論文

公開件数: 13 件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI URL 概要
1 研究論文(学術雑誌)
共著
Decarboxylation and simultaneous reduction of silver(I) β-ketocarboxylates with three types of coordinations
Mariko Hatamura (Osaka Univ.), Shunro Yamaguchi (Osaka Univ), Shin-ya Takane, Yu Chen and Katuaki Suganuma (Osaka Univ.)
Dalton Transactions (The Royal Society of Chemistry)

44, 8993-9003
2015/04

10.1039/c5dt00773a

A series of silver(I) β-ketocarboxylates were prepared by reaction of β-ketocarboxylic acids with silver nitrate in the presence of diethanolamine. The silver(I) β-ketocarboxylates decomposed over a narrow temperature range to form metallic silver, CO2, and the corresponding ketones. In addition, products derived from radical intermediates were detected by mass spectroscopic analysis for some silver(I) β-ketocarboxylates. Infrared and solid state 13C-NMR spectra of silver(I) β-ketocarboxylates suggested the presence of two types of structures involving a carbonyl group in addition to the dimeric eight-membered ring structure as in the structure of silver(I) stearate. The silver(I) β-ketocarboxylate model compound used was HCOCH2COOAg and its structures were determined using density functional theory (DFT) and atoms-in-molecules (AIM) methods. Three types of coordinations around the Ag ion differing significantly in Ag–O bond strengths were found. Based on the calculated structures and experimental results, the relationships between the structures and decomposition temperatures are discussed in terms of the thermal decomposition process.
2 (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
共著
ChemIME: An Input Method for Chemical Compounds
Haruka Takeuchi, Xu Yang, Shin-ya Takane
Lecture Notes in Operations Research

11, 402-409
2009/09



In the field of materials sciences, it is often needed to convert a compound name into corresponding molecular equations, 2D or 3D molecular structures. We present a design and a prototype implementation of the input method engine that can convert various compound names (given as an IUPAC name) into corresponding molecular equations by using Java and the Java Input Method Framework. We also extend to give various 2D or 3D coordinate formats (MDL mol, CML, and Gaussian input file) with the help of CDK (Chemistry Development Kit) and some external programs.
3
共著
A structure-odour relationship study using EVA descriptors and hierarchical clustering
J.B.0.Mitchell(ケンブリッジ大)
Organic and Biomolecular Chemistry

vol.2/ No.22, 3250-3255
2004/11



本研究では、階層的クラスター法を用いて47種類の異なる構造を持つ匂い分子の構造とその匂いとの相関を試みた。分子記述子としては、構造の重ね合わせの必要のないEVAを用い、そのパラメータによる影響などを調べた。この結果はUNITY 2D記述子を用いたものと比較した。EVAによって得られたデンドログラムは、UNITY 2Dによるものに比べていずれの場合もより良く実験的な匂いの分類を再現することがわかった。
4 研究論文(学術雑誌)
共著
MICS:Molecular Information Communication System-化学者のための仮想研究室の構築に関する研究-

JCPE Journal

12/ 1, 57-62
2000



現在我々が研究を進めているMICSプロジェクト構想について報告する。これは仮想社会の一種である仮想研究室の実現のためのアイデアであり、インターネット上で研究者間の情報交換や議論を可能にする。このシステムはJavaおよびVRMLの技術を用いて実現が可能である。すでに実装を試みているいくつかのツールについても簡単に紹介する。
5 (MISC)総説・解説(大学・研究所紀要)

Ab Initio Study of the Reaction Mechanism of Atomic Cobalt with Methane

大阪産業大学論集

109号
2000/03



金属原子と炭化水素分子との反応は、不均一触媒反応のモデルとしてだけでなく、それ自身の素反応としても興味深い。遷移金属イオンと炭化水素分子との反応についてはこれまでに多くの研究があるが、中性原子、特にコバルト原子と炭化水素との反応の理論計算による研究は非常に少ない。これはこれら分子種の電子状態の計算の困離さに起因すると考えられる。本研究では、Co原子(二重項および四重項状態)のCH4分子のC-H結合への挿入反応について、非経験的分子軌道法の一種であるcomplete active space self-consistent field(CASSCF)計算を行い、反応機構の詳細を検討した。
6 研究論文(学術雑誌)
共著
Theoretical Studies of the Electrocyclic Reaction Mechanisms of Hexatriene to Cyclohexadiene

The Journal of Physical Chemistry A

103/ 15, 2878
1999




7 研究論文(学術雑誌)
共著
Molecular and electronic structures of trithiapentalene

Journal of Molecular Structure(Theochem)

Vol.488
1999/09




8 研究論文(学術雑誌)
共著
Electronic Structure and the Hydrogen-Shift Isomerization of Hydrogen Nitryl HNO2

Theoretica Chimica Acta

87/ 6, 431-439
1994/02



 ニトロ型HNO2の基底状態および一重項励起状態の電子構造、さらに亜硝酸HONOへの異性化反応の経路についてMRD-CI計算を用いて解析を行った。  HNO2はO3分子と等電子的であるが、その励起状態のようすは、03よりもSO2に類似していることが明らかとなった。  また、異性化の遷移状態は、ほぼH+…‥NO2-で特徴づけられていることを指摘した。
9 研究論文(学術雑誌)
共著
Theoretical Studies of the Reactions of Hydrogen Sulfide and Methanethiol with the H, F, and O(3P)Atoms. Possibilities of the Bimolecular Homolytic Substitution (SH2) Reactions

Bulletin of the Chemical Society of Japan

66/ 12, 3633
1993



メタンチオールおよび硫化水素といくつかのラジカル種との二分子反応機構を、電子相関効果を含めた非経験的分子軌道法によって調べた。その結果、いずれの場合も付加体を経由する経路は存在せず、かわりに二分子置換反応が低い活性化エネルギーで起こり得ることが明らかとをった。 特にメタンチオールと水素原子の場合には、競合する水素引き抜き反応よりも活性化エネルギーは低く、実験結果をうまく説明することができた。
10 研究論文(学術雑誌)
共著
Theoretical Study of the Rates and Mechanism of the Gas-Phase Reaction H+HN3→NH2+N2

Bulletin of the Chemical Society of Japan

66/ 7, 1944
1993




11 研究論文(学術雑誌)
共著
Electronic Structure and the Unimolecular Reactions of Imine Peroxide HNOO

Theoretica Chimica Acta

82, 299
1992




12 研究論文(学術雑誌)
共著
Flash Photolytic Generation of a Dithio Carbocation from 1,3-Dithiolane Derivatives and Its Reaction with Nucleophiles

Bulletin of the Chemical Society of Japan

64/ 9, 2751
1991




13 研究論文(学術雑誌)
共著
Computational Studies of the Isomerization Pathways of Isocyanic Acid HNCO

Bulletin of the Chemical Society of Japan

64/ 6, 2230
1991