著書

公開件数: 11 件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN URL 概要
1 最近のPTVの研究動向
近江和生

可視化情報学会
2009/01


過去20年間にわたるPTVの様々な手法を、現時点からの展望に立って簡潔にまとめ解説した。PTVの基本的な概念は、可視化された流れ場における粒子個々の運動から2次元の速度分布を復元することである。そこでは粒子画像中から個々の粒子を的確に分離してその中心位置を決定すること、そして異なる2時刻間で粒子の対応付けを行いその移動量を計算すること、この2点が重要なポイントとなる。
2 可視化情報学会誌通算100号の歴史-画像
近江和生

可視化情報学会
2006/01



3 PIV実用化・標準化研究会 最終報告書
多数

可視化情報学会
2000/03



4 トリノ工科大学滞在記
近江和生

日本機械学会
1999/12



5 PIV実用化・標準化研究会 中間報告書Ⅱ
多数

可視化情報学会
1999/03



6 PIV実用化・標準化研究会 中間報告書
多数

可視化情報学会
1997/12



7 Flow Visualization Ⅶ


Begell House
1995



8 Flow Visualization Ⅵ


Springer-Verlag
1992



9 Flow Visualization Ⅴ


Hemisphere Publishing Co.
1989



10 Flow Visualization Ⅳ


Hemisphere Publishing Co.
1986



11 Flow Visualization Ⅲ


Hemisphere Publishing Co.
1983