発表(一般)
女子長距離選手の呼吸循環機能に関する研究
第44回日本体力医学会大会
1989/09


73 口頭発表(一般)
心拍数からみたなわとび運動の運動強度
第3回日本体力医学会近畿地方会
1989/02


74 口頭発表(一般)
跳躍運動の基礎的研究(第二報):筋電図からみた連続跳躍時の上下肢・躯幹の協応について-
第39回日本体育学会大会
1988/10