OSAKA SANGYO UNIVERSITY's
Faculty of International Studies
Department of International Studies

Professor

FUJINAGA Takeshi


Career

  1. 大阪産業大学 教養部 専任講師 1992/04/01-1996/03/31
  2. 大阪産業大学 教養部 助教授 1996/04/01-2001/03/31
  3. 大阪産業大学 人間環境学部 教授 2005/04/01-Present
  4. 大阪産業大学大学院 人間環境学研究科博士前期課程 教授(授業担当) 2007/04/01-2013/03/31
  5. 大阪産業大学大学院 人間環境学研究科博士前期課程 教授(専攻担当) 2013/04/01-Present
  6. 大阪産業大学 人間環境学部 文化コミュニケーション学科主任 2014/04/01-Present
  7. 大阪産業大学 国際学部 教授 2017/04/01-Present
  8. 大阪産業大学 国際学部 学部長 2017/04/01-2020/03/31
  9. 学校法人大阪産業大学 評議員 2019/03/01-2020/05/31
  10. 学校法人大阪産業大学 理事 2019/03/28-2020/05/31

Academic background

  1. Kyoto University Faculty of Literature 史学科現代史学専攻 1984/03 Graduated
  2. Kyoto University Graduate School, Division of Letters 現代史学専攻 Doctor prophase 1989/03 Completed
  3. Kyoto University Graduate School, Division of Letters 現代史学専攻 Doctor later 1991/03 Withdrawn after completion of required course credits

Academic degrees

  1. 文学修士 Kyoto University 1988/03

Research Areas

  1. Korean modern and contemporary history
  2. Exchange history of Eastern Asia

Subject of research

  1. Study on licensed prostitution in the Japanese Colonial Empire the Japanese Colonial Empire,licensed prostitution,colony,Korea 戦前の日本帝国の支配地域における公娼制度と、朝鮮人接客女性の生活実態を分析することで、 「帝国」日本の性支配システムを明らかにする。
  2. Study on system of "comfort women" under Japanese army comfort women,comfort girls,Japanese army 日本軍「慰安婦」制度の確立過程を日本の植民地支配との関連のもとに考察する。
  3. A Survey of the Life Histories of Resident Koreans in Japan from Jeju Island in the Immediate Postwar Period Jeju Island, Korea, 4.3 Revolution, Osaka 第2次大戦直後の時期における在日済州島出身者へのインタビュー調査を中心に、文献資料には残されていない民衆の視点から見た現代東アジア関係史の一側面を明らかにする。
  4. On the past settlement of South Korea Korea, past settlement 現在、韓国で進められている「過去清算」の事業の歴史的意義を、朝鮮現代史の流れをふまえながら、世界史的な観点から検討する。
  5. 現代日本の歴史認識・朝鮮認識について history recognition, Korea, Japan, history textbook 歴史教科書問題を中心に現代日本における朝鮮の歴史に対する認識を分析する。
  6. 植民地期・解放直後の済州島における民族解放運動・社会運動について Jeju Island, racial liberation movement, colony, social movement 日本統治下の植民地朝鮮において、とくに大阪と関係の深かった済州島の民族解放運動の展開過程を、 解放後の4・3事件(1948年)や在阪朝鮮人の生活状況などとの関係性を念頭におきつつ検討する。

Bibliography

  1. 日韓の歴史をたどる:支配と抑圧、朝鮮蔑視観の実相 新日本出版社 2021/04/20 978-4-406-06591-7
  2. だれが日韓「対立」をつくったのか 大月書店 2019/12/16 978-4-2722-1122-7
  3. 在日コリアンの歴史的認識と役割 ソニン 2018/10/30 979-1-1606-8224-3
  4. 済州島を知るための55章 明石書店 2018/09 978-4-7503-4676-2
  5. 在日コリアンに対する認識と言説 ソニン 2018/06/30 979-1-1606-8188-8

Papers

  1. (MISC) Prompt report, short report, and research note, etc. (scientific journal) Only 朝鮮高校の「無償化」裁判と「国民」教育 : 「反ヘイト」の時代 Historical journal 歴史科学協議会 857, 66-74 2021/09 0386-8907
  2. (MISC) Other article Only 朝鮮人「慰安婦」の動員は日本植民地支配が可能にした  しんぶん赤旗 日本共産党中央委員会 9 2021/01/13
  3. (MISC) Other article Only 「正義連バッシング」に思うこと―日本の市民として― f visions アジア女性資料センター 2, 28-29 2020/12
  4. (MISC) Other article Only 内なる植民地主義の克服のために : 朝鮮学校の裁判闘争が明らかにしたもの はらっぱ : 子どもの人権・反差別・平和を考える 子ども情報研究センター 395, 9-14 2020/12
  5. (MISC) Book review and document introduction, etc. Only 書評 金富子・金栄著『植民地遊廓』 : 第Ⅰ部を中心に 歴史科学 大阪歴史科学協議会 243, 26-31 2020/11 0910-5662

Research presentations

  1. Oral presentation(invited, special) 朝鮮高校「無償化」裁判を通じてみた現代日本の朝鮮認識 ICU社会科学研究所2020年シンポジウム 2020/02/14
  2. Oral presentation(invited, special) 書評 金富子 ・ 金栄『植民地遊廓 日本の軍隊と朝鮮半島 』 遊廓社会研究会書評会 2019/07/14
  3. Oral presentation(general) 大阪における朝鮮人の民族教育運動―大阪府・大阪市補助金問題を中心に― 中日語言対比青年学者フォーラム 2017/03/09
  4. Oral presentation(invited, special) 植民地公娼制度と日本軍「慰安婦」制度 東アジアにおける日本軍‘慰安婦’徴集研究国際学術会議 2015/10/26
  5. Oral presentation(general) 大島渚、「朝鮮人」との邂逅―「忘れられた皇軍」、そしてその後― 青巌大学校在日コリアン研究所国際学術大会「在日コリアンに対する認識と言説」 2015/08/28

Alloted class

  1. Introducton to International Studies
  2. Contemporary Asia Studies
  3. Seminar 1
  4. Project Seminar for Final Year Students 1
  5. Freshman Seminar 1

Social Contribution

  1. 朝鮮史研究会第57回大会司会 2021/10/18-2021/10/18
  2. 在日朝鮮学生学術研究討論会2020審査員 2020/11/28-2020/11/28
  3. 大学等との連携事業検討委員会委員 2017/07/01-2018/03/31
  4. 一般社団法人在日コリアン・マイノリティー人権研究センター理事 2010/05/11-2021/05/11 公益法人制度改革により、2013年「社団法人大阪国際理解教育研究センター」から、内閣府認可の「一般社団法人在日コリアン・マイノリティー人権研究センター」へ移行。

Memberships of academic societies

  1. 朝鮮史研究会
  2. 京都大学現代史研究会
  3. The Historical Science Society of Japan 2010-Present
  4. 台湾史研究会 2008-Present
  5. ジェンダー史学会

Committee Career

  1. (公財)大学基準協会 2019年度大学評価分科会第4分科会委員 2019/04/01-2020/03/31
  2. 史学研究会 評議員 2016/06-Present
  3. (独)日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員, 国際事業委員会書面審査員・書面評価員 2013/08-2015/07
  4. 朝鮮史研究会 関西部会幹事 2006/10-Present
  5. 朝鮮史研究会 関西部会幹事 1985/10-2003/09

Achievements of non-academic activities

  1. 多民族共生教育研究委員会オープンセミナー 大阪私立学校人権教育研究会 2020/10/27
  2. この社会のすべての子どもに学ぶ権利を―朝鮮学校の「高校無償化」裁判― 国際女性年大阪連絡会 2019/08/07
  3. 朝鮮半島の南北対話と日本 日本基督教団大阪教区日韓宣教協約特別委員会 2018/06/22
  4. エンド・レイシズム―映画を観て人権を考える ヒューライツ大阪(一般社団法人 アジア・太平洋人権情報センター) 2016/03/18
  5. いま、あらためて「慰安婦」問題を考えるために―制度の実態と論争の歴史― 神戸・日本軍「慰安婦」問題パネル展・講演会実行委員会 2014/11/15

Unused input form4

  1. Material Survey on Politics and Society of Korea, 1937-1945 25284122 General 水野 直樹 京都大学, 人文科学研究所, 教授 2013 2015
  2. 日韓の国際移動におけるローカルネットワークとコミュニティの生成と変容に関する研究 24530639 General 伊地知 紀子 大阪市立大学, 大学院文学研究科, 教授 2012 2015
  3. An Empirical Study about the labor world of Koreans in Japan-the creation and modification of "Life space across the borderline" 21330119 General 伊地知 紀子 大阪市立大学, 大学院・文学研究科, 准教授 在日コリアンの就業構造への歴史学的分析 2009 2011
  4. Oral History research of Jeju people in Japan-The life process and consciousness just afer the liberation 18530386 General 伊地知 紀子 愛媛大学, 法文学部, 准教授 生活史の歴史学的分析 2006 2008
  5. Comprehensive Research on the Systems, Policies, and Operation of Japanese Colonial Rule in Korea and Taiwan 13410098 General 水野 直樹 京都大学, 人文科学研究所, 教授 2001 2003

Research Projects (Competitive Research Funds)

  1. Science research expense The historical study on the process of the Korean visiting to Japan and its background after World War II 24520782 基盤研究(C) General Representative 藤永 壯 2012/04/01-2016/03/31
  2. Science research expense Historic study on living conditions of the Korean resident in Osaka on time just after World War II 21520697 基盤研究(C)一般 General Representative 藤永 壯 2009-2011
  3. Science research expense A Study on Licensed Prostitution and Hostess Service Trade in Areas under Japanese Control 14510372 基盤研究(C)一般 General Representative 藤永 壯 2002-2004
  4. Science research expense A Study on Prostitution and Women Traffic in Colonial Korea under Japanese Rule 09610349 基盤研究(C) General Representative 藤永 壯 1997-1999