大阪産業大学
経済学部
国際経済学科

教授

窪 誠

クボ マコト
KUBO MAKOTO

学歴

  1. 京都大学 法学部 1986/03 卒業
  2. 京都大学 法学研究科 公法専攻(国際法) 修士 1988/03 修了
  3. 京都大学 法学研究科 公法専攻(国際法) 博士 1995/03 単位取得満期退学
  4. フランス・ストラスブール・ロベールシューマン大学法学部より法学博士の学位授与 法学部 博士 1998/02 修了 フランス

研究テーマ

  1. 国際人権法 人権、法の支配、差別禁止
  2. 人権政策学 人権、法の支配、差別禁止
  3. マイノリティ先住民族の権利 マイノリティ、先住民族

著書

  1. 移民政策学会設立10周年記念論集刊行委員会編『移民政策のフロンティア――日本の歩みと課題を問い直す』 明石書店 2018/03/31
  2. 東日本大震災と社会認識 ナカニシヤ出版 2013
  3. 箕面市民の人権に関するアンケート調査報告書 箕面氏人権文化部人権国際課、男女協働参画課 2010/03
  4. 「諸言語のための共通ヨーロッパ基準枠組(CEFR)」と移民規制 ニューカマーに対する日本語教育保障法案の創出をめぐる言語教育学・公法学的研究 平成19~20年度日本学術振興会科学研究費補助金、萌芽研究 研究成果報告書 課題番号19652050 2009/09
  5. 「ビジネスと人権の枠組み-国連事務総長特別代表による最終報告書を中心に-」担当:「企業の社会的責任経営-CSRとグローバル・コンパクトの可能性」」 法政大学出版局 2009/03

論文

  1. 単著 国際法の基本構造から見たマイノリティ・先住民族 国立民族博物館「少数民族と法制度に関する比較研究」
  2. 単著 (書評)原案・鈴木大介、画・肥谷圭介 漫画『ギャングース』 IMADR通信 195, 15-15 2018/08
  3. 単著 なぜ,日本国憲法「公共の福祉」概念が,国連人権機関で問題とされるのか? 大阪産業大学経済論集 18/ 1, 1-27 2016
  4. 見える戦争と見えない戦争 ヒューマンライツ = Human rights 341, 2-9 2016/08
  5. (書評)岡本雅享『民族の創出 : まつろわぬ人々、隠された多様性』 部落解放研究 = Bulletin of buraku liberation : 部落解放・人権研究所紀要 202, 209-212 2015/03

所属学協会

  1. 京都国際法研究会
  2. 平和学会
  3. 世界法学会
  4. 国際人権法学会
  5. 国際法学会

学会活動以外の実績

  1. 外国人の人権保障~憲法と国際人権法から考える展望と課題 第17回2017多民族共生人権研究集会実行委員会 2017/07/10
  2. 国際人権法から見た「公共の福祉」の概念  大阪弁護士会  2017/05/24
  3. 四條畷市人権施策推進リーダー研修 四條畷市人権施策課長 2017/05/12
  4. 四條畷市人権施策推進リーダー研修 四條畷市人権政策課 2017/05/12
  5. 「人権差別撤廃条約」日本加入20年 ヘイト・スピーチと法規制 国際人権大学院大学(夜間)の実現をめざす大阪府民会議 2015/07/29

研究費、科学研究費
(学外の分担者)

  1. 国連グローバル・コンパクトの課題 -東アジアにおける実践的意義を中心に- 21330007 基盤研究 (B) 一般 江橋 崇 法政大学, 法学部, 教授 「国連GCの実質化推進システム」研究グループ長 2009 2011
  2. アジア・太平洋地域の大学院「人権プログラム」の学際的調査・研究 20530746 基盤研究 (C)一般 一般 阿久澤 麻理子 兵庫県立大学, 環境人間学部, 准教授 調査計画策定、ウェブ調査 2008 2010

競争的資金等の研究課題

  1. 科学研究費 「日本語教育保障法」に向けた理論的・実証的研究-言語教育学と公法学の視点から- 21320097 基盤研究(B)一般 一般 分担 2009-2011
  2. 科学研究費 「日本語教育保障法」に向けた理論的・実証的研究-言語教育学と公法学の視点から- 21320097 基盤研究(B)一般 一般 分担 2009-2011
  3. 科学研究費 「日本語教育保障法」に向けた理論的・実証的研究-言語教育学と公法学の視点から- 21320097 基盤研究(B)一般 一般 分担 2009-2011