OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of Economics
Department of International Economics

Professor

MIZUSHIMA KAZUNORI

  • Birth:1960

Academic background

  1. Kyoto University Faculty of Economics 経済学科 1984/03 Graduated
  2. Graduate School of Economics, Kyoto University Doctor later Withdrawn after completion of required course credits

Academic degrees

  1. 経済学修士 京都大学大学院経済学研究科 1986/03

Research Areas

  1. History of social thought
  2. 現代資本主義分析
  3. Media culture research

Subject of research

  1. グローバル化と〈帝国〉時代の政治・経済・文化の諸連関をめぐる学際的研究 グローバル化、〈帝国〉、メディア、文化研究
  2. ポスト・インターネット/デジタル・メディア時代の政治経済学 ポスト・インターネット、デジタル・メディア、政治経済学 インターネット以降の資本主義の動態を、最新のメディア理論の成果をも取り入れつつ、多角的に分析する。

Bibliography

  1. クリティカル・ワード メディア論 フィルム・アート社 2021/02/25
  2. コミュニケーション資本主義と〈コモン〉の探求 東京大学出版会 2019/09/19
  3. 『よくわかる社会情報学』 ミネルヴァ書房 2015/05
  4. 『よくわかるメディア・スタディーズ 第2版』 ミネルヴァ書房 2015/04
  5. 『アフター・テレビジョン・スタディーズ』 せりか書房 2014/04

Papers

  1. Research paper (scientific journal) Only 「黙示と破局の狭間で:交差する階級闘争としてのブラック・ライヴズ・マター」 現代思想 青土社 48/ 13, 31-39 2020/09/23
  2. Research paper (scientific journal) Only 「コモン/ウイルス:解体するスペクタクル・デジタルメディア技術・コモンのケア」 現代思想 青土社 48/ 7, 38-46 2020/05/01
  3. Research paper (scientific journal) Only 「転形期の未来:新反動主義かアシッド共産主義か」 現代思想 青土社 47/ 8, 54-66 2019/06/01
  4. Research paper (scientific journal) 「コミュニケーション資本主義と加速主義を超えて:横断個体性の政治のために」 現代思想 青土社 46/ 1, 171-182 2019/01/01
  5. Research paper (scientific journal) Only 「機械状資本論ノート:メディア・技術・資本主義 第1 回〈悪のメディア機械〉」 『5 Designing Media Ecology』 『5』編集室 9, 84-92 2018/12/25

Research presentations

  1. Oral presentation(invited, special) From Neo-Tokyo to Neo-China and Beyond: For the Navigation of Futures in East Asian Media Ecologies KAZUNORI MIZUSHIMA AND MAHAN MOALEMI: FUTURISMS AND EAST ASIAN MEDIA ECOLOGIES 2021/04/23
  2. Oral presentation(general) Politics, Technology and Capitalism in the Post-Pandemic/Media Era Digital Media, Creativity and Capitalism in the Age of COVID-19 2021/02/20
  3. Oral presentation(invited, special) Media and Collectivity in the Age of Neo-viralism: Tokyo 2020, Platforms, and Masks Media and Arts in the Time of COVID-19 2020/11/15
  4. Oral presentation(invited, special) 戴冠せる加速主義者?:ポストコロナ時代の政治・技術・資本主義の連関分析に向けて ⽇本政治学会2020年度研究⼤会 企画委員会企画パネル『加速主義と資本主義、⺠主主義の未来 』 2020/09/26
  5. Oral presentation(invited, special) ポスト・メディア時代の未来 日本マス・コミュニケーション学会・第37期3回研究会(理論研究部会) 2020/02/15

Memberships of academic societies

  1. スピノザ協会
  2. Association for Cultural Typhoon
  3. kansai Sociological Association
  4. The Japan Sociological Society
  5. 社会思想史学会

Unused input form4

  1. Towards New Theories of Media and Culture in the Post-Media Era: A Comparative Study of Creative Industries in the UK and Japan 17H02587 General 毛利 嘉孝 東京藝術大学, 大学院国際芸術創造研究科, 教授 (70304821) 2017 2020
  2. デジタルメディア時代の政治的公共性とナショナリズム 26285121 General 伊藤 守 早稲田大学, 教育・総合科学学術院, 教授 (30232474) 2014 2017

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. Science research expense グローバル制御社会におけるメディア・技術・資本主義の新たな連関に関する学際的研究 19K02121 基盤研究(C) General Representative 水嶋 一憲 2019/04/01-2022/03/31
  2. Science research expense New Developments in Empire Theory and the Affective Turn 23520112 (基金)基盤研究(C) General Representative 2011/04/28-2015/03/31