大阪産業大学
デザイン工学部
環境理工学科

教授

花田 眞理子

ハナダ マリコ
HANADA Mariko
  • Tel.072-875-3001
  • Fax.072-871-1259

経歴

  1. 大阪産業大学 人間環境学部都市環境学科 助教授 2001/04/01-2008/03/31
  2. 大阪産業大学大学院 人間環境学研究科 助教授 2005/04/01-2008/03/31
  3. 大阪産業大学大学院 人間環境学研究科 教授 2008/04/01-現在
  4. 大阪産業大学 人間環境学部生活環境学科 教授 2008/04/01-現在
  5. 東京大学 生産技術研究所 研究員(委嘱) 2009/04/01-2009/09/30

学歴

  1. カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校大学院 行動科学科 応用行動科学 博士前期 1988 修了 アメリカ合衆国
  2. 東京大学 経済学部経済学科 経済学科 卒業
  3. 東京大学 経済学部経営学科 経営学科 卒業

学位

  1. 学術修士 カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校

研究分野

  1. 環境経済
  2. 家政学一般(含衣・住環境)
  3. 経済政策

研究テーマ

  1. 環境政策の経済的手法 経済的誘因、持続可能社会、レジリエンス
  2. 環境コミュニケーション 環境報告書,パートナーシップ
  3. 環境文化 エコ・コンシャス、環境リテラシー
  4. 教育・社会系心理学 ストレス・マネジメント、環境配慮行動への動機づけ
  5. 環境教育による持続可能性の研究 プロジェクト型環境教育

共同・受託研究希望テーマ

  1. パートナーシップによる環境配慮型社会の形成

著書

  1. 事典 持続可能な社会と教育 生態系と物質循環 教育出版 2019/07 9784316804842
  2. おおさか環境科 小学校5・6年生(第8版) 大阪市環境局 2019/03
  3. おおさか環境科 中学校(第8版) 大阪市環境局 2019/03
  4. おおさか環境科 小学校3・4年生(第8版) 大阪市環境局 2019/03
  5. おおさか環境科 小学校3・4年生(第7版) 大阪市環境局 2018/03

論文

  1. (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要) 単著 昭和から令和へ そしてその先へ ~「持続可能な消費」を考える~ 大阪産業大学学会報 大阪産業大学 55, 21-23 2020/03/04
  2. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 ベトナムと日本の小学校における環境教育の比較 日本環境教育学会第29回大会(東京)研究発表要旨集 日本環境教育学会 122-122 2019/08/25
  3. 研究論文(その他学術会議資料等) 共著 ベトナムの小学校における環境教育の試行について 2019年度 環境技術学会 第19回 年次大会 要旨集 環境技術学会 14-14 2019/06/29
  4. 研究論文(その他学術会議資料等) 単著 2 「環境コミュニケーション・ツールとしての持続可能性ラベルの 認知度について~大学生アンケート調査より~」 2019 年度 環境経営学会研究報告大会報告論文(要旨)集 環境経営学会 56-57 2019/05/25
  5. (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議) 単著 食品業界における持続可能性経営~スウェーデンのスーパーAxfood社とMAXハンバーガー社を事例として~ 2108年度秋季研究報告大会報告論文(要旨)集 環境経営学会 45-48 2018/10/14

研究発表

  1. シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 「つくる責任、つかう責任~消費を変えるSDGsと企業の動向~」 2019年環境経営学会秋季研究報告大会 2019/11/23 URL
  2. 口頭発表(一般) 「環境コミュニケーション・ツールとしての持続可能性ラベルの 認知度について~大学生アンケート調査より~」 花 2019 年度 環境経営学会研究報告大会 2019/05/26
  3. 口頭発表(一般) 食品業界における持続可能性経営~スウェーデンのスーパーAxfood社とMAXハンバーガー社を事例として~ 2018年度秋季研究報告大会 2018/10/14
  4. 口頭発表(一般) 大学生による幼稚園児対象の環境授業を通じたアクティブ・ラーニングの効果について 日本環境教育学会第29回年次大会(東京) 2018/08/26
  5. 口頭発表(一般) 地域経済循環とコミュニティ・ビジネス~米国イサカでの調査より~ 環境経営学会2018年度研究報告大会 2018/05/26

芸術活動、建築作品等

  1. その他 小学校および保育園における、大学生による環境教育授業の実施 2003-現在

受賞

  1. 神戸市環境功労賞 2019/11/09
  2. 地方自治法施行70周年総務省大臣表彰 2017/11/20 11月20日に開催された地方自治法施行70周年の記念式典において、地方公共団体の審議会委員として地方自治の発展向上に寄与した功績を認められ、総務省より大臣表彰を受けた
  3. 総務省環境功労賞 市制施行50周年記念表彰 2017/02/01
  4. 2012年環境経営学会研究発表大会最優秀賞 企業のCSRコミュニケーションにおけるISO26000発行の影響 2012/05/19

担当授業科目

  1. 環境経済論
  2. 生活環境科学
  3. フィールド・スタジオ演習3
  4. エコビジネス論

社会貢献活動

  1. SDGsセミナー 「SDGsとこれからの企業経営」 2019/02/15-現在
  2. 神戸市生物多様性シンポジウム 2018/11/10-現在
  3. 西宮市ごみ減量等推進員研修会講師 2018/10/03-現在
  4. 「おおさか環境科」教材編集等に関する監修 2018/05-2020/03/31
  5. ごみ減量自治体会議(東京) 2018/02/09-2018/02/09

所属学協会

  1. 環境経営学会 2009-現在
  2. 金融政策研究会 2008-現在
  3. 日本環境教育学会 2006-現在
  4. 環境技術学会 2002-現在
  5. 環境経済・政策学会 1996-現在

委員歴

  1. 東大阪市 環境審議会専門委員会 2020/05-2021/03
  2. 西宮市 西宮市環境影響評価専門委員会委員 2019/08/01-2021/07/31
  3. 堺市 堺市環境審議会委員 2019/06/01-2021/05/31
  4. 加古川市 廃棄物減量等推進審議会委員 2019/06/01-2021/05/31
  5. 大阪市 「おおさか環境科」教材編集等に関する監修業務 監修 2019/06/01-2020/03/31

学会活動以外の実績

  1. 西宮市の廃棄物 減らしてつなげる豊かな明日へ 西宮市エココミュニティ会議 2020/02/22
  2. 持続可能な社会を実現するために~小さなエコを大きな未来へ 兵庫フォーラム2020 2020/02/21
  3. 続・SDGs ~世界に繋がるあなたの仕事~(ワークショップ含む) (一財)環境事業協会職員研修 2020/02/20
  4. 事業系ごみ減量のメリットとは? ~コスト削減と企業力アップのW効果!~ 堺市事業系一般廃棄物減量セミナー 2020/02/17
  5. 「持続可能なまち・堺をめざして」(パネルディスカッション・コーディネーター) 【SDGs×環境シンポジウム】みんなが気付く。未来を築く。 2020/02/15

競争的資金等の研究課題

  1. 科学研究費 大学を核とした地域環境資源及び環境知の伝承と啓発活動の効果に関する実証的研究 基盤研究(C)一般 一般 代表
  2. 科学研究費 市民参加がローカルアジェンダの政策効果に与える影響に関する実証的研究 基盤研究(C)一般 一般 代表
  3. 科学研究費 ローカルアジェンダの検証と地域環境資源および環境知の伝承の実証的研究 基盤研究(C)一般 一般 代表
  4. 科学研究費 ローカルアジェンダを通じた地域資源循環の取組と環境知の伝承の試み 基盤研究(C)一般 一般 代表
  5. 科学研究費 環境教育を通じた世代間交流と市民参画に関する研究 基盤研究(C)一般 代表