論文

公開件数: 26 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
単著
留学生の居住施設確保方策と課題
田中 みさ子
日本不動産学会誌
日本不動産学会
30/ 2
2016/09



本稿は激増する留学生に対してどのような居住施設確保のための支援が行なわれているか及び留学生の増加に対する不動産事業者等の取組について概観し,今後の課題について論説を行なったものである。一般に所得階層が低く高い家賃が支払えない外国人留学生は,家主や不動産業者にとっては一見ありがたい客ではないが,将来性を考えると,日本への定住意向が高くしかるべき教育を受けた層であり留学期間を通じて日本語能力も向上している留学生は我が国の貴重な人的資源となりうる存在である。ハード整備だけでなく,地域へうまくフィットする居住のシステムの構築が望まれる。
2 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
共著
都市計画制度と住民参加 住民主体のまちづくりのための教育の在り方の研究
田中 みさ子,中村久美
日本建築学会大会学術講演梗概集(九州)
日本建築学会
F-1, 631-632
2016/08/24



本稿は、住民のまちづくりへの参加のためにどのような教育が必要なのかを検討するために一戸建て住宅地住民を対象に「地域やまちづくりへの住民参加やまちづくりのための教育の在り方」に関する意識調査を行ない、住民がまちづくりへ参加するための現状と課題を明らかにすることを目的としている。調査の結果、現状の公告やパブリックコメント等による現状の都市計画への参加方法についての理解や利用が十分でないことが伺えた。
3 研究論文(学術雑誌)
共著
まちづくり計画策定住宅地における住民の生活態度・意識 : 持続可能な郊外住宅地居住のための"地域に関わって住む"住み方に関する研究(その2)
中村 久美 , 廣瀬 直哉 , 田中 みさ子
日本建築学会計画系論文集
日本建築学会
81/ 725, 1433-1442
2016/07



本研究は、持続可能な郊外住宅地居住を目指し、最終的には地域の協同性に関わる住生活の諸側面において、個々の居住者が地域の取り組みに可能な限り参加する、そのような住み方の浸透を目指すものである。調査の結果、住民の地域組織や地域活動への参加意識は相対的に高く、6割近い住民が地域の活動に関わりたいとの意識を有していた。それを裏付けるように、地域参画意欲の形成に大きく関わる“地域に関わって住む”住み方、すなわち地域に住む上での生活態度や地域役割意識、地域への帰属性を意味する地域への愛着や居住継続希望などへの意識はいずれも高い。“地域に関わって住む”住み方が定着、浸透していることを確認した。
4 研究論文(学術雑誌)
共著
持続可能な郊外住宅地居住のための"地域に関わって住む"住み方に関する研究
中村 久美(京都ノートルダム女子大学),田中 みさ子, 廣瀬 直哉(京都ノートルダム女子大学)
日本建築学会計画系論文集

80/ 711, 1085-1094
2015



We conducted a fact-finding survey of local residents' consciousness of their relationship to the community in suburban residential areas. We have summarized the results as follows. 1. We found a considerable number of residents whose life attitudes and mindsets were well-disposed towards contributing to community projects with regard to the provision of "hard" environments of the following: greenery and streetscapes, crime and disaster prevention, community facilities management, and child-care and elderly household support. 2. Comparison with residents of urban neighborhoods reveals that such "potential" is relatively higher in residential suburbs. 3. Findings from this study show that half of those surveyed in a target residential suburb demonstrate a willingness to participate in local organizations and activities concerned with developing both the "hard" and "soft" components of the their local living environment.
5 研究論文(学術雑誌)
共著
留学生の住宅嗜好とその背景に関する研究 : 中国人留学生の動向に着目して
鈴木 あるの , 河合 淳子 , 田中 みさ子, 鈴木 克彦
日本建築学会計画系論文集

78/ 686, pp.745-754
2013/04



For the increase of international students, dormitories and students' apartments need to be accommodating diverse cultures and lifestyles. To know their demand precisely, we conducted a questionnaire survey with 200 international students residing in Japan. We asked for their profile, housing experience, current lifestyle, and housing preference. With a combination of cross-tabulation and factor analyses, some correlations between the respondents' background and their housing preference were detected, but we observed more flexibility in adapting new lifestyles Cultural difference was becoming smaller and smaller for the last 30 years. Especially Chinese students' lifestyle in the last 20 years has changed drastically.
6 研究論文(学術雑誌)
共著
留学生の住宅嗜好とその背景に関する研究 : 中国人留学生の動向に着目して
鈴木 あるの , 河合 淳子 , 田中 みさ子, 鈴木 克彦
日本建築学会計画系論文集

78/ 686, pp.745-754
2013/04



For the increase of international students, dormitories and students' apartments need to be accommodating diverse cultures and lifestyles. To know their demand precisely, we conducted a questionnaire survey with 200 international students residing in Japan. We asked for their profile, housing experience, current lifestyle, and housing preference. With a combination of cross-tabulation and factor analyses, some correlations between the respondents' background and their housing preference were detected, but we observed more flexibility in adapting new lifestyles Cultural difference was becoming smaller and smaller for the last 30 years. Especially Chinese students' lifestyle in the last 20 years has changed drastically.
7 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
大学生のデジタルコミュニティガバナンスへの参加可能性
田中みさ子(大阪産業大学)金川幸司(静岡県立大学)湯瀬裕昭(同)武藤伸明(同)
経営と情報 24

24/ 2, 75-92
2012/03



本研究は、大学生アンケートを実施し、デジタル・コミュニティツールを利用したガバナンスへの参加の可能性について分析したもので、多くの学生が公的なBBCへの参加により政策に関与することに対して意欲的であることが明らかになった。
8 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
大学生の住居観 -住宅双六に見る若者にとっての終の棲家-
田中 みさ子
大阪産業大学人間環境論集11

11, 75-88
2012/03



本研究は、『住宅双六』の図からライフステージと住まいの関連について分析を行ない、若年世帯の居住志向を明らかにしようとしたものである。
9 (MISC)その他記事
共著
留学生の住宅及び生活意識調査 その2
田中みさ子(大阪産業大学)、鈴木在乃(京都大学)
日本建築学会学術講演梗概集

F-1, 1451-1452
2011/08



本稿では、その1に引き続いて第二部としてのアンケート調査を実施し、留学生が住宅を探したり、居住するにあたって体験した問題や支援に関する現状と課題を明らかにした。
10 (MISC)その他記事
共著
留学生の住宅および生活意識調査その1
鈴木在乃(京都大学)・田中みさ子(大阪産業大学)
日本建築学会大会学術講演梗概集

F-1, 1449-1450
2011/08



本稿は、留学生の住宅と生活意識に関するアンケート調査および実態調査結果をもとに留学生の住意識について明らかにした。
11 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
都市の住宅ストックとしての3階建て戸建て住宅の現状と課題

大阪産業大学人間環境論集

9, 63-77
2010/03




12 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
社会情勢の変化と環境意識の関連に関する研究 -ガソリン価格高騰による影響を事例に-
田中みさ子
大阪産業大学人間環境論集

8, 57-82
2009/06



本稿は、2008年の急激なガソリン価格の高騰を題材に、社会経済情勢の変化が人々の環境意識と行動にどのように影響を与えたかについてあきらかにしようとしたものである。住民アンケートを実施し、自家用車の利用動向及び環境問題に対する意向と社会経済情勢の変化との関連性について分析を行なった。
13 (MISC)その他記事
共著
コベントリー市の住環境再生におけるパートナーシップ
金川幸司(岡山理科大学),今井良弘(大阪市立大学),植野和文(兵庫県立大学),東郷寛(大阪市立大学),田中みさ子
公民パートナーシップ組織の参加構造と政策スキームに関する日英比較研究報告書

67-80
2009/03



平成19~20年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書;研究代表者・金川幸司(課題番号19610012)
14 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
企業アンケートからみた建築分野における環境配慮型製品の現状について
田中みさ子
大阪産業大学人間環境論集

7, 103-127
2008/06



本論文は企業アンケート結果に基づき建築分野における環境に配慮した製品の現状と課題について論じたものである。主な結果としては (1) 建築系製品製造企業において環境配慮型製品が多く製造されている、 (2)「石油化学製品」および「木材」はこれらの企業の原料の2つの大きな柱であり、 また、「健康」と「自然」を特色とした製品は「リサイクル」よりも多い、(3) 半数の企業が行政による規制や基準の設定を望んでいる、があげられる。
15 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
単著
解体業者アンケート調査からみた木造戸建住宅解体におけるリサイクルの現状について
田中 みさ子
大阪産業大学人間環境論集

6, 35-58
2007/06



建築物の中でも木造戸建住宅は、高度成長期に数多く建設され、今後順次建替の時期を迎える。本研究では建築物の中でも今後除却や建替が増加する可能性のある木造戸建住宅に着目し、解体業者アンケートを通じて木造戸建住宅におけるリサイクル・リユースの可能性について考察した。
16 (MISC)その他記事
共著
大阪の観光を考える PART2 ~都市観光の演出の仕方~

(財)大阪市都市工学情報センターCITEさろんWORKSHOP報告書3

4-5、9、29、45
2006/03




17 (MISC)その他記事
単著
水都再生に生かそう「もったいない」の精神

(財)大阪都市協会 「大阪の「市民力」~多彩なネットワークでまちづくり~」

41
2006/03




18 (MISC)その他記事
共著
大阪の歩き方 「大阪の観光アメニティを考える」

(財)大阪市都市工学情報センター CITEさろんWORKSHOP報告書3

5-6、9、21、33
2004/03




19 (MISC)その他記事
単著
福祉と情報化

日本建築学会大会(東海)建築計画部門・研究協議会資料「情報化は人間の生活空間をどう変えるか」

50
2003/09




20 (MISC)その他記事
単著
ブロードバンドネットワーク社会における都市・建築の役割

建築雑誌 日本建築学会

117/ 1483, 80
2002/02




21 (MISC)その他記事
共著
大都市のリノベーションに関する研究(共著)

(財)21世紀ひようご創造協会


1998




22 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
都市のランドマークと市民意識に関する研究調査

(財)21世紀ひようご創造協会


1995




23 研究論文(学術雑誌)
共著
住民意識からみた団地屋外空間整備のあり方に関する研究(共著)

日本都市計画学会学術研究論文集

30, 193-198
1995




24 研究論文(学術雑誌)

都市市街地におけるワンルーム形式共同住宅居住者の意識と行動について(共著)

日本建築学会計画系論文集

459, 89-97
1994




25 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
Spatial Use Conversion of One-bedroom Type Condominiums

TECHNOLOGY REPORTS OF THE OSAKA UNIVERSITY

42/ 2, 391-398
1992




26 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)
共著
Characteristics of One-bedroom Type Condominiums-The Case of Osaka city

TECHNOLOGY REPORTS OF THE OSAKA UNIVERSITY

42, 197-206
1992